ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
hoku hoku.. <PB>
e0077152_0165983.jpg

いも・くり・かぼちゃ。

好きにとっては、たまらない季節!

四季があり、旬の野菜が並ぶのは嬉しいけれど、土壌の違い?味覚の違い?
こちらの子たち、ほくほくしていません。。涙

さつまいも:全くもって別物。芋というよりパースニップに近い。

かぼちゃ:ありがたいことに日本の品種も手に入り易いのですが、水っぽい。

、、ので、今年も唯一楽しみに待っていましたよー。


e0077152_0172369.jpg

クリスマスが近づいてくると、出てくる気がします。
昨年、レジの女性に「どうやって食べるの?」と聞かれたことがあったけれど、こちらの人はローストして食べるのが一般的みたいです。


最近一週間に一度ペースで登場。
ごはん:栗=1:1くらいでたくさん炊いて、残りはおにぎりにして翌日のランチに。

イタリア産の栗は甘みが強くてお菓子向きだなぁ、と思いつつ、ちょっと自分の余裕がなく、お米LOVEなPMのリクエストに応えて、こればかり。苦笑

街中にも意外に栗の木があることに、二階建てバスに乗っていて気がつきました。

歩いていると気がつかないものね、、とぼーっと眺めていたら、上の方にはまだ青いイガイガの実がたくさんついているのに、下は全く。。

暗くなったら、こっそり収穫されている?
とうとう日暮れが3時台になって、夜は長ーいし。

ドーチェスターホテルからヒルトン辺りで見かけた栗の木は、下の方にもちゃんと実がなっていました。

やっぱり!!! 人目につくところはね。。

[PR]
by HappyLah | 2009-11-30 23:08 | くいしんぼーちゃん
Hampstead Heath in gold <PB>
e0077152_5465979.jpg

この一週間の狂った風+雨で、樹々は随分寒々しい姿に。。
灰色の季節がじわりじわりと迫って来ています。

眩い色彩に誘われて、今月はいつにも増してヒースを歩いています。先週までにちょこちょこ撮った写真なので、もうすでに葉っぱはこの半分、いえそれ以下になってしまっているかもしれませんが。。憎き風め〜!


e0077152_9153918.jpg

e0077152_5472536.jpg

春には醜いアヒルの子だった子供達も大きくなりました。
触れてみたくなるような純白の羽根に転身中。あー、若いってすばらしい!!
e0077152_5474537.jpg

e0077152_5481397.jpg

ハムステッドヒースはその名の通り、ヒースが生い茂る野と森が広がる地です。
ロンドン市内にこんなにそのままの広大な自然があることが素晴らしい!手つかずの、というわけではなく、きちんとお手入れされています。

Londonersは誰しも身近な公園、お気に入りの散歩道や決まったジョギングルートになっている公園があるようですが、ここは我家のそれ。


泥るむ雨上がりもお洒落靴で気にせず歩いている強者もたくさん見かけますが、最近気になっているものが、長靴/ガーデニングブーツ。子供から大人までよく見かけます。脚の長い彼らだからOKなのであって、私では確実に農家の嫁、完成!でしょうが。。


e0077152_5485755.jpg

パパ、頑張って〜!!!
Kite Hillとも呼ばれるParliament Hill。週末は特にこんな光景を目にします。
名物凧おじさん(勝手に命名)の凄腕は一見の価値有り。すごい存在感なので、常に行く人の視線を集めています。(微動だにせず、優雅にお茶を飲みながらどっしり座りこんで、豆粒ほど空高く凧を上げているのです。)この時間は残念ながらいらっしゃらず。
ロンドンが一望できるビューポイントでもあるので、丘に腰掛けて黄昏れる人々あり、駆け回るワンコ&子供あり。思い思いの時間が流れております。


e0077152_9162541.jpg

Kenwood Houseは、あの映画で、、お馴染みですよね。笑


English Heritageにより管理されており、中では英国を始めとする絵画、家具等、美術鑑賞を楽しむことができます。レンブラントとフェルメールの作品があることでも有名です。
描かれた貴婦人方を観ながら邸宅内を歩いていると、ちょっとした優雅なタイムトリップ。ここがロンドンであることを忘れてしまいます。ナショナルギャラリーと異なり、いつも空いているのも嬉しいところ。


e0077152_9165854.jpg

House隣りのカフェでひと休み。
お利口にお座りしているワンコや都会の喧噪から解き放たれてリラックスした人々を眺めていると、心が充電されてゆく感じ。

、、とまったりしていたら、お菓子を食べ終わる頃に気がついたのですが、こんなところにティーバックを捨てている不届き者が!!!酷い!

「写真撮っていて、気がつかなかったの?」(→私。はい、まったく。。汗汗)
PMがきちんと拾って自分のと一緒にゴミ箱へ持っていきました。。

もう4時には暗くなります。
近頃は昼間も暗いことが多いのであまり変わりませんが。爆


e0077152_5502419.jpg

e0077152_551207.jpg

こちらはクリスマス・ショッピングに圧されて既に師走の雰囲気。

皆様、それぞれの場所でいかがお過ごしでしょうか?
日本の絹織物のような模様に染まった山々の紅葉、北米の真っ赤なメープル、シンガポールの落ち葉、、、晩秋をお楽しみくださいね。


[PR]
by HappyLah | 2009-11-21 05:56 | 心地よい時間
The Sleeping Beauty @ ROH <PB>
e0077152_2216756.jpg

気付けばもう2週間。。
10月はコンサートに行く余裕がありませんでしたが、唯一予定していたのが、夏から予約してあったバレエ「眠りの森の美女」。
月の最後にご褒美をもらったみたいでした。

きれいなものって、すてき。

チャイコフスキーの音楽、おとぎ話の魔法にかけられて、心がきらきらした気持ちに満たされました。

Tamara Rojoさんは想像していた以上に小柄で、魅力的な人。
可愛らしくてこちらまで恋に落ちてしまう、オーロラ姫。
この役にぴったり、というタイプではないと思うのですが、そこが更に魅力的。

Yuhui Choeちゃんが、一幕では澄んだ泉の精、三幕ではフロレスタン姉妹で出ていて、やはり輝いていました。彼女は、ほんのちょっとした角度の差だと思うのですけれど、ポージングが美しいのです。手足の先までしなやかで、可憐で可愛い♪
彼女の金平糖の精を観に行きたくなりました。

これから暗く寒い真冬、華麗なバレエ音楽は気分を盛り上げて、ご機嫌にしてくれる必須アイテム。偉大なるチャイコフスキー様に感謝して、お世話になりまーす。

といってもうちにはオムニバスCDしかないので、チャイコの三大バレエは、全曲入りCDが欲しいところ。良いCDに出会えますように。。


[PR]
by HappyLah | 2009-11-13 23:19 | うちのARTS
秋晴れ散歩 <PM>
e0077152_694969.jpg
先々週に続いて、天気の良さそうだった先週末は、ロンドンの西にある小さな町、マーロウ(Marlow)へドライブ。途中、ウィンザーの城下町で一休み。イートン校の教会の前庭が綺麗に色を付けていました。(通りにも宅配の車が同色でマッチしちゃいました)
e0077152_714993.jpg
テムズ川沿いを散歩していると、不思議な雲がたくさん。どうやらこの橋は、ブダペストと姉妹橋らしいのですが、規模も作りもずいぶんと小ぶりです。

e0077152_6101543.jpg
川沿いの散歩道にはこんなトンネルも。
e0077152_6103948.jpg
川と紅葉と雲に、沈み始めた日の光がいい具合にあたって、ロンドンのテムズ川とはずいぶんと違った風景です。
e0077152_6562942.jpg
気持ちよく散歩できる季節も終わりつつあるロンドン。夏時間も終わって、遅い日の出と早い日の入り、暗いロンドンが始まりつつあります。
[PR]
by happylah | 2009-11-02 06:11 | 心地よい時間