ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
★Christmas Party★シンガポールのお宅訪問<PB>
気の毒なPineapplemanはお仕事ですが、世間は今日も休日です。
バレエの先生が生徒を自宅に招いてのクリスマスパーティーを企画してくれたので、まだ3回しかレッスンに出ていない私もずうずうしくお邪魔してきました。

先生のお宅はCityから近い、HDBが集まる住宅地。シンガポールでは国民の殆どが、このHDBと呼ばれる公団フラットで暮らしています。政府の「国民全員に住宅を供給する」という政策により、高層HDBがたくさん建てられ、国民は安く賃貸・分譲でHDBに住むことができるのです。私達のような外国人はこの恩恵にはあずかれないので、大抵お金持ちのシンガポーリアンが投資目的で所有している、セキュリティやプール、ジムなど完備の、コンドミニアムと呼ばれるマンションを借りて暮らしています。
HDBの集まる住宅地には、地下鉄の駅や、マーケット、小売店や安く食事のできるホーカーなどがあり、とっても便利そうです。日本と同じように人口密度が高いのに、住宅事情がよいのは羨ましい限り。窓からたくさん伸びた棒に洗濯物がはためいている光景がのどかです。スコールの時とりこむのが面倒くさそうだなぁといつも思って見てしまいますが。

エレベーターは決まった階にしか停まらず、近い階から階段で移動します。高層で混雑するから?公団フラットといってもお部屋はゆったりとした造りで、大きな家具を置いても大丈夫。狭くて高い日本の住宅も何とかしてほしいもの!

バレエの映画を見ながら(ダンスシーン以外は皆、全然見てない)、いろいろなフィンガーフードをいただきました。あまりシンガポーリアンは料理しないと思っていましたが、何と、先生(男性)は「すしもよく作る」といい、のり巻き&お稲荷さんが出てきてびっくり!のり巻きの具も、卵にカニカマ、チキンと野菜など鮮やか。しかも美味しくてたくさんいただいてしまいました。

自慢じゃありませんがのり巻き、作ったことありません・・・。kyurikaさまのThanksgiving Partyでの美しい巻き寿司を思い出し(食べたいっ!!!)・・・日本女性としては、寿司ぐらい軽く作れなくてはっ!と決意。

e0077152_21204362.jpg私もシンガではあまり見かけないので、フィナンシェを焼いて持っていきました。フィナンシェって金の延べ棒って意味であの形だそうですが、好きな花形で(金の棒の方が中国系にはウケそう)。「これ日本のお菓子?何が入ってるの?」と皆に聞かれ、日本的なものが期待されていることを認識。私は日本人ですものね(再認識)。日本女性たるもの、どら焼きくらい作れなくてはっ!
嫁修行の路はまだまだ長く険しいです。。。

[PR]
by HappyLah | 2005-12-26 20:37 | 異文化を見る(ё。ё)
<< 日本の新聞 <PB> ★Merry Christma... >>