ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
カテゴリ:くいしんぼーちゃん( 98 )
英国産食材で...ほかほかスープ <PB>
e0077152_124851.jpg

ひゅぅぅうう〜 ひゅぅぅうう〜
びゅぉぉぉお〜 びゅぉぉおぅ〜ん

昨日から風が荒れ狂っております。
我家の塞がれている暖炉からはいつものように凄まじいメロディーが。
そしていつものごとく暖炉下にはバラバラ〜ッと黒い土の塊が。掃除したばかりなのに...(´Д`) =3 ハゥー

このおうちから一歩も出たくない暴風。
一歩出たら髪がぼさぼさに逆立って、不愉快になる暴風。

こんなときの強ーい味方!買い置きしておいた根菜たちよ。肩がちぎれそうになりながら5Kgほどの食材をまとめ買いしてくる甲斐があるってもの。
こうして、東京やシンガポールではほぼ日課だった買い物が、一週間に1,2回に...確実に運動不足だわ。

冬は国産のお野菜が当然少なくなってしまうのですが、冷たい土の中でもたくましく生きている英国の根菜。
以前記事にした彼らが私達のお気に入り♪です。

冷た〜い風の吹く日には、ほかほかスープが一段と美味しい。かぼちゃのような山吹色のSwedeは目から温かさを感じられるし、これを入れるだけでスープが格段に甘く美味しくなります。大根の代わりに煮物に使おうと買ってきたのに、お醤油などで調味するのがもったいなくて、ついお酒とお塩だけでまたスープになってしまう。
薬味には使えないけれど、甘みのあるleek (ネギ)とはゴールデンコンビ。


e0077152_2195878.jpg

Celeriac(セロリの根)はセロリよりもコクがあって繊維がないので、英国流にポテトと一緒にスープやマッシュにしたり。
またお肉料理との相性は抜群!ハンバーグや餃子にさいの目に切って混ぜると、レンコンのようなほくほくした食感と、柚子のような爽やかさがアクセントになって美味しい♪ お肉に混ぜるとセロリというより、なぜか柑橘系の感じがする気がします。変色しないようにレモンを絞り忘れることもあるのに(笑)?

e0077152_2332981.jpg

肉団子に混ぜて、お鍋やパスタに使うのもお気に入り。

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のサイト(セルリアック)を見たら、日本でも流通しているみたいです。

先日Barenboim氏のリサイタルで聴いたBeethovenのソナタ、ほとんど耳馴染みのないものだったので、一番弾きやすそうなものを、久しぶりに譜読みから始めてみました。(ここ4ヶ月、昔弾いていた曲をリハビリするのが精一杯でしたもので...)
シンプルに聴こえても、読んでみると予想以上に何声ものハーモニーだったり。華やかなソナタばかり聴き惚れていましたが、簡素な美しさにBeethovenの良さを再認識しています。

Barenboim氏が2005年にシカゴで若手ピアニストにBeethovenのソナタの指導をしたマスタークラス(PBS→NHK, BBCなどでも放送)と同年ベルリンで行われた全32ソナタのリサイタルが全て収められたDVDを見かけたのですが、£60!
日本で購入する方が安いかも?と思って検索していたら、今月このマスタークラスのうちの一回&彼の演奏がNHK BS2で再放送されることを発見!!きゃ〜♪

2008年 2月18日 (月) 00:55〜03:59

バレンボイムのベートーベン・プロジェクト マスタークラス弟5回
ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31 「テンペスト」から 第1楽章
( ベートーベン作曲 )
出演:ダニエル・バレンボイム (生徒)シャイ・ウォスネル

バレンボイムのベートーベン ピアノ・ソナタ作品集 (5)
1. ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10第3
2. ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 作品27第1
3. ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90
4. ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53 「ワルトシュタイン」
( 以上 ベートーベン作曲 )
ピアノ: ダニエル・バレンボイム
(NHK HPより)

興味を引かれた方は是非♪
PMパパ&ママに録画をお願いしようと目論む2人...ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

[PR]
by HappyLah | 2008-02-02 03:46 | くいしんぼーちゃん
海辺にて <PB>
e0077152_18321288.jpg

バルセロナを発つ日は滞在中一番のお天気で、日中の気温は18度くらいありました。

この日は1月6日のReyes、子供達が3人の王様からプレゼントを貰える日。
海辺のプロムナードは、ぴっかぴかの自転車を走らせるコや、ぴっかぴかの変身ベルトを付けたコ、ぴっかぴかの電動バイクを走らせるコ...ご機嫌な子供達と微笑む家族でいっぱい。

そんな光景を微笑ましく眺めながら、日差しを存分に浴びて最後のお散歩。


日曜日らしく、ゆっくりランチをとる家族、ここでもプレゼントをバリバリ開ける家族でレストランはいっぱい(笑)。

e0077152_18591848.jpge0077152_18594155.jpg
e0077152_1902788.jpge0077152_1904725.jpg

やわらかいタコと、久しぶりに口にした新鮮な青魚!

鰯が5匹もお皿(一人分)に横たわっているのですもの〜! がつがつがつ...
もぅ、至極幸せ♪(*´▽`*)

食後はいつもの。
Rosaは un cortado sin espuma (ミルク入りのコーヒー。ただしフォームミルクはなしで)。
私達は dos cafe solos (ブラックコーヒー)。

スペインはどこへ行ってもコーヒーが濃くて美味しい。
ブラックコーヒー=エスプレッソ並で、一度アメリカンを頼んだら、いわゆるブラックコーヒーで可笑しかった。

存分に太陽とお食事を堪能しました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

これにて、ようやくバルセロナ旅行記終了。
大分写真が整理できたけれど、旅行以外の写真も整理しなければ。デジカメって便利だけれど、コワいですね。世の中便利で素敵なものが増えてゆく分、増々時間に追われるような...?

近頃また激務に突入してしまったPMは、結局一つも投稿できず、旅行記まとめてしまいましたが...。
忙しい中、長期休暇を取って、Rosaと私と一緒に過ごしてくれてありがとう!

[PR]
by HappyLah | 2008-01-26 19:46 | くいしんぼーちゃん
ぶどうの願いごとと3人の王様 <PB>
e0077152_1234835.jpg

もう何年も昔、Rosaに教えてもらった12粒のぶどうの願いごと。
ぶどうの代わりにマーケットで買ったアメリカンチェリーで一緒にお願いごとをしたのは、寒〜いカナダの大晦日でした。

Starbucksでコーヒーで身体を温めながら、ペーパーナプキンの裏にそれぞれ12の願いごとを書き、午前0時が近づくと、心の中で願いごとをしながら、1..,2...,3...,と声に出して一粒ずつチェリーを口に入れる...なんだか秘密を共有しているみたいで、子供のようにわくわくしたのを覚えています。

願いごとは決して人には言ってはいけなくて、家族や友人みんなで一緒に数えながら行うのが習慣だそう。

2007年最後の夜は、このかわいいスペインの風習に従って、再びお願いごとをするのを楽しみにしていました。

ぶどうは種を出すのが大変だから..とRosaが種なしの、すでに12個一缶になっているぶどう缶X3を準備済み。

「午前0時5分前くらいからどのチャンネルでも数えだすから!」

3人ソファーに座って、願いごとを書いた紙を膝に、じっとTVの前でスタンバイ。

が、しかし...

5分前になってもまだ司会者達はぶどうを食べる気配なし。
4分前...。
3分前...。
2分前...。
1分切りましたが...?
20秒前...。

と、呆然としていたそのとき、1,2,3...!!!
1つ目の願いごとを心に唱え始めるも、すでに司会者は3つ目!

とっくにTVが12数え終わったころ、RosaとPMは10くらい。私はまだ6つ目...。歓声の中、最後まで独りぶつぶつ。かくして、チェリーの甘酸っぱい想い出は、ぶどうを流し込んだ想い出に上塗りされました。

*写真はRosaのリビングのクリスマスコーナー。白い木のツリーはドイツ人のお友達のお母様お手製だそう。

サンタクロースというのは外来もので、伝統的なスペインのクリスマスは、キリスト生誕12夜の1月6日にお祝いするそうです。この日は3人(白・黒・褐色)の王様が子供達にプレゼントを持って来てくれる日でもあり、翌日7日は子供達がそのプレゼントで遊ぶ日ということで学校はお休みなのですって!

1月1日の元旦は、Rosaママのところでクリスマスのお食事をご馳走になりました。

お食事とおしゃべりに夢中でご馳走の写真がほとんど残っていないのですが、カタルーニャ地方の伝統的なクリスマスのスープが絶品でした♪
スープのお出汁はいろいろなお肉とお野菜からとるそうで、出汁に使ったポークリブや豚足は柔らかく煮て、根菜類は蒸し野菜で、と上手に利用。実は私、豚足デビューでした。
感想:こってりめなのでたくさんは食べられないです。
私より小食なのに、豚足好きなRosaは食べていましたけど。
写真の鶏肉にハムが詰めてあるものは野菜たっぷりトマトソースで。もちろん前菜は生ハム、チーズにオリーブなど。

e0077152_1242698.jpge0077152_124425.jpg
e0077152_125554.jpge0077152_1253261.jpg
デザートは、本当は1月6日のReyesに食べる習慣のケーキ。ママの親友のEvaristoさんが「どうしても1日に必要なんだ」とパティスリーに頼み込んで作ってもらい、私達を驚かせようと用意してくれた素敵なプレゼント☆です。

ケーキの中には王様の人形とお豆(またはコイン)が入っていて、子供の頃はRosaも「きっと王様はここよ!ここを私にちょうだい」と大興奮したようです。お豆(コイン)を当てた人はケーキ代をもつ人になるそう。さてさて、王様はどこかしら?

e0077152_1265445.jpge0077152_1271248.jpg
小さな白い王様に巡り会えたのは................PMでした!!
良い年になりそうだね(笑)。

[PR]
by HappyLah | 2008-01-15 05:49 | くいしんぼーちゃん
旧市街の小路では... <PB>
e0077152_421074.jpg

かわいいフラットによく出会います。使い勝手を考えると設備の整ったマンションが良いけれど、小さなバルコニーをお花で飾って、こういうところに住むのも憧れ。
e0077152_4212369.jpg

お気に入りのレストランはランチの予約不可なので、遅めのランチを狙って行くことにして、旧市街を気ままにぶらぶら。
サン・ジャウマ広場(Placa de Sant Jaume)ではアンティーク・マーケットをちょろちょろ冷やかし。
e0077152_4273452.jpg

e0077152_4401927.jpge0077152_440369.jpg
e0077152_441133.jpge0077152_4412096.jpg
e0077152_4453580.jpg

Gaudiのガス灯のあるレイアール広場(Placa Reial)では切手とコインの市を出していたおじさんたちが店じまい中。広場に面したレストランのオープン席はランチを楽しむ人でいっぱいです。
e0077152_4455976.jpg

私達もお腹が空いてきたので、目的地へ。
そこには今まで見たことがないほどの行列が!日曜日のランチは家族でという人が多い上、年末でしたから...。並んで待つこと45分!美味しいもののためにこんなに並んだのは久しぶりです。このレストランは想い出深い場所でもあるので待つ価値はあったことにしよう。

e0077152_4572019.jpge0077152_585186.jpg
e0077152_592392.jpge0077152_594533.jpg
パプリカのEscalivada生ハム添えは上品。(我家では各種お野菜をどっさり何日分?くらい作るので。)メインをすっかり撮り忘れ。
マンダリンのシャーベットが美味でした♪
お食事をして、お店を出るころには暗くなり始めていました。

e0077152_5222151.jpg

コロンブスが指している方向はホントにアメリカ大陸なのかしら?

e0077152_5374370.jpg

サンタ・マリア・ダル・マル教会の前にもマーケットが出ていました。

e0077152_5414191.jpge0077152_542015.jpg
ここにはスイーツのお店がたくさんある小路があるのです♪

e0077152_5442858.jpg

細ーい小路にはたくさんの人だかり。つい立ち止まって眺めずにはいられない...
e0077152_5463770.jpg
両壁にある様々なタイル画と...
e0077152_548267.jpg

昔ながらのChocolateria!Chocolate con Churrosを無視して通り過ぎることはできません!
e0077152_550174.jpg

クリーム付きのは"Suis" con Churrosと言うそう。濃厚なホット・チョコレートにチュロスを浸しながら食べます。幸せなひととき♪

e0077152_615754.jpg
Chocolateを飲んでいるところもちゃんと描かれているのですよ♪
[PR]
by HappyLah | 2008-01-11 06:15 | くいしんぼーちゃん
potato pancake <PB>
e0077152_11562692.jpg

英国のポテトは美味しい!
ポテトチップも美味しい!
(お芋の味が濃いKettle ChipsとTyrrellsがお気に入り)

クリスマスまで好物のコロッケを作ろうかと思うほどの芋好きですが、結局ローストチキンを焼きました。
丸ごとオーブン料理のほうが楽&ゆっくりできるので。(ΦωΦ)ふふふ・・・

ポテトを使ったお好み焼きのようなお料理がチェコにはあると、以前雑誌で見たことが気になっていて、道中そればかり探していた私。

上の写真は、その念願の初「ブランボラーク」。かかっているビーフシチューが美味しくて、ついパンが進み食べ過ぎてしまいました。

噛むほど味のある食事パンとは別に、PMのお皿に添えられていたチェコの蒸しパン、クネードリキも、淡白でもちっとしていてソースを絡めるのに丁度良く美味しい。


e0077152_12333830.jpg

翌日も迷わずブランボラークを注文したら、今度はこんな形で。パンケーキみたい。

e0077152_12484190.jpg

これは、ニンニク丸ごといくつ入っているのですか?と聞きたくなるくらい、口に入れた瞬間に頭までニンニクの刺激が突き抜けるほど辛くて、ニンニク好きな私も完食ならず。この後、オペラのボックスでご一緒した方々にはご迷惑でしたかも...。

上に野菜などがトッピングされていたり、お店によって様々なタイプがあるみたいです。

そういえば、PMが頼んでいたガーリックスープは病み付きになるお味で、帰る前にもう一度飲みたかった〜!

我家では切らすことのない、ポテトとガーリック。新たなレシピが加わるかしら♪

[PR]
by HappyLah | 2007-12-26 13:07 | くいしんぼーちゃん
カラダの中をつくること <PB>
あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんとおばあさんはおしどり夫婦でいつも仲良く並んでいます。

なので、PBはついセットで手に取ってしまいます。

e0077152_23391827.jpge0077152_23463853.jpg
おじいさんは今夜スープに。おばあさんは今度煮物に。いつもありがとうね。

このお2人、地味な外見からは想像できないほど、豊かな香りとコクを持っています。
どちらも国産の、温かい土の中で育った根菜たち。冷えきった身体を芯から暖めて、ほっとさせてくれる、我家の新しい仲間たちです。

写真左のおじいさんは、誰もがよく知っている野菜の一部なのですが、さて何でしょう?

右のおばあさんは、Swedeと呼ばれています。私の辞書だと「スウェーデンカブ」。少し調べてみたらキャベツやカブの仲間で、霜の降りたところでも育ち、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが豊富だそう。食物繊維、ビタミンA&Cもあり。
(・0・。) ホホ-ッ  おばあちゃん、優秀だわ。
一方おじいちゃんも、数々のビタミンとミネラルを秘めておりました。

2人とも、スープやマッシュ、サラダ、ローストなどなど大活躍。和にもいけます。おばあちゃんは、大根のようで煮込むとほっこりしてすごーい甘み。
シンガポールではレンコンや大根、里芋なども容易に手に入り、日本の品種も隣国で作られていたので食卓にありがたいものでした。今はしばしお別れの和の野菜たちですが、この地で取れた旬のお野菜も美味し~い!!!

当然で自然なことに、以前辰巳芳子さんがおっしゃっていた言葉をぼんやりと…。きちんと思い出せないけれど、彼女の考え方、共感するのですよね。

おじいちゃんの正体は?

[PR]
by HappyLAh | 2007-11-18 00:20 | くいしんぼーちゃん
一粒の芸術 <PB> 
ベルギーからの宝石箱☆

e0077152_702587.jpge0077152_71710.jpg
e0077152_713840.jpg
「全て手作りなのよ。」と誇りを持って手渡された一箱。
中は3段になっていて、次の段が見えるごとに「わぁ〜」とうっとり。見とれてしまいます。私達はダークチョコレート中心にプラリネを500gいただきました。

ブリュージュの小径で一目惚れした小さなショコラティエでしたが、後で同封されていたbrochureから日本の「わがまま歩き」でも紹介されたことが判明。ベルギー内に数店舗あるそうです。HP(DUMON)のproductenを見ているだけで、今もまたうっとりしてしまいます。(ため息)

Life is like a box of chocolates.
ー開けてみるまではどんな人生かは誰にもわからないものー
(フォレスト・ガンプのママの言葉)

チョコレートにワッフルにケーキに。。。人生の喜びを山盛りいーっぱい味わった小旅行でした。(単純なんです)

ほとんど歩いてまわれる小さな街はシンガポールのようで、毎日とにかく歩く歩く。石畳でカチカチになった足を休めにカフェでほっと一休み。

e0077152_731520.jpge0077152_734181.jpg
あらまっ! こちらは、ロンドンにもあるお店でした!ベルギー発世界展開しているみたいです。(→Le Pain)

PMもブリュージュから、とんでもないお土産を持って帰ってきました。ね、PM?

[PR]
by HappyLah | 2007-10-19 08:27 | くいしんぼーちゃん
海鮮もりもり@East Coast Seafood Centre <PM>
シンガポールでの生活もあと残りわずか。久しぶりにCiceliaとSeeに会うことに。Ciceliaはなんとご懐妊中。8月の終わりに出産予定です。連れて行ってもらったのはEast Coastにあるシーフード屋さん Long Beach。ここでは、黒こしょうで味付けをしたカニが有名です。シンガポールに来たら食べなきゃ行けないのがこのblack pepper crab。海辺のレストランで、潮風にあたりながらの食事。ちょうど夕暮れ時でレストランもだんだん混んできました。
e0077152_15101716.jpg

e0077152_15222056.jpg

沖の方では、入港待ちをしているタンカーが行列しています。何せシンガポールは香港とならんで世界で1番の荷揚げ量を誇っていますからね。
e0077152_15225320.jpg

竹の筒に入っているようなので、Bamboo Shellと呼ばれている貝は、大量のガーリックで調理してあります。e0077152_15232659.jpg
そして、本日のメイン、Black Pepper Crabです。胡椒で口がピリピリするけど、食べるのが止まらない旨さ。食べるのに夢中で会話が止まってしまいます。
e0077152_15242748.jpg
CiceliaとSeeには、すっかりゴチになってしまいました。8月には、元気なBabyが産まれるよう祈ってます!!
[PR]
by HappyLah | 2007-05-26 23:03 | くいしんぼーちゃん
メロン対決 AU vs TW <PB>
日差しが恐ろしく強い、暑い暑~い季節がやってきました。
日本にいると夏といえば7,8月、特に8月の残暑がしんどいですが、周囲に聞いてみると真夏の時期の認識は様々。ヨーロッパなどでは、夏は6,7月とか、その中でも6月がベストシーズンとか。
ここシンガポールは、今が猛烈に、一番暑い!!!
水分とビタミン補給に、冷蔵庫に果物は欠かせません。Pineappleに始まり、Papaya, Mango・・・と転々としてきたPineapplemanのここ数ヶ月のお気に入りはオーストラリア産のRock Melon。

e0077152_194199.jpge0077152_1943858.jpg
夕張メロンとは言いすぎですが、夕張メロンを思わせるようなたっぷりの果汁、食べた後も口の中に甘~い香りが残ります。

ところが最近Rock Melonが行きつけのスーパーになく・・・。
旬なのでしょうか?代わりに入荷していた台湾産のMask Melonを購入してみました。お約束のアヤシイ日本語発見!(笑)

e0077152_19171622.jpge0077152_19173479.jpg
台湾は日本の品種をいろいろ作っているから美味しいに違いない!と期待しすぎたのでしょうか・・・。美味しいのですが、口の中にRock Melonのような甘い余韻が残らないのが残念。
そういえば、台湾は8月といえば台風がひどくて夏どころではないそうです。灼熱の太陽は真夏の象徴ですものね。

とりあえず初心に返り、Pineappleをカットしまくっているこの頃。

e0077152_19342236.jpgハワイのドールプランテーションでPMが一目惚れしたパイナップルナイフ。
弓なりになっていて良くしなるので、いろいろなフルーツに使える、なかなかの優れものなのですが・・・面倒くさがりな私は包丁で大雑把にカットしがち。
たまには登場させてあげないと。
ウェットマーケットなどではその場でパイナップルをカットしてくれたりするのですが、カットするときに自分の手に甘~い香りがついてしまうのも好きだったりするので果物は丸ごと派。
なんと言っても食べごろを見計らって、果物に包丁を入れるのは至福の瞬間です♪

[PR]
by Happylah | 2007-05-22 19:56 | くいしんぼーちゃん
セラドンでいただくタイ料理 <PB>
待ってました、本場のタイ料理♪
この連休中に遊びにきていたKくんファミリーにずうずうしく同行させていただき、連れて行ってもらったタイ料理。中華同様、こういう大皿料理はみんなで食べるとより一層美味しい♪
盛り付けも華やかで目にも舌にも美味しいお料理とおしゃべりに夢中で…また写真をとり忘れ、気がついたときには殆どのものは既にお腹の中でしたが。。。( ̄▽ ̄)=3

タイ料理は大好きなので、シンガポールでも時々食べに行くのですが、今回初めていただきました、プーパッポンカリー(ソフトシェルクラブのカレー)<写真中央右>。
蟹の歯ごたえとカレーのまろやかさがよく合って、日本人好みな甘みがあります。
タイカレーと言えば、グリーン・レッド・イエローと辛~いカレー(今回もペーストをたくさん購入!)ばかり食べていましたが、やさしい味のカレーも良いですね。


e0077152_157366.jpge0077152_1571576.jpg
e0077152_1573253.jpge0077152_1574559.jpg
e0077152_158315.jpge0077152_1581623.jpg
写真の象さんのポットはtwins(妹)ちゃんの飲んでいた紅茶。カップも象さんなのです。
残念ながらコーヒーに象さんはついてこなかったので、あまりの可愛さに撮らせてもらいました。シュガーポットややミルクピッチャーもなんとも愛らしい☆
素朴で温かみのある器がタイの人々を表しているようで、お料理もよく映えます。
シンガポールでも愛でていたセラドン焼き。ここに来て、PMと私はますますその愛らしさに魅了されてしまいました~。

お腹いっぱいになった後は、タイ古式マッサージへ。なんとお値段はシンガポールの4分の1!そして上手!連日連夜美味しいお食事とマッサージで極楽でした。
(注:昼間はたくさん街歩きしているのですっ。┌(;~▽~)┘殆ど買い物ですが)
Kくんご夫婦&ファミリーの皆様、楽しいバンコクの休暇をどうもありがとう!

[PR]
by HappyLah | 2007-04-17 23:54 | くいしんぼーちゃん