ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
星空の下でバレエ <PB>
週末はこの国唯一のバレエ団、Singapore Dance Theatre(SDT)による公演 :"ballet under the stars" を観に行って来ました。この公演はその名の通り、星空の下ピクニックをしながらバレエを鑑賞しましょうというもので、前々から楽しみにしていたのです。

会場のフォートカニンググリーン(Fort Canning Green)は夕方から入場可能で、子供のためのゲームやイベント、ラッキードローなどが行われています。また今回初めての試みとして、地元の学校の子供達が前座で一生懸命躍ってくれていました。私達はかなり気合を入れて早めに出かけましたが、公園は広いですし皆のんびりやってくるので、場所の取り合いにはなるということもなく、割とゆったりとスペースが確保できるので焦らなくても問題ないです。

日が暮れるまで、読書をしながら周囲の人達を観察してみると、ピクニックのスタイルも様々。ケーキやサンドイッチ、チップス、ドリンクなど買いこんだスーパーの袋をたくさん下げてくるシンガポーリアン。大きな籐のバスケットとクーラーボックスからお酒やお手製のごはん、サラダ、フルーツ・・・グラスにお皿、カトラリーまで!続々取り出している欧米人、とお国柄が出ています。←コチラはとっても美味しそう♪
私達は多くのシンガポール人同様、「買いごはん」で済ませてしまったのですが、次回はお友達も誘って、ポットラックパーティー風にピクニックを楽しみたいなぁと思いました。

e0077152_19533585.jpg

すっかり暗くなり、振り返るとFort Canning Centreの灯りがキレイ。いよいよ始まりです。

フォートカニングパーク(Fort Canning Park)は小高い丘になっているので、その傾斜した芝生を利用してステージが設置されています。
昔この丘の上にはマレーの王様の宮殿があり、英国植民時代はラッフルズ卿の邸宅があり、その後砦が築かれ戦時中は英国軍の司令部が置かれ、WWⅡの頃は日本軍の要塞となり・・・と深い歴史の刻まれた場所で、日本軍がこの国にしたことを思うと胸が痛みますが、現在は緑豊かな市民の憩いの場となり、こうして多民族な国民と外国人が一緒に芸術を楽しむことができる豊かな場所であることに、平和をしみじみと感じました。

5つの小作品から成る公演はクラシックあり、モダンあり、あっと驚くような演出あり、工夫されていてあっという間の一夜でした。年末のくるみ割り人形の完成度には及びませんでしたが、野外のステージでは音楽も聞こえずらいでしょうし、難しいことと思います。

e0077152_20282856.jpgダンサーの集中力を妨げてしまうフラッシュ撮影は禁止ですので、ご挨拶のところだけ記念に1枚。日本人のダンサーも3人活躍されていました。
写真の作品の振り付け師も日本人女性ダンサーで、こうして国外でも活躍されている日本人の方々に出会えることは誇りでもあり、いつも尊敬するばかりです。

この星空の下バレエ鑑賞はS$19(約1350円)で、こんな風に気軽に寛ぎながら芸術に親しんでもらおう!というプログラムが毎年続いているということは素晴らしいと思います。
年に2回行われるようなので、次回を楽しみに。あっ、でも雨期は大丈夫なのでしょうか・・・?ちょっと心配です。

[PR]
by HappyLah | 2006-07-24 20:45 | うちのARTS
<< えっ!?もう??? <P... 黄色の効果 <PB> >>