ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Driving in Cotswolds - Day2 pm <PB>
e0077152_23132329.jpg

午後一に立ち寄ったのは、たくさんアンティークショップがあることで知られるStow-on-the-Wold。ですが...またしても。日曜日はお店は開いていないのでした。どうしても慣れないこの習慣。少なくとも数時間は開けてくれるロンドンのお店には感謝しなければ。

村の中心部をぐるりと一周歩いて、ウィンドーショッピング終了。

腰掛けて休むおじいさんたちに和みます。さて次、と。

***BROADWAY ブロードウェイ***

e0077152_2321218.jpg

ライムストーンの家壁が、噂の通り蜂蜜色!
中心の広場ではVespaの会があったらしく、山のようなVespaと群れる人々が。。。
e0077152_23262986.jpg

ブロードウェイは昔は駅馬車が通り、交通の要として栄えていたそうです。
当時の名門旅籠、今も由緒あるホテルとして営業中。


e0077152_23383768.jpg

来る途中に見かけたタワーを目指そうと、サインに従いまた車を走らせ丘の上へ。駐車場に停車するも、タワーが見えず。
とりあえず、羊に惹かれて草むらに腰掛けひと休み(先程ティールームで休憩したばかりなのに...)。
「コッツウォルズ原産の羊」とサインがあります。ダルメシアンみたい。

もう一度車に乗って、駐車場の周りを走ってみるも、タワーは見えず。でも、タワーの駐車場はここってサインがあるよね〜、と戻って停車してみると、羊と正反対の方角にありました!

e0077152_23465540.jpg

タワーより、その先のFootpathに興味をかき立てられ、てくてく。

果てしなく続いていそうでした、この道。杖を持ってトレッキングする人も。

e0077152_23501242.jpg

最後は、ウィリアム・モリスが「イングランドで最も美しい村」と讃えたこちらへ。

***BIBURY バイブリー***

e0077152_23524021.jpg

e0077152_001562.jpge0077152_004733.jpg
e0077152_025876.jpg
ナショナルトラストにより保護されているアーリントン・ロウ。

皆この小径の先にある蜂蜜色の家並みを訪れるのですが...

もちろん住人の方がいらっしゃるわけで。
自転車に乗った少年が家の外から2階の姉に、窓から何かを手渡していました。

ちょうど傾いてきた日の光を浴びてキラキラしている家を撮ろうと、すごい一眼レフを抱えてじっと誰もいなくなる時を待っているお姉さん。
辛抱強く待つそうです。ファイト!

e0077152_0183210.jpg

我家の写真には小川の上を自転車で走る少年が................見えます?↑
逆光で上手く撮れません。。。
e0077152_0201422.jpg

アーリントン・ロウの素敵な写真はどこかで拝見させていただくことにして、なんてことのない石壁に刻み込まれた長い時間に想いを馳せながら、ぶらぶらする我々。
こういう方が愉しみだったりします。

Trout Farm(マスの養殖場)を覗き込んでみたり。中で捕ったばかりのお魚を焼いてくれるらしい。くぅ〜。もう少し早く到着していれば!

[PR]
by HappyLah | 2008-06-29 00:44 | 心地よい時間
<< 朝のいいこと <PB> Driving in Cots... >>