ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
夕立 <PM>
先日、日経衛星版15周年記念の特別イベントで、日経の記者と幸田真音の対談というのがあり、平日の夕方早い時間からではあったが、参加申し込みをしていた。
会場は、シンガポールでは高級なシャングリラホテルのバンケット。
18:50という中途半端なスタート。僕の定時は18:00なので、定時に上がれば十分に間に合う時間。ただ、自慢じゃないが定時上がりなんてこちらに来てから一度もできたためしがない。
「どんなにおそくても、今日は18:30には上がろう」と決心をしていたが、こういうときには必ず何かが起こる。18:00を少々過ぎたとき、帰りの準備を始めたが、質問に訪れるスタッフの相手をしているうちに、いつの間にか18:40。あわてて外へ出ました。
この時間の道路事情は最悪で、すいていればタクシーで10分のところでも、20分以上かかる場合も。そして、タクシー乗り場には長蛇の列。でも、シンガポールでは、タクシーの呼び出しが有料だができる。システム化されているので、コールセンターに電話するとすぐに来てくれる。
タクシーを待つこと3分、「シャングリラへ」と伝え、急いでもらった。でも、結局到着したのは19:15。対談は「まぁ、特に面白くもなく」20:30過ぎには終わりました。その後、軽食をつまんでいる間に、シンガポール大学院に留学している日本人の2人と話す機会ができ、しばらく立ち話。そして、一緒に表通りのバス停まで歩くことに。
ホテルの外に出た瞬間、遠くのほうで「ゴロゴロー」と雷が。とりあえず、表通りまではすぐということで歩いていると、10m程後ろで突然「ザザー」と雨が。3人であわてて逃げたが、やはり雲には負けます。あっという間に追いつかれて、びしょびしょに。雨に打たれるのがこんなにイタイなんて、「バケツの水をひっくりかえしたような」って表現があるけど、「バケツの水を100杯うちつけられたような」感じでした。その後、雨が弱くなるまで雨宿りをしたけど、一向にやむ気配なく、雷も「ピカピカドンドーン」と一向に帰れません。
結局雨宿りに2時間程費やしちゃいました。
[PR]
by HappyLah | 2005-10-27 21:17 | ネコブル(マイナートラブル)
<< 襲いかかる恐怖!!!!! &l... 送別会、主役は誰? <P... >>