ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
A Boutique Hotel@Aix-En-Provence <PB>
e0077152_19474840.jpge0077152_19481629.jpge0077152_19483158.jpg
e0077152_19493927.jpge0077152_1950214.jpge0077152_19503387.jpg

Aix-En-Provence滞在中お世話になりましたHotel Cezanneは、街の中心ミラボー通りから徒歩5分、バスターミナルや駅近の好立地でありながら、二重窓でしっかり防音されているので、毎日熟睡。o(~ρ~)o zzz・・・

ここ数年改装工事が続いていて、まだ一部工事中なのでルーム数も滞在客も少なく、きめ細かいサービスが心地よいホテルです。

予約した時に見たHPを出発前にもう一度確認したら...リニューアルされていて、びっくり!南仏らしいお花柄のお部屋が、ちょっと我家にはクールすぎる?斬新なお部屋に様変わりしているのですもの!

ヨーロッパはどうしても部屋が狭いのは仕方なく、我家の予算ではいつも立地とサービスが良ければ...と思っているのですが、まだ改装中ということでレートも控えめで、すてきなホテルに出会えた幸運☆今回の旅行では一番心に残るホテルでした。


e0077152_2015590.jpge0077152_20152464.jpg
中でも特にステキだった、朝食の仕度をしてくれるおばさん。

「Bonjour! 私のフレンチトーストはいかが?」
「今日は何がいいかしら?」

と毎朝お客さんに声をかけながら、好みの卵や絞り立てのオレンジジュースを用意してくれます。
いつも同じ時間(お昼近く...)になる、クロワッサンの皮しか食べないインド系のお姉さん(笑)、ご両親を連れたアメリカ人の留学生...ひとりひとりに声をかけるおばさん。
朝ご飯はあまり食べないPMも、美味しい!美味しい!とどこに入れているの?と思うくらい食べている(笑)。

「もっとパンはいかが?」

「え、えっ?いゃ〜、とんでもない!もういっぱいいただきました!」

「そんなに遠慮しなくても。あなた、その身体ならまだまだ食べて大丈夫よ!」

とやせ型のPMの「もう食べられません」ジェスチャーがツボにはまってしまったおばさん。大笑い。

この明るくいつも私達を迎えてくれたおばさん、以前はご主人と共にレストランを経営されていたのですが、ぜんそく持ちの息子さんのケアにもっと時間が必要と、レストランはたたみ、お2人とも働きに出るようになったのだそうです。
きっと仲の良い家族なんだろうなぁ。母は強し。
「これからたくさん子供を産んでね!」と励まされ?、見知らぬ土地で親戚にひょっこり会ったみたいな感じ。
そういえば...昔英語に夢中になったのは、こうして旅先で出会う人ともっと話したい!と思ったからでした。

ひとり旅も、2人旅も、みんなで行くのも、旅はいろんな発見があって、おもしろい。やっぱり、いいなぁ。フランス語もわかるともっといいのだけれど。。

[PR]
by HappyLah | 2008-04-18 21:27 | リゾート天国♪
<< 春の赤いスイーツ <PB... Le Saigon @Aix-... >>