ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
リゾートホテルのホスピタリティ <PB>
e0077152_3561115.jpge0077152_3562811.jpg
日が暮れた頃、お部屋に戻ってくるとふんわりと爽やかな香りがします。turn downに来てくれたスタッフがいつも焚いてくれる蚊取り線香は、レモングラスの香り。

こちらへ到着の夜、寝室にそっと置かれていたお祝いのカードと、バティックと生花で作られたハートのオーナメント☆
ブーケのようにスポンジに水を含ませてくれていて、3日間ずっと綺麗でした。
お部屋を予約したときに、ホテルから届くPersonal CardにWedding Anniversaryであることを記していたためですが、滞在前PMがメールをやり取りしていたときから感じたスタッフのきめ細かさとおもてなしの心は、この滞在中何度も感じました。

e0077152_3573124.jpge0077152_415198.jpg
e0077152_424691.jpge0077152_43131.jpg
e0077152_413896.jpge0077152_4132045.jpg
ライティング・デスクの上のココナッツ製の箱に毎晩入っている、小さなお菓子。ちょこんとバティックに盛られた可愛らしい姿に、今夜はどんな子?と覗くのが楽しみに。

最終日の夜、食事を終えて戻ると、レストランのスタッフが内線でタイミングを知らせてくれたらしく、私達とすれ違いに、つい先程まで冷やされていたチョコレートケーキがお祝いに届けられていました。

e0077152_414133.jpg
e0077152_4152294.jpgバスルームに用意される両手いっぱいのプルメリアを湯船に浮かべたら、気分はもう森のお姫様。

キャンドルもシャンプーも石鹸も全て土地の自然素材から作られたもの。洗面台に置かれた箱、バスタブ脇のタオル台、プルメリアの入ったボウル、ゴミ箱まで…大好きなココナッツの木製。自然のぬくもりに癒されます。

時期的に滞在者が少なく、二晩は私達のみだったこともあって、リゾート中のスタッフ皆が気にかけてくださり、まるでVIPになったみたいでした。ゴールデンウィークは日本からのお客様でいっぱいになるそうです。

Puri Wulandari、またいつの日か帰ってきたいところが増えました。



バリといえば、いたるところにSPAがある、SPA天国♪
ゆっくり滞在を楽しむことを最優先に、今回2日間のSPAが含まれたホテルの宿泊パッケージを利用しました。各日2時間くらいでメニューは選べます。私達の選択は…

☆1日目:フットバス→バリの塩を使ったボディ・スクラブ→アロマ・マッサージ→サウナ&フラワー・ジャグジー
☆2日目:フットバス→バリの塩を使ったボディ・スクラブ→ルルール・マッサージ→サウナ&フラワー・ジャグジー→クリーム・バス

ルルールはバリのスパイスが配合されているようで、全身カレー色でエキゾチックな香りに!カレー色のクリームを洗い流した後はヨーグルトパックで、何だかインドな気分に。

日本人な私達にとって毎日サウナとお風呂に入れるのは嬉しいこと。でもこのサウナ、温度が甘いので、焼石に必死に水をかけなければなりません。。。
フラワー・ジャグジーでは水分補給のためスムージーやジャムー(漢方薬)を持ってきてくれます。極楽に浸っていた私は、スムージーのグラスに差してあったメロンとパイナップルをお湯の中へ落としてしまい、お花の中を回転する彼らを追うのに苦労しました。。。

私達が気に入ったものは完全に同じで、塩のボディ・スクラブとクリーム・バス♪
クリーム・バスは日本の美容院のようにシャンプー台で髪を洗ってもらい、アボガドやアロエなどで作られたクリーム(本当に生のアボガドらしい緑色!)で髪と頭皮をマッサージ後、スチームで浸透させ洗髪、ブロー。
意外に凝っている頭の疲れがすっきりと取れたところに、温かいスチームとドライヤーに2人ともこっくり眠りの世界へ。最後に耳にプルメリアを差していただき(PMもです♪)、そのまま夕日を眺めにカフェへ。ポカホンタスの女の子みたいで、自然に帰ったみたいです。
ひょっこり現れたリスを目で追いながらコーヒーを飲み、ノーメークの素肌に受ける風は最高に心地よいものでした~。


[PR]
by HappyLah | 2007-04-13 23:50 | リゾート天国♪
<< Exotic Bangkok!... 街カフェごはん&ホテルごはん ... >>