ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
モーリシャス4日目 一日観光(午後)編 <PB>
e0077152_2033682.jpg午後最初の下車場所はこちらです。

さて、こちらは何でしょう?

ヒント1:観光客のみならず、たくさんの人が訪れます。

ヒント2:生活に密着した場所です。

ヒント3:私は日本では見たことはありませんが、シンガポールにはたくさんあります。

大ヒント!:シンガポールと日本の大きな違い、多民族国家に関係があります。

答えは・・・ヒンズー教寺院です。内装はこんなに華やかで綺麗なのですね。シンガポールでは一度も中に入ったことがありませんでした。
外側も中に負けないくらい華やかなゴープラムと呼ばれる高い門が目印となっています。たくさんの神様や牛などの動物(姿を変えた神とされる)が空に向かって積み上げられた極彩色の塔のようなものなのですが、ご覧になったことはありますか?

マンチェスターからいらした女の子はヒンズー教だそうで、礼拝堂の中へそっと入って、お祈りをしていたのがとても神聖に感じられました。

おなかもいっぱいになり、静かな時間を寺院で過ごした後は・・・いよいよ本日のメイン・イベント、有名なパンプルムース植物園(Pamplemousses botanical garden)へ到着です。この植物園は入場無料なので、お弁当を持ってピクニックしているローカルの人達もたくさんいました。おしゃべりに花が咲いているようで、とっても楽しそうです♪

とにかく敷地が広いこの植物園、何が何だかさっぱりわからない私達はガイド付きでよかったです。

e0077152_20441311.jpg

これは60年(だったと思います)に1度しか花を咲かせないという木。大きな葉っぱで覆われた一番真ん中の上の方につぼみがありましたが、1度花を咲かせたら木は枯れて死んでしまうそうです。どんな美しい花が咲くのか・・・神秘的な運命の木。

e0077152_1424685.jpg
こちらはサイクロン(台風)によって、曲がってしまった木達。こんなに背中が曲がってしまっても、ちゃんと栄養吸収できているのでしょうか?
この辺りは何十年に1回、大きなサイクロンが直撃することがあるらしいのですが、モーリシャスの人達はサイクロンがやって来そうになったら避難して、被害後はまた新しい家に引っ越すそうです。耐震構造は全く考慮せず。壊れるのが前提で家を建てるなんて、地震大国日本では考えられませんね。

e0077152_15028.jpg

この植物園の名物、特大なハスの浮かぶ池です。子供が乗れるくらい大きなハスの葉はボートのように乗れそうな気がしてきます。

e0077152_1501421.jpgハスの花が3日の命ってご存知でしたか?
種類によって異なるのかもしれませんが、このハスの花が役目を終えしぼむと、うぶ毛がたくさんある葉っぱとなり、それがやがて大きな葉になるそうです。

←ここに小さくて毛だらけの葉があるのが見えますでしょうか?クリックしていただけると、写真は拡大するので気になる方はどうぞ!
e0077152_0581511.jpg最後にこちらはシンガポールではお馴染みパンダンの木です。

海南チキンライスを炊くときは必ず一緒にパンダンの葉を入れるといいそうです。
チキンライスのご飯が美味しいのはチキンの出汁だけではなかったのでした。

シンガポーリアンが大好きなお豆腐のデザート:豆花にもパンダンの葉で香り付けしたシロップがかかっています。

この木を見ても、とても香りのよい葉とは想像できませんが・・・。

花のような可憐さ、華やかさはありませんが、広大な園内に息づく大きな木々の存在感や生命感、その間を抜ける風や光はとても心を穏やかにしてくれました。
"green city"と呼ばれるシンガポールの街路樹もよーく観察してみようかな。異国で気づく、祖国(第2の?)の良いところ。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-14 23:19 | リゾート天国♪
<< モーリシャス5日目 カクテルハ... モーリシャス4日目 一日観光(... >>