ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
シンガポールのお豆腐料理 <PB>
日本食には欠かせないお豆腐ですが、中国文化のあるシンガポールにもいろいろなお豆腐料理があります。お馴染み麻婆豆腐を始め、海老と一緒に炒めてトロンとしたあんかけになっていたり、とろみのあるスープに入っていたり・・・。そして、レストランでは殆ど見かけませんが、街のどこででも、ホーカーやフードコートに必ず入っているロコに人気の郷土料理がこちら、YONG TAU FOO(ヨントーフー)です。

e0077152_2004796.jpgシンガポール風おでんといった感じ。練り物や厚揚げ、野菜など自分の好みで何種類か選び、茹でてもらった具をそのまま/スープで、ご飯と一緒/麺をスープに入れてもらっていただきます。シンガポーリアンはもちろんたっぷり辛いチリソースを付けて食べます。日本だとからしの役目ですね!
写真はトマトとオクラですが、白菜、にら、もやし、大きな青/赤とうがらしやゴーヤに練り物が挟んであるものなど、野菜もいろいろ選べます。
こちらのものは、梅のような風味があってさっぱりした美味しいスープでした。

家庭でももちろん大活躍のお豆腐。中華でも使われますし、最近の日本食ブームもあるのか、スーパーにはたくさんの種類のお豆腐が並んでおります。
どれも、ideal for soup/steam/fry(汁物/蒸し物/炒め物に向いています)など書かれており、加熱調理用なので、冷奴が食べたいときは日系スーパーのお豆腐屋さんで購入するのですが、日本の夏のように毎日冷奴!というよりは内外の温度差が激しいシンガポールでは、身体を冷さないよう温かいお豆腐を好んで食べるようになりました。

e0077152_201141.jpgこれは、私が炒め物に愛用しているこちら独特のお豆腐、TAU KWA(豆干)と呼ばれるもので水切りしたお豆腐を真空パックしたようなものです。
麻婆豆腐やゴーヤチャンプルーを作るのにとっても便利♪炒め物が多い中華ならではの発想商品?!

牛乳のように、食事と一緒に豆乳をゴクゴク飲むほどシンガポーリアンに愛されているお豆腐は、私達にも欠かせない食材。海外にいながらお豆腐を様々な形で、日々味わえるのは有難いことです♪

[PR]
by HappyLah | 2006-01-15 22:36 | くいしんぼーちゃん
<< マスターカード・・・ホントに... 気軽にインド料理 <PB... >>