ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
"orchestra against ignorance" <PB>
e0077152_233971.jpg

先週は我家の今年初PROMSでした。

昨年自宅観賞していて非常に良かったバレンボイム氏率いるWest-Eastern Divan Orchestra。今年は是非とも会場で聴いてみたかったのです。プログラムは大好きなベートーヴェン唯一のオペラ、フィデリオ。

Beethoven Fidelio
(concert performance;
sung in German, with English narration by Edward Said)

Waltraud Meier Leonore
Simon O'Neill Florestan
Gerd Grochowski Don Pizarro
Sir John Tomlinson Rocco
Adriana Kučerová Marzelline
Stephen Rügamer Jacquino
Viktor Rud Don Fernando
BBC Singers
Geoffrey Mitchell Choir
West-Eastern Divan Orchestra

Daniel Barenboim conductor

心から聴きに来てよかった、と思える良いオーケストラでした。良いオーケストラは様々ありますが、多少弦と他のパートがずれてしまったり、完璧ではなくても、演奏にかける熱意を感じたオーケストラ。

地道に積み重ねられたところから生み出される一瞬の音色、形のないものを共有するコンサートは、言語や人種背景を取っ払って何かを伝えられる力があることを、身を以て感じました。

特に、レオノーレ序曲3番は、瞬きするのを忘れるくらい引き込まれるパワーがありました。

ベートーヴェンらしい、真っ直ぐなメッセージを持つこのオペラは、イスラエルとアラブ諸国の若手音楽家がひとつとなったこのオーケストラに正に相応しく、ベートーヴェンを忠実に演奏できるバレンボイム氏の指揮は期待通り、見事でした。

世間は"orchestra-for-peace"というこのオケを、バレンボイム氏は"orchestra against ignorance"といいます。

今回は氏と共にこのオーケストラを設立したエドワード・サイード氏作の英語ナレーションを、予めレオノーレ役のワルトラウト・マイヤーさんが録音しておいたものが流れるという演出で、会場の皆がレオノーレの心境に重ねて、様々なことを考えさせられたのではないでしょうか。

マイヤーさん、ロッコ役のジョン トムリンソン氏の歌唱力は言うまでもなく素晴らしく、フロレスタン役のサイモン・オニールさんのなんとも美しい声には聴き惚れました。

e0077152_0372597.jpg

演奏後、バレンボイム氏から観客へスピーチがあったのですが、我々の席では一部しか聞き取ることができませんでした。。それでも、伝わるものがありました。

拍手喝采の中、今夜のパフォーマンスに関わった一人一人を、歩き回りながらいつまでも讃えていた姿が印象的で、改めて良いオーケストラだなぁと、余韻に浸っています。


[PR]
by HappyLah | 2009-08-27 00:58 | うちのARTS
Take it easy... <PB>
e0077152_328169.jpg

今年は良い夏でした。

というのも、冷たい雨続きで夏の来なかった一昨年
「夏来たかな?」「あれ?もう夏終わり?」という感じでした去年

と比較すると、今年は

「夏来たーーー!!!!!」
と飛び上がりたいくらい、気温が高く陽を浴びられた日が何度もありました。
イギリス国内比なのでたいしたことはありませんが。。

おかげでご機嫌な私、の腕は大分陽に焼けました。

すでに振り返りモードなのは、裏庭に紅い木の実が増えてきたため。例年に比べたら、まだ暖かくて嬉しいけれど、だんだん陽が短くなってゆく覚悟もできてきました。

7月はちょこっと一時帰国したり(日本でお世話になりました皆様、どうもありがとうございました!)、記しておきたいこともたくさんあったのですが、タイミングを逃してしまいました。8月もいろいろお出かけしたので、振り返りながらアップできればと思います。

厄介なこともいろいろありました。。

この夏は家電の寿命時のようで、まずは掃除機が発火?!

煙が出て来て火災報知器が鳴ってしまいびっくりしました。こちらに引っ越してから購入したのでまだ使用2年なのですけれど。英国製ですから、、やはり次はダイソンにするべきか?検討中。

それから、洗濯機。

エンジニアの人が見に来て「これはもう買い替えですね」とオーナーに言ってくれてから、新しい洗濯機が設置されるまで 一ヶ月。一ヶ月くらいはかかるだろうねぇ、それより早く来たら万歳だね!と予測していた通り。。これでもPMが何度も催促した結果です。自宅近くにコインランドリーがあってほんと助かりました。

続くはコーヒー豆のグラインダー。

これはPMからの初めての誕生日プレゼントで、もう10年以上愛用していたものなので寿命を受け入れつつも、まだ騙し騙し使っています。とはいえ、コーヒーな気分のときに「お休み」されてしまうのは困るので、跡継ぎを探さなくては。

おまけに、家電ではありませんが、先週自分の指をスライサーでカット。。
もう、バカ過ぎて自己嫌悪。

ピアノも弾けず、ただでさえ6,7,8月とさぼりっぱなしだったので、またリハビリが大変そうです。。

利き手なので何をするにも時間がかかり非常に不便でため息、ですが、「焦るとろくなことがない」という教訓だったのだと。まだ若いからすぐに治るわ〜、と自己暗示をかけています。

切り傷の手当てについて調べていたら、今は「湿潤療法」という新しい考えがあることを知りました。試しに指にラップを巻いているのですが、確かに回復が速い感じ。

PM: 指の経過日記つけたら?
、、、そういう趣味はございませんっ!

皆様も健康にはお気をつけて。あと少しですが、良い夏を!

[PR]
by HappyLah | 2009-08-25 02:33 | 身近ニュース
アフターファイブの意気込み <PM>
今日は、金曜日。いつも金曜日はオフィスの雰囲気がとてもカジュアルで、そしてみんな早々とパブやディナーに出かけるので夕方6時にもなるとフロアはほとんど空になります。

二つとなりに座っている秘書は、4時も過ぎれば友達と今日はどこのクラブに行こうかなんて携帯で話をしていて、

今日の服装は全身黒でスカートじゃなくてパンツだからどこどこのクラブには行けないわ
なんて言ってます。彼女は30歳既婚。だけどほぼ毎週のようにクラブに通い、時にはわざわざ夕方家に帰って着替えてからオフィスに戻ってきたりします。

今日は、金曜日にしては地味めだなぁなんて思っていたのですが、視界にギリギリ入るところでなにやらモゾモゾと上半身を動かしているので、気になって目を向けると、ブラウスの下から黒いブラを取り出して、鞄にしまうところでした。思わず何も見なかったふりをして、スクリーンに向き直っちゃいました。服が地味なときは、クラブにノーブラで行く・・・ってことですかね?

ともかくも、そういうのはトイレでやってくださいね、秘書さん。

[PR]
by happylah | 2009-08-08 07:40 | 異文化を見る(ё。ё)