ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
バレエ・レッスン~第2期 7/12時間目~ 努力とは?<PB>
先週のバー・レッスンでは一番前で弱気なところに、新しい動きがたくさん入ったりで動転してしまい、ボロボロでした。(;_;)
かなり凹み、新しいことを習うには言語のハンデが大きいなぁ・・・(しばらく先生の言う「バモンジュテ」がわからず適当に真似していたら、おぉ~!「バットマン・ジュテ」と閃いたり!←反応遅すぎです。)、日本人の先生の教室に見学に行ってみようかなぁ・・・と真剣に悩んでおりました。
そして迎えた今週のレッスンでしたが、いつもとちょっと違いました。私にとって、受けてよかった!と思える良い意味で違ったレッスンでした。

いつもプリエ、タンデュ・・・と行っていく基本的な始めのバー・レッスンを「目を瞑ってやりなさい」と先生はおっしゃったのです。新しい動きが増えると周りを見ながらそろりそろりと動く私達をみかねての、応急処置だったのだと思われます。
目を閉じていると、自分の脚がどこにあるのかもわかりません。身体の中心軸を感じるために、全神経を自分の頭のてっぺんからつま先まで集中させざるを得ません。目を開けていても、自分の身体から意識を離さず、隅々までストレッチするのが本来のバー・レッスンのはず。周りを気にして注意散漫になっていては、バランスを崩したり、働かせるべき筋肉を使えず、レッスンの意味がなくなってしまいます。動きを間違ってでも、自分の身体から意識を離さずコントロールすることが大切、と当然のことを再認識したのでした。

そしてもう一つ、よかったこと。
今回、double pirouetteの感覚がつかめた気がしました!
「doubleやtriple pirouetteをするのにバランスが崩れてしまうなら、single pirouetteだって出来ているとは言えない。pirouetteの基本をもう一度だけ言うよ。」と先生が教えてくださったことは3つ。
e0077152_20373053.gif1. 準備OKまでプリエはするな。
2. プリエと同時に進行方向に片腕を広げ、反対側の腕もアン・ナヴァンで追う。
3. 頭は最後に追ってゆく。必ずSpotting(同じところを見る)。

何を今更?という感じかもしれませんが、この3か条で驚くほど身体が軽くなった気がします。まだブレがちで、回っている間にパッセの脚がだらしなくなってしまったり不完全ですが、自分の身体がコマであることを感じられ、希望が沸いてきました。
正直、バレエ・レッスンはつらいです。大人からのバレエは柔軟性に限界がありますし、健康のため・・・と思っていても、レッスンに行けば先生は「芸術」として真剣に指導してくださり、できなくて落ち込みます。それでも、続けようと思うのはやはり楽しいからだと思います♪
ヨガのリラクゼーションとは異なりますが、ピアノ曲に乗って踊り、レッスンに集中して大量に汗をかく心地良さが好きなんです。
「もうダメ。やめたい病」の波は時々やってきますが、今回は救われました☆
波に溺れないようにファイト!です。。。

*****関連して、思ったこと*****

日本人には、努力することはとてもよいことと一般的に重んじられていると思います。シンガポール人は勤勉ですが、合理的に手を抜くことも多くみられます。効率的に近道できるならその方がよいというわけ?です。日本では努力=美徳と考えられている気がしたので、ググッてみたらこんなのが出てきました。

「夢のある苦労の事を努力と言う」
ある目的を達成するために、途中で休んだり怠けたりせず、持てる能力のすべてを傾けてすること。(『新明解国語辞典』より)

夢のある苦労・・・なんて美しくないですか?

丁度、バレエ・レッスンの前日に観ていた好きなTV番組で、ドラゴン桜のモデルになった京都の英語教師が「諦めたらあかん。諦めそうになったらなにくそ!と思え」
「全力を尽くして頑張っても、あかんときもある。でもそれを次につなげていってほしい」と受験生に語っていました。私の受験なんて本当に詰め込み型で、勉強した内容は殆ど忘れてしまいましたが、当時一生懸命勉強したなぁという実感は、経験された方は皆さんお持ちなのではないでしょうか。この先生のお話を聞きながら、「バレエも今はできなくても、諦めるのはまだ早いかも。100%の力を出したと今は言えないもの。」と思い、何だかスッキリしました(単純なんです)。

以前にも記事で触れたのですが、私達の大好きな番組なのでご紹介を・・・
プロフェッショナル 仕事の流儀
この番組は現在活躍中のプロ達の仕事に密着した取材+スタジオで本人にじっくりインタビューして迫るというドキュメンタリーです。一流のプロといっても今現在も毎日戦っている人達で、現在進行形なのです!大分次元は違いますが、明日はわからないのは同じ。未来に向けて全力で走っている姿に共感します。様々な職業、それぞれの流儀を語ってもらえるのですが、自分の仕事が好きで、100%の力で仕事と向き合っている人達は、本当にカッコイイ!憧れます。。。

主題歌がまた、心に響きます(番組HPで視聴でき、歌詞も公開されています)。HPでは放送されなかったインタビュー部分や、実際インタビューにあたったキャスターのコラムなども読めて面白いです。

仕事に限らず、追い求めているものが不確かだったり、走っている方向に不安になったり、誰しもあると思います。今の自分、未来の自分を考えたときにきっと力になる元気をもらえるので、騙されたと思ってチェックしてみてくださいね!(*^^*)

[PR]
by HappyLah | 2006-03-16 19:34 | 日本を眺める(ё。ё)
<< シンガポーリアン気質 &q... Simple Sunday B... >>