ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
東洋のパン料理 <PB>
e0077152_14584986.jpg

インド料理はわりと好きで、特に「ロティ・プラタ(Roti Prata)」と呼ばれるカレーソースにディップしながら食べるインド生まれのパンケーキは、小腹が空いたときに丁度良くおなかを満たしてくれる好物。

先日植物園に新しくできたフードコート(Taman Serasi)で休憩したときも、何か軽いものが食べたいな・・・と思いプラタのストールへ行きました。
たまには違うものを・・・と頼んでみたのは、写真のクレープ風「ペーパー・トーサイ(Paper Thosai)」。

フードコートやホーカーで写真と実物が「んっ?違う?」と思うことには慣れっこですが、この巨大さには目は飛び出し、口はあんぐり。(◎д◎;
しかし、もう一度上に掛かっているメニューの写真を見てみると、確かにお皿からたっぷりはみ出したトーサイの写真。写真と実物は同じでした・・・!見落としたのは私です。。。

そして、なんだかんだ言いながら、大食いの私はしっかり全部いただきました・・・。
植物園を散歩中、行動パターンが同じなのか何度も遭遇した林家ペー&パー子夫妻似の中国人夫婦。私のトーサイを見てぎゃはははっ!と指差し笑い転げながら大喜びで、やんややんや言い(中国語習っているのに、聞き取れず・・・T0T)写真を撮られるかと思いました。

一緒にいた友人のRosaは、シンガポール風サンドイッチ「ロティ・ジョン(Roti John)」に挑戦。
シンガポール政観発行の「シンガポール美食三昧(Makan Singapore)」というパンフレットに、このサンドイッチの由来が書かれていて、「なるほど!」と感心したのでご紹介します。

<ロティ・ジョン秘話>
ねぎ入りオムレツを注文し、パンと一緒に食べるのが外国人のお気に入りだった。あまりの人気に、ある時、シュコー氏は「この2つをひとつの料理にしてみよう」と思い立ち、厚切りフランスパンにオムレツをはさんで甘めのチリソースをたらり。

この結果には、外国人もシンガポール人も拍手喝采、大好評。シュコー氏は、この名作の名前を考えることになる。外国人のために作った料理なんだから、外国人の名前を、ということで「ジョン」。

1970年代にロティ*・ジョンを考案したシュコー氏の娘、マダム・ノハヤティは「昔はアンモオ(白人のこと)を誰彼かまわずジョンと呼んだので、父はロティ・ジョンと名付けたのです」と言っている。
*ロティ=マレー語でパンの意味

ロティ・ジョンはサンドイッチ好きなアンモオを魅了するようで・・・私はプラタを勧めたのですが、Rosaは自らこれを選んでいました。

おなかが空いているので、カヤ・トースト+コピよりもう少し食べられそう!という時には、ローカルのカフェごはん:プラタやロティ・ジョン+テ・タレ(Tea Talik)(コンデンスミルク入り紅茶)で休憩されてはいかがでしょう?

[PR]
by HappyLah | 2006-08-30 17:14 | くいしんぼーちゃん
元気をくれる植物園 <PB>
賑やかだった2週間が過ぎ去り、突然やってきた静けさに、子供の頃の夏休みの終わりを重ねて少ししんみり・・・懐かしい気持ちになっています。
今の私は、宿題ならぬ溜まっていたことも一気に片付けてしまい新学期への準備は万端。
珍しく、この余裕ある時期に日頃意思止まりのことを実行するぞ~!というわけで、「自分時間強化月間」を始めることにしました^^。

いろいろ心配してくださる皆様、ありがとうございます。(ノ◇≦。)
ごはんに誘ってくれたりする周りの友人の温かさに救われている私です。
シンガポールのリトル・インディアでさえ苦手(私は好き)とする彼が、リアル・インディアで6週間も暮らしてゆけるのか心配・・・どうか健康で無事に帰ってきますように☆
遠くから心配してくれる方々にも、本当に感謝です。

「6週間は長すぎよ!私も寂しくなるわ。」とPMの同僚で仲良しなBenちゃんの奥さん、Kerryが朝食に誘ってくれ、早速植物園デートしてきました。日頃夜型な我家ではブランチならまだしも、朝食を外でなんて不可能に近いのですが、こんなことが可能なのも「おひとりさま」ならではでしょうか。Kerryは2歳のAdamくんが毎朝5時には起きるので超朝型。う~ん、ママって大変!

平日朝の植物園へ行くのは初めて。園内を歩いていると、幼稚園の遠足グループに何組も遭遇しました。シンガポールの園児達は皆リュックからテディベアを覗かせているのが可愛いらしい。なぜ皆テディ?というくらい、どの子のリュックからもテディがはみ出しているのが可笑しい。持ち物リストに「テディ」とでも書いてあるのかしら?

ジョギングしている欧米人、犬の散歩をするメイドさん、太極拳をしているおじ&おばさま達など人間観察をしながら、お昼近くまでおしゃべりを楽しみました。

手入れの行き届いた緑や花に恵まれた植物園は、毎週来ても飽きることがないほどとっても広いのですが、更なる開発が進められています。
先週Rosaと訪れた時は、ゆっくり時間をかけて園内を歩いて、新しく出来たTaman Serasiというフードコートやインフォメーション・センター、図書館のあるエリアにも寄ってきました。
Herbarium Library(植物の図書館)では、閲覧のみなのですが植物関係の本や資料をゆっくりと読むことができます。その名通り、ガラスケースに展示されている植物標本や、スタッフが乾燥させた葉や実・花などを丁寧に台紙に貼りながら説明を書き込んだファイルを見ていると、時が経つのを忘れてしまいそうです。

また、図書館の向かいにある研究所では、世界最大規模を誇る国立蘭園を有するだけあり、蘭の交配を見ることができます。手をかけただけ美しく咲くと言われる蘭。これからどんな花を咲かせるのでしょう。。。

e0077152_18485858.jpge0077152_18491254.jpg

植物の知識は乏しいのですが、こうして知る楽しみを与えてくれたりもします。私にとって植物園は、豊かな自然に包まれて、ゆったりと心地よい時間に身を任せているとエネルギーがぐんぐん補給される場所です。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-27 19:00 | リゾート天国♪
Caucasianの瞳から <PB>
お久しぶりです!シンガポールは常夏ですが、皆さま残暑いかがお過ごしですか?
e0077152_1737951.jpg

我家には学生の頃からの友人Rosaが、スペインから遥々遊びにきてくれました。
彼女の滞在中は朝から晩までおしゃべりに夢中で・・・。PCに向かう間もないほど、賑やかで楽しい夏休みを満喫しておりました。

来星前「シンガポールの天気予報をCNNでチェックしているのだけれど、毎日曇りと雨と落雷のマークが全部出てるの。大丈夫かしら?」と尋ねるRosaに、私達は大爆笑。スペインは雨がずっと降らないためオリーブオイルの値段まで釣り上がっているそうで、「雨が見たいわ♪」という彼女。
これはスコールを体験してもらわなければ!との期待通り、来ました、特大のが!!残念ながら落雷付きではありませんでしたが、窓からの視界が曇るほど激しい雨に彼女は大喜びで「すごいショーね!!!」と写真に収めておりました。

写真といえば、彼女は大の高層ビル好き♪今まで一緒に旅行した都市でも金融街の高層ビルはいつも彼女を虜にしてしまいます。シンガの小さな金融街でも何枚写真をとったことか・・・。私達にとってのゴシック建築&ガウディは高層ビル&マンションなのでした。。。

初めてのアジア滞在に大興奮♪存分に楽しんでいってくれた彼女ですが、特にお気に入りだったアジアングルメといえば・・・

コピ+カヤトースト (Kopi & Kaya Toast)
コーヒーには砂糖2袋は入れる彼女。コンデンスミルク入りのコピにハマッてからはスタバに見向きもせず、コピまっしぐら。
過去のコピ&カヤ記事はこちらです
(余談)記事にあるYa Kunでカヤジャムを購入したところ、店舗情報としてこれから進出予定の東京店もすでにカッコ書きで載っていました。

餃子&小籠包
ふわふわジューシーなお肉&酢醤油に惚れたよう。
今後は醤油をお料理に使う!とまで宣言。

肉まんなど、包(Pao)類 & 高島屋の地下にある日本の大判焼
甘いものやケーキが苦手な彼女は、やわらかく甘さ控えめパン好き。このポイントを鋭く突いたのか、大判焼を見つけるなり即買でした。
日本人としては大変嬉しい♪
覚えておくために大判焼の袋を持って帰りたい!と言う彼女を何とか制して袋を捨てました。。。(あんこ付きで汚いですよ~ぅ!)

ごはん
パエリヤはあるといっても、パンをたくさん食べる文化人。パンを口にする量がこんなに少ないことはないとのこと。海南チキンライスも、チャーハンも、我家で炊いた白いごはんも美味しい!美味しい!とぱくぱくぱく。

新鮮な瞳を持つ彼女と街を歩いていると、いつもの街も違って見えたりします。
アラブストリートやリトルインディアのようなエスニック街ではヨーロピアンのセンスを発揮。サリー(インドのドレス)を作る用の布の風合い&柄に一目惚れして「ソファーにかけるの♪」と購入するなんて、見習いたい発想です!

そして今回滞在中に覚えて、繰り返し呟いていた言葉はcaucasian(コケイジャン)。
なんだかよくわからないけれど、私達外人だからOKだよね!という時いつも口癖のように使っていた:
「I'm a foreigner!(私外人だから!)」というお得意のセンテンスは・・・
「I'm a caucasian!(私白人だから!)」に変わっていました。
確かにヨーロッパにいたらcaucasianという単語、使う機会はないのかもしれませんね。シンガポールでは欧米人のことをよく「赤毛(アンモウ)」(中国語に由来)といって、冗談で自分のことを「赤毛」という欧米人もいるよと伝えたのですが、caucasianの響きが相当気に入った模様です。。。

外国人として暮らしている私達ですが、彼女のおかげで自分は日本人でもあり、アジア人でもあるということを教わった夏休みでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-24 19:14 | 外国語と海外生活
久しぶりのPM
スペインからのゲスト、Rosaの滞在中に私PMは長期出張でインドのバンガローにやってまいりました。PBを一人シンガポールに残して6週間の予定です。
バンガローといえば、アメリカで言うシリコンバレーのように、今やITの都市として知られていますが、何もバンガローについての予習をしなかったため、勝手な妄想でハイテク都市を思い描いていました。
空港に着くとそこは、ハイテク都市とはかけ離れた小さな空港。預け荷物を受け取るベルトコンベアも2本しかなく、しかも動いているのは1本だけ。結局荷物を受け取って通関するまでに1時間半以上かかってしまいました。
通関の際には早速トラブル。長期滞在なので、ゴルフバックを持参した僕でしたが、なんとこれが関税の対象になってしまうとのこと。
散々交渉しましたが、結局4000ルピー(S$140)程を払わなくてはならない羽目に。あまりに僕が支払いを拒否しすぎたためか、通関の人が、「こっち来て」と個室に連れて行かれる始末。でも、連れてこられたのは当直用のベッドルーム。そして
レシートがいらないなら3000ルピーにまけてやる
とその場で現金を求められてしまいました。つまり、3000ルピーで見逃してやるということでしょうか。僕が彼の名前を聞くと、血相を変えて「もういい!あっちで4000ルピー払って来い」と追い出され、結局4000ルピーをしっかり払いレシートをもらってきました。(これ会社に請求できるかなぁ??)
外に出ると、迎えのドライバーがたくさんいて、名前を書いたカードを持っています。ようやく見つけていざ滞在先へ出発。夜中だというのに空港からの交通量が半端なく、20kmほどの距離を一時間近くかかってサービスアパートメント(長期滞在者用のアパート)到着。その道中、運転の荒さと、マナーの悪さに恐怖。幸いにして車酔いはしなかったけど、これから6週間、通勤には悩まされそうです。
とりあえずチェックインして、荷解き完了した頃には、出勤する時間に。ほとんど寝ることができないまま、また恐怖の車に乗り込むのでした。
[PR]
by HappyLah | 2006-08-21 16:18 | 初体験☆
Happy Birthday, Singapore!!! <PB>
e0077152_0482727.jpg

今から41年前の1965年8月9日、シンガポールはマレーシアから独立して共和国となりました。
今日はシンガポール41回目のお誕生日です。まだ41歳だなんて・・・長い長い日本の歴史を思うと、なんと若いのでしょう!急速に発展してここまで経済大国となったこの国のパワーを改めて感じております。

先月から街中のあちこちで赤と白の国旗がはためいています。今週末まで花火が予定されていたり、お祝いムードは続くようです。

今日最大のイベントはスタジアムで行われるパレード:National Day Parade 2006です。18時から生放送されるTVのパレードの様子を気にしながらごはんを作っていると、近くで響く、演出と思われる飛行機の騒音に思わず窓から身を乗り出してしまったり、初めての独立記念日に少し興奮してしまいました。画面の中、赤と白のTシャツを着た人々で埋まったスタジアムは美しく、シンガポーリアンとしての誇り溢れる人々と共に私も「シンガポールはとても良い国。もっともっと良い国へ!」と願いながら、自分は日本人であるということを強く感じたのでした。

そして今日はもう一つ、大切な日でもあります。
8月9日はPineapplemanのお誕生日なのです。日本では戦争の悲しみを思い出し、平和を願う日。それは大切なことだけれど、お誕生日は笑顔で祝いたいもの。。。国と一緒にお祝いできるシンガポールに来たことは、彼にとっては導かれた運命だったのかもしれません。今日もお仕事で最後の15分くらいしかパレードも見れなかったけれどね・・・。

Pineappleman & Singapore, お誕生日おめでとう!!!

ところで、シンガポールの国歌は何語だと思いますか?

[PR]
by HappyLah | 2006-08-09 23:33 | 異文化を見る(ё。ё)
BBQ Party <PB>
先日PMの同僚がBBQ Partyを企画してくれました。こちらに来てなんと初めてのBBQです。
シンガポールでは、大抵コンドミニアムにプール・テニスコート・BBQピットなど共用設備が整っているので手軽にBBQが可能なのですが、今回は企画してくれたSちゃん宅のお庭ということで楽しみに・・・お邪魔してきました♪
シンガポーリアンはどんな食材を使うのか・・・噂に聞いただけでも面白そうで、くいしんぼーな私達にはこれまた、たまりません。わっ、燃えてるよ~!

e0077152_1162782.jpge0077152_1164746.jpg
皆の大好物サテー(マレーの焼き鳥で、甘辛いピーナッツソースをつけて食べます。)は絶対に外せない!とサテー屋さんに買いに行ってくれたそう。チキンとマトンの他、カレー粉を使ったスパイス類で味付けしてあるサテーもありました。焼き鳥屋さんのようにパタパタ仰ぎながら焼かれるサテーには、皆誘惑されてしまいます。

スティングレー(Stingray)というお魚:エイの一種(アカエイ)やエノキはアルミホイルに包んで蒸し焼きに。同じように包んだサツマイモは炭に放り込んで焼いもに。^^

e0077152_1404246.jpg
持ち寄ったごはんも多民族文化満載です。ホーカーでもお馴染みな中華風焼ビーフンに始まり・・・ココナッツ・ベースのエスニック風カレーには春雨やきくらげが具として入っています。マカロニサラダはパイナップル入り。お土産の定番ポークジャーキーも、そのままではなくレタスに包むひと工夫。我家は焼きおにぎりを作っていって、炭火でもう一度焼いてもらいました。簡単なものですが、なかなか好評!良い選択だったようです。

すっかりここの生活にも慣れ、街を歩いているとローカルに間違えられることも多々なこの頃ですが、まだまだ勉強不足でした、わたし。
Sちゃんが「チキン・タイが焼けたよ!食べて食べて!」と持ってきてくれたチキン。甘くて香ばしく、タイ風チキン?ともやっとしながらいただいていました。
そして翌日、お土産にしてもらったものを再び味わいながら、「チキン・タイ食べてきた?美味しいよ。タイ風なのかな?」とPMに聞いたところ・・・
「これもも肉だよ。Chicken THAI(チキン・タイ)=Chicken THIGH(チキン・サイ)。もも肉のことだよ。」と指摘されました。
おぉ~っ!そうだったのね・・・。確かにTHが一緒なので納得。スッキリ!!!
しかし、さすが毎日一緒に仕事をしているPM。Sちゃんは海外の大学で勉強していたのであまり中国語訛りはなく、いつも聞き取りやすい英語なので予測外でした。

これがPMに火を付けたようで、日頃気になっているロコの発音の謎を語ってくれました。2人で辞書を片手に謎解き開始・・・

Q1:Wednesday=ウエドネスディ、とd=ドの音が必ず入るらしい。
⇒辞書の発音記号には・・・もちろんは入っていませんでした。シングリッシュ?

Q2:Often=オフトゥンに聞こえる。ちなみに英国人の同僚もオフトゥンと言うが、私達はオーフンと習ったよね!?アメリカ英語だから?
⇒米英共通でオフトゥン。ただし、米語ではオーフンもあり。
(発音記号をカタカナで書くというのは無理がありますが、音の雰囲気を表現してみたということで、お許しください・・・。)

私の不可解な発音も、皆は推測してくれているのでしょう。一口に英語といってもいろいろな英語が存在する世界。発音を気にせず、気負わず話せる心地よさはありがたいのですが、ときどき標準語を振り返らなければいけませんね・・・。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-05 23:55 | 外国語と海外生活
3つの思いがけない出来事 <PB>
週末は外食を楽しむことにしており、平日は大体いつも「おうちごはん」な私達。
先週は久しぶりに平日お友達のDiverくん&Pigletちゃんと晩ご飯を食べに行ったところ、1夜にして3つも驚くべきことに出会いました。。。

その①:予定していたお店に着いたら、閉まっていた。(永久的)

つい先日お誕生日だったDiverくん、「お誕生日優待のメールをお店から最近受け取ったばかりなのに、つぶれた???」ときつねにつままれたような顔。
お隣のお店の人に聞いてみると、「昨日閉まったのですよ。」・・・シンガポールではよくあること、と思っていたのですがシンガポーリアンも驚いていたことに、こちらもびっくり!

その②:突然降ってきた幸運☆?

PMも遅れて到着予定だったので、別のお店の席が空くまでオープン・エアのバーで待つことに。といっても、お酒にとても弱い私はPigletちゃんのマンゴー・マルガリータを味見する程度デス。(^^*)
と、突然どこからともなく現れたシンガポール建国の父、リー・クワンユー(Lee Kuan Yew)氏が真横にいらっしゃるではありませんか!リー氏は取り巻きも少なく、歩いてゆく間中笑顔で感じがよく、私達も思わずニコニコ。

Diverくん:目が合って、挨拶を返してくれたよ!
Pigletちゃん:私も目が合って笑顔を返してくれたよ!
PB:私も~~~!!!
皆上機嫌に♪
かなりご高齢なので、実は目がとても悪くて私達のことよく見えていないのでは?と話しながら、彼がいなくなってしまったら、息子(現首相)だと何だか頼りなくて心配。シンガポールはどうなってゆくのだろう・・・と考えてしまいました。
でも、お会いできてとっても嬉しかった人。(〃▽〃) ←品のいいおじいちゃんファンなPB。

その③:皆様はご存知なのでしょうか?このこと・・・

私はこの日初耳でしたが、実は今更?な当然の事実なのでしょうか?
DisneyのWinnie the Poohの仲間にゾウがいるって!?名前はLumpy
ディズニーのゾウはダンボだけでしょ!と思わず私もDiverくんも同じ思考回路をたどりましたが、Pigletちゃんの言う通りDisney.comをチェックしてみたら・・・ほんとにいたのです!(*゜□゜*)
はじめまして、Lumpy♪

オリジナルのPoohでは見たことがないのですが、ディズニーの中のみなのでしょうか?ディズニーランドでは朝食を食べながらLumpyとも一緒に写真が撮れたりして?!
HN:PoohBeeといいながらよくわからない私。(・-・)?ご存知な方、ご教示くださ~い!

[PR]
by HappyLah | 2006-08-01 23:38 | 身近ニュース