ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
2011年 11月 05日 ( 1 )
Manon @ ROH <PB>
ふと観に行きたくなって、チェックしたら好みと予算に合ったチケットが取れて、初鑑賞となったマノン。昨年お世話になった美容師さんがフランス人のご主人と観劇されたお話を聞いて、興味をもっていた公演です。

ドラマティックでした。

音楽はどんぴしゃ好みというわけではありませんが、映画のサントラのような万人受けする印象。

正直言って、ソープオペラ的なストーリーですが、演劇力の高いロイヤルバレエだからこそ、楽しみも増す作品なのではないでしょうか。PM同僚の女性もべた褒めだったそうで、このドラマティックさ、女性に人気な演目であることも納得できます。

マノンはいつも笑顔がすてきなMarianelaさん。デグリューは確か昨年ぐらいに他のバレエ団から移籍してきたNehemiah Kishさんで、私は彼の舞台は今回初鑑賞。レスコー役に、Marianelaの実のパートナーであるThiagoさん、皆迫真の演技で、バレエの技術のみならず、その表現力に釘付けでした。

娼婦役のユフィちゃんとひかるさん、可笑しくて、女性の小悪魔的な魅力が上手くでていて愛らしかったです。Marianelaさんも、いつも健康的な明るい笑顔の彼女がどうマノンを演じるのかなぁ、と思っていたのですが、純真無垢さと魔性さを併せ持つ女の魅力が、細かな表情、一挙一動によく出ていました。Nehemiahさん、誠実な雰囲気でよかったです。Thiagoさんのレスコーはブラボー!!彼の持つ雰囲気に合っているし、妹との親密感がよく出ていて、踊りの切れも抜群でした。
各ダンサーの表現が面白くて、舞台の隅から隅まで忙しく目を走らせるのが大変。

マチネのためか、小さな子供もたくさん見かけて、少々驚き。男女の駆け引きや心情、あの頃から学ぶのね。。


[PR]
by HappyLah | 2011-11-05 22:37 | うちのARTS