ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Cinderella @ ROH <PB>
e0077152_03636.jpg

あぁ、、終わってしまいました。。涙


第3幕が始まってから、いよいよ切なくなってきて、最後にシンデレラと王子が観客に背を向けて階段を登ってゆくところは、喜びと悲しみで胸がいっぱいに。。

吉田都さんのコベントガーデンでの最後の舞台。

先日のリーズの結婚と同じく、アシュトン氏の振付けはキャラクターが生きていて、ロイヤルバレエらしさが際立つ舞台。

本当に愛らしいシンデレラ。温かい気持ちに満たされました。
ここで、こんなにも愛されたのは、彼女の輝き、踊りの美しさ、役の感情が素直に伝わってくる表現力、抜群の音楽性、全てがロイヤルバレエそのものだからなのだなぁ、とか、ずっとここで彼女を見守ってきた人達、火山灰で不安なところ飛行機に乗っていらした方達、いろいろな人の想いが巡る会場で、改めてロイヤルバレエに魅せられた夜でした。

彼女の舞台が見られなくなるのは本当に悲しいです。

私達が都さんに惹かれたのは、3,4年前シンガポールでNHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見たとき。
華奢な身体。コンプレックスを払拭し、真っ直ぐ前だけを向いて日々全力で。自分に厳しく、若手ダンサーに優しく。過酷な仕事、でもやわらかな表情で語る姿。この人の舞台が見てみたいと思いました。まさか彼女の舞台を見られるなんて当時は夢にも思わず。
たった2度、いえ、2度も夢を見られたのだ、と思います。

バレエダンサーとして、そして一人の人として、彼女のここでの最後の仕事に敬意と感謝の気持ちでいっぱいです。

カーテンコール。たくさんの花束と拍手喝采で送られた後、カーテンの中ではバレエ団の皆さんが都さんを囲む雰囲気が外まで伝わっていました。


e0077152_042949.jpg

[PR]
by HappyLah | 2010-04-23 23:49 | うちのARTS
<< Cornwall - Corn... Columbia Road F... >>