ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
元気をくれる植物園 <PB>
賑やかだった2週間が過ぎ去り、突然やってきた静けさに、子供の頃の夏休みの終わりを重ねて少ししんみり・・・懐かしい気持ちになっています。
今の私は、宿題ならぬ溜まっていたことも一気に片付けてしまい新学期への準備は万端。
珍しく、この余裕ある時期に日頃意思止まりのことを実行するぞ~!というわけで、「自分時間強化月間」を始めることにしました^^。

いろいろ心配してくださる皆様、ありがとうございます。(ノ◇≦。)
ごはんに誘ってくれたりする周りの友人の温かさに救われている私です。
シンガポールのリトル・インディアでさえ苦手(私は好き)とする彼が、リアル・インディアで6週間も暮らしてゆけるのか心配・・・どうか健康で無事に帰ってきますように☆
遠くから心配してくれる方々にも、本当に感謝です。

「6週間は長すぎよ!私も寂しくなるわ。」とPMの同僚で仲良しなBenちゃんの奥さん、Kerryが朝食に誘ってくれ、早速植物園デートしてきました。日頃夜型な我家ではブランチならまだしも、朝食を外でなんて不可能に近いのですが、こんなことが可能なのも「おひとりさま」ならではでしょうか。Kerryは2歳のAdamくんが毎朝5時には起きるので超朝型。う~ん、ママって大変!

平日朝の植物園へ行くのは初めて。園内を歩いていると、幼稚園の遠足グループに何組も遭遇しました。シンガポールの園児達は皆リュックからテディベアを覗かせているのが可愛いらしい。なぜ皆テディ?というくらい、どの子のリュックからもテディがはみ出しているのが可笑しい。持ち物リストに「テディ」とでも書いてあるのかしら?

ジョギングしている欧米人、犬の散歩をするメイドさん、太極拳をしているおじ&おばさま達など人間観察をしながら、お昼近くまでおしゃべりを楽しみました。

手入れの行き届いた緑や花に恵まれた植物園は、毎週来ても飽きることがないほどとっても広いのですが、更なる開発が進められています。
先週Rosaと訪れた時は、ゆっくり時間をかけて園内を歩いて、新しく出来たTaman Serasiというフードコートやインフォメーション・センター、図書館のあるエリアにも寄ってきました。
Herbarium Library(植物の図書館)では、閲覧のみなのですが植物関係の本や資料をゆっくりと読むことができます。その名通り、ガラスケースに展示されている植物標本や、スタッフが乾燥させた葉や実・花などを丁寧に台紙に貼りながら説明を書き込んだファイルを見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうです。

また、図書館の向かいにある研究所では、世界最大規模を誇る国立蘭園を有するだけあり、蘭の交配を見ることができます。手をかけただけ美しく咲くと言われる蘭。これからどんな花を咲かせるのでしょう。。。

e0077152_18485858.jpge0077152_18491254.jpg

植物の知識は乏しいのですが、こうして知る楽しみを与えてくれたりもします。私にとって植物園は、豊かな自然に包まれて、ゆったりと心地よい時間に身を任せているとエネルギーがぐんぐん補給される場所です。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-27 19:00 | リゾート天国♪
<< 東洋のパン料理 <PB> Caucasianの瞳から &... >>