ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
今日の朝・昼・夜ごはん <PB>
元同僚のIさんはとっても博識。来星前に「こんなのがあるよ」と彼女が送ってくれた新聞記事に魅せられ、ずーっと気になっていたkaya!
この記事のお店に行きたかったのですが、空腹に耐え切れず、近所のDeli Franceにてトーストしたバゲットにバター+カヤジャムを発見し、飛びつく。出てきたkayaは緑色。ココナッツ=白っぽいのを想像していたためちょっとびっくり、でしたが・・・
おーいしーい!!!(o゜▽゜)o

ココナッツの程よい甘さがカスタードのよう♪早速kaya jam購入しちゃいました。

朝からオーチャードを練り歩き、くたくたになった2人。


e0077152_1856038.jpg
遅めのランチは"Crystal Jade La Main Xiao Long Bao"にて。Pineapplemanは同僚と時々利用してるそう。、絶品という小籠包と、坦々麺をオーダー。そして店に入る前から気になっていた壁に掛かったデザートの写真をじっと見ていると、「試してみる?美味しいよ」と店員さん。その名は「揚技甘露」というもので、マンゴーピューレにマンゴーの果肉とタピオカが入ってました。Pineapplemanも好物のマンゴーゼリー入りマンゴージュースを頼み、マンゴーを堪能♪Mango junkiesには堪らなく幸せ~☆
e0077152_17103472.jpg更にオーチャードを歩けど、Pineapplemanの求めるパンツは見つからず。やっと見つけたパンツはお直しが必要。1時間で出来るというのでヘロヘロの2人は近くのホーカーズで晩ご飯にする。運動した後のごはんは美味し~い!今日のウォーキング=一日の労働時間(7H)なり。
チャーハンと焼きそばと青菜炒め。ご馳走さまでした♪





<以下読売新聞夕刊の記事>

伝統的な朝食として、シンガポーリアンに根強く支持されている「カヤトースト」。ココナツミルクに卵と砂糖を加え、香草のパンダンリーフで色と香りをつけた「カヤ」と呼ばれるジャムを、冷たいバターとともに2まいのトーストではさんだものだ。軽食やおやつとしても民族、世代を超えて愛され続けている。
「市場にはいろんなカヤジャムが出回っているが、うちのが一番です」と言い切るのは創業61年、国内に18店舗を持つ専門店「亜坤(ヤ・クン)」のアドリン・ロイ社長(51)。チャイナタウンに近い本店では、昔ながらの店構えで、創業者の両親が生み出した製法を守り続ける。
炭火で焼いた薄焼きトーストのサクッとした歯ざわりを感じた瞬間、程よい甘さのカヤジャムと塩気の効いたバターが舌の中で絡まりあう。見た目のシンプルさを裏切られるうまさだ。ソースを垂らした半熟卵にカヤトーストを浸して食べるのが通だとか。

[PR]
by HappyLah | 2005-09-03 19:30 | くいしんぼーちゃん
<< パンツ <PM> でかいデス!!!!! <... >>