ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
小澤征爾@ウィーン国立歌劇場 <PM>
e0077152_124920.jpg

この旅のそもそもの目的は、ウィーンで小澤征爾を観に(聴きに)行くこと。今年の始めから良い時期を探していたのですが、なかなか都合がつかず、ようやく叶いました。

彼がまだボストンシンフォニーの時に聴きに行って以来なので、もう10年以上ぶりです。今年の演目はずっと「スペードの女王」。この原作はプーシキンのギャンブルで失敗する主人公の話。これをチャイコフスキーがオペラにしたものです。歌詞は当然ロシア語。でもさすがはウィーンのオペラハウス。ここには全席に英語/ドイツ語の字幕がでるのです。しかも、プログラムには日本語の概要も。これはきっと小澤征爾効果なんでしょうね。

さて、いつものごとく、僕らはギリギリで到着。この日は随分と余裕を見て、しかもオペラハウスの近所にあるcafeで食事もしてバッチリの予定だったのに、何をどこで間違えたのか2分前到着。階段を4階まで駆け上がって息をゼイゼイいいながら着席。そこで一つ問題が・・・。

オーケストラが見えない
これでは指揮者が見れない。オペラもそうだけどオケも指揮者も一緒に見るつもりだったので、座席選びをちょっと失敗したかなぁ?
なにせ今回はチケットがとれず諦めたウィーンフィルの楽団員は、まずオペラのオケに入り、そして世界最高峰のオケ、ウィーンフィルのメンバーになるのだそうです。しかし、予算的にこれより良い席はちょっと・・・。
e0077152_125512.jpg

幕間のドリンクを買う時間もホール内をちょっと探検。外からも見えたシャンデリアがとても豪華です。

セットにスロットマシーンがあったりしてちょっと現代風にアレンジした舞台。途中では、舞台にグランドピアノが出て来て実際に演奏されるなんてシーンもあって、なかなか面白かったです。

この街にはまた来たいので、それまで小澤さん、頑張っていてくださいね。

e0077152_1262199.jpg

[PR]
by happylah | 2008-11-16 08:57 | うちのARTS
<< Zentralfriedhof... Wienerwald ウィーン... >>