ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
May 2009 Cotswolds - 3 <PB>
e0077152_22541058.jpg

次に車を降りて散策したCheltenhamは、王室の温泉保養地として栄えた街。


中心地を尽き抜ける大通り、Promenadeの両側に続く街路樹とヴィクトリアン建築は、ロンドンのケンジントンを想わせる優雅な雰囲気です。

ガーデンシティと呼ばれるらしいけれど、このご時世でしょうか?花壇も庭園もお花が少なくてさみしい感じでした。


e0077152_22543494.jpg

トレビの泉を模して作られたという噴水も、節水なのでしょうか?
水が見られるのは一瞬で、ほとんど休憩中。。(PMダッシュ!で連写)


e0077152_22545987.jpg

車窓に出会う、コッツウォルズな風景。この季節は、ちょうど生まれたばかりの子羊たちが可愛くてたまりません。


e0077152_22552690.jpg

e0077152_2365764.jpg

人なつっこく駆け寄って来る、柵から脱走した子羊ちゃんにメロメロ♪

もうラムは食べられないかも。。

e0077152_22561321.jpg

この日宿泊地に選んだ、Bourton-on-the-Waterは、私達のお気に入りの街。
コッツウォルズのヴェニスと言われています。笑

小川にいくつも架かる低い石橋を渡ったり、川縁をぶらぶら。
大人も子供も皆それぞれ日が暮れるまで、のどかな時間を過ごしていて、なんとも心地よし。


e0077152_22563665.jpg


e0077152_2525388.jpge0077152_2531646.jpg

小道に入ると、可愛らしい駄菓子屋さん発見。壁にムカデのおもちゃが、、笑
メインの通りもかわいい!の連続なのです。紳士淑女の微笑ましい光景に、良き時代を感じるジュエリーショップ。


蜂蜜色の家並みを追いかけていると、窓辺やお庭の素敵なお宅に感嘆の声を上げながら、どこまでも歩けてしまいます。


e0077152_341631.jpge0077152_343523.jpg

見事なキングサリ!!!

この晩滞在した B&Bのおばあちゃまは、これぞイギリス!と嬉しくなってしまう、見事な手芸の腕をお持ちの方でした。当然お宅はカーテンからベッド関連、ありとあらゆるものが彼女の作品。イギリスのみならず、アメリカのドール製作、オランダのペーパークラフト等海外の技術も学ばれたそうで。この日は毎週恒例の手芸ナイトということで、おばあちゃまのお友達が大集合されていて、とっても楽しそうでした。

翌朝もいろいろ見せていただきながら、フルイングリッシュブレックファスト。お父様のガーデンはオックスフォードで何年も優勝されたので、晩年はそのガーデンのお手入れと介護のために、ここから行ったり来たり、、大変だったのよ、とお手製のアルバムをめくりながら語ってくれました。


e0077152_4412453.jpg

ただ、、おばあちゃま、、あまりに手芸に夢中ゆえ、お掃除が。。
埃アレルギーのPMは「楽しかったけれど、二度とここには泊まれない」そうです。

翌朝は再びイギリスらしい、すっきりしないお天気。近くの小さな村、Lower&Upper Slaughterを散策後、Chipping Camdenに寄ってみました。

ここには藁葺き屋根のお家が密集して残っている通り(Sheep St.)があります。


e0077152_2301044.jpg

傘をさしながら細い歩道を歩いていたら、すれ違い際「すみません」と日本語!
白人の方でしたので振り返ってしまいました。


e0077152_18563821.jpg

しばらく後、感じの良い老舗のティールームでひと休み。


e0077152_2321550.jpg

ランチをいただきながら、頭の中はもう、ど・れ・に・し・よ・う。うーむ。
すると、先程すれ違ったご夫婦が入って来て隣の席に。

「あ、こんにちは!」
文部省奨学生として、日本の大学で学ばれていたのだそうです。こちらにはタンザニアからご旅行でいらしたとのこと。


e0077152_2323865.jpg

一緒にケーキに感嘆しながらおしゃべり。楽しい出会いのひとときでした。


これにて、5月のコッツウォルズ日記終了です。
今回は以下のサイトを参考に周りました。

ロマンティックロード
Visitor Guide 2009 Online


[PR]
by HappyLah | 2009-07-28 00:50 | 異文化を見る(ё。ё)
May 2009 Cotswolds - 2 <PB>
e0077152_004171.jpg

B&Bでフルイングリッシュブレックファストをしっかりいただき、2日目はPainswickからスタート。


e0077152_182494.jpg

迎えてくれたのは、、もこ もこ もこ もこ 。。。


e0077152_0174.jpg

敷地内、見渡す限り、もこ もこ もこ。。可愛すぎる樹々。墓地ですが。。


e0077152_013325.jpg

この街は起伏があって、蜂蜜色の家並みの間から緑の丘陵地帯が覗く風景は、絵本の中にいるみたい。


e0077152_015927.jpg

チューダー様式のまま、現役の郵便局も可愛らしい。乙女心をつかむポイント満載。

こんなに青空が広がっていますが、朝の外気は冷たくて、ウィンドブレーカー大活躍。

さて、お次に向かうは、Gloucestershireの州都、Gloucesterです。


e0077152_033134.jpg

Gloucesterといえば、ココは外せません。グロスター大聖堂!再訪です。

一歩中に入ると、その広さに再び圧倒されました。


e0077152_035420.jpg

e0077152_042856.jpg

中庭に面した回廊は大好きなところ。
ハリーポッターの映画撮影でも使われたところです。


e0077152_045898.jpge0077152_052023.jpg

修行僧の洗面所として使われていたところは、シリーズ2作目で、ハリーがトロールから柱に逃げ隠れする場面で使われていたところ。


e0077152_06532.jpg

目を惹き付けて止まないステンドグラス。
青い闇に黄の光、この組み合わせに弱いみたい。

雰囲気のある素晴らしい建築に、またまたかなり長居をしてしまいました。

大聖堂近くの気になったティールームは満席で、そういえば!と思い出して向かった先のティールームにて。お腹が空いていたので、迷わずこちらをオーダー。


e0077152_064212.jpg

当たりでした!スコーンが好みのところに出会えると喜びも倍増。

サンドウィッチも美味しかったです。ケーキはイギリスらしい。この大きさだと美味しく食べられるもの。笑

今回は泊まり+車だと時間を気にしなくてよいのでのんびり。

写真が多くなってしまったので、次回に続きます。


[PR]
by HappyLah | 2009-07-23 00:57 | 異文化を見る(ё。ё)
May 2009 Cotswolds - 1 <PB>
e0077152_247767.jpg

もう2ヶ月近く前になってしまいましたが、、、

5月末の緑香しい頃、PM両親と4人でドライブに行きました。


e0077152_248896.jpg

この時期、ロンドンの町中をちょっと出れば、目に飛び込んで来る黄色い絨毯。 
菜の花畑、マスタード畑があちらこちらにあるのです。

2.5時間程走ればコッツウォルズ。小さな街や村々をまわって、日が暮れ始めたら適当にB&Bを探そう、という気ままプランで。


e0077152_2484429.jpg

Chippenhamに降りてみたら、人、人、人、、すごい人だかり。
Folk Festivalに大当たり!でした。


e0077152_249865.jpg

初めて寄ったFairfordは、PMも私も好きな感じ。なんてことないのですが、その平和な風景、街の規模などがしっくりとくる、よい感じなのです。

コッツウォルズには、昔羊毛業で栄え、その財で建てられた"wool church"と呼ばれる教会がいくつかあり、ここもその一つ。


e0077152_2493552.jpg

可愛らしいおばあさんが、「最後に返してもらえればいいから」と内部のステンドグラスについて詳しく描かれた本(本当は販売用)を貸してくださりました。

美しく保たれたステンドグラスに描かれた場面を一つずつじっくり追って。
おばあさんに許可をいただいて、写真もパチリ。


e0077152_250367.jpg

Fairfordの中心地は、徒歩15分で一周できるくらいなのですが、Public Footpathを見つけて、のんびりお散歩。


e0077152_2503652.jpg

すると出会った、白鳥の親子もお散歩。
右手にちょこっと写っているお宅の方は、川辺に置いたウッドチェアで読書をされていて、なんと羨ましい生活。。


e0077152_2513930.jpg

夕方頃、Biburyに着きました。
お天気があまり良くなかったので、ライムストーンの家々が夕日にキラキラするのは見られませんでしたが、代わりに?面白いお魚餌付けおじさんに出会えました。


e0077152_251160.jpg

ここにはTrout Farmがあって、ちょうどお腹も空いてきたので早めの夕食をとることに。


e0077152_2521100.jpg

調理はイギリス流ですが、なかなか美味!

国内旅行は食事がどきどきなので(カントリーサイド=基本パブごはん=がっつり、どっしり。胃もたれ必須なガテン系。色気無し。)、とりあえず当たりで、ほっと一息。それから少し大きな街、Cirencesterへ移動。素敵なB&Bも見つかり、安眠確保。


[PR]
by HappyLah | 2009-07-22 02:56 | 異文化を見る(ё。ё)