ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
出張レポ <PB@日本語強化週間>
e0077152_8345998.jpg

ロンドンの雪はすっかり溶けてなくなりましたが、全英ではまだ雪や大雨による被害のニュースを日々耳にします。

週末は雪に覆われた風景を電車で駆け抜けて、PMの出張先まで久しぶりの一人旅。

イギリス第二の都市(らしい)、英国中部、バーミンガム(Birmingham)です。

ほとんど雪、雨、曇り、、の寒空でしたが、つかの間太陽が出て来てくれました。
そのわずかな光をめいいっぱい吸収し、反射させて輝きを振りまいてくれていた、Selfridges(デパート)の現代建築。
外観は、ロンドン店=落ち着いた親とすると、こちらは活気ある若者といったところ。

サービスアパートも我家よりずっと新しい建物で、すきま風は吹かないし、快適。

キッチンの備品が少なく使いづらいので、調理器具など買い物に出かけ、街を探索。その、第一印象は...

  • 尻上がりな、イギリス映画でよく耳にするような話し方
  • モールが出来たために、High Stの活気がなくなっている感じ
  • 店員さんはじめ、言葉を交わした街の人の感じが良い。親切
  • 中国系、インド系のイギリス人が多い
個人的に大ヒットだったのは、徒歩圏にマーケットがあること!
特にお肉のマーケットは国産の新鮮なお肉が安価で手に入り、ホクホクでした♪
おじさんたちの掛け声も、味があって楽しい!当然、尻上がり調!笑

ロンドンからわずか1.5hの電車の旅ですが、電車の中だと読書が進む〜♪と、帰りも座った途端に文庫本を広げていたら、隣でPCを開けていた英国紳士:

邪魔をして申し訳ないが、それは中国語?日本語?
一昨年に初めて出張で日本を訪れる機会があってね、、日本の整然さは素晴らしいね。公共交通とか!

しかし外国人として言わせてもらうなら、あれだけの大都市なのに、東京の約80%は日本人、国際的ではないね。(多民族な)ロンドンから見るとね。。

もっともでございます。
UKは移民を受け入れすぎていろいろ問題を抱えているので、難しいことだけれど、「人種のるつぼ」とまでいかなくとも、東京にもっと国際力がつけば、、とは思うもの。

村上春樹の作品が好きなのだよ。その本はどう読むの?え、縦?!
等々、しばし紳士との会話を楽しんだ後、再び本に没頭していたのですが、ロンドン到着間際に投げかけられた、
ところで、日本語の文字はいくつあるの?
に思わず、日本語の音っていくつあったかしらん?えーと、母音と子音で、、、そんなに多くないです。53くらい?

と、どこから出たのか?(汗)でたらめを言ってしまい、おまけに

日本語は日本以外ではほとんど必要ありませんからね!(苦笑)

と余計な一言を!興味を持ってくれたのに。
電車を降りてから自宅まで反省しきりでした。

あぁ、、日本語を、、自国の文化を勉強しなくては。。
英国紳士なおじさま、ごめんなさいっ!

[PR]
by HappyLah | 2009-02-11 11:10 | 外国語と海外生活
<< フィルハーモニア 再チャレンジ... Frozen City <... >>