ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
Beethoven Night @Proms <PB>
e0077152_18471735.jpg

プロムスのシーズン到来により、通常Classic FMな我家のBGMもBBC Radio3に。
毎晩楽しませてくれる夏の音楽祭、コンサートにまつわるインタビューなども面白く、私の耳は大忙しです。

今年の我家の初プロムス@会場RAHとなったのは、オール・ベートーヴェン・プログラムのこの晩でした。

私は一足お先にお友達とRoyal College of Musicで行われるProms Plus(その日のPromsに関連したトークが行われていて、同じチケットで参加できます)で、ケンブリッジ大の歴史学者X昨年バービカンで公開されていた"In Search of Beethoven"の映画監督による、"Beethoven the Romantic"と題したお話を聴いてから行きました。

印象的だったのはベートーヴェンは多分、始めてファンというものを持った作曲家であったこと(人々がどんな人なのか?外見は?と知りたがった)。また、彼の生きた時代背景、手紙に見られる人格などを追った上で、それによって彼の音楽に対する自分の在り方は変わるか?の問いに、スピーカーからは①音楽は純粋に音楽として楽しむ。作曲家の人生とは別、②作曲家を知ることにより楽しみが深まる、と二分した答えが返ってきていましたが、私は後者だなぁ、もっともっと彼のことが知りたい!とお話を聴いてまた熱が上がりました。

さて、そして向かったコンサート。


Prom 14: Deutsche Kammerphilharmonie Bremen

Beethoven Symphony No. 1 in C major

Beethoven Violin Concerto in D major

Beethoven Symphony No. 5 in C minor

Hilary Hahn violin

Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
Paavo Järvi conductor

この組み合わせを見たときから期待大!で、その期待に応えてくれたオーケストラ!弦と木管の美しい音色が素晴らしく際立つ構成。何よりPaavo Järvi氏自身が心から楽しまれていて、オケとの信頼関係がよく見える演奏でした。

トランペットの形が変わっているね、と話していたのですが、このオケは当時のように演奏するという姿勢のため。
例えばSymphony No. 5の一楽章冒頭は、「Da--- Da--- Da--- Da-------!!! とスローにしない。このシンフォニーにスロームーブメントはなく、もしあったとしたら、ベートーヴェンの耳のためかメトロノームが故障していたからだよ。」とPaavo Järvi氏。彼のインタビューは後日iPlayerで、興味深く聴きました。

その言葉通り、彼の振る一楽章はトップスピードで余分なためがなく、アクセントが利いていて小気味良かったです。

Violin Concertoのソリスト、Hilary Hahnについては、少し予習をして行った段階で、「なんて才女なの!!」と興奮気味だったのですが、演奏後はすっかり虜に〜。三楽章が有名ですが、楽しみにしていたカデンツァ、一楽章からうっとり。

Hilaryはアンコールに応えて、Bach Partita からGigueを弾いてくれました。

客席からの止まない喝采に、オーケストラも2曲も追加で披露してくれました。

Encores:
Beethoven Symphony No.8 2nd mov.
Sibelius Valse Triste

e0077152_18472247.jpge0077152_18472524.jpg

今年も一年に一度のビッグ・ギフト、PM同僚のご好意に甘えさせてもらって、この夜は友人達とボックス鑑賞でした。

今回は5歳の小さなヴァイオリニストも同席してくれて、いろいろな人とシェアできる音楽の魅力を再認識。

ピアノで弾きたい曲は限りなくあるし、ベートーヴェン様のことももっと知りたいし、楽しみは尽きません。音楽はいいなぁ〜。

[PR]
by HappyLah | 2010-07-29 20:10 | うちのARTS
Pimientos Padron <PB>
e0077152_252191.jpge0077152_251835.jpg

お酒は飲めないのですが、お酒のつまみ系のものに弱いです。。

ふふ。シーズンがやってきましたよ、Padron Peppers の!

ししとうっぽく和もいけますが、スタンダードにオリーブオイルで炒めて、粗塩ふって食べるのが大好き♪

ここでもスペイン料理屋さんに行けば大抵メニューにありますが、産地はスペイン北西部、ガリシア地方。

北部は魚介類も美味しいと聞くし、バルで本場のタパスをつまみつつ、小さな街を巡る旅がしたいなぁ。

日が暮れ始めるのが21時過ぎなので、PMが運良く早く帰ってこられると、自然光で晩ご飯が食べられて、より美味しく感じられます。笑

夏は国産野菜の種類も豊富。アスパラが終わって、今は豆。
ほぼ毎日グリーンピース/空豆を食べる豆マメ生活です。

新鮮なお野菜は、ほとんど手をかけなくても美味しいから、ありがたいわ〜。

余談ですが、スペインのワールドカップ優勝は嬉しかった〜!!!!!
今更、、ですが。言いたかったので、、大目に見てくださいませ。苦笑

書きたい気持ちとタイミングが合わない、写真を撮っていない、うーむ更新できていない、そろそろ潮時かしら、などと呟きながら、そのまま。。マイペースな我々がだめなのでしょうね。すみません。。


[PR]
by HappyLah | 2010-07-20 02:06 | くいしんぼーちゃん
Queen Mary's Rose Garden <PB>
e0077152_5511394.jpg

バラの香りのものって、あまり得意ではないのですが、自然のバラは意外にほんのり、控えめに香ります。

それぞれ個性があって、表情豊かなバラたちがのびのびと生きているここが好き。

おすましして花瓶に座っているよりも、ずーっと愛らしい。


e0077152_5513322.jpg

e0077152_5514430.jpge0077152_5515441.jpg

毎年この季節が一番楽しみな、リージェンツ・パークのバラ園です。


我家の周りも、様々なお花が素敵なグラデーションを見せてくれています。

自然なように見えて、日々のお手入れの賜物であるイングリッシュ・ガーデン。
ちゃんと地道に裏では手がかけられているのだけれど、それがあからさまでない。

作り込みすぎず、ありのままの良さを活かしたスタイルは、お花も人も同じ。
確かな美しさです。


[PR]
by happylah | 2010-07-04 05:53 | 心地よい時間
Le Nozze di Figaro @ ROH <PB>
e0077152_1193143.jpg

あぁ、いつの間にもう7月!

先月久しぶりにオペラに出かけたので、記録を。

時々バレエに出かけるロイヤルオペラハウスですが、オペラは初めて。

お値段に尻込みしてなかなか行けなかったのです。。が、来たとき250円だったポンドも今や半分以下、、。我家の経済的には何も変わらないのですが、私が初めて鑑賞したオペラで、PMも私も好きな「フィガロの結婚」なので、バレエと一緒にチケットを予約していました。良い音楽には惜しまずに!(PM)

ロイヤルの衣装や演出は、いつも観ていて温かな気持ちになります。今回も、窓から降り注ぐ眩しい朝陽からやわらかな夕陽が暮れてゆくまで、時間の移り変わりが美しい陽光で演出されているのが素敵で、見惚れました。

指揮はSir Colin Davis。ROHのオケは、ダンサーがかわいそう、、と思うようなことが時々あるのですが、この日は別のオケ?と思うくらい。良い演奏でした。

ROHの若手育成プログラムに参加されている、中村恵理さんがスザンナ役でしたのも、嬉しかったです。とっても愛らしいスザンナでした。

キャラクターが生きるロイヤルの手にかかると、ほんとに細かなところまで可笑しくて、ハッピー・モーツァルト堪能でした。

数日体調があまりよくなかったときも、フィガロを聴いていたので家事がはかどりました。(^ー^* )

*今月からブログに広告が入るそうです。好ましくないですが、無料で利用させていただいているので仕方がないか。。

[PR]
by HappyLah | 2010-07-03 01:22 | うちのARTS