ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Le Gourmet Alsacien <PB>
e0077152_23594774.jpg

ストラスブール旅行記、完結編は食べたもの日記です。

食べ歩きばかりしていたので、あまりお腹が空かなかったのですが、せっかくだからアルザス料理を食べたいね〜、ということで、とある晩やって来た場所は...





e0077152_005448.jpg

これは到着日に撮影したものなのですが、こんな灰色の空で時折雪がちらついていたのでした。
日曜日の風景とはまるで別の地。。比較、ということで。

この空の下、この辺り(プティットフランス界隈)を散策していたときに、郷土料理屋さんが並んだ通りがあって気になっていたのです。


e0077152_014020.jpge0077152_0272.jpg

あ、ここ、ここ。Rue des Moulins。
別の晩に戻って来て、どのお店にする?と、雰囲気とメニューを拝見。


e0077152_03237.jpg

ここはどう?
うん、ここにしてみよう!(寒いので、いつもより決断力のあるふたり。)


e0077152_042621.jpge0077152_053415.jpg

私は黒板に書いてあった、鴨のコンフィ、シュークルート添えを。
ほろっほろにやわらかかった〜。私の料理する鴨とは大違い。。
PMはがっつり3プレートで、メインはソーセージ、ベーコン&シュークルートの蒸し煮。

このシュークルート(キャベツの酢漬け)、酸味がまろやかで、ふわっふわっ(素晴らしい千切り)!美味しくてびっくり!ドイツのザワークラウトがあまり得意ではないので、期待していなかったのですが、一緒にしてごめんなさい!別物です。

PM、急いで少ししか撮っていなかったので、写真がありませんが、サラダにもソーセージが入っていて、チーズが食べきれない程たっぷりでした。デザートも見た目よりずっと美味しかったそうです。

Restaurant Le Tonnelet

さて、フランス旅行のお楽しみといえば、Boulangerie & Pattisserie!

旅行中は小麦&砂糖を大量摂取してもよし、後日節制すると誓って(結局クリスマス&お正月に流され未だ...)、朝も昼も夜もバゲット&ケーキ三昧♪ てへ。:")


e0077152_074784.jpge0077152_081287.jpg

Maneleという人形型のパンは、聖ニコラの日にちなんでいるらしいので、この季節のものみたいで、あちこちで見かけました。
ホテルの朝食にもあったので、いただいたら、おうちで焼いた動物パンみたいな、懐かしーい素朴なパンでした。
クグロフを焼いているところは、楽しそうに観ていたPMですが、あまり好きではないらしく、結局お持ち帰りしませんでした。
私は朝食でほぼ毎日食べていたので、もう充分かな、と。。


e0077152_094217.jpgコルマールの街でも帰りがけに美味しそうなお店を見かけてしまい、ホテルで食べよう♪とお持ち帰り。

Paulでコーヒーを買って、隣りのお店でフォーク&ナイフを頂戴し(ここでは何も買っていないのですけれど。汗)、お部屋でゆっくりいただきました。

このパティスリー、ストラスブールにもお店がありました。しかもこちらはサロンドテもあり。でもお店の前を通ったときは休業日だったので、あのとき食べておいてよかったです。笑

Patisserie Jean par Thierry Mulhaupt

モンブランもあちこちで見かけました。この地方では"Torche"というのが一般的みたいです。
どこのお店も、上にのっているのは栗ではなくてホイップクリーム。そういえばアンジェリーナのモンブランも丸ごと栗は入っていませんよね?


e0077152_0101787.jpge0077152_0353533.jpg

家族経営のケーキ屋さんらしいリボンがかわいくて、パチリ。このリボンのかけ方って欧州から日本に入ってきたのかしらん?
かなり大きいので飽きるかも?と思いきや、中の軽めのホイップと濃厚なマロンクリームのバランスがよくて、半分こね〜、と言っておきながらPMの分まで食べてしまう勢いでした。

Litzler-Vogel


e0077152_0105663.jpgこのお店も、通りがかったときに気になって、最終日にお土産を買って帰ろう、と決めていたところ。

"Medailles d'Or du kougelhopf et de la Galette des Rois d'Alsace"と表に書かれていたのです。クグロフとガレット・デ・ロワで金メダル受賞しているってー、といいながら、買ったのはアーモンドクロワッサンとBredeles(スパイスが効いたアルザスのクリスマスクッキー)。

このクロワッサンが非常に美味でした!!ちょっと焦げたところも香ばしくて、中のアーモンドクリームも好み!あー、このクロワッサンを食べに戻りたい!!
この旅の一番かも!?

Boulangerie Patisserie HANSS

e0077152_0113235.jpge0077152_0115317.jpg

こちらがそのBredeles。
スパイスとバターの良い香りだけで幸せ。シナモンが苦手なPMもこのクッキーは気に入ったようです(←ジンジャーブレッドクッキーも苦手な人)。さすが香りの国、おフランス。
クリスマスマーケットでも試食させてもらったり、ホテルからのクリスマスプレゼント(お菓子の詰め合わせ)にも入っていて嬉しくなりました。
次はどれにしようかな?と今も少しずつ楽しんでいます。

そうそう、最後の最後までサロンドテでケーキ&コーヒーを堪能していたら、ついゆっくりしてしまい、最後は猛ダッシュするはめに。。

それでも軽食を買って行きたいよね!と、しつこくまた別の気になっていたお店へ走り、バゲットサンド、アーモンドクロワッサン、パテのパイを購入。


e0077152_0355255.jpge0077152_0361094.jpg

気温0度前後なのに大汗をかきました。
しかし、ユーロスターが事故で遅れて3時間かかったので、頑張って美味しいお楽しみを調達しておいた甲斐がありました。

パテのパイは温めて食べたほうが美味しそうだったので、帰宅後早速実行したら正解でした。長さ約30cmの大きなパイで、見た目で即決していたPM。←良い選択だったね。:P

Naegel

ふー。なんとかクリスマス旅行記を終えられて、ほっ。(遅!!)
長々とおつきあいくださり、ありがとうございました!


[PR]
by HappyLah | 2009-12-29 23:52 | くいしんぼーちゃん
<< A Happy New Yea... Un dimanche à ... >>