ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Spring in Vienna <PB>
e0077152_1132358.jpg

年間8日しか祝日のない、勤労な国(?)、、イギリスですが、そのうち2日が5月にあることに心より感謝!

冬眠から目覚めた生命の活気に満ちたこの季節は、私たちの細胞も活性化されて、見るもの、聞くもの、全てがすーっと吸収されてゆく感じ。
これは五感と共に旅に出なくては!と5月初めのバンクホリデーは駆け込みで手配をし、半年ぶりのウィーンへ。

ベートーヴェン様像と、陽光煌めくシュテファン寺院を拝み、ただいまのご挨拶。


e0077152_1134712.jpg

光に包まれた寺院が見せてくれる色彩。
この色は切り取れないのよ、、とわかっていても、撮らずにはいられないのです。。


e0077152_1503130.jpg

むくむく茂った樹々の濃緑が愛おしく。


e0077152_1561429.jpg

フリルドレスを纏った踊り子たちのような、風に揺れるマロニエの花が可愛らしくて、上を向いて歩いていたら、花粉に(?)咳き込みだしました。涙


e0077152_2302924.jpg

でも、公園日和な良い週末! みんな楽しそう♪
e0077152_231211.jpg

e0077152_2314085.jpg

本物の馬のメリーゴーランドって、初めて見ました。。


e0077152_2435881.jpg

静かなるひとときを過ごす人あり。


e0077152_246359.jpg

群れる人あり。なぜ、この川沿いの一角だけ人口密度激高?裸族のシーズン到来。


e0077152_2551120.jpg

月曜日(イギリスは祝日)は、 通りがかった音大のキャンパスにもお邪魔を。生の音をBGMに、授業風景を覗いてみたり。(不審者、、)
楽器を脇にひなたぼっこしながら書き物やおしゃべりをしている学生たちも。こんな綺麗なところで勉強できるなんて羨ましい限りです。


前回行けなかったモーツァルトハウスもじっくりみてきました。


e0077152_3265335.jpg

こちらはモーツァルトがイギリス人の弟子に宛てたメモ。
This afternoon I am not at home, therefore I pray you to come tomorrow at X & a half.
今日の午後は外出するので、明日のX時半に(レッスンに)来て。

と楽譜に英語で走り書きされているのが可笑しかったです。

モーツァルトが最も幸せな時を過ごしたと言われる家。今は改装されて中はすっかりきれいになった美術館ですが、部屋から眺める街、昔のまま残る天井の装飾に当時を想像しながら、がっつり日本語音声ガイドを聴いていたら、2時間以上経過していました。ふらふら、、、

[PR]
by Happylah | 2009-05-16 03:21 | 異文化を見る(ё。ё)
<< Viennese Cafe &... Lang Lang Recit... >>