ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
自動車の始まりを見る <PM>
e0077152_1302423.jpg

ドイツはシュトゥットガルト。
ここには、メルセデス通り(Mercedesstrasse)という住所があります。そう、ベンツの本拠地です。
ここで、デザイン、開発され、そして組み立てられて世界中に送られて行くわけです。そしてここには、メルセデスベンツ博物館があります。
地上7階地下1階の全てがメルセデスベンツの始まりから現代までを展示している、車好きにはたまらない博物館です。

昔小学生の頃、豊田市でトヨタミュージアムを訪れたときもそうでしたが、PB曰く、僕は随分と興奮していたらしいです。

真ん中には、1馬力のエンジン。その左は、世界初の自動車(3輪)。
右は世界初の4輪自動車。

e0077152_2492227.jpg

4気筒エンジン。  ダイムラー社とベンツ社それぞれの特許番号札。


e0077152_141945.jpge0077152_1503646.jpge0077152_15157.jpg

合併前のそれぞれのエンブレム。
現在のエンブレムは、この2つのエンブレムを合わせたもの。


e0077152_143306.jpge0077152_1435320.jpg

ロンドンへ輸出された二階建てバスと、昭和天皇に贈られたリムジン。


e0077152_223533.jpge0077152_232636.jpg

今回PBが最も気に入った190SL


e0077152_232687.jpge0077152_2323070.jpg

ダイアナ妃に贈られた500SL。
9ヶ月後にはドイツに送り返されたそうです。王室の人間が国産に乗らない事が大問題になったんですって。日本では、昔秋篠宮様がVWビートルに乗ってましたよね。


e0077152_235162.jpge0077152_241415.jpg

ミカ ハッキネンが98年に優勝した時のマシンと、そのV10エンジン。


e0077152_243551.jpge0077152_6242123.jpg

そして、これが今年2008年にルイス ハミルトンが乗ったマシン。
このマシンで1ポイント差のチャンピオンになったのはついこの間。
(僕はマッサの逆転を期待していましたが・・・)


e0077152_254516.jpg

この他にも、ここに載せきれなかった写真は沢山ありますが、この博物館で6時間も費やしてしまいました。終始興奮して全く疲れていないPMと、駆け出しは好調だったけど、残り2/3はお疲れモードだったPB。途中にcafeがあればもっと良かったんですけれどね。

入場料8ユーロでこれだけ堪能できるので、全く高い気がしません。日本語のオーディオガイド付、その機械を首からぶら下げるストラップが記念に貰えるので、むしろ安いくらいです。

そしてこの街にはまだまだたまらない場所が。



ポルシェ広場(Porscheplatz)という場所もあるわけです。そして、そこはもちろんPORSCHEの本社がある場所で、ポルシェ博物館があります。
現在は20台くらいを展示している小さな部屋ですが(しかも無料)、来月からは、ベンツ博物館並みの建物がオープンして、入場料も8ユーロに。次回のシュトゥットガルトでは、必ず訪れるべし。

このエンブレムには、馬の上にStuttgartと書いてあるのです。新しい発見でした。路上でポルシェを見かけたら、チェックしてみてください。


e0077152_259395.jpg


これは、アラン プロストがマクラーレンポルシェに所属していたときのV6ターボF1エンジン。そういえば、昔はターボってアリでしたものね。


e0077152_6262081.jpg

そして、カレラGT。かっこいー!


e0077152_6272694.jpg

この他にも、ル・マンやパリダカールのマシンが展示されていたり、ポルシェの水平8気筒エンジンなんかもあって、小さいながらも見応えは充分。新しい博物館がオープンしたらまた大変な事になりそうです。

nori、フェラーリ博物館に行ってたよね。大きかった?来年はイタリアかな?

[PR]
by HappyLah | 2008-12-15 01:41 | 心地よい時間
<< German Christma... Pepsi Raw <P... >>