ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2006年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧
マカオ料理に出会う <PB>
香港で食べたマカオ・ブレッド(過去の記事→くいしんぼーちゃんin香港)の味が忘れられず、また食べたいな~とずっと思っていたのですが、シンガポールでも食べられるお店を発見しました!意外にも、それはシンガポールで知らない人はいないと言えるほど有名なチェーン店、マレーシアや香港など海外進出もしているCrystal Jadeの系列店でした。その名も、Crystal Jade Macau Cafe Restaurant!(@Bugis Seiyu B1:こちらの店舗のみ)

e0077152_2392791.jpg念願のマカオ・ブレッド(Macao pork bun)!!!外はカリッ、中はふかふかのパンにBBQポーク、玉ねぎ、トマト、甘いマヨネーズ風ソースが挟んであります。
黒い角皿はカレーソースで合えた野菜です。
マカオ料理はポルトガル+中華の融合と思っていましたが、カレーソースや香辛料をたっぷり使ったお料理も多く、インドやアフリカ料理の影響もあるみたいです。
e0077152_2524489.jpgこちらはFried Cuttlefish with salt and pepper。

私達は2人揃って、白身魚のフライと勘違いしていたのですが(恥)、そういえばCuttlefishってイカだったような?
サクサク、あっさりして美味しかったのですが、糸のように細いイカに衣が2倍くらいついているのはどうかと・・・小イカって意味だったかも?いつの間にか衣を残して食べていました。
e0077152_315166.jpg日本人である私達、やはりご飯が大好き♪マカロニや麺のメニューもありましたが、ポルトガルスタイルのご飯を頂くことに。選んだのは、
Baked Rice with Chicken
 in Portuguese style

運ばれてきたお皿は4人で分けて丁度よいぐらいの大きさです!しかもカレーソースっぽく、(失敗、野菜と同じ味かも?)と少しがっかりしながら食べてみると、カレーではなく、今まで食べたことのない味!香辛料がよく効いたカレーベースのようですが、卵がたくさん入っていてまろやかな味になっているので4分の3以上2人で制覇してしまいました。

しかーし、今夜のごはん:ハンバーガーにフライにカレー、卵たっぷりご飯。よく考えるとマカオ料理ってカロリー高そう。。。(現在腹12分目ぐらい)1週間粗食だったので、まぁいいかしら?

店内には世界遺産でもあるマカオの美しい写真がたくさん飾られていて、行ってみたくなりました。帰ってマカオ政府観光局を見てみると、
~Welcome to Macau 東西文明が出会うモザイク都市へ~とあります。
正にモザイクのように美しい建築、「観」どころいっぱいな写真を眺めていたら・・・また増えてしまいました、いつか歩いてみたい街♪

[PR]
by HappyLah | 2006-02-26 23:13 | くいしんぼーちゃん
やったね おめでとう!!!!!<PM&PB>
起きてた甲斐がありました。アジアではもう夜が明けるころ、女子フィギュアスケートの放送に釘付けになっていた2人でテレビに向かって拍手。荒川静香選手の金メダル。サーシャ・コーエンの後だっただけに、プレッシャーもあったでしょうにあの演技。しかも、日本のメダル1号にして金メダル。きっと唯一のメダルになってしまうのでしょうけど・・・。なんでも過去のオリンピックで不調だったときの日本の救世主はすべて男子だったようですが、今回初めての女性救世主。何はともあれ、

おめでとう&ありがとう、荒川選手!

では、お休みなさい・・・<PM>

荒川選手、おめでとうございます!!!日の丸に君が代が夢のようでした。。。そして日本フィギュア女子3選手、本当にお疲れさまでした。

安藤選手は4回転にかかるプレッシャーの苦しさがこちらまで伝わってきて涙が出そうになりました。でも、よく頑張った!
村主選手のラフマニノフ、とにかく美しかったです!(得点に不満を感じますが、万人受けする華やかなプログラムの方が審査員好みだったのでしょうか?)
荒川選手、緊張した表情からコンビネーションジャンプが決まって笑顔が見えた瞬間、私達までガッツポーズ!でした。

今夜素晴らしい演技を見せてくれた全ての選手達へ・・・感動をありがとう!<PB>

[PR]
by HappyLah | 2006-02-24 06:29 | 身近ニュース
カーリングにハマってます! <PB>
初めて真剣に観ましたカーリング!日本女子カーリングの健闘は残念ながら放送されず、見ることができなかったのですが、昨日男子カーリングを観だしたら眼が離せなくなってしまいました。

e0077152_1918960.jpg中でも私を虜にしたのは、ニュージーランド代表Sean Becker選手!彼のストーンを投げるときの眼がスゴイ!すっかり魅了されてしまいました。今回ニュージーランド代表の旗手でもあったようです。(tvnzより写真拝借)
ニュージーランドのカーリング代表選手達は今回が初めてのオリンピック参加。以前のジャマイカ・ボブスレーチームに例えられ期待されていたようですが、残念ながら昨日で全敗。次期大会まで成長が楽しみです。

そして、熱く作戦会議しているニュージーランドチームの英語、特にSean選手のイギリス地方英語?のようなわかりづらい、早口なのですが伸びるような話し方に大自然を連想してしまいました。Sean選手、実家は羊飼いだそうで・・・ワイルドに見えますが素朴な魅力に納得です。

ルールもよくわからないまま観続けてしまいましたが、その駆け引きの難しさに「氷上のチェス」とも言われるというカーリング。続く準決勝は駆け引きも激しいことでしょう。観たいなっ。

今夜はいよいよ、私の大好きな村主選手のショートプログラムです!スポーツチャンネル、オンタイムで観れるといいなぁ。冬季オリンピックより毎週末のプレミアリーグ戦の方が盛り上がっている常夏シンガポールですが、我が家は盛り上がっています!頑張れ、ニッポン!!!

[PR]
by HappyLah | 2006-02-21 20:15 | 身近ニュース
ただいま、シンガポール!<PB>
私達のブログを訪れてくださる皆様・・・ありがとうございます!!

先週、シンガポールを離れている間も更新する予定でおりましたブログですが、私は全くPCに触れない1週間となりました・・・。お知らせもせず旅立ってしまったので、その間ブログを訪問してくださった方々には申し訳ないです。。。これからせっせと旅行のお話から下記に↓upしていきますので、どうかまた遊びにいらしてくださいね。

モーリシャスの滞在ホテルには「全室インターネットアクセス可能」とありましたので、LIVEで記事をお伝えするぞ!と意気込んで旅立った私達。部屋に着くいなやPineapplemanがPCをつなげようとしたところ・・・

確かにPCつなげるのですが、ランケーブルではなく、ダイアルアップ
あの、ピーヒョロヒョロという懐かしの音が♪しかも56KBって・・・
じ~っと待っていると、画面に20分お待ちくださいと指示が!
20分?・・・(-。-)y-゜゜゜

シンガポールの空港には誰でもフリーで利用できるインターネット接続可能なPCが何台かあり、私達も出発前そこでメールをチェックしたりしたのですが・・・国を出て、シンガポールが文明国ということを痛感しました。。。

滞在客皆が20分待っているとは思えず、ホテル内にビジネスセンターを発見!といってもPCは1台のみですが、部屋よりは早いとのこと。ところが、ここでもインターネットがつながらない!何故?????

数時間後わかったことなのですが、なんとこの日はモーリシャス全島でネットワークが落ちてしまったそうです。翌日夕方ようやく復帰しました・・・。

一日目の記事3つは・・・一台のPC、他の人を待たせては申し訳ないし、100MBの環境のビジネスセンターで・・・Pineapplemanが自分のPCをつないでなんとかupしたものです。しかも「ご自分のPCはお部屋でお願いします」と注意されてしまったそう。お疲れ様!

e0077152_201445.jpg写真は部屋にて。

ダイアルアップだと、どうやって会社にアクセスできるかわからず苦戦しているPineappleman(右奥)に、フルーツでもむこうかなと、呑気な私。

フルーツバスケットのパイナップルが「リゾートでは何もしなくていいんだよ」と言っている気がします。。。ヾ(^-^*)

[PR]
by HappyLah | 2006-02-19 23:19 | 身近ニュース
モーリシャス7日目 雨のリゾートを楽しむ方法☆ <PB>
最後の最後になって・・・降ってしまいました。
ビーチリゾートで雨が降ってしまうとがっかりですが、同じホテルでも天気が違うだけで異なる風景を見ることができたりして、ちょっと得した気分です。

e0077152_22504729.jpg敷地内の木の上には、モーリシャスの国鳥である小さな黄色い鳥達の巣がたくさんあるのですが、今朝歩いていたら、昨夜の暴風雨でたくさん巣が落ちてしまっていました。また家を建てなければならないのがかわいそうですが、鳥達は非難したようで大丈夫でした。ホッ。
e0077152_22571868.jpg

レストランの脇で、こんな子にも出会いました。
あっ、かたつむり~!と近寄ってよーく見ると・・・巻き貝!しかも大き~い!
e0077152_0224124.jpg連日ゆっくりな朝食ですが、一層のんびりモード。。。

人間観察をしてみたり、たわいもない話に夢中になったり、すっかり病みつきになったパッションフルーツを何個も食べたり。この、種とゼリーがトマトのような果肉がとっても酸っぱくて、ビタミンがいっぱい摂れそうです。
e0077152_0364157.jpg

いつも朝食をとるレストランからの風景。

プールとこんな青空を見ていると、早く一泳ぎして、お日さまの下に寝転びたくなりますが・・・
e0077152_0412062.jpg

気持ちを急かされる光の煌きが今日はないので、もう1度フルーツを取りに・・・。

ちなみに朝食では、外側から小さいフォークとナイフ→大きいフォークとナイフと並べられていて、小さいほうから?と疑問に思っていたら、ヨーロピアンはまずは皿いっぱいのフルーツから始めていました。へぇ~、そうなのね。
純日本人な私達は、理解した後もパン&クレープ、野菜、卵など→最後にフルーツでしたが。

部屋に戻って、バニラティーを淹れてゆっくり本を読んだり、映画を観たり・・・

e0077152_131839.jpg

部屋からしとしと降る雨をぼーっと眺めるのも趣があってよし♪です。

丁度TVで映画:My Big Fat Greek Weddingが放送されていて、2人で笑って、笑って、笑い転げました。私は観たことがあったのですが、何度観ても可笑しくて心温まる映画です。思いがけない雨の縁で、一緒に観ることができました。

ホテルは雨の日プログラムとして、映画館で子供向けの上映をしていたり、インドアでヨガのレッスン、レストランで飲茶などもできたのですが、お部屋で自分時間を堪能するのもオススメです。特に私のように、自分の家だとついいろいろやりたくなって動いてしまう人に・・・(^^;)

雨のおかげで日光浴続きで疲れぎみだった身体を休めることができたのでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-17 17:27 | リゾート天国♪
モーリシャス6日目 エクササイズ編 <PB>
e0077152_2015553.jpg

毎日ぼーっとビーチで寝ころび読書にふける・・・これだけで幸せ♪なのですが、さすがに寝てばかりいると身体が凝り固まってきます。その上、ホテルのご飯が美味しいので毎日食べ過ぎてしまう・・・この悪循環な食っちゃ寝生活を打ち破るべく、滞在中ホテルが行ってくれるプログラムに、いろいろ参加してみました。実はどれも初めてのもの。

①Yoga X 2回・・・PMも一緒に参加。

ホテル内にある"Spiritual garden"という名に相応しい、小さいながらも色とりどりの花が咲き、鳥のさえずりが心地よい庭にて。青々とした芝生に仰向けになり潮風の匂いを感じながら、フランス人の美人先生が仏語訛りの英語で、"From tip of your toe to top of your head, your whole body is completely relaxed." (今あなたの身体はつま先から頭のてっぺんまで完全にリラックスできています)と言われるだけで、私はもう、リラクゼーションの境地へぶっ飛びました・・・。。・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・

あの身体がものすごく堅くて乗り気でなかったPMも、美人先生のリラクゼーションに撃ち抜かれたのか、「Yogaって寝れるからいいね~」と意外にも充実感に満たされていました。

②アクアビクス(プールでのエアロビ) X 2回・・・「僕、行かない。」と言われ(当然)、1人で参加。

エアロビですら未経験なわたしですが、水の中だと身体が軽いので楽だよ、と昔聞いたことを信じて・・・。たった30分でしたが、全身だるーくなるくらい運動した気がしました。
白髪が綺麗な英国人のおばあちゃまも参加されていて、レッスンの最後は全員(たった4人ですが)テンション上がりまくりで、"Now, we're strong women! Yeah!!!"(これで強い女よ!イェーイ!!!」とハイ・ファイブをしたりして楽しかったです。

③ビーチでTai Chi ・・・滞在中2回機会がありましたが、参加せず。

Tai Chiってもしかして?と思ったら、やはり・・・太極拳でした。

気になったので見に行ってみたら、白人さんの参加が非常に多くてびっくりしました。オリエンタルなものは興味を持つ人が多いらしいです。脚を開いたり上げたりするのに、水着で参加している人もいて、ドッキリでした・・・。

毎回、会って顔見知りになったドイツ人のおばさまは、yogaは日頃もやっているそうで一通りの動きと名前はご存知でした。そしてなんと、①ー③全て参加していました!しかも、2週間の滞在だそう。ヨーロピアン=優雅ですね~。
同朋(エクササイズ狂)と認められたのか・・・「また、○曜ね!頑張りましょう!」といつも声をかけてくれました。あのくらい元気でいたいもの。それにはやはり、毎日のエクササイズを続けましょう、ということですね。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-16 22:26 | 初体験☆
多国籍リゾート <PM>
モーリシャスでの休暇もあと明日を残すのみ。おなかが空いてきたので(何もしてないのに)ビーチの脇にあるイタリアンのレストランへ。ビザを焼く石窯があったりして、結構本格的っぽい。そこで、薄焼きのピザとメカジキのサラダ、そしていつものフレッシュジュース。e0077152_1641558.jpg隣のテーブルには30半ばくらいのドイツ人と思われる夫婦が、横を通り過ぎるいろいろな人たちと話をしてます。英語、フランス語。すでに3カ国語しゃべってる。ちょっとシニアな夫婦と英語で会話をしているのを盗み聞きした内容は、どうやら彼はレストランのオーナーシェフのよう。でも仕事は3日に1日しかしてないらしい。など聞いていると普段からとても優雅な様子がうかがえます。そしてそのシニアな夫婦もなにやら英語で話している。でも、どうやら彼らも英語圏の人ではないようで、フランス語でもドイツ語圏でもないということは何処だろう・・・と疑問に思っていますと、ロシア人夫婦ということが発覚。どおりでおじさん、立派なヒゲをはやしているわけだ。そして恐るべし、モーリシャス。すでに確認できている、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、人達に加えてロシア人まで。本当にヨーロッパの人に人気のあるリゾートなんですね。
[PR]
by HappyLah | 2006-02-16 16:13 | 外国語と海外生活
モーリシャス5日目 カクテルパーティー編 <PB>
昨夜一日観光から帰ってみると部屋にこんなレターが届いていました。

e0077152_181914.jpg「明日2月15日、19時よりビーチにてカクテルをご用意いたしておりますのでお越しいただければ幸いです。」
・・・とホテルスタッフを代表してGMのサインがされています。

夫婦揃ってお酒が飲めない我々ですが、ビーチでカクテルパーティーなんて雰囲気だけでも美味しそう~☆
( ^^)/▽*▽\(^^ ) Cheers!

ロマンチックじゃないですか!?その上無料です。(Kiasuに習うべし^w^)
ビーチからはアフリカちっくな、悲しいような抑揚のある歌声と陽気なリズムの音楽が聴こえてきます。入り口ではフランス人らしいGMが心地よいソフトな声と温かい笑顔で迎えてくれます。
このGM、先日レストランでスタッフが接客に追いついていなかったときも、颯爽と私達を案内してくれたり、会えば必ず「滞在はいかがですか?」とスマートに挨拶をしてくれる、サービスの鏡のような人です。
こちらのホテルのスタッフ、挨拶に関しては彼の教育が浸透しているなぁと感じられたのですが、仕事の優先順位の判断や滞在客への目配りが今一歩。GMの彼の姿勢を全てのスタッフが見習ってくれればよいのですが、人材の育成は大変ですね。

e0077152_18245811.jpg私達も一口だけシャンパンをいただきました。音楽に乗ってダンスを始めるご夫婦も・・・。幸せそうです♪

スマートカジュアルという感じで、お子様もフィンガーフードをつまみながら、家族とジュースを飲んだりしていました。

お子様は子供達だけで早い時間から食事をさせてもらえるサービスもあるので、夫婦水入らずでゆっくりとお酒を楽しむこともできます。
昼間ビーチでも感じたのですが、ヨーロピアンは家族を持っても、恋人のままであるような夫婦の時間を作るのがとっても上手☆
e0077152_18481442.jpgパーティーではセガ・ショーも見ることができました。
セガ・ショーとは、昔モーリシャスに連れてこられた奴隷達が祖国を思って、悲しみを振り払うように軽快に躍ったダンスです。現在はエンターテインメントとして、毎週きまってセガ・ショーを行っているホテルも多いです。

ダンサーたちは皆すごくスリム!!!
e0077152_19112466.jpg夕食後も21時半頃からまた、今度はラウンジでセガ・ショーを見ることができました。ショーは23時過ぎくらいまで、お客さんも交えてのダンス・ナイトとなり続いていたようです。

ダンサーに混ざり華麗なサルサ・ステップを披露していたブロンドのお姉さんや、子供と手をつないで楽しそうに踊るスリムなお母さんなど、「皆自然に踊れちゃうのがすごいね~」と羨ましく眺めながらお部屋に帰りました。
自分達のダンスのセンスは、よーく心得ておりますので・・・。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-15 23:17 | リゾート天国♪
モーリシャス4日目 一日観光(午後)編 <PB>
e0077152_2033682.jpg午後最初の下車場所はこちらです。

さて、こちらは何でしょう?

ヒント1:観光客のみならず、たくさんの人が訪れます。

ヒント2:生活に密着した場所です。

ヒント3:私は日本では見たことはありませんが、シンガポールにはたくさんあります。

大ヒント!:シンガポールと日本の大きな違い、多民族国家に関係があります。

答えは・・・ヒンズー教寺院です。内装はこんなに華やかで綺麗なのですね。シンガポールでは一度も中に入ったことがありませんでした。
外側も中に負けないくらい華やかなゴープラムと呼ばれる高い門が目印となっています。たくさんの神様や牛などの動物(姿を変えた神とされる)が空に向かって積み上げられた極彩色の塔のようなものなのですが、ご覧になったことはありますか?

マンチェスターからいらした女の子はヒンズー教だそうで、礼拝堂の中へそっと入って、お祈りをしていたのがとても神聖に感じられました。

おなかもいっぱいになり、静かな時間を寺院で過ごした後は・・・いよいよ本日のメイン・イベント、有名なパンプルムース植物園(Pamplemousses botanical garden)へ到着です。この植物園は入場無料なので、お弁当を持ってピクニックしているローカルの人達もたくさんいました。おしゃべりに花が咲いているようで、とっても楽しそうです♪

とにかく敷地が広いこの植物園、何が何だかさっぱりわからない私達はガイド付きでよかったです。

e0077152_20441311.jpg

これは60年(だったと思います)に1度しか花を咲かせないという木。大きな葉っぱで覆われた一番真ん中の上の方につぼみがありましたが、1度花を咲かせたら木は枯れて死んでしまうそうです。どんな美しい花が咲くのか・・・神秘的な運命の木。

e0077152_1424685.jpg
こちらはサイクロン(台風)によって、曲がってしまった木達。こんなに背中が曲がってしまっても、ちゃんと栄養吸収できているのでしょうか?
この辺りは何十年に1回、大きなサイクロンが直撃することがあるらしいのですが、モーリシャスの人達はサイクロンがやって来そうになったら避難して、被害後はまた新しい家に引っ越すそうです。耐震構造は全く考慮せず。壊れるのが前提で家を建てるなんて、地震大国日本では考えられませんね。

e0077152_15028.jpg

この植物園の名物、特大なハスの浮かぶ池です。子供が乗れるくらい大きなハスの葉はボートのように乗れそうな気がしてきます。

e0077152_1501421.jpgハスの花が3日の命ってご存知でしたか?
種類によって異なるのかもしれませんが、このハスの花が役目を終えしぼむと、うぶ毛がたくさんある葉っぱとなり、それがやがて大きな葉になるそうです。

←ここに小さくて毛だらけの葉があるのが見えますでしょうか?クリックしていただけると、写真は拡大するので気になる方はどうぞ!
e0077152_0581511.jpg最後にこちらはシンガポールではお馴染みパンダンの木です。

海南チキンライスを炊くときは必ず一緒にパンダンの葉を入れるといいそうです。
チキンライスのご飯が美味しいのはチキンの出汁だけではなかったのでした。

シンガポーリアンが大好きなお豆腐のデザート:豆花にもパンダンの葉で香り付けしたシロップがかかっています。

この木を見ても、とても香りのよい葉とは想像できませんが・・・。

花のような可憐さ、華やかさはありませんが、広大な園内に息づく大きな木々の存在感や生命感、その間を抜ける風や光はとても心を穏やかにしてくれました。
"green city"と呼ばれるシンガポールの街路樹もよーく観察してみようかな。異国で気づく、祖国(第2の?)の良いところ。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-14 23:19 | リゾート天国♪
モーリシャス4日目 一日観光(午前)編 <PB>
本日は7時には朝食をとり、首都ポートルイスと植物園を巡る一日ツアーへ参加してきました!
多国籍&観光業の国らしく、英・仏・独・伊に堪能なガイドが同乗してくれます。その他言語は特別手配で可能だそうです。

各国語ごとにバスは3台に別れていざ出発!!
1号車:中型バス withフランス語ガイド。ほぼフランスからと思われる人いっぱい。
2号車:ミニバス with英語ガイド。我々含め8人。
3号車:ミニバス withスペイン語ガイド。若いご夫婦2人。

申し込み時、人数が少なくてもミニバスなので大丈夫よ!と聞いていても、空港からホテルまで来たあの恐怖の道、あの揺れに耐えられるか心配で酔い止めを用意していきました。・・・が、問題なし!車が違うだけでこんなに快適♪

e0077152_15115827.jpg

まずは、聖母マリア様の像が立つ高台から並みを一望。
街中に見える緑の殆どはマンゴーの木だそう。

次に向かったのは緑X赤の鮮やかな中国寺院。シンガポールにもたくさんあるのに・・・。丁度経を読んでいるところで、ヨーロピアンには絶好のシャッターチャンスだったよう。
さくっと周り、いよいよ首都、ポートルイスへ・・・自由行動時間です。

e0077152_15142143.jpg平日のポートルイスは激混み。
日用品が島のどこよりも安く買えるとあって、皆買い物に来るそうです。

こちらは有名なマーケット。中に入ってみると・・・
e0077152_1533535.jpgきれいに並んだ真っ赤なトマト達。甘くて美味しそう!

ん~っ!
かぶりつきたい~っ!
e0077152_15331798.jpg太陽の光をいっぱいに浴びたお野菜の色彩がなんと美しい!

殆ど国産なので朝取りで直送されてくるのか、新鮮で瑞々しく、思わず買ってお料理したい衝動に駆られます。

お値段を見ると、ホテル内の物価と地元の人々の物価の格差に驚きます。モーリシャンの1ヶ月のお給料は10000ルピー(約4万円弱)だそうです。

お野菜のマーケットのお隣には有名なスパイスマーケットがあるのですが、こちらは値段交渉制。外国人には信じられない値段をふっかけてくる人もいますので、周りの商店で物価をチェックしてから駆け引きに臨みましょう。この手の才能はない私達は、交渉するほどたくさん購入する予定もないので小さな商店でお目当てのバニラティーのみ購入。

皆と集合して、ランチタイムに突入。アレンジされていたランチはチャイナタウンで中華です。
一番国際色豊かな我々英語組(スコティッシュの老夫婦、マンチェスターからいらしたインド系若夫婦、ギリシャ人若夫婦+私達)は、皆おとなしく円卓を囲みました。お隣では仏語組がすでに楽しそうに食事を始めています。
(こういう時は年長者のおじいちゃんが話しを切り出してくれるものだよね・・・)とPM。しかーし、おじいちゃん食事に夢中で、そんな気配なし。しかも、ギリシャ人の奥さんが大皿から自分のお皿にまだ取っているところで円卓をガラガラ回しだし、ギリシャ人奥さんは取り分けスプーンを持ったまま呆然・・・。これをあっけらかんと何度も繰り返すので皆笑いをかみ殺していましたが、ついにたくましいギリシャ人ダンナ様が、「少し待っていて頂けますか!?」とおじいちゃんにびしっと一言申してくれました。
インド系若夫婦が割り箸を手に、どうやって使うか話していたところへPMが加わり、割って使うことを説明しだしたら皆打ち解け始めよい雰囲気に。なんと・・・そこで、米粒を得意げに箸でつまんでみせるおじいちゃん!只者ではありません。そして奥様のおばちゃん、PM以上のパイナップル好きだそうで、「大好きなの。これ食べてしまってもいいかしら?」と最後の一口まで、白身魚とパイナップルの炒め物の大皿を殆ど一人で制覇した後、「この白いの何かしら?」。・・・お魚です、お魚。彼女しか食べていないけれど、彼女以外全員がお魚と答えていました。

愉快なメンバーでの一日観光は午後編へ続きます・・・

[PR]
by HappyLah | 2006-02-14 22:29 | リゾート天国♪