ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
モーリシャス4日目 一日観光(午前)編 <PB>
本日は7時には朝食をとり、首都ポートルイスと植物園を巡る一日ツアーへ参加してきました!
多国籍&観光業の国らしく、英・仏・独・伊に堪能なガイドが同乗してくれます。その他言語は特別手配で可能だそうです。

各国語ごとにバスは3台に別れていざ出発!!
1号車:中型バス withフランス語ガイド。ほぼフランスからと思われる人いっぱい。
2号車:ミニバス with英語ガイド。我々含め8人。
3号車:ミニバス withスペイン語ガイド。若いご夫婦2人。

申し込み時、人数が少なくてもミニバスなので大丈夫よ!と聞いていても、空港からホテルまで来たあの恐怖の道、あの揺れに耐えられるか心配で酔い止めを用意していきました。・・・が、問題なし!車が違うだけでこんなに快適♪

e0077152_15115827.jpg

まずは、聖母マリア様の像が立つ高台から並みを一望。
街中に見える緑の殆どはマンゴーの木だそう。

次に向かったのは緑X赤の鮮やかな中国寺院。シンガポールにもたくさんあるのに・・・。丁度経を読んでいるところで、ヨーロピアンには絶好のシャッターチャンスだったよう。
さくっと周り、いよいよ首都、ポートルイスへ・・・自由行動時間です。

e0077152_15142143.jpg平日のポートルイスは激混み。
日用品が島のどこよりも安く買えるとあって、皆買い物に来るそうです。

こちらは有名なマーケット。中に入ってみると・・・
e0077152_1533535.jpgきれいに並んだ真っ赤なトマト達。甘くて美味しそう!

ん~っ!
かぶりつきたい~っ!
e0077152_15331798.jpg太陽の光をいっぱいに浴びたお野菜の色彩がなんと美しい!

殆ど国産なので朝取りで直送されてくるのか、新鮮で瑞々しく、思わず買ってお料理したい衝動に駆られます。

お値段を見ると、ホテル内の物価と地元の人々の物価の格差に驚きます。モーリシャンの1ヶ月のお給料は10000ルピー(約4万円弱)だそうです。

お野菜のマーケットのお隣には有名なスパイスマーケットがあるのですが、こちらは値段交渉制。外国人には信じられない値段をふっかけてくる人もいますので、周りの商店で物価をチェックしてから駆け引きに臨みましょう。この手の才能はない私達は、交渉するほどたくさん購入する予定もないので小さな商店でお目当てのバニラティーのみ購入。

皆と集合して、ランチタイムに突入。アレンジされていたランチはチャイナタウンで中華です。
一番国際色豊かな我々英語組(スコティッシュの老夫婦、マンチェスターからいらしたインド系若夫婦、ギリシャ人若夫婦+私達)は、皆おとなしく円卓を囲みました。お隣では仏語組がすでに楽しそうに食事を始めています。
(こういう時は年長者のおじいちゃんが話しを切り出してくれるものだよね・・・)とPM。しかーし、おじいちゃん食事に夢中で、そんな気配なし。しかも、ギリシャ人の奥さんが大皿から自分のお皿にまだ取っているところで円卓をガラガラ回しだし、ギリシャ人奥さんは取り分けスプーンを持ったまま呆然・・・。これをあっけらかんと何度も繰り返すので皆笑いをかみ殺していましたが、ついにたくましいギリシャ人ダンナ様が、「少し待っていて頂けますか!?」とおじいちゃんにびしっと一言申してくれました。
インド系若夫婦が割り箸を手に、どうやって使うか話していたところへPMが加わり、割って使うことを説明しだしたら皆打ち解け始めよい雰囲気に。なんと・・・そこで、米粒を得意げに箸でつまんでみせるおじいちゃん!只者ではありません。そして奥様のおばちゃん、PM以上のパイナップル好きだそうで、「大好きなの。これ食べてしまってもいいかしら?」と最後の一口まで、白身魚とパイナップルの炒め物の大皿を殆ど一人で制覇した後、「この白いの何かしら?」。・・・お魚です、お魚。彼女しか食べていないけれど、彼女以外全員がお魚と答えていました。

愉快なメンバーでの一日観光は午後編へ続きます・・・

[PR]
by HappyLah | 2006-02-14 22:29 | リゾート天国♪
<< モーリシャス4日目 一日観光(... モーリシャス3日目 風水ディ... >>