ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Exotic Bangkok! <PB>
時々出張でこちらにも来てくれるタイ在住の友人Kくん。
多忙な彼ですが、4月はタイのお正月でお休みがある+twins(妹)ちゃんもタイにやってきた!というわけで、新婚の2人を訪ねて憧れのバンコクへ遊びに行って来ました♪

e0077152_2281397.jpgPMのcorporate rateを利用して、宿泊はコンラッド(Conrad Bangkok)に。
迎えてくれたフロント・スタッフは何と日本人の方で、仏様のような笑顔とスマートな心配りに感動!「ここは日本?」と錯覚しました。

到着したのは10時半頃でしたが、すぐにお部屋にチェック・インが可能でした上に、デラックスルームにアップグレードして下さり、おかげ様でほっとくつろぐことができました。

お部屋の扉の前にも入っていったところにも、こうした仏教モチーフが迎えてくれます。柔和な笑顔に、以前シンガポールでお会いしたタイ人の方々が「こんにちは」と微笑み手を合わせてお辞儀されていたのを思い出しました。
私達にお辞儀の習慣があるからでしょうか。とっても親しみを感じるタイのご挨拶。

タイ・シルクやアートで彩られたお部屋は私の好きなアジアン・モダンで、PMも「このベッドサイドテーブル、同じものをオーダーしたいくらい!」と言うほど。滞在中PMが愛用していた抱き枕の上にいる象さんには、ちゃんと名前があります。

"チャーン・スリン"・・・力持ちで人気者な象さん。イサーン地方のシルク使用。
このコンラッドのお茶目な演出、シンガポールでは熊さんだそう。ライオンではなく熊?
きっとバティックの熊ね。パッチワークの熊に重なる、可愛さ半分怖さ半分を想像・・・。


e0077152_2391474.jpg

e0077152_242556.jpge0077152_2422133.jpg
e0077152_2434582.jpge0077152_244477.jpg
e0077152_245068.jpge0077152_2451294.jpg
窓辺のガラス・テーブルに見られる細かく彫られた模様、写真ではわかりづらいのですが側面にもびっしり刻まれていて、象形文字の時代まで遡ってしまいそう。。。

こうした何気ないところに、伝統と文化あるタイ王国の深い魅力を感じました。

いつもスモッグで曇ってしまう青空。高層ビルが林立する大都市は、未来に向かってものすごい勢いで疾走していても。

[PR]
by HappyLah | 2007-04-15 23:21 | リゾート天国♪
<< 水掛祭り・ソンクラン <... リゾートホテルのホスピタリティ... >>