ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Chez Mounier @ Lyon <PB>
e0077152_7302926.jpg

TGVで南仏から北上し、リヨンへ。

リヨンはまたリピしたい!またこちらの方面を訪れるときには、必ず立ち寄りたい!と心捕われた街。

いろんな良いことがあった街なのですが、何と言っても素晴らしかった、ごはん!
期待通りの「食の街」!

シンガポールでは行きつけの好きな飲食店がいくつもあり、週末は基本外食でした。ロンドンに引っ越してから外食事情に失望し、基本週末もおうちごはん。
それはそれで楽しいのですが、何ヶ月ぶり?に出会えた「また絶対来よう!」と思うお店。それが、ただただもう...嬉しくて♪

石畳の小路に軒を連ねて、細い路いっぱいにテーブルを出しているお店たちの、一番端っこの小さな小さなお店。まだ夕食には少し早い時間なのに、フランス人が続々と入って行くのは、美味しいサインに間違いありません。

金曜の夜とあって、予約がすでに一杯で...とテーブルのアレンジに困るお姉さんに、「8時半までにテーブルを空けてもらえれば大丈夫。かまわないかい?」と、とびきりの笑顔で私達の席を作ってくれたおじさん。この瞬間、「当たりだ!」と確信。

e0077152_7313166.jpge0077152_7315572.jpg
e0077152_7322650.jpge0077152_7324337.jpg

e0077152_733782.jpg

e0077152_7333177.jpge0077152_7335079.jpg

PM's choice

*Haddock en salade
*Tete de veau, sauce gribiche
*Fromage blanc
*Gateau chocolat

PB's

*Salade lyonnaise
*Plat de jour
*Fromage blanc
*Tarte Praline

常連さんらしく、一人でお食事を愉しんでいらっしゃる地元おじいさんたち。若い人たちからお年寄りまで、食事をしている間に、みるみる埋まってゆくテーブル。
狭いテーブルの隙間を風のように抜けてゆく、おじさん+2人の若い男の子たちスタッフの、心遣いと動きといったら。見とれてしまうほど、気持ち良し。
(もちろん口元だけでない、チャーミングな笑顔付)
おぉぉぉ、これぞプロフェッショナル!食のお仕事を愛している人たちだわ!

予想外にも挑戦的なメニューを選んでいたPM。子牛の胃袋の煮込みは見た目よりずっとあっさりしていて美味でした。私の本日のプレートも、シンプルながら、下ごしらえがきちんとされているのがわかる一品。
ヨーグルトのような、さっぱりチーズもお口直しにぺろり。

「デザートはどうする?タルト○○!、タルト○○!、タルト○○!...」
(タルトがいっぱいあるけれど、タルトの強いアクセントにつられ、後ろの部分がほとんど聞き取れない...)
と全部のデザートを、おじさんが軽快に唱えてくれるのが、また最高。

周りの人が食べていて気になった、あの赤いタルトは何?と尋ね、アーモンドのプラリネのタルトというのでいただく。色にびっくりしますが、甘さ控えめで美味しいです。

翌日もまたこのお店に行きたい!と同意。でも、始めてのリヨンなので押さえて...またの機会に。

e0077152_10181652.jpge0077152_10183131.jpg

今度リヨンを訪れたら、まずこのお店へ向かって、予約しよう!と誓う2人なのでした。


[PR]
by HappyLah | 2008-04-24 08:41 | くいしんぼーちゃん
<< Fourviere フルヴィエ... Avignon アヴィニョン歴... >>