ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Visiting Pooh Country <PB>
e0077152_17471751.jpg

先週末は、Winnie-the -Poohの故郷、Hartfieldを歩いてきました。

私はこの原本の挿絵が好きです。(注)プーマニアではありません。

すれ違う人皆、手に小枝をたくさん持っています。

e0077152_17474731.jpg

Poohsticks Bridgeに来たら、大人も子供も棒投げ遊びをするのがお約束。

橋の一方から「せーの!」で川に棒を投げ、反対側に回ってスタンバイ。
誰の棒が一番早く流れ出てくるか...では、私達も。

e0077152_18244077.jpge0077152_1825152.jpg
うちのPoohも参戦。

このコは、7,8年前にStratford-upon-Avonのテディベアミュージアムから連れて帰ってきました。まさか、生まれ故郷に戻ってくるとは思いも寄らず。

Ashdown Forestを歩いていると、昔持っていた絵本の場面が思い出されます。

e0077152_18343416.jpg
誰もいない草原にシートを広げて、おべんとうタイム。
私達の体重で潰しちゃってごめんなさい。。

e0077152_18345928.jpg
e0077152_18353627.jpg

この風景、見覚えがある人?私はなんとなく覚えているような...。
多分、正面の樹々の固まっているところがNorth Poleです。

e0077152_1858958.jpg
HERE AT GILLS LAP ARE COMMEMORATED
A.A.MILNE AND E.H.SHEPARD
WHO COLLABORATED IN THE CREATION OF
"WINNIE-THE-POOH"
AND SO CAPTURED THE MAGIC OF ASHDOWN FOREST
AND GAVE IT TO THE WORLD
クリストファー・ロビンのモデルとなった、ミルンの息子さん(Christopher Milne)が、父親と挿絵画家の想い出に選んだ「魔法の場所」。記念プレートがあります。

e0077152_19122990.jpg

昔ロビン少年がお菓子を買いに来ていたお店は、Pooh Cornerとして、お土産屋さんになっています。
マイ・テディを抱えた女の子が、パパに記念写真を撮ってもらっていて、にっこり。

「日本だったら、プー煎餅とか、プー饅頭とか、いっぱいお土産屋さんができているよね!」(PM)

あまり観光地化されていない、そのままなところが良いです。⇒Pooh-Country

[PR]
by HappyLah | 2008-07-05 18:40 | 心地よい時間
<< 夏野菜と季節感 <PB> 朝のいいこと <PB> >>