ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧
LYON リヨン歴史地区 <PB>
e0077152_2235081.jpg

e0077152_2242976.jpge0077152_2245279.jpg

フルヴィエールの丘の麓、サン・ジャン大司教教会の周辺は、細い石畳の路にカフェやレストラン、小さなお店が並ぶ旧市街。

一見どこにでもあるような、このヨーロッパらしい風景には、他の街では見たことのない裏の世界への扉が。。。

e0077152_222231.jpg


絹織物業で繁栄したこの街には、大切な絹を雨で濡らすことなく運べるように設けられたトラブール(traboules)、と呼ばれる通路が旧市街一帯に残っています。

この通路、外から見ても気がつかない。なぜって、入り口が普通のフラットの扉なのですもの。お、おじゃましま〜す...

e0077152_2225850.jpge0077152_22252663.jpgみなさんのポストを横目に回廊を通り抜けて中庭へ。
e0077152_22254839.jpge0077152_2226420.jpg
e0077152_22405778.jpge0077152_2241121.jpg

e0077152_2243164.jpge0077152_22432614.jpg
e0077152_22435710.jpge0077152_22442897.jpg
人様のお宅を通り抜けてゆくので、出口は?というと...
お察しの通り、全く違う通りに出ます。出たら↑こんな細長い扉だったり。

こんな秘密の抜け道が旧市街中にわんさか隠れているので、地図を片手に追いかけていたら、人気のない住宅地へ...。

迷子のアジア人留学生だと心配して、自転車を停めて声をかけてくれた心優しきフランス紳士。

びっくりするくらい英語がきれいなので警戒し、しばらく肩がけバックを握りしめ、PMに警戒サインを送っていた私。。

トラブールは絹を運ぶための他、世界大戦のときには秘密組織の逃げ道として、また泥棒などにも使われたんだよ。

住居なので静かに見せてもらうこと、インターホンを鳴らせば閉まっている扉も大抵開けて見せてもらえること、一番有名で長いトラブールはここで...

と持っていたフリーペーパーに付いている地図を切り取って、その他観光名所なども丁寧に教えてくれたムッシュー。

南仏やパリに暮らしていたこともあり、リヨンに移って2年とのこと。
また颯爽と自転車で去っていきました。見習いたい格好良さ。

で、ムッシューの教えてくれた長〜いトラブールに行ってみました。

54 Rue Saint-Jean から入って...

e0077152_23153846.jpge0077152_23155653.jpg
e0077152_23161454.jpge0077152_23163098.jpg
e0077152_2318747.jpge0077152_23183568.jpg
e0077152_2319053.jpge0077152_23193962.jpg中庭に出てはまた扉を開けて回廊に入って、を繰り返し...見えてきた出口の光!
e0077152_23195735.jpge0077152_23201533.jpg
27 Rue du Boeuf(ビーフ・ストリート) へ。

通りの名前も美食の街らしい。

e0077152_23233467.jpge0077152_2324153.jpg


旧市街でお会いした、思いがけない住人の方。その方とは...

[PR]
by HappyLah | 2008-04-30 23:07 | 異文化を見る(ё。ё)
Fourviere フルヴィエールの丘 @Lyon <PB>
e0077152_2110202.jpg

街のどこからも見える丘の上。そこから毎日、街を見守っている天使。

e0077152_2149145.jpg

前の晩から、あそこまで行こう、と決めていたその教会まで、いざ出発。
朝から快晴!絶好の行楽日和です。
ケーブルカーに乗って、一瞬で登ってしまうのはもったいない...このお天気。
のんびりゆっくり歩いて行こう。

e0077152_21493058.jpg

まず橋を渡って。教会は遥か彼方右上、青空の真下。
e0077152_2210449.jpg

えっちらおっちら坂を登り。。。
近くのローマ浴場跡とローマ劇場にも寄って行こう。

e0077152_22121347.jpge0077152_22124858.jpg
e0077152_22162160.jpge0077152_22172229.jpg

e0077152_22174635.jpg

現在も使われている野外ローマ劇場。周囲に転がるは遺跡の欠片らしき石の山。
真夏の夜の観劇は、どんなに幻想的でしょう。

我々は劇場に腰掛けて、日光浴しながらおかきをポリポリ。欧州産おかき、あと一歩。塩気が足りないです。でもピーナッツ入り揚げ玉は美味しい。

教会では、女の子がちょうどパイプオルガンの練習を始める様子。しばらく腰掛けて、拝聴。予想外に近世の音楽でした。不協和音のような、落ち着かない音。

e0077152_22333176.jpge0077152_2235025.jpg

e0077152_22354045.jpg

e0077152_2241168.jpg

天使の目線でリヨンの街にご挨拶。

さて、下界に戻りますか。

[PR]
by HappyLah | 2008-04-29 23:03 | 異文化を見る(ё。ё)
Chez Mounier @ Lyon <PB>
e0077152_7302926.jpg

TGVで南仏から北上し、リヨンへ。

リヨンはまたリピしたい!またこちらの方面を訪れるときには、必ず立ち寄りたい!と心捕われた街。

いろんな良いことがあった街なのですが、何と言っても素晴らしかった、ごはん!
期待通りの「食の街」!

シンガポールでは行きつけの好きな飲食店がいくつもあり、週末は基本外食でした。ロンドンに引っ越してから外食事情に失望し、基本週末もおうちごはん。
それはそれで楽しいのですが、何ヶ月ぶり?に出会えた「また絶対来よう!」と思うお店。それが、ただただもう...嬉しくて♪

石畳の小路に軒を連ねて、細い路いっぱいにテーブルを出しているお店たちの、一番端っこの小さな小さなお店。まだ夕食には少し早い時間なのに、フランス人が続々と入って行くのは、美味しいサインに間違いありません。

金曜の夜とあって、予約がすでに一杯で...とテーブルのアレンジに困るお姉さんに、「8時半までにテーブルを空けてもらえれば大丈夫。かまわないかい?」と、とびきりの笑顔で私達の席を作ってくれたおじさん。この瞬間、「当たりだ!」と確信。

e0077152_7313166.jpge0077152_7315572.jpg
e0077152_7322650.jpge0077152_7324337.jpg

e0077152_733782.jpg

e0077152_7333177.jpge0077152_7335079.jpg

PM's choice

*Haddock en salade
*Tete de veau, sauce gribiche
*Fromage blanc
*Gateau chocolat

PB's

*Salade lyonnaise
*Plat de jour
*Fromage blanc
*Tarte Praline

常連さんらしく、一人でお食事を愉しんでいらっしゃる地元おじいさんたち。若い人たちからお年寄りまで、食事をしている間に、みるみる埋まってゆくテーブル。
狭いテーブルの隙間を風のように抜けてゆく、おじさん+2人の若い男の子たちスタッフの、心遣いと動きといったら。見とれてしまうほど、気持ち良し。
(もちろん口元だけでない、チャーミングな笑顔付)
おぉぉぉ、これぞプロフェッショナル!食のお仕事を愛している人たちだわ!

予想外にも挑戦的なメニューを選んでいたPM。子牛の胃袋の煮込みは見た目よりずっとあっさりしていて美味でした。私の本日のプレートも、シンプルながら、下ごしらえがきちんとされているのがわかる一品。
ヨーグルトのような、さっぱりチーズもお口直しにぺろり。

「デザートはどうする?タルト○○!、タルト○○!、タルト○○!...」
(タルトがいっぱいあるけれど、タルトの強いアクセントにつられ、後ろの部分がほとんど聞き取れない...)
と全部のデザートを、おじさんが軽快に唱えてくれるのが、また最高。

周りの人が食べていて気になった、あの赤いタルトは何?と尋ね、アーモンドのプラリネのタルトというのでいただく。色にびっくりしますが、甘さ控えめで美味しいです。

翌日もまたこのお店に行きたい!と同意。でも、始めてのリヨンなので押さえて...またの機会に。

e0077152_10181652.jpge0077152_10183131.jpg

今度リヨンを訪れたら、まずこのお店へ向かって、予約しよう!と誓う2人なのでした。


[PR]
by HappyLah | 2008-04-24 08:41 | くいしんぼーちゃん
Avignon アヴィニョン歴史地区 <PB>
e0077152_21125443.jpg

エクス・アン・プロヴァンスからバスで1時間15分、緑広がる車窓。こういうのどかな時間がたまりません。日帰りでアヴィニョンへ。

私の頭にまず浮かんだのは、ピカソのアヴィニョンの娘たち。絵の印象があまりに強いから?

アヴィニョンは、「アヴィニョンの橋の上で」に歌われるサン・ベネゼ橋がローヌ河にかけられたことで、商業が盛んになった街。更に14世紀、フランス国王がローマ教皇を支配下におくため教皇庁が置かれ、7代に渡り教皇が暮らした、もうひとつのローマと呼ばれるほど繁栄した街。(観光局マップより)

2年ほど前にNHKの「世界遺産 フランス縦断の旅」でも特集されていたことをPMがよく覚えていました。

今はのどかな田舎町という感じですが、街の中心をぐるりと囲んでいる、高く強固な城壁がなんだか威圧的。


e0077152_2158351.jpge0077152_21585730.jpg
e0077152_222519.jpge0077152_2231177.jpg
この上↑に登ってみたかったけれど、寒そうなのでやめました。
PM:「バカは高いところが好き。」( ̄  ̄)………( ̄∇ ̄)ニヤッ

e0077152_22121928.jpg

それより遠くから教皇庁を眺めよう、と無料の小型船で対岸に渡り、河沿いを散歩。

e0077152_2215754.jpg

e0077152_2215321.jpg

こんなお天気なので散歩人口も少ない中、出会ったのは...

強面のおじさんの持つリードをぐいぐい引っ張って、てけてけてけ...と小走りにPMに突進してくるミニチュア・フレンチブルドッグ。(多分。身体がチワワみたいでカワイイ。)PMはなぜか犬にモテます。

それから癒しのカモ。


e0077152_22251413.jpge0077152_22254062.jpge0077152_22255980.jpg
アヴィニョンまでの道中良いお天気だったのに、この辺りは雲に覆われやすいのか?後日、TGVで通り過ぎた時も、この街の上は灰色の雲でいっぱいでした。
この鬱蒼とした空の下の教皇宮殿、まるで要塞。光が入らなそうで、あまり暮らしたくない雰囲気。

予想以上に観光地化されており、どこもかしこも細かく入場料が設定されているのに引く...。世界遺産を維持してゆくためには必要なのでしょうね。

観光局では、日本語マップと、主な名所、美術館やツアーが20-50%割引になる"AVGNON PASSION"というパスをいただきました。時間があれば、見所はいくらでもありそう。マップには7種の散歩コースもついていて便利。青空の下なら印象も大分違うことでしょう。

[PR]
by HappyLah | 2008-04-22 22:42 | 異文化を見る(ё。ё)
春の赤いスイーツ <PB>
e0077152_22584462.jpg

久しぶりに、最近の我家&ロンドンのことを。
旅行記はひと休みです。(すみません、しつこくて。まだ続きます。)

4月になって、"Outdoor Rhubarb"(ハウス栽培でないってことかな?)なる国産の ルバーブが出てきたので買ってみました。
ルバーブって、果物の少ない秋・冬に使うイメージでしたが、ずっとスペイン産だったかも。
英国産ルバーブは、しっかりしていて、先端の緑色が濃く野菜っぽい。冷たい風に吹かれて逞しく育った感じ。
ルバーブといえば、うちはまずクランブル。
ハリーポッターでロンのママも作っていたクランブル。
素朴でイギリスらしく、あっという間に美味しくできるので(笑)。


e0077152_2259820.jpge0077152_2259294.jpge0077152_2259583.jpg
中の鮮やかな黄緑色をお見せしたかったのに、写真がイマイチですが。
クリスマスの赤と緑というよりは、ピンクと黄緑に近い、春色です。

酸味が強いので、レーズンも入れて。バニラキャラメルナッツアイスと一緒に。
焼きたてをいただきます♪

4月は結婚記念日もあったのですが...。
「平日は遅いから特別なごはんでなくてもいいよ」
とPMの言う通りに本当に何も用意しなかったら...
いつもより3時間ぐらい早く帰って来た!すごい(感動)!
地味〜な、いつものごはんでごめんよ。。

せめて...と後日作ったいちごのロールケーキ。(食べたかったの:P)


e0077152_232495.jpg

「クリーム少なめ、いちごたっぷり」というPMのリクエストに応じて、クリームの泡立てといちごのカット担当はPMを任命。

几帳面にうすーくスライスしてくれたので、巻き巻きがとっても楽だった今回のロール。クリームも控えめなので、いつもよりひと回り?ふた回りくらい?小さいね、と各自2切れずつ。(その後は面倒なので分厚くカット)

うちは何でも黒砂糖/ブラウンシュガーなので、スポンジが地味色に。。
春はたまご色が良いですね。

e0077152_2324612.jpg

暖かくなってきたと思ったら、おかしな天気が続いています。
先週は午後から突然真っ暗になって、みぞれやひょうが降ってくるという日々。

雨には慣れているけれど、ひょうは痛いので困ります。ご勘弁を〜!

[PR]
by HappyLah | 2008-04-20 00:33 | くいしんぼーちゃん
A Boutique Hotel@Aix-En-Provence <PB>
e0077152_19474840.jpge0077152_19481629.jpge0077152_19483158.jpg
e0077152_19493927.jpge0077152_1950214.jpge0077152_19503387.jpg

Aix-En-Provence滞在中お世話になりましたHotel Cezanneは、街の中心ミラボー通りから徒歩5分、バスターミナルや駅近の好立地でありながら、二重窓でしっかり防音されているので、毎日熟睡。o(~ρ~)o zzz・・・

ここ数年改装工事が続いていて、まだ一部工事中なのでルーム数も滞在客も少なく、きめ細かいサービスが心地よいホテルです。

予約した時に見たHPを出発前にもう一度確認したら...リニューアルされていて、びっくり!南仏らしいお花柄のお部屋が、ちょっと我家にはクールすぎる?斬新なお部屋に様変わりしているのですもの!

ヨーロッパはどうしても部屋が狭いのは仕方なく、我家の予算ではいつも立地とサービスが良ければ...と思っているのですが、まだ改装中ということでレートも控えめで、すてきなホテルに出会えた幸運☆今回の旅行では一番心に残るホテルでした。


e0077152_2015590.jpge0077152_20152464.jpg
中でも特にステキだった、朝食の仕度をしてくれるおばさん。

「Bonjour! 私のフレンチトーストはいかが?」
「今日は何がいいかしら?」

と毎朝お客さんに声をかけながら、好みの卵や絞り立てのオレンジジュースを用意してくれます。
いつも同じ時間(お昼近く...)になる、クロワッサンの皮しか食べないインド系のお姉さん(笑)、ご両親を連れたアメリカ人の留学生...ひとりひとりに声をかけるおばさん。
朝ご飯はあまり食べないPMも、美味しい!美味しい!とどこに入れているの?と思うくらい食べている(笑)。

「もっとパンはいかが?」

「え、えっ?いゃ〜、とんでもない!もういっぱいいただきました!」

「そんなに遠慮しなくても。あなた、その身体ならまだまだ食べて大丈夫よ!」

とやせ型のPMの「もう食べられません」ジェスチャーがツボにはまってしまったおばさん。大笑い。

この明るくいつも私達を迎えてくれたおばさん、以前はご主人と共にレストランを経営されていたのですが、ぜんそく持ちの息子さんのケアにもっと時間が必要と、レストランはたたみ、お2人とも働きに出るようになったのだそうです。
きっと仲の良い家族なんだろうなぁ。母は強し。
「これからたくさん子供を産んでね!」と励まされ?、見知らぬ土地で親戚にひょっこり会ったみたいな感じ。
そういえば...昔英語に夢中になったのは、こうして旅先で出会う人ともっと話したい!と思ったからでした。

ひとり旅も、2人旅も、みんなで行くのも、旅はいろんな発見があって、おもしろい。やっぱり、いいなぁ。フランス語もわかるともっといいのだけれど。。

[PR]
by HappyLah | 2008-04-18 21:27 | リゾート天国♪
Le Saigon @Aix-En-Provence <PB>
e0077152_183093.jpg

e0077152_18303593.jpg美味しいクロワッサンやバゲットは、

いくらでも

何日でも食べられますし、

どこに行ってもパンとコーヒーはハズレなくて嬉しい♪

のですけれど....。
外食が続くと、どうしても野菜不足に。
我家は野菜好きで、日頃は野菜のスパイスに肉を使っているようなものなので、食生活の乱れから?か身体が重いし、食欲が減退ぎみに。
今夜こそは野菜をもりもり食べよう!と旧市街に出かけ、行き着いたのはベトナム料理。

星はついていませんが、店頭には数年前にミシュランで推薦されたというステッカー付き。お客さんの入りも良し、何よりメニューのフォーに惹かれてしまったのです。
10年前はひと月お米を食べなくても大丈夫だったのに...米麺にぐぐっと掴まれ。。


フランス語で書かれていると不思議な想像をしそうになって、笑いながらメニューを吟味。

迎えてくれた店員さんは華人なお顔なので、つい中国語でも通じそうな気がしましたが、ここはフランス。
でも、アジア系の和やかな笑顔のサービスに何だか安心します。


e0077152_18311893.jpge0077152_18313597.jpg
一皿目、PMの選んだ"Soup Saigon"は、かに、エビ、チャーシュー、チキン、もやし、香菜...と具沢山なフォー。私の"Soup Pho"はビーフのフォー。
普通のどんぶりサイズで、すでに腹八分目...メインのためにスープはあまり飲めず(美味しいのに)。

PMのメインはローストダックの広東風チャーハン添え。ターメリックやクミンも入っているっぽくて、広東風?インドも混ざってるような?

私は鶏肉のフリット白米添え。フリットの衣にナッツが入っていて美味。甘いチリソースがアジア☆です。

デザートはさっぱりしたものが食べたくて、缶詰でもいいからライチを選択。
「ライチ小さいよ。アイスクリームもあるけどいいの?」と店員さん。
む、無理です。。アイスはダブル/トリプルでしたよね?

結局野菜はやっぱり不足ぎみでしたが、揚げ物を食べても胃もたれしないし、身体に合っている感じ。
食欲も取り戻せて、まだまだフランスごはんも楽しめるかな(笑)。
オリエンタルなごはんよ、ありがとう!

[PR]
by HappyLah | 2008-04-17 20:05 | くいしんぼーちゃん
AIX-EN-PROVENCE エクス・アン・プロヴァンス <PB>
e0077152_551468.jpg

至る所で水を感じる、噴水の街、Aix-En -Provence。
この泉たちと旧市街の黄色い街並が、強い日差しを和らげてくれている気がします。

目抜き通りCours Mirabeau(ミラボー通り)の街路樹はまださみしいけれど、これから緑のアーチが出来て、木陰のそぞろ歩きを楽しむバカンス人で真夏はいっぱいになるはず。
既に昼間のカフェのテラスは大人気。ぽかぽかです。

e0077152_5592226.jpg

e0077152_5595054.jpge0077152_602349.jpg
e0077152_6299.jpge0077152_622713.jpg
e0077152_624528.jpge0077152_63615.jpg
e0077152_651683.jpge0077152_653418.jpg
e0077152_6104077.jpge0077152_611338.jpg
e0077152_639276.jpge0077152_6115170.jpg
e0077152_6121424.jpge0077152_6123677.jpg

旧市街の小路に並ぶは、
目にも美味しいパン屋さん、お菓子屋さん、ブティック、キッチン屋さん...。
顔も手も身体も石けん派な我家は、LA COMPAGNIE DE PROVENCEにて、カットされていない2Kgのマルセイユ石けんバーを購入。
これが、空港のX線に見事にはまり。。(確かに棒状の凶器っぽく写っておりまする)PMはスーツケースをかき回されるはめになりましたが、無事帰国。
ちなみに300g 4ポンドの石けんが、2Kg 8ユーロって一体??ロンドンの鬼ぃ〜!

八百屋さんの前では、キチネット付きのホテルにしていたら...と本気で考えたほど。
見事なホワイトアスパラガス!

曜日によってあちらこちらで花市、骨董市、食品...とマルシェも出ており、マイかご持参でお買い物したくなってしまいます〜。

e0077152_6132218.jpge0077152_6134255.jpg
e0077152_6145652.jpge0077152_6151668.jpg
e0077152_6155317.jpge0077152_616125.jpg
e0077152_6374945.jpge0077152_638563.jpg
セザンヌの故郷でもある街。
足元の石畳に続くプレートは、セザンヌゆかりの場所へと導いてくれます。

e0077152_6383583.jpg
山が近いためか?風が吹くと思っていたより寒いぃ。

セザンヌが晩年モチーフに何度も描いたサント・ヴィクトワール山が街中からもよく見えます。

Aix-En-Provenceは、私には軽井沢を思わせる街。

洗練された街並、澄んだ空気とゆっくり流れる時間。

いつかまた、真夏のバカンスに訪れたい街です。

[PR]
by HappyLah | 2008-04-14 18:55 | 異文化を見る(ё。ё)
TGV 地中海線 <PM>
今回の旅のもう一つの楽しみは、TGV。日本語では英語読みで『ティージーブィ』って読むけど、実は『テジェヴェ』なんだそうで。駅の構内アナウンスを聞いていても、TGVって言わないな〜なんて思ってたんだけど実は解ってなかっただけでして・・・恥ずかし! なのにPBの弟クンは、幼少の頃既に『テジェヴェ』って言ってたんだって。やはり僕には語学センスないってことかねぇ。

以前、ユーロスターの二等車に乗ってちょっとがっかりした事があったので、今回は一等車を取りました。地中海線では2階建て車両が走っていて景色が楽しめるんです。しかも停車駅が多いし普通の電車と線路を共有しているのでスピードが出ない。これではTGVの醍醐味が・・・と思ったけど、おかげで車窓が結構取れました。

 トリコロールの旗がはためくニース駅

e0077152_19294385.jpg


初めまして TGV!

e0077152_19311227.jpge0077152_19313315.jpg

さりげなく可愛い携帯はマナーモードにしてねサイン


e0077152_19333018.jpge0077152_19551291.jpg

しゅっぱーつ!


e0077152_19341740.jpg


僕たちの席は後ろ向きでした。おかげでいつまでもニースとその向こうにある雪山が見えました。


e0077152_1935357.jpg


カンヌにも停車


e0077152_19353185.jpge0077152_19355386.jpg
e0077152_19361819.jpge0077152_19364368.jpg
e0077152_19372775.jpge0077152_1937517.jpg

そして、海岸線ともさようなら。一路北へ。そしたら今度はワイン畑が広がってきました。


e0077152_19383136.jpg


あと1時間くらいでAix-en-Provence エクス・アン・プロヴァンスに到着かな?

そうそう、ニースからずっと気になっていた事が一つ。僕らのすぐ後ろには3人の車掌さん?たちが席に座ってペチャペチャしゃべってるんです。いくら空いてるからってなんかひどいなぁと思って。彼らは停車駅でドアの前に立って乗降客チェックするだけ。後は座って話してたまーにトイレに行く。まぁ国鉄の職員ですからな。ココはフランス。しかも南仏。おおらかにおおらかに。


[PR]
by HappyLah | 2008-04-12 19:43 | 初体験☆
ニースで美味しかったもの <PB>
e0077152_2453872.jpge0077152_2455641.jpg
e0077152_2462284.jpge0077152_2463864.jpg
イタリアに近いだけあって、ニースの街を歩いているとイタリアン・レストランやパニーニのサンドを売るスタンドをよく見かけました。

晩ご飯時、海=美味しいシーフードを期待しつつ、店の前にいる人たちが次々に入って行くお店を目にし、私達もメニューを拝見。

で、食べました。PMは海の幸のパスタ、私はマルセイユ・ピザ。シーフードは?
満足してお店を出たときには、店の前には写真のような人だかりが出来ていてちょっとびっくり。店内の客層はフランス人が殆どだったように感じましたが、イースターの週末だったので、フランス各地からの観光客も訪れていたのかも。

平野由希子さんがご自身のブログで、パリでイタリアンを食べるのだけはやめようと呟かれていたけれど、その土地の食文化があるのよね。

美味しいイタリアンが食べられる東京にいたら当然なのかもしれないけれど、この釜焼きアツアツのピザ、アルデンテのパスタ!カジュアルだけど雰囲気もサービスも良くて、店員さんがてきぱきスマートにお仕事をされているお店!というのがなかなか難しいのです。コストパフォーマンスの悪いロンドンの外食では。。
うん、良いお店でした♪

それから、もう一度食べたい!と思うくらい美味しかった、海辺で頬張ったサンドウィッチ。大きな丸いフランスパンに、トマト、パプリカ、タマネギ、アンチョビ、ブラックオリーブ、ツナ、ゆで卵などが挟まれていて、チリで香り付けされたオリーブオイルがたっぷりかかっているもの。ばくばく大口でかぶりつきました。

Pan Bagnat(パン・バニャ)と書かれていたこのサンドイッチ。
「パン・バゲットください!」と笑顔で指差し注文していたPM。
頭は絶対英語なのね...綴り見間違えるほど。

e0077152_4121639.jpg

ここで昼寝をするなというほうが無理。のどかな昼下がり。(´〜`)


[PR]
by HappyLah | 2008-04-11 04:05 | くいしんぼーちゃん