ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
英国産食材で...ほかほかスープ <PB>
e0077152_124851.jpg

ひゅぅぅうう〜 ひゅぅぅうう〜
びゅぉぉぉお〜 びゅぉぉおぅ〜ん

昨日から風が荒れ狂っております。
我家の塞がれている暖炉からはいつものように凄まじいメロディーが。
そしていつものごとく暖炉下にはバラバラ〜ッと黒い土の塊が。掃除したばかりなのに...(´Д`) =3 ハゥー

このおうちから一歩も出たくない暴風。
一歩出たら髪がぼさぼさに逆立って、不愉快になる暴風。

こんなときの強ーい味方!買い置きしておいた根菜たちよ。肩がちぎれそうになりながら5Kgほどの食材をまとめ買いしてくる甲斐があるってもの。
こうして、東京やシンガポールではほぼ日課だった買い物が、一週間に1,2回に...確実に運動不足だわ。

冬は国産のお野菜が当然少なくなってしまうのですが、冷たい土の中でもたくましく生きている英国の根菜。
以前記事にした彼らが私達のお気に入り♪です。

冷た〜い風の吹く日には、ほかほかスープが一段と美味しい。かぼちゃのような山吹色のSwedeは目から温かさを感じられるし、これを入れるだけでスープが格段に甘く美味しくなります。大根の代わりに煮物に使おうと買ってきたのに、お醤油などで調味するのがもったいなくて、ついお酒とお塩だけでまたスープになってしまう。
薬味には使えないけれど、甘みのあるleek (ネギ)とはゴールデンコンビ。


e0077152_2195878.jpg

Celeriac(セロリの根)はセロリよりもコクがあって繊維がないので、英国流にポテトと一緒にスープやマッシュにしたり。
またお肉料理との相性は抜群!ハンバーグや餃子にさいの目に切って混ぜると、レンコンのようなほくほくした食感と、柚子のような爽やかさがアクセントになって美味しい♪ お肉に混ぜるとセロリというより、なぜか柑橘系の感じがする気がします。変色しないようにレモンを絞り忘れることもあるのに(笑)?

e0077152_2332981.jpg

肉団子に混ぜて、お鍋やパスタに使うのもお気に入り。

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のサイト(セルリアック)を見たら、日本でも流通しているみたいです。

先日Barenboim氏のリサイタルで聴いたBeethovenのソナタ、ほとんど耳馴染みのないものだったので、一番弾きやすそうなものを、久しぶりに譜読みから始めてみました。(ここ4ヶ月、昔弾いていた曲をリハビリするのが精一杯でしたもので...)
シンプルに聴こえても、読んでみると予想以上に何声ものハーモニーだったり。華やかなソナタばかり聴き惚れていましたが、簡素な美しさにBeethovenの良さを再認識しています。

Barenboim氏が2005年にシカゴで若手ピアニストにBeethovenのソナタの指導をしたマスタークラス(PBS→NHK, BBCなどでも放送)と同年ベルリンで行われた全32ソナタのリサイタルが全て収められたDVDを見かけたのですが、£60!
日本で購入する方が安いかも?と思って検索していたら、今月このマスタークラスのうちの一回&彼の演奏がNHK BS2で再放送されることを発見!!きゃ〜♪

2008年 2月18日 (月) 00:55〜03:59

バレンボイムのベートーベン・プロジェクト マスタークラス弟5回
ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31 「テンペスト」から 第1楽章
( ベートーベン作曲 )
出演:ダニエル・バレンボイム (生徒)シャイ・ウォスネル

バレンボイムのベートーベン ピアノ・ソナタ作品集 (5)
1. ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10第3
2. ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 作品27第1
3. ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90
4. ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53 「ワルトシュタイン」
( 以上 ベートーベン作曲 )
ピアノ: ダニエル・バレンボイム
(NHK HPより)

興味を引かれた方は是非♪
PMパパ&ママに録画をお願いしようと目論む2人...ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

[PR]
by HappyLah | 2008-02-02 03:46 | くいしんぼーちゃん
<< ベートーベン ソナタサイクル ... 巨匠上陸 ベートーベン ソナタ... >>