ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Hopper & The Lewis Chessmen <PB>
e0077152_2346558.jpg

降ったり止んだり、湿り気を帯びたひんやりとした空気。9月らしいお天気です。
風が吹くと思った以上に寒く、カーディガンの袖に手を隠しながら、大英博物館へ。

お目当ては、"The American Scene"と題した、20世紀前半のアメリカ社会を描いた作品を集めた特別展。Edward Hopperの名があったので。

9月7日までの展示とあって、同じように駆け込みの人たち?が、お行儀良く作品の前に列をなしていて、日本の美術館を思い出しました(笑)。

Hopperはエッチング4点のみでしたが、白黒の世界に、彼の光と影の描写が一層際立って見え、あの、彼の描く、何気ない日常の空気感に吸い込まれました。

美術館はじっくり派なので、大英博物館は、いつも少しずつ。
まだ余力があったので、今回はヨーロッパのセクションもさらりと。

陶器やアクセサリーにばかり、目が。。(PMは先へ、スタスタ...)

ふと、いつもInfoでいただくMapに記載の、"DON'T MISS!"のものを意外に見ていないことに気づき、ちょうど近くにあったLewis Chessmenを探しました。
子供の頃遊んだチェスが、なんだか懐かしくて。。

このチェス、作られたのはおそらく12世紀頃ノルウェーで、スコットランドのルイス島で1831年4月以前に発見されたということ以外、謎に包まれており、ノルウェーからアイルランドへ渡った商人の持ちものだったのではないか?と推測されています。
11世紀後期、チェスは貴族の間で流行っており、当時のもので、これだけまとまって残っているものはないそうで。その精巧さったら!
暫く、正面から、横から、まじまじ観察。
思わず、ハリーポッターを連想(ミーハー)。

面白かったので、このチェスについて、今ちょっと調べてみていたら、本当に、映画でハリーとロンが遊んでいた、「魔法使いのチェス」のモデルとなったのは、このチェスらしく...驚きです。

それで有名になって、"DON'T MISS!"に加えられたのでしょうか?もしかして、これは日本のガイドブックには当然のように、観光ポイントとして載っていたりするのでしょうか?(我家にある「地球の歩き方イギリス」は2000-01年度版。。)



ここに来ると、いつも思い出してしまうもの。
それは、実家にあるロゼッタストーン。

20年近く前に、PBパパが出張のお土産で持って帰って来た、レプリカのロゼッタストーン。A4くらいの大きさで、ちょっと重い。
あれ、今でも売ってるのかな?とShopを覗いてみたら、B5くらいの、ロゼッタストーン・マウスパッドが並んでおりました。

弟の部屋で、埃をかぶっているに違いない、あのロゼッタストーン。。
アンティーク化して、少し良い感じになっているかしら?

[PR]
by HappyLah | 2008-09-09 01:48 | うちのARTS
<< In our imaginat... Time Travelling... >>