ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Cornwall - Penzance <PB>
e0077152_5482163.jpg

2泊3日のコーンウォールの旅。滞在に選んだのはペンザンスの街。
ここを起点として、周囲を車で周りました。

ロンドンからここまで電車で来られたのですが、3連休とあって、営業しているレンタカー屋さんがなかったので、プリマス経由で来ました。プリマスのレンタカー屋さんも午前中で店じまい。
「返却日は僕たちはいないので、ポストにキーを入れておいてね。」
と。のんびりしたところです。

灰色の雲に覆われたランズ・エンドからペンザンスの街に戻って来たら、清々しい青空。天気予報がハズレてにんまり。

夕飯がてら、お散歩に出かけました。






e0077152_5551618.jpg

あぁ、海辺の空気だ〜〜!!

でも全くべとべとしません。湿度が低いからかな?


e0077152_5573024.jpg

道端のあちこちで咲いていたブルーベル。

イギリスの春を告げる花です。森にひっそりと咲く一面絨毯のようなブルーベルの中を歩くブルーベル・ウォークを、人々は毎年楽しみにしています。

今年は冬の厳しい寒さから、開花が3週間程遅れたそうで、ちょうどこの地域では見頃に当たったのでプリマスからペンザンスに来る途中、Enys Gardensに寄ったのですが、閉まっていました。。
翌日からはブルーベルのシーズンということで、毎日オープン予定だったのに、、残念。土砂降りでしたが。。


e0077152_61271.jpg

ここはイングランド?地中海にでも来たのかしら?この解放感!

海岸沿いのプロムナードから丘の上の教会を越えてハイストリートまで歩いてみた後、「面白いパブが何軒かあって、雰囲気のある通り」とB&Bのおばさんに教えてもらったChapel St. に戻り、PMが気になったパブ:TURKS HEADで食事することにしました。


e0077152_66368.jpg

コーンウォールで最も古いパブの一つ。もちろんペンザンスでは一番古いそうです。

「天井が低くてトンネルみたいで、面白いパブとか、、」とB&Bのおばさんは言っていたのですが、パブの歴史を見ていたら、17世紀には現在ダイニングルームになっているところは貯蔵庫で、密輸業者の抜け道トンネルが港まで繋がっていたそう。ほぅ。私達が座っていたところ、そんなところだったとはねぇ。

ごはんは丁寧に盛りつけられていてなかなかモダン。笑
店員さんも感じの良い人が多く好感が持てました。


e0077152_67584.jpg

PMは近郊のNewlynで穫れた新鮮なお魚を使ったフィッシュ&チップス。グリーンピースマッシュ添え。身はふっくらジューシー。衣はさっぱり、サクサクでご満悦。
私はさばのソテー。
コーンウォール産のいわしやさば、旬になるとよく買うのですが、海が近いところは違いますね〜。
臭み消しにバジルソースを使ってありましたが、お魚自体に全く臭みがなさそうで、綺麗にフィレになっていて食べやすかったです。


[PR]
by HappyLah | 2010-05-01 21:43 | リゾート天国♪
<< Cornwall - St M... Cornwall - Corn... >>