ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Strasbourg *Les marchés de Noël <PB>
e0077152_339215.jpg

ツリーを目の前に、ロイヤルバレエ公演・くるみ割り人形の、大広間のツリーがぐんぐん大きくなる場面を連想。自分の身体がくるみ割り人形と同じくらい小さくなってゆくクララになったみたいでした。






e0077152_349918.jpg

1570年から続く、フランスで最も歴史あるストラスブールのクリスマスマーケット。

クリスマスツリー発祥の地とされるアルザスらしく、毎年この広場に現れるツリーは、人々の願いを天に向かって届けてくれているように感じました。
ツリーの下に造られた、森に囲まれたアルザスの街の家々からは温かな光が漏れていて、通る人誰もが可愛らしさに頬が緩んでしまうはず。

少し前まで舞っていた小雪も止んで、凍るような外気温でしたが、闇と光のコントラストに冷たく澄んだ空気が心地よく、ノートルダム大聖堂の放つ光とその存在感にも守られている感じがしました。


e0077152_3503183.jpg

良い香りに誘われるままに、PMは早速Vin Chaud(ホットワイン)を一杯。
この地らしく赤と白があるので、白ワインを買っていました。私も一口味見を。
スパイスの香りいっぱい、さっぱりした甘みがあって美味しかったです♪

ドイツ国境が近いので、プレッツェルもいろいろ。
チーズのかかったものと、砂糖のかかったドーナッツのようなものを買ってみました。

このドーナッツ、日本のパン屋さんのねじりドーナッツそのもの!
外はさっくり、中はふわっとして軽いけれど食べごたえがあって懐かしい味。揚げパンを思い出しました。人通りの多いところで買ったので、回転していたからよかったのかも。
同じようなお店がたくさんあるので、五感を頼りに、賭けました。:P

チュロスは量が多くて、2人で分けてもお腹がいっぱいに。。


e0077152_461695.jpge0077152_35552100.jpge0077152_3562461.jpg
e0077152_47458.jpge0077152_473222.jpg
e0077152_831458.jpge0077152_833654.jpg

PMは、そろそろあったまりたいな〜、とVin Chaudをまた買ったり、食べ歩きしているだけで、晩ご飯終了となりました。


e0077152_844143.jpg

e0077152_852324.jpg

e0077152_855786.jpg

離れても、あちこちからお顔を拝見できる大聖堂。

街中の通りに、お店の軒、家々の窓やバルコニーが飾られていて、訪れる人達を温かく迎えてくれていました。

このクリスマスのライトはWindow Dressing Association of Strasbourg とCity of Strasbourgにより、秋から街を挙げて準備されているそうです。


e0077152_810870.jpg

↓この箱の中にシャンデリアが入っている飾り、外を歩いているのに室内?と優雅なお屋敷みたいでおもしろかったです。


e0077152_8241075.jpge0077152_8243556.jpg

e0077152_8252938.jpg

e0077152_8255732.jpg

LEDのおかげで、イルミネーションも大分エコ化していますね。
室内照明は温かい電球の光が好きだけれど、温暖化によるヒートアイランド現象、異常気象を思うと、我家も少しずつLEDにしていくしかないかなぁ。イギリスでは販売されなくなる前に、と白熱電球を買いだめしている方もけっこういるみたいです。

e0077152_8262292.jpg

街には12のクリスマスマーケットが点在しているのですが、歩いて十分見て回れるので、残念ながら乗る機会のなかったトラム。

走行が静かで車両がキレイで、こんなところにもドイツっぽさを垣間みました。

昼間の街の雰囲気、遠足に出かけた近郊の街の様子も、近々お届けしたいと思います。


[PR]
by HappyLah | 2009-12-21 18:35 | 異文化を見る(ё。ё)
<< Noël à Colmar ... Eurostar disast... >>