ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Top of Europe <PB>
e0077152_22562925.jpg

ベルンから夕刻グリンデルワルト入り。
当地は生憎大粒の雨が降っており、翌日名峰が拝めるよう、皆祈りながら就寝。

翌朝明け方、ぼんやりと姿を現したアイガーとメンヒ。
バルコニーに乗り出し、我ら一同大興奮!

e0077152_23175081.jpg

クリアーになってくる空に、期待もぐんぐん膨らみます。これはいけそう!

e0077152_23245750.jpg

山小屋風ホテルの、素朴で美味しいパン、ハムやチーズをしっかり朝食にいただき、いざ出発。

e0077152_23333594.jpg

クライネ・シャイデック駅でユングフラウ鉄道に乗り換え、アイガーの中トンネルを走ります。
日本は明治の頃、こんな山中に鉄道を建設していたなんて...!その苦労を想いながら、車内ビデオを観賞。

勾配が一気にキツくなってくるので高山病が心配なところですが、途中駅で数分停車するごとに展望窓から広がる絶景に、そんな不安も何処かへ。皆元気にユングフラウ駅到着。

e0077152_23403771.jpg

ハジメマシテ!!!スイスアルプス最高峰様。

下界の霧が嘘みたいに、上空は快晴です!

e0077152_03915.jpge0077152_032652.jpg
e0077152_0412.jpge0077152_073499.jpg

e0077152_08290.jpg

e0077152_0125939.jpge0077152_0131895.jpg
パパの派手なウィンドブレーカー。絶対遭難しないね(笑)。
自分の脚で登ったわけではありませんが...清々しい達成感!

実は高山病は下りの方がかかりやすいそうで(経験者PM談)。

e0077152_0184488.jpg

近づいてくるグリンデルワルトの、のどかな風景。ぽぽんたくんが愛らしい。

満足感いっぱいのおかげか、帰りも無事に下山。「病は気から」といいますものね。

e0077152_0213879.jpg

牛さんも、お元気で。またね。


[PR]
by HappyLah | 2008-06-06 00:26 | 異文化を見る(ё。ё)
<< Hiking in Switz... French Raddish ... >>