ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Caucasianの瞳から <PB>
お久しぶりです!シンガポールは常夏ですが、皆さま残暑いかがお過ごしですか?
e0077152_1737951.jpg

我家には学生の頃からの友人Rosaが、スペインから遥々遊びにきてくれました。
彼女の滞在中は朝から晩までおしゃべりに夢中で・・・。PCに向かう間もないほど、賑やかで楽しい夏休みを満喫しておりました。

来星前「シンガポールの天気予報をCNNでチェックしているのだけれど、毎日曇りと雨と落雷のマークが全部出てるの。大丈夫かしら?」と尋ねるRosaに、私達は大爆笑。スペインは雨がずっと降らないためオリーブオイルの値段まで釣り上がっているそうで、「雨が見たいわ♪」という彼女。
これはスコールを体験してもらわなければ!との期待通り、来ました、特大のが!!残念ながら落雷付きではありませんでしたが、窓からの視界が曇るほど激しい雨に彼女は大喜びで「すごいショーね!!!」と写真に収めておりました。

写真といえば、彼女は大の高層ビル好き♪今まで一緒に旅行した都市でも金融街の高層ビルはいつも彼女を虜にしてしまいます。シンガの小さな金融街でも何枚写真をとったことか・・・。私達にとってのゴシック建築&ガウディは高層ビル&マンションなのでした。。。

初めてのアジア滞在に大興奮♪存分に楽しんでいってくれた彼女ですが、特にお気に入りだったアジアングルメといえば・・・

コピ+カヤトースト (Kopi & Kaya Toast)
コーヒーには砂糖2袋は入れる彼女。コンデンスミルク入りのコピにハマッてからはスタバに見向きもせず、コピまっしぐら。
過去のコピ&カヤ記事はこちらです
(余談)記事にあるYa Kunでカヤジャムを購入したところ、店舗情報としてこれから進出予定の東京店もすでにカッコ書きで載っていました。

餃子&小籠包
ふわふわジューシーなお肉&酢醤油に惚れたよう。
今後は醤油をお料理に使う!とまで宣言。

肉まんなど、包(Pao)類 & 高島屋の地下にある日本の大判焼
甘いものやケーキが苦手な彼女は、やわらかく甘さ控えめパン好き。このポイントを鋭く突いたのか、大判焼を見つけるなり即買でした。
日本人としては大変嬉しい♪
覚えておくために大判焼の袋を持って帰りたい!と言う彼女を何とか制して袋を捨てました。。。(あんこ付きで汚いですよ~ぅ!)

ごはん
パエリヤはあるといっても、パンをたくさん食べる文化人。パンを口にする量がこんなに少ないことはないとのこと。海南チキンライスも、チャーハンも、我家で炊いた白いごはんも美味しい!美味しい!とぱくぱくぱく。

新鮮な瞳を持つ彼女と街を歩いていると、いつもの街も違って見えたりします。
アラブストリートやリトルインディアのようなエスニック街ではヨーロピアンのセンスを発揮。サリー(インドのドレス)を作る用の布の風合い&柄に一目惚れして「ソファーにかけるの♪」と購入するなんて、見習いたい発想です!

そして今回滞在中に覚えて、繰り返し呟いていた言葉はcaucasian(コケイジャン)。
なんだかよくわからないけれど、私達外人だからOKだよね!という時いつも口癖のように使っていた:
「I'm a foreigner!(私外人だから!)」というお得意のセンテンスは・・・
「I'm a caucasian!(私白人だから!)」に変わっていました。
確かにヨーロッパにいたらcaucasianという単語、使う機会はないのかもしれませんね。シンガポールでは欧米人のことをよく「赤毛(アンモウ)」(中国語に由来)といって、冗談で自分のことを「赤毛」という欧米人もいるよと伝えたのですが、caucasianの響きが相当気に入った模様です。。。

外国人として暮らしている私達ですが、彼女のおかげで自分は日本人でもあり、アジア人でもあるということを教わった夏休みでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-24 19:14 | 外国語と海外生活
<< 元気をくれる植物園 <P... 久しぶりのPM >>