ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2009年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Lang Lang Recital <PB>
e0077152_3232537.jpg

久しぶりにピアノリサイタルに行きました。

この一週間程、LSO関連でロンドンでのお仕事が続いていた、ランラン君です。

先週末はLSO St.Luke'sにて彼のマスタークラスがあり、一般公開のようなので行こうと思っていたのに、良いお天気に日光浴族と化してしまい、逃しました。。


Schubert Piano Sonata in A major, D959

Bartok Piano Sonata

Debussy Preludes-selection
Nos. 8,5,10,12 from Book 1, Nos. 7,5,12 from Book 2

Chopin Polonaise in A flat major Op53, "Heroic"

一曲目は、シューベルトのソナタ。ランランがシューベルト?どんな?と想像もつかなかったのですが、あまりに気持ち良くて眠りに陥りそうになりました。(実際、隣の男性はイビキをかいておられました。)シューベルトのソナタって、簡単そうで表現するには忍耐がいるような、、人に気持ちよく感じてもらえるように弾くのはすごく難しいと思います。目を閉じたら、ランランであることを忘れてしまいそうな、成熟した穏やかさでした。

インターミッションに調律師さんが出て来たので、クレームが出たのかな?と話していたのですが、続く曲に合わせて音色を調整したのかしら?

というのも、次のバルトークのソナタは、全く異なる音色の奏で方でしたので。
非常に打楽器的で、「あぁ、、だからピアノって楽しい!」とピアノの底力を見せつけられた感じ。
躍動感溢れた、ランランにぴったりの曲。会場全体がその力強いリズム、速度感に飲み込まれていました。

ドビュッシーのプレリュードは、会場がざわついていて集中できず、イライラ!
毎度のことながら、あちこちから咳、おまけに携帯電話まで鳴りだして、唖然。。でしたが、美しい小品は、綺麗なチョコレートを一粒一粒味わうような幸福感でした。

最後の英雄ポロネーズ、、出だしから、違和感が。跳ねる、駆ける!これがランランの解釈なのでしょうが、もう少し優雅なほうが好み。10代の頃私が聴いていたポロネーズのテープ(古!)はアシュケナージだったからかな?PMのショパン=ブーニンで、やはり好みではなかったみたい。

アンコールはMoon chased by colourful cloud
風景画が浮かんでくるような美しい曲。前にも聴いたことがあったなぁ。

最近出版された自伝の一部がパンフレットに掲載されていました。

厳しい父と歩いて来た道は辛い時代もあったけれど、父の夢が自分の夢になった。
尋常ではない子供時代を過ごして来たのでしょうが、明るく温厚な持ち前の雰囲気からは、その影は全く感じられず。アンコールの前にランランが少し話すと、彼のキャラクターに会場が和むのがいつもわかります。10年, 20年後...はどんな演奏を聴かせてくれるのか、楽しみな人です。

 

[PR]
by HappyLah | 2009-04-26 23:56 | うちのARTS
Cherry blossom <PB>
e0077152_111677.jpg

今年こそ、本当の夏が来る!?と期待できるぐらいの好天の日々。
良いことは重なるもので。

突然出張を言い渡されて飛んで来た、というシンガポールの友人Cちゃん。
ロンドンに到着したその日に、PMとシティでばったり遭遇!!

連絡無精な私達をみかねて、出会いは運ばれてくるものね!
と、我家は大興奮でした。
少しは反省してもう少しまめな連絡を心がけられれば良いのですが...

お互い全く変わっていないね!と笑い合い、お食事をしながら近況報告会。

最後に会ったとき大きなお腹を抱えていたCちゃんは、今やママ。相変わらずチャーミングで、本当に何も変わっていないように見えましたが、「今回は出産後初めての海外出張で、実は夜ホテルの部屋で一人で泣いちゃったの。。へへ。」

その一言に、あぁ、ママなんだなぁ...と、胸がきゅーと詰まりました。

今度はシンガポールで、家族揃って逢いたいね!と再会を願って。

常夏の国では、あの人に最後に会ったのはいつだっけ?(失礼)とよく惚けていましたが、離れていても、今度は葉桜に彼女をふっと懐かしく想うことでしょう。


e0077152_1503565.jpg

毎日目を楽しませてくれる我家の裏庭の八重桜とも、そろそろお別れどき。
はかなく舞い散る花びらを見送っています。


[PR]
by HappyLah | 2009-04-24 23:58 | 外国語と海外生活
散歩と昼寝 <PM>
e0077152_343379.jpg

今日は、久しぶりにハムステッドヒースまで散歩に行ってきました。この週末は、二日とも快晴で、散歩日和。PBが作ってくれたお弁当とお茶をもって、のんびり写真を撮りながら。

桜のように見えるけど・・・これは桜?

e0077152_3332030.jpg

これは八重桜。うちの裏庭や、近所でも今が満開です。

e0077152_3363137.jpg

いつも行列のできるクレープ屋さん。イギリス人は並ぶのが好きらしいです。e0077152_3334441.jpge0077152_3341884.jpg

ヒースでは、日光浴を楽しむ人たちでいっぱいでした。中には、上半身裸でこんなことしているおじさんもいたりして。

e0077152_3382987.jpg

明日、会社では、まず

『ゴージャスな週末だったね、何してた?』
『公園で寝転がってたよ』
っていう会話があちこちから聞こえてきそうです。
e0077152_3335322.jpg

[PR]
by happylah | 2009-04-19 20:31 | 心地よい時間
She who came from the land of sun <PB>
e0077152_4395694.jpg

ゲスト第二弾、Rosaが到着したこの日、ロンドンは引き続き晴天!!

喜び勇んで、ハムステッドヒースまでお散歩へ♪

煉瓦の家並みや手入れの行き届いたお庭に歓声を上げては足を止め、写真撮影。

あちこちにある素朴なベンチが、お気に召したそうです。
グエル公園のベンチとは違うものね!

見渡す限りの緑にも大喜び!!!


e0077152_455395.jpg

緑も水も、全てが陽を浴びてきらきらしているこんな日は、あちこちから "Beautiful Day!"とご機嫌な会話が聞こえてきます。

丘の上からは、シティのビル群や、セントポールのドームもバッチリ見えるのです。

卵型のビルは、バルセロナにも同じ建築家のそっくりなビルがあるので、「あ!」

e0077152_5115962.jpg

翌日から、お天気は下り坂。。涙

「観光名所は行き尽くしているから。今回はリラックスしに来たのよ!」
と言ってくれて助かりました。

朝から大雨だったGood Fridayなんて、お昼まで3人パジャマでごろごろ。。

Easterは予報で覚悟していたほど雨は降らず、どんより曇で留まってくれたので、ほっ。お散歩しながらロンドン名所もけっこう見れました。

寒い、寒ーい!これ、よっ!
と彼女は震えながら、厚手のコートに手袋で歩いておりましたが。

それでもちょっと太陽が顔を覗かせた夕方には、パブの周りはすごいことに。

「あの行列は?あの人だかりは何なのー!?」と珍しがって、カシャカシャ撮影しまくり。笑

e0077152_5443740.jpg

実は、彼女の到着日は、、お祝いのプレゼントを貰って、「あ!」
2人揃って、自分達の結婚記念日だったことを忘れるところでした。。爆


[PR]
by HappyLah | 2009-04-08 22:41 | 心地よい時間
Her Magesty's Theatre <PB>
e0077152_22371659.jpg

この劇場を初めて訪れたのは、10数年前。

記憶は薄れてしまっても、全身で体感した言葉にできない何かは胸に残っていて、あの音楽を聴くとよみがえってきます。


asamiちゃんと一緒に選んだのはこの舞台、The Phantom of the Opera。
彼女の滞在最終夜、ちょこっとドレスアップしただけで、気分も盛り上がり、高まる期待を共感しながら、開演前にお食事とおしゃべり、、なんて、珍しく優雅なイブニングを過ごし(PMとは会場駆け込みになってしまう日常なので)、すっかり旅行気分でした。

当時はUpper Circle、今宵はRoyal Circle前列正面。背筋が伸びます。
おしゃまXお転婆な女の子たちの姿が重なって、私達も大人になったものね〜、
と一人可笑しくなりながら、暗くなってゆく舞台に身を任せて。

シンガポール公演から早くも2年。
オペラ座の観客であるような臨場感は、歴史ある劇場ならでは。

終演後も、お客さんが皆会場を後にするまで、音楽を奏でてくれるオーケストラも素敵で、そのまま口ずさみながら、家に帰りました。

本当はコーヒーを飲みながら余韻に浸りたかったのですが、お店が閉まるのが早くて残念。ウィーンのようなカフェがあればいいのになぁ。。

家に着いたら、テイクアウトのケバブを晩ご飯としていたPM。。ありがとう。

[PR]
by HappyLah | 2009-04-06 23:35 | うちのARTS
Tower of London <PB>
e0077152_1333088.jpg

タワーブリッジの側、テムズの強風をものともせず立ちはだかる城壁。

ここだけ暗雲たれこめているような気配をもつ、大要塞ロンドン塔。

今まで側を通っても、中に入ろうということはありませんでした。(入場料£17は、£1=¥250時代にはディズニーランド並みの感覚でしたし。。)誰かゲストが来た時に、と言っていたものの誰も行きたい人おらず。
そこへ登場したasamiちゃんの一言:

私、バッキンガム宮殿よりも何よりも、ロンドン塔に惹かれるの
三人娘に「ママは絶対スリザリン!」と太鼓判押されるだけあります。笑

というわけで、テムズ沿いを散歩し、タワーブリッジを渡って、寒々しい雰囲気を遠目に味わいながら、初の入城。

e0077152_2325241.jpg

ちょうど、ビーフイーターと呼ばれる守衛さんたちによる、無料のガイドツアー(毎30分ごと有)が始まるところでしたので、人だかりに加わり耳をダンボにして拝聴。

全集中力を注いでいたのですけれど、聞こえにくい&周りが騒々しい。。泣

移動する際、子供に混ざってベスポジを取れるよう必死にガイドのおじいちゃんを追いかけました。

ウィンザー城もそうでしたが、味のあるおじいちゃんの口調は、表情を見ながら聴きたいのです(そうでないとほとんど聞き取れないとも言います)。

テムズ河から舟に乗せられた囚人が運ばれたTraitors' Gate、幼い王子達が行方不明になり、約190年後に遺体で発見されたBloody Tower、伝説のワタリガラス、、

歴史の授業みたいで、楽し〜い♪、と隣で余裕のasamiちゃん。
嗚呼、Native Speakerになりたい。。

戴冠式の王冠など眩い宝物の館、Crown Jewelsは、本当にディズニーランド並みの行列でどうなることかと思いましたが、流れは意外と早く感心していたところ、王冠コレクションの前は動く歩道になっていて一瞬でした。。

警備員も少なく隙だらけな印象でしたが、、、
ルパン三世のようにはいかないのでしょう、ね。


e0077152_319871.jpg

目印ともいえるホワイトタワーでは、自分の妻をも何人も処刑しているヘンリー8世の武具コレクション展が、4/3から始まったばかりでした。

馬にまで着せられていた重い鎧が痛々しかったです。。

気になるところを一通り回って3時間。一日過ごすこともできそうなくらい歴史の刻まれた敷地ですが、タワーブリッジを見上げ、いそいそと外界に戻った我々なのでした。

[PR]
by HappyLah | 2009-04-05 21:30 | 異文化を見る(ё。ё)
The Potteries <PB>
e0077152_4424447.jpg

ずっと行きたかった陶器の街、Stoke-on-Trent

asamiちゃんも陶器好きということで、グロースター → バーミンガム泊 → ストークオントレントと週末小旅行を兼ねて、と計画していたら、PMのバーミンガム滞在が予定より早く終わったので、宿のアテがなくなりました。。

よって、ロンドンから日帰りで、車で往復6時間の運転を頑張ってもらいました。PMも陶器好きなのが幸い。

この日の天気予報は一日雨だったのですが、怪しい雲はあれど、私達は雨に当たることなく。車の中からちょっと見たくらい。午後には太陽がさんさんと輝いていました。

この時点で、晴れ女のasamiちゃんといる限り、もうしばらく雨に当たることはないかも?と、なんと私も強気になったもので。

好みのファクトリーアウトレット数軒、全てスムーズに回ってお買い物完了。
時間に余裕があるのでもう一軒マークしてきたところも行ってみる?と帰りがてら寄り道しようとしたら、迷いました。。
マークした住所自体が間違っていたようで。。

せっかくお天気も良いし!
と、車を降りて目の前に広がるFootpathを散歩することに。

この辺りにお住まいの愛犬家の方々がワンコを走らせにきていました。(遊ぶ)
車での移動が長かったので、カントリーサイドの美味しい空気と緑が身体の隅々まで染み渡り、リフレッシュ!

e0077152_2234366.jpg

購入したお皿たちは早速活躍してくれています。我家はがしがし使う派なので、セカンド品ばかり。笑 

今朝焼いたスコーン(冷蔵庫に中途半端に残っていた生クリーム&牛乳消費のため)のお皿も裏がぼこぼこなのですが、、気に入っているので良いのです。

e0077152_6271551.jpg

朝からこんなにのんびりできているのは、PMが急遽今週数日間(本日4/16)バーミンガム出張のため。

そういえば、asamiちゃん滞在時も、G20のデモのためカジュアル通勤だったので、シャツのアイロンがけから解放されて助かったのでした。(無事に帰宅できてよかった。。)

[PR]
by HappyLah | 2009-04-04 22:40 | 心地よい時間
Gloucester: looking for Harry and Ron <PB>
e0077152_1165786.jpg

金曜日の朝は、PMのランチのついでに、我々の分のバゲットサンドも作って、列車に乗り、コッツウォルズ丘陵にある街、グロースターへ。

私達女子、揃ってHarry Potterファンなもので。(〃∇〃)

Gloucester Cathedralは映画1,2作目、またこの夏公開の6作目と多くのシーンがここで撮影されたということで、さぞかしツーリスティックなところかと想像していたのですが、、

e0077152_149815.jpg

しーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

大分、出遅れた?感あり。

コンサートの練習中のChoirの皆さんや、教会の方々に、なんだかミーハーで申し訳なくなり、おとなしく見学するも、ここはあのシーンの場所じゃない?と勝手に想像し、しつこくぐるぐる歩き回る2人。

後になって、BBCのこんな親切な情報を発見しました。
2003年の記事なので、やはり出遅れすぎですかねぇ。。

e0077152_233579.jpg

上の写真↑の

床に見られる墓碑

回廊の窓にはめ込まれたステンドグラス

など、教会とわかるような部分はすべて、撮影時は隠されたそうです。

asamiちゃんと、

ここなんだろう?聖水でお清めするところかなぁ?
と不思議に思っていた、流しそうめんができそうな、樋のようなものがあった場所は、BBCサイトによると"Lavatorium(お手洗い)"だそうで!
その名のとおり、2作目でトロールからハリーとロンが柱の影に身を隠した場所でした。実際は修道士達が身体を洗うために使われていたところのようです。

GryffindorのCommon Roomに通じるFat Ladyの肖像画に暗号を言う扉も、あったような?なかったような?うろ覚え、、。予習しておけば...

これでは我々、ホグワーツに入学はできそうにありませんね。。

予想以上に時間が余ったので、インフォメーションセンターに寄り、おじさんにオススメスポットをききました。

この街は、The Corssと言われる中心部から、Northgate/Southgate/Westgate/Eastgate St.と4つの通りが東西南北にのびているので歩きやすく、方向音痴の私でもなんとかなりました。汗

The Cross周辺は、ちょうど金曜日は可愛らしいマーケットが出ていました。

波止場まで歩いて、おじさんの話で気になった、倉庫街のひとつ、アンティークマーケットをぶらぶら。

e0077152_3341743.jpg

5階建ての中には小さなお店がたくさん。店員さんは各フロアに1,2人のみなので、素人でも気兼ねなく拝見できる雰囲気。古いものを大切にするこの国らしい、がらくた骨董巡りも存分に堪能した15時過ぎ頃、真昼のように高く登る太陽。

日が長くなって、夕方の気温が一番上がるこの頃、老舗New Innでビールを飲むおじさんを羨ましく眺めながら(我々揃って、ビールがダメ)、カフェのテラスでケーキをぺろっと食べて、帰路についたのでした。

街の歴史についてはasamiちゃん日記をご参照くださいませ!


[PR]
by HappyLah | 2009-04-03 17:00 | 異文化を見る(ё。ё)
she who brought on sun <PB>
e0077152_21254118.jpg

エイプリルフールにやって来た彼女は、一度も雨に当たることなく、母国へ帰ってゆきました。


e0077152_2293917.jpg

降ったり照ったり、、気まぐれで雨の多い4月に、一週間晴天続き!
これこそ冗談?!笑

asamiちゃんのUK Love!な想いが届いたのだと思います。

こんなに良いお天気が続くと

なんて美しくて良いところなのかしら〜♪
とあの強風&灰色の空の国のことをすっかり忘れて愛国心倍増。

ぽかぽか陽気の中、緑やお花、ワンコを愛でながら毎日よく歩き、おしゃべりに花を咲かせました。(o(^-^)(^o^)o)♪

e0077152_22195651.jpg

女の子の人生は男の人より幅広く、仕事、結婚、出産、、その時々に応じてみんな臨機応変にライフスタイルを調整している気がします。

今回お互いのタイミングが丁度上手く合って、6-7年ぶりの再会ができたのが、この地であったのは必然なのかも?

英国人の叔母と出会い、子供の頃からUKへの憧れを募らせていた私達。オーストラリアで学生時代を過ごしたasamiちゃん、シンガポール→UKで暮らすこととなった、同じくQueen's Land寄りな私。

同年代ながら、全く違うテンポで歩んで来た私達だけれど、丁度交差地点にきて、今までのこと、興味を持っていること、これからのこと、たくさんの価値観を交換して、良い刺激をいっぱい貰った一週間でした。

よくそんなに話すことがあるねぇと大抵男性陣には呆れられますが、女の子の人生は複雑で楽しいのです。笑

[PR]
by HappyLah | 2009-04-01 17:30 | 心地よい時間