ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
Old Town of Cesky Krumlov <PB>
e0077152_4114998.jpg

チェコ南部、かつて眠りの森の美女といわれた街、チェスキー・クルムロフ。
森の中にある街は産業革命による近代化に取り残され、第二次世界大戦後、一時は無人となり荒廃。その古都の復興に尽力した人々。

昨年プラハを訪れた後、PBママが「丁度放送していて、チェコなので興味があるかと思って」と送ってくれた、NHKの探検ロマン世界遺産の録画に収められた小さな街の物語に魅せられて。

ウィーンからプラハへ向かうなら、この街に滞在していこう!と鼻息荒く計画を立てていた私達。

中学生の頃、合唱祭で歌ったスメタナの交響詩「モルダウ川」が蛇行を描き
S字に貫く旧市街は、絵本の中に迷い込んでしまったかと錯覚する、空想的な世界。

街中の建物に描かれている色とりどりの「だまし絵」の効果で、空が曇っても、暗くなっても、明るい雰囲気に包まれています。


e0077152_5463219.jpge0077152_5591922.jpg
e0077152_21435441.jpge0077152_22225825.jpg

予約時のとても親切なメールの印象通り、滞在したCastle View Apartmentは、感じの良いフロントスタッフ、電子レンジにアイロン、キッチン用品、洗剤、布巾...と何から何まで細々と行き届いた備品、街のスーパー、薬局、ATMからレストランまで丁寧に書かれたインフォメーションシート、可愛らしい生花...
ご自身がチェスキー・クルムロフ認定ガイドの資格をお持ちで、街を訪れる人を歓迎するオーナーの心がそのまま映されたような、温かい宿。

Tripadvisorの口コミで、皆が褒めちぎりなわけです。

大都市のスマートな国際ホテルの快適さも好きだけれど、こうしたほっと和める、誰かの自宅を訪れたようなところも大好き。

お店の目印もチャーミングで、どこもかしこも同じようなチェーン店が軒を連ねる都市のショッピング街からは消えてしまった、ノスタルジーでいっぱいなのです。


e0077152_22582332.jpge0077152_23134976.jpg
e0077152_23153019.jpge0077152_23202762.jpg

マニキュアの指は、画材屋さん。
絵心のない私でも、描きたい衝動にかられる美しい街。

だまし絵で装飾されたルネサンス様式の建物が、こんなにも残っている街は珍しいそうです。一度は荒れはてた街を、古き美しいものをよみがえらせようと尽力されている人々の熱意が輝かせている街であることを、歩きながらしみじみ実感したのでした。

[PR]
by HappyLah | 2008-11-30 04:59 | 異文化を見る(ё。ё)
<< Cesky Krumlov C... Train, train...... >>