ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
カテゴリ:外国語と海外生活( 16 )
Holiday in Andalucia - Al fin de vacaciones <PB>
e0077152_22442386.jpg

一週間お世話になったアンダルシアともお別れ。

ここの日の出は8時ー8時半で、ゆっくり目覚めても、この空のグラデーションが毎朝見られることが、何よりの贅沢でした。

朝食時は連日満席だったテラス席に、運良く座れた最終日。
しかし、陽射しが強くなってくると、蜂やハエが増えてくるのには参りました。。

ハエに気を取られていて、私がぽろっと落としたスモークサーモンを、一吹の風のように片付けてくれた黒猫さん。お見事!笑



さて、私にとって5度目のスペインとなりましたこの旅でしたが、今回は「はじめての旅」でもありました。

ずっと惹かれていたスペイン語を昨年の秋から学び始めて1年。
スペインの人達はとても親切で、言葉ができなくても気持ちで強引に、今まで何とかコミュニケーションしていました。
なので今回は、はじめての「スペイン語・実践の旅」。


片言でも街の人と言葉を交わし、現地で様々なことを見聞きし、スペイン文化の奥深さと温かい人々にますます魅了されて、帰って来ました。
あぁ、もぅだめ...上手く言えない!と英語に逃げてしまったこともありましたが、おかげで英語がかわいく思えたり、比較することでそれぞれ発見することがあったり、一石二鳥。笑

一進一退ですが、言葉は生きているから面白いですね。

そして、なんといっても、続けられているのはRosaのおかげです。
ちょくちょく「調子どう?」とスペイン語でテキストしてくれるので、慌てて頭をスペイン語に、必死に応答しています。


e0077152_5534490.jpg

今回の旅に役立った、想い出深い私の化石たち。

昔スペイン政観でいただいた日本語のブローシャー、その昔初めてスペインを旅した直後、熱にうかされて3ヶ月だけきちんと聴いたNHKラジオ講座のテキスト。よくまだ持っていた...97年度のテキスト。。この表紙の写真がミハスの町でした。この応用編の「3ヶ月旅行会話」を、今回出発前にわくわくしながら復習していました。

何年も昔のことも、こうしてつながってゆく。
無駄なことなど何もない、とまでは言えないかもしれないけれど、ふとしたきっかけで出会ったこと、好きになったこと、近づいたり離れたり、いろいろある中で、つながって広がっていく楽しみ。歳を重ねるのもいいものだなぁ、としみじみ思います。


[PR]
by HappyLah | 2010-10-26 12:42 | 外国語と海外生活
Cherry blossom <PB>
e0077152_111677.jpg

今年こそ、本当の夏が来る!?と期待できるぐらいの好天の日々。
良いことは重なるもので。

突然出張を言い渡されて飛んで来た、というシンガポールの友人Cちゃん。
ロンドンに到着したその日に、PMとシティでばったり遭遇!!

連絡無精な私達をみかねて、出会いは運ばれてくるものね!
と、我家は大興奮でした。
少しは反省してもう少しまめな連絡を心がけられれば良いのですが...

お互い全く変わっていないね!と笑い合い、お食事をしながら近況報告会。

最後に会ったとき大きなお腹を抱えていたCちゃんは、今やママ。相変わらずチャーミングで、本当に何も変わっていないように見えましたが、「今回は出産後初めての海外出張で、実は夜ホテルの部屋で一人で泣いちゃったの。。へへ。」

その一言に、あぁ、ママなんだなぁ...と、胸がきゅーと詰まりました。

今度はシンガポールで、家族揃って逢いたいね!と再会を願って。

常夏の国では、あの人に最後に会ったのはいつだっけ?(失礼)とよく惚けていましたが、離れていても、今度は葉桜に彼女をふっと懐かしく想うことでしょう。


e0077152_1503565.jpg

毎日目を楽しませてくれる我家の裏庭の八重桜とも、そろそろお別れどき。
はかなく舞い散る花びらを見送っています。


[PR]
by HappyLah | 2009-04-24 23:58 | 外国語と海外生活
Spring Cleaning <PB>
e0077152_833917.jpg

この時期は大掃除シーズンのようで、Spring Cleaningという言葉を最近よく耳にします。
確かに、窓も開けられないくらい寒くて、埃もよく見えない暗い灰色の年末に行うよりずっと効率的!

お家でぬくぬくとしていた間に積もった埃を、春の到来とともにすっきりさせましょう!という感じでしょうか?

今日は最高気温17度まで上がるといわれていたので、張り切っていたのに、、寝坊して出遅れたため、日が暮れる頃になっても予定の半分はこなせず。。

掃除好きなので、自分はまめな方だと思っていましたが、この埃のたまりやすい英国の家!休暇+風邪&時差ぼけで頭も身体も鈍ってぼーっとしていた2週間で、こんなになるもの?真っ黒ですよ。。。恐ろしい!!

ここ数日、非常に良いお天気です♪
来月からゲストが続くのでちょうど良い機会。この暖かいうちに、いらないものの整理、衣替えなども一気に済ませてさっぱりしたいところ。

2週間さぼったピアノは騒音としか思えないくらい、がちゃがちゃ、、、。その他、ぼけぼけしていた間にするべきことが大分貯まってしまったので、さすがにちょっと焦り始めました。。うーん、こなせるのか?>私

我家にいらっしゃるゲストの皆様へ:
日本人的には、信じられないくらい汚い窓は、見なかったことにしてください。
自分で拭くのは危険+この国では無駄な気がして放置しております。。はは。

現実逃避気分転換に、楽しかった休暇の想い出を下↓に記録していきたいと思います。

[PR]
by HappyLah | 2009-03-17 08:16 | 外国語と海外生活
出張レポ <PB@日本語強化週間>
e0077152_8345998.jpg

ロンドンの雪はすっかり溶けてなくなりましたが、全英ではまだ雪や大雨による被害のニュースを日々耳にします。

週末は雪に覆われた風景を電車で駆け抜けて、PMの出張先まで久しぶりの一人旅。

イギリス第二の都市(らしい)、英国中部、バーミンガム(Birmingham)です。

ほとんど雪、雨、曇り、、の寒空でしたが、つかの間太陽が出て来てくれました。
そのわずかな光をめいいっぱい吸収し、反射させて輝きを振りまいてくれていた、Selfridges(デパート)の現代建築。
外観は、ロンドン店=落ち着いた親とすると、こちらは活気ある若者といったところ。

サービスアパートも我家よりずっと新しい建物で、すきま風は吹かないし、快適。

キッチンの備品が少なく使いづらいので、調理器具など買い物に出かけ、街を探索。その、第一印象は...

  • 尻上がりな、イギリス映画でよく耳にするような話し方
  • モールが出来たために、High Stの活気がなくなっている感じ
  • 店員さんはじめ、言葉を交わした街の人の感じが良い。親切
  • 中国系、インド系のイギリス人が多い
個人的に大ヒットだったのは、徒歩圏にマーケットがあること!
特にお肉のマーケットは国産の新鮮なお肉が安価で手に入り、ホクホクでした♪
おじさんたちの掛け声も、味があって楽しい!当然、尻上がり調!笑

ロンドンからわずか1.5hの電車の旅ですが、電車の中だと読書が進む〜♪と、帰りも座った途端に文庫本を広げていたら、隣でPCを開けていた英国紳士:

邪魔をして申し訳ないが、それは中国語?日本語?
一昨年に初めて出張で日本を訪れる機会があってね、、日本の整然さは素晴らしいね。公共交通とか!

しかし外国人として言わせてもらうなら、あれだけの大都市なのに、東京の約80%は日本人、国際的ではないね。(多民族な)ロンドンから見るとね。。

もっともでございます。
UKは移民を受け入れすぎていろいろ問題を抱えているので、難しいことだけれど、「人種のるつぼ」とまでいかなくとも、東京にもっと国際力がつけば、、とは思うもの。

村上春樹の作品が好きなのだよ。その本はどう読むの?え、縦?!
等々、しばし紳士との会話を楽しんだ後、再び本に没頭していたのですが、ロンドン到着間際に投げかけられた、
ところで、日本語の文字はいくつあるの?
に思わず、日本語の音っていくつあったかしらん?えーと、母音と子音で、、、そんなに多くないです。53くらい?

と、どこから出たのか?(汗)でたらめを言ってしまい、おまけに

日本語は日本以外ではほとんど必要ありませんからね!(苦笑)

と余計な一言を!興味を持ってくれたのに。
電車を降りてから自宅まで反省しきりでした。

あぁ、、日本語を、、自国の文化を勉強しなくては。。
英国紳士なおじさま、ごめんなさいっ!

[PR]
by HappyLah | 2009-02-11 11:10 | 外国語と海外生活
St. Patrick's Day <PB>
e0077152_6264532.jpg

今日はアイルランドの祝日、セントパトリックスデー。とはいったものの、ここはイングランド。街のどこかではアイルランド人のコミュニティーが集ってイベントがあったことと思いますが、うちの近所では何ごともなく、いつもの月曜日でした。

写真の小さなカードは、数年前に友人のRosaがアイルランド出張のお土産に送ってくれたものです。幸運のシンボルでもあるアイルランドの三つ葉のクローバーが入っているので、ダイアリーに挟んでいます。

今日は、ロンドンで暮らし始めて、数年ぶりに再会できた学生時代からのお友達と、変わらずいつものように会っておしゃべりして、気の置けない友達はいいなぁ...としみじみ感じた午後。それから、家に帰ってアイロンをかけていたら、今までどうも実感が湧かなかったのに、彼女はこれからまた遠くで暮らすのだ、ということが、ふっとリアルになってきて、 ホロリとしてしまいました。(゜ーÅ)
もぅ〜!いつまでも甘えてばかりいないでしっかりしなくちゃ。

久しぶりに再会した友達の変わらない口調とか、ますます魅力的になったところとか、苦手なものをちょっと克服していたりとか、パパとママの顔になっていたりとか...そういういろんなところを見られることが、とっても嬉しい。ご無沙汰していた長い時間も、その人を目の前に一瞬でタイムトラベルしてしまうみたいな。
そんな再会ができることを楽しみに、私も大人にならなくちゃ(年齢は十分に大人なのですけれどね)いけません。成長しなくちゃ!

*写真奥のカードに書かれている言葉:

Remember that the happiness is a means of travel, not a destination.
幸せは、願うほど遠くにあるようで、本当はいつも身の回りの、手の届くところにあるのに気にとめていないだけなのかもしれません、ね。一日、一日、かけがえのない時間を積み重ねて。。。
[PR]
by HappyLah | 2008-03-17 22:25 | 外国語と海外生活
プロフェッショナル!郵便屋さん <PB>
e0077152_2111159.jpg


散歩しているとよく思うのですが...
ロンドンの家は住んでいる人に比べて扉が小さい、です。

首相官邸の前の青い扉がTVのニュースで映る度に「小さい」と感じていましたが、昔ながらの家はどこもあの感じ。

我家も例外ではなく、扉に付いている郵便受けもとても小さくて、請求書以上の大きさになるともうアウト。薄いDMなどは軽く曲げて入っていますが、厚みがあるものになると郵便屋さんがコン、コン、とやって来て届けてくれます。

先日も、
(*゜▽゜)ノノトントン☆ ||ヾ(^▽^*))) ハーイ(実家からかな♪)
と出たところ、

OOさん?
はい、そうです。
お届けものなのだけどね、これしか書かれていなかったのだよ。(笑)
そこには...


Flaaaaaaaaaaaaaaat XX(番号)
フラーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッット X番


通り名もなく、名字の綴りも間違っていて微妙に別人?
大変でしたでしょう?どうもありがとう。(笑)
と有り難く受け取ったぼろぼろの小箱。

中には省エネ電球が2つ。

そういえば...。PMがずいぶん前に電力会社のアンケートに答えていました。電気代が値上がりするけれど、アンケートにお答えいただいたお客様には省エネ電球をお送りします、とあったような。

各家庭によって、合う電球が異なると思うのですけれど...?
我家には大丈夫そうでしたので、次に切れたら換えてみよう。
(ただでさえ間接照明で暗い家がますます暗くなりそうだわ...)

請求書の宛名は一度だってこんなことはないのに、電力会社には住所などが登録されていてラベル印刷するだけだと思われるのに、なぜ?

届けてくれたRoyal Mailに感心。

*PMによると、これには辛うじて郵便番号が書かれていたので簡単なのですって。
ロンドンの郵便番号は各通りに一つずつだということを私は初めて知りました。もしかして、日本も...そうだったかも?

Royal Mailはやはり優秀だと思います。シンガポールでは、日本から定期購読している雑誌が時々届かず再送をお願いしていたけれど(あそこは税関が厳しいためか?時間もかかる)、ロンドンに来てからそういえば一度もそんなことはありませんし、海外からの郵便物も早いもの。

日本は大分暖かくなっているようで羨まし〜く気温を眺めています。今日はおなじみの強風が、通勤のPMが吹き飛ばされるのでは!と本気で心配になるくらい大暴れ中。付けていないバスルームの換気扇が勝手に回って風を送りまくっているので寒い+細かい黒いホコリが家中の隙間から風と共に入って来て、うぅ脱力。。。風が止むまで、掃除は忘れます...。

[PR]
by HappyLah | 2008-03-12 22:41 | 外国語と海外生活
A Note of Music:Tchaikovsky <PB>
家事をしているとき、2人でご飯を食べているとき、大抵いつもバックミュージックはClassic FMをかけています。

Classic FMの目指しているところは・・・

ストレスと上手に付き合わなければならない現代社会で暮らす多くの人に、気分が高揚する音楽、リラックスできる音楽を中心に届け、クラシック音楽が日常生活の一部となるように・・・
ということらしく、耳に心地よい選曲&軽快なDJで、全英で子供からお年寄りまで人気の放送局です。
24時間放送で、オンラインでも聴ける上に、"Listen Again"では過去の番組も好きなときに聴けて便利。国外でも聴けるのかわからないのですが、どうなのかな...?(もし試された方がいらしたら教えてください!)

ブランチ(いや、ランチ?)をゆっくりとっていた日曜日、流れていたチャイコフスキー特集が面白かったので、今日もう一度聴いてみました。

気になった、"If You Like That, You'll Like This"という今回の番組は、「チャイコフスキーの交響曲は4番以降が有名だけれど、演奏される機会の少ない1,2,3番も良いよ。」といった内容でした。

たまには集中して聴いたら、音楽+英語も身について一石二鳥!と思った・・・

⇒結果、PCにかじりつきφ(。。) ... メモメモメモメモメモメモメモメモメモメモメモ (汗)。
せっかく取ったので微々たる覚書を。。。
*音楽に集中できず、結果もう一度聴いてしまいました私...。(しつこい)

My Note

[PR]
by HappyLah | 2008-02-26 06:57 | 外国語と海外生活
黄金色のドレスを纏う <PB>
わたし。…ではなくて私たちの散歩道。

e0077152_1482279.jpg

秋は日本で一番好きな季節です。
シンガポールにいた頃、「日本の秋の味覚と紅葉と温泉が好き」という度に、「紅葉」の表現が長くなってしまい、なんだかしっくりいきませんでした。これが、最近一言で解決することがわかってスッキリ。言われてみると納得なのです。
Golden Leaves
紅葉、というかこちらでは黄金葉。
「葉っぱが紅く染まるででしょう?」なんて言わなくてもRed Leavesでよかったのね。

夕暮れどき、輪をかけて黄金色になるHampstead Heath。

e0077152_1562181.jpg

e0077152_2313529.jpg

上の方ががさごそ騒がしいと見上げたら、リスたちが駆け回って冬支度中。早くも師走?

空気はしんと冷えていますが、お花が咲いていました♪゜+.(・∀・).+゜

e0077152_239576.jpg

いよいよ最高気温が10度をきってきて、PMも本日よりロングコートでご出勤。
寒さにはめっぽう弱いのですが、冬晴れのような、しんしんとした乾いた空気とお日様に、ちょっぴりうきうきしてしまったりもします。四季って良いですね。

そういえば…
[PR]
by HappyLah | 2007-11-13 03:03 | 外国語と海外生活
2年ぶりの・・・<PM>
最近のロンドンは、めっきり寒くなりました。息が白かったりして。朝寒くって起きれない。既に家のヒーターをフル稼働です。なにせ、常夏から来たもので。

こちらは、ラジエターをお湯で暖めて部屋を暖めます。音は静かだし、ホコリもたたないし、全部屋にあるので、均等にあったまります。ボストンのアパートも同じようなのがあったけど、温度調整ができなくって、たまに窓開けて暑くなりすぎた部屋をさましたりしてたけど、こちらのアパートにはちゃんとサーモスタットがついていて調整が可能です。しかし

家が古すぎて、窓からすきま風が入ってくるので、バスルームはいつも寒い。

うちのキッチンからPBが撮ったある日の夕方

e0077152_6584890.jpg

[PR]
by happylah | 2007-09-28 06:35 | 外国語と海外生活
Caucasianの瞳から <PB>
お久しぶりです!シンガポールは常夏ですが、皆さま残暑いかがお過ごしですか?
e0077152_1737951.jpg

我家には学生の頃からの友人Rosaが、スペインから遥々遊びにきてくれました。
彼女の滞在中は朝から晩までおしゃべりに夢中で・・・。PCに向かう間もないほど、賑やかで楽しい夏休みを満喫しておりました。

来星前「シンガポールの天気予報をCNNでチェックしているのだけれど、毎日曇りと雨と落雷のマークが全部出てるの。大丈夫かしら?」と尋ねるRosaに、私達は大爆笑。スペインは雨がずっと降らないためオリーブオイルの値段まで釣り上がっているそうで、「雨が見たいわ♪」という彼女。
これはスコールを体験してもらわなければ!との期待通り、来ました、特大のが!!残念ながら落雷付きではありませんでしたが、窓からの視界が曇るほど激しい雨に彼女は大喜びで「すごいショーね!!!」と写真に収めておりました。

写真といえば、彼女は大の高層ビル好き♪今まで一緒に旅行した都市でも金融街の高層ビルはいつも彼女を虜にしてしまいます。シンガの小さな金融街でも何枚写真をとったことか・・・。私達にとってのゴシック建築&ガウディは高層ビル&マンションなのでした。。。

初めてのアジア滞在に大興奮♪存分に楽しんでいってくれた彼女ですが、特にお気に入りだったアジアングルメといえば・・・

コピ+カヤトースト (Kopi & Kaya Toast)
コーヒーには砂糖2袋は入れる彼女。コンデンスミルク入りのコピにハマッてからはスタバに見向きもせず、コピまっしぐら。
過去のコピ&カヤ記事はこちらです
(余談)記事にあるYa Kunでカヤジャムを購入したところ、店舗情報としてこれから進出予定の東京店もすでにカッコ書きで載っていました。

餃子&小籠包
ふわふわジューシーなお肉&酢醤油に惚れたよう。
今後は醤油をお料理に使う!とまで宣言。

肉まんなど、包(Pao)類 & 高島屋の地下にある日本の大判焼
甘いものやケーキが苦手な彼女は、やわらかく甘さ控えめパン好き。このポイントを鋭く突いたのか、大判焼を見つけるなり即買でした。
日本人としては大変嬉しい♪
覚えておくために大判焼の袋を持って帰りたい!と言う彼女を何とか制して袋を捨てました。。。(あんこ付きで汚いですよ~ぅ!)

ごはん
パエリヤはあるといっても、パンをたくさん食べる文化人。パンを口にする量がこんなに少ないことはないとのこと。海南チキンライスも、チャーハンも、我家で炊いた白いごはんも美味しい!美味しい!とぱくぱくぱく。

新鮮な瞳を持つ彼女と街を歩いていると、いつもの街も違って見えたりします。
アラブストリートやリトルインディアのようなエスニック街ではヨーロピアンのセンスを発揮。サリー(インドのドレス)を作る用の布の風合い&柄に一目惚れして「ソファーにかけるの♪」と購入するなんて、見習いたい発想です!

そして今回滞在中に覚えて、繰り返し呟いていた言葉はcaucasian(コケイジャン)。
なんだかよくわからないけれど、私達外人だからOKだよね!という時いつも口癖のように使っていた:
「I'm a foreigner!(私外人だから!)」というお得意のセンテンスは・・・
「I'm a caucasian!(私白人だから!)」に変わっていました。
確かにヨーロッパにいたらcaucasianという単語、使う機会はないのかもしれませんね。シンガポールでは欧米人のことをよく「赤毛(アンモウ)」(中国語に由来)といって、冗談で自分のことを「赤毛」という欧米人もいるよと伝えたのですが、caucasianの響きが相当気に入った模様です。。。

外国人として暮らしている私達ですが、彼女のおかげで自分は日本人でもあり、アジア人でもあるということを教わった夏休みでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-24 19:14 | 外国語と海外生活