ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:ことば ( 11 ) タグの人気記事
Holiday in Andalucia - Al fin de vacaciones <PB>
e0077152_22442386.jpg

一週間お世話になったアンダルシアともお別れ。

ここの日の出は8時ー8時半で、ゆっくり目覚めても、この空のグラデーションが毎朝見られることが、何よりの贅沢でした。

朝食時は連日満席だったテラス席に、運良く座れた最終日。
しかし、陽射しが強くなってくると、蜂やハエが増えてくるのには参りました。。

ハエに気を取られていて、私がぽろっと落としたスモークサーモンを、一吹の風のように片付けてくれた黒猫さん。お見事!笑



さて、私にとって5度目のスペインとなりましたこの旅でしたが、今回は「はじめての旅」でもありました。

ずっと惹かれていたスペイン語を昨年の秋から学び始めて1年。
スペインの人達はとても親切で、言葉ができなくても気持ちで強引に、今まで何とかコミュニケーションしていました。
なので今回は、はじめての「スペイン語・実践の旅」。


片言でも街の人と言葉を交わし、現地で様々なことを見聞きし、スペイン文化の奥深さと温かい人々にますます魅了されて、帰って来ました。
あぁ、もぅだめ...上手く言えない!と英語に逃げてしまったこともありましたが、おかげで英語がかわいく思えたり、比較することでそれぞれ発見することがあったり、一石二鳥。笑

一進一退ですが、言葉は生きているから面白いですね。

そして、なんといっても、続けられているのはRosaのおかげです。
ちょくちょく「調子どう?」とスペイン語でテキストしてくれるので、慌てて頭をスペイン語に、必死に応答しています。


e0077152_5534490.jpg

今回の旅に役立った、想い出深い私の化石たち。

昔スペイン政観でいただいた日本語のブローシャー、その昔初めてスペインを旅した直後、熱にうかされて3ヶ月だけきちんと聴いたNHKラジオ講座のテキスト。よくまだ持っていた...97年度のテキスト。。この表紙の写真がミハスの町でした。この応用編の「3ヶ月旅行会話」を、今回出発前にわくわくしながら復習していました。

何年も昔のことも、こうしてつながってゆく。
無駄なことなど何もない、とまでは言えないかもしれないけれど、ふとしたきっかけで出会ったこと、好きになったこと、近づいたり離れたり、いろいろある中で、つながって広がっていく楽しみ。歳を重ねるのもいいものだなぁ、としみじみ思います。


[PR]
by HappyLah | 2010-10-26 12:42 | 外国語と海外生活
Caucasianの瞳から <PB>
お久しぶりです!シンガポールは常夏ですが、皆さま残暑いかがお過ごしですか?
e0077152_1737951.jpg

我家には学生の頃からの友人Rosaが、スペインから遥々遊びにきてくれました。
彼女の滞在中は朝から晩までおしゃべりに夢中で・・・。PCに向かう間もないほど、賑やかで楽しい夏休みを満喫しておりました。

来星前「シンガポールの天気予報をCNNでチェックしているのだけれど、毎日曇りと雨と落雷のマークが全部出てるの。大丈夫かしら?」と尋ねるRosaに、私達は大爆笑。スペインは雨がずっと降らないためオリーブオイルの値段まで釣り上がっているそうで、「雨が見たいわ♪」という彼女。
これはスコールを体験してもらわなければ!との期待通り、来ました、特大のが!!残念ながら落雷付きではありませんでしたが、窓からの視界が曇るほど激しい雨に彼女は大喜びで「すごいショーね!!!」と写真に収めておりました。

写真といえば、彼女は大の高層ビル好き♪今まで一緒に旅行した都市でも金融街の高層ビルはいつも彼女を虜にしてしまいます。シンガの小さな金融街でも何枚写真をとったことか・・・。私達にとってのゴシック建築&ガウディは高層ビル&マンションなのでした。。。

初めてのアジア滞在に大興奮♪存分に楽しんでいってくれた彼女ですが、特にお気に入りだったアジアングルメといえば・・・

コピ+カヤトースト (Kopi & Kaya Toast)
コーヒーには砂糖2袋は入れる彼女。コンデンスミルク入りのコピにハマッてからはスタバに見向きもせず、コピまっしぐら。
過去のコピ&カヤ記事はこちらです
(余談)記事にあるYa Kunでカヤジャムを購入したところ、店舗情報としてこれから進出予定の東京店もすでにカッコ書きで載っていました。

餃子&小籠包
ふわふわジューシーなお肉&酢醤油に惚れたよう。
今後は醤油をお料理に使う!とまで宣言。

肉まんなど、包(Pao)類 & 高島屋の地下にある日本の大判焼
甘いものやケーキが苦手な彼女は、やわらかく甘さ控えめパン好き。このポイントを鋭く突いたのか、大判焼を見つけるなり即買でした。
日本人としては大変嬉しい♪
覚えておくために大判焼の袋を持って帰りたい!と言う彼女を何とか制して袋を捨てました。。。(あんこ付きで汚いですよ~ぅ!)

ごはん
パエリヤはあるといっても、パンをたくさん食べる文化人。パンを口にする量がこんなに少ないことはないとのこと。海南チキンライスも、チャーハンも、我家で炊いた白いごはんも美味しい!美味しい!とぱくぱくぱく。

新鮮な瞳を持つ彼女と街を歩いていると、いつもの街も違って見えたりします。
アラブストリートやリトルインディアのようなエスニック街ではヨーロピアンのセンスを発揮。サリー(インドのドレス)を作る用の布の風合い&柄に一目惚れして「ソファーにかけるの♪」と購入するなんて、見習いたい発想です!

そして今回滞在中に覚えて、繰り返し呟いていた言葉はcaucasian(コケイジャン)。
なんだかよくわからないけれど、私達外人だからOKだよね!という時いつも口癖のように使っていた:
「I'm a foreigner!(私外人だから!)」というお得意のセンテンスは・・・
「I'm a caucasian!(私白人だから!)」に変わっていました。
確かにヨーロッパにいたらcaucasianという単語、使う機会はないのかもしれませんね。シンガポールでは欧米人のことをよく「赤毛(アンモウ)」(中国語に由来)といって、冗談で自分のことを「赤毛」という欧米人もいるよと伝えたのですが、caucasianの響きが相当気に入った模様です。。。

外国人として暮らしている私達ですが、彼女のおかげで自分は日本人でもあり、アジア人でもあるということを教わった夏休みでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-24 19:14 | 外国語と海外生活
BBQ Party <PB>
先日PMの同僚がBBQ Partyを企画してくれました。こちらに来てなんと初めてのBBQです。
シンガポールでは、大抵コンドミニアムにプール・テニスコート・BBQピットなど共用設備が整っているので手軽にBBQが可能なのですが、今回は企画してくれたSちゃん宅のお庭ということで楽しみに・・・お邪魔してきました♪
シンガポーリアンはどんな食材を使うのか・・・噂に聞いただけでも面白そうで、くいしんぼーな私達にはこれまた、たまりません。わっ、燃えてるよ~!

e0077152_1162782.jpge0077152_1164746.jpg
皆の大好物サテー(マレーの焼き鳥で、甘辛いピーナッツソースをつけて食べます。)は絶対に外せない!とサテー屋さんに買いに行ってくれたそう。チキンとマトンの他、カレー粉を使ったスパイス類で味付けしてあるサテーもありました。焼き鳥屋さんのようにパタパタ仰ぎながら焼かれるサテーには、皆誘惑されてしまいます。

スティングレー(Stingray)というお魚:エイの一種(アカエイ)やエノキはアルミホイルに包んで蒸し焼きに。同じように包んだサツマイモは炭に放り込んで焼いもに。^^

e0077152_1404246.jpg
持ち寄ったごはんも多民族文化満載です。ホーカーでもお馴染みな中華風焼ビーフンに始まり・・・ココナッツ・ベースのエスニック風カレーには春雨やきくらげが具として入っています。マカロニサラダはパイナップル入り。お土産の定番ポークジャーキーも、そのままではなくレタスに包むひと工夫。我家は焼きおにぎりを作っていって、炭火でもう一度焼いてもらいました。簡単なものですが、なかなか好評!良い選択だったようです。

すっかりここの生活にも慣れ、街を歩いているとローカルに間違えられることも多々なこの頃ですが、まだまだ勉強不足でした、わたし。
Sちゃんが「チキン・タイが焼けたよ!食べて食べて!」と持ってきてくれたチキン。甘くて香ばしく、タイ風チキン?ともやっとしながらいただいていました。
そして翌日、お土産にしてもらったものを再び味わいながら、「チキン・タイ食べてきた?美味しいよ。タイ風なのかな?」とPMに聞いたところ・・・
「これもも肉だよ。Chicken THAI(チキン・タイ)=Chicken THIGH(チキン・サイ)。もも肉のことだよ。」と指摘されました。
おぉ~っ!そうだったのね・・・。確かにTHが一緒なので納得。スッキリ!!!
しかし、さすが毎日一緒に仕事をしているPM。Sちゃんは海外の大学で勉強していたのであまり中国語訛りはなく、いつも聞き取りやすい英語なので予測外でした。

これがPMに火を付けたようで、日頃気になっているロコの発音の謎を語ってくれました。2人で辞書を片手に謎解き開始・・・

Q1:Wednesday=ウエドネスディ、とd=ドの音が必ず入るらしい。
⇒辞書の発音記号には・・・もちろんは入っていませんでした。シングリッシュ?

Q2:Often=オフトゥンに聞こえる。ちなみに英国人の同僚もオフトゥンと言うが、私達はオーフンと習ったよね!?アメリカ英語だから?
⇒米英共通でオフトゥン。ただし、米語ではオーフンもあり。
(発音記号をカタカナで書くというのは無理がありますが、音の雰囲気を表現してみたということで、お許しください・・・。)

私の不可解な発音も、皆は推測してくれているのでしょう。一口に英語といってもいろいろな英語が存在する世界。発音を気にせず、気負わず話せる心地よさはありがたいのですが、ときどき標準語を振り返らなければいけませんね・・・。

[PR]
by HappyLah | 2006-08-05 23:55 | 外国語と海外生活
意外な国際交流 <PB>
シンガポールにはいろいろな国の人がいます。年中観光バスや旅行者も見かけますし、我家のような駐在者もたくさん暮らしています。
よく外で食事をしていたりすると、隣から聞こえてくる英語も様々。シングリッシュ以外のイントネーションだと「どこから来た人か?」PMと推測して楽しんだりしています(あくまで勝手な推測⇒妄想の世界)。

先日ゴルフの練習場で、相変わらずへなちょこなスィングをPMに直してもらっていたところ、後ろからきれいな英語で「もう少し腰を捻るといいですよ」とアドバイスをいただきました。
振り返ってえへっ(*^^;)と笑ってお礼を言ったら、「もう少し」と今度は流暢な日本語が!

東洋的な顔立ちなので、「日本人の方だったのですね!」と思わず声を掛けると・・・
「いえ、カナダ人です。」・・・(*・。・*)あらまっ!

それからその方は、「ゴルフは紳士のスポーツです。野球打ちはいけません。間違った力の入れ方をすると痛めてしまいますから。」と、初めてクラブを握る人に教えるように丁寧に、私に入門レッスンをしてくれました。

彼に教わった通りにやってみると、嘘のように軽く飛ぶではないですか!先生に付くって、こういうことなのね・・・と実感。

これでは私を指導してくれていたPMの面子がっ!とお思いかもしれませんが、素直に喜んでくれる大らかな良き夫、PM。(*^^*)

私がすごい集中力を発揮して練習に没頭している間、その私にとっての新しい先生のお友達ともPMは世間話に花を咲かせていたらしく、お友達は日本の大学に留学していたというアメリカ人で、やはり日本語が上手だったそう。

とってもわかりやすくて、ほんの少しだけど何回かは気持ちよく打てて、タダでこんなにレッスンしてもらっちゃった~♪(⌒∇⌒*)/と浮かれていましたが、後ろから見ていて、私のスィングよっぽどひどかったのでしょうね。。。彼、気が散って仕方がなかったに違いありません・・・。

e0077152_2495686.gifカナダは移住したい国No.1でしたが、親切なカナダ人に出会い、更に株上昇!

[PR]
by HappyLah | 2006-06-24 22:24 | 外国語と海外生活
ペナンに見る、愛する日本 <PB>
I (Love) KLARA・・・くらら?


e0077152_349979.jpge0077152_3492341.jpg

パン屋さんに並ぶ美味しそうなネコちゃんたち。カヤジャム入り。
HALLO KITTYとありますが・・・

e0077152_3505057.jpg
ドラちゃん!あなたドラちゃんでしょ。

e0077152_3511372.jpg

モールを歩いているだけでも、あちこちで出会う懐かしい笑顔。

e0077152_3513469.jpge0077152_3515480.jpg
我らが愛するドラえもんが、みんなに愛されているのは嬉しい♪

ちなみに、シンガポールでは日曜の朝に放送しています。
中国語バージョンでは哆啦A梦(doraemon)。
のび太は大雄(da yu)←漢字になると何だか強そう。
中国語の字幕付きなので、これで楽しく学習!学習!と狙っているのですが、ものすごーく真剣に食い入るように見入っている私。。。

[PR]
by HappyLah | 2006-06-12 21:48 | 異文化を見る(ё。ё)
Mission再び・・・ <PB>
e0077152_1546291.jpg

ハリウッド大作好きなPMが楽しみにしていたMission Inpossible 3(M:i:Ⅲ)を観てきました。
こちらでチケットを購入して映画を観るのは初めて(以前コンサートのチケット購入時にたくさん頂けた映画券を利用していたので、今まで全てタダ観)。

24時間営業の新しいシネコンの、0時過ぎの上映へ。夜中だというのに、幼児連れのお母さんがいてひきました。
シネコン内は小さな劇場が多いのですが、M:i:Ⅲは観客を予想してか一番大きな劇場で、アクションを観るには大勢の観客が一体となれてぴったり。と言っても日本で舞台挨拶が行われるような映画館に比べると、とっても小さいです。足のスペースは広くて快適でした。

さてさて、2人共前作(M:i:Ⅱ)を観た記憶がなく、全く予習せずに行ってしまったのですが・・・テーマ曲が流れてくるだけでテンション上がります♪
情報操作や緻密な駆け引きがもの足りず、普通のアクションムービーだったね・・・という印象に終わったのが少し残念でしたが、豪華な役者さんを堪能しました。

悪役演じるFillip Seymour Hoffmanはその冷酷さに鳥肌が。。。(劇場が寒くて最初から鳥肌ぎみでしたが・・・)彼がアカデミーの主演男優賞他、数々の映画賞を獲得している作品:"Capote"も観たくなりました。
これがハリウッド・デビューとなるアジアン・ビューティーMaggie Qの美しさにはうっとり・・・。
PMはEmmanuelle Beart(エマニュエル・ベアール)は誰も超えられないと申しておりますが。

その"Mission Impossible"一作目は、夏休みにイギリスの小さな映画館で友達と観て、「ストーリーよくわからなかったけれど、楽しかったね!」と話したことを思い出しました。
あれから約10年・・・英語力、上がっていると油断していました。この映画、サラ・ジェシカ・パーカーの映画に比べると倍の集中力を要し、眠くなる隙もなし。PMも「わからないところけっこうあったよ」と言ってくれましたが、私が飛ぶように流れる中国語字幕を慰めに目で追っている間も、お菓子をぼりぼり食べたり、笑ったり余裕でしたよ、アナタは・・・。

10年後も変わらず英語に苦しんでいるであろう自分を容易に想像。
私のMissionは生涯学習・・・でしょう。

[PR]
by HappyLah | 2006-05-14 03:42 | 外国語と海外生活
Adamくんご対面♪と終わりなき言語習得の道・・・<PB>
ロコのお友達Diverくん&Pigletちゃんカップル+Pineapplemanが仲良しな同僚のイギリス人Ben & 奥さんのKelly & 息子のAdamくん(2歳)+私達で今夜は前からディナーの約束をしていました。
Diverくんが「JapaneseとEnglishで子連れOKのところか・・・う~む・・・。」と言いながら選んでくれたお店は、日本の洋食屋さんMA MAISON。こちらのお店、名古屋が本店みたいです。HPに載っている支店が、なんと!同じく転勤族で名古屋在住の友人夫婦のお家に近いようでびっくり。世の中狭いなぁ。。。

店内はクラシカルで落ち着いた雰囲気。メニューは日本の定番洋食なので懐かしく、前菜は私達が適当にオーダーしました。その中で、牛のたたき(Beef Tataki)を「また今度オーダーしたいから名前を教えて!」と言うほどKellyが気に入ってくれてよかったです。ローストビーフの国ですから、好みに合って当然なのかも。
家族プロモーションといって、家族にはデザートとおもちゃが貰えるという、小さな子供連れには嬉しいサービスも!Adamくんは釣り掘りセットを貰ってゴキゲン♪コップの水の中に全部お魚を入れていました。(そうよね・・・魚は水に返してあげないとね。)
もう一つくれるというので、Benが選んだのは万華鏡。「いい選択だわ!」というKellyの横で、回転させる部分をポンッ!と無理やり開けて中味をばら撒くBenちゃん。(゚O゚ ;)
お店の人がもう一つ下さりましたが、Adamくんは覗くよりも、パパがこじ開けた部分に激しく興味を惹かれていました・・・
デザートにもらえた黒ゴマアイスもBenファミリーに好評で、Adamくんは「Chocolate!」と言いながら夢中で食べていました。

皆、KellyとAdamくんとは今回初対面。始めは人見知りするそうで、私達の顔を見て泣き出しそうだったAdamくん・・・怖くないよ~。
だんだん慣れてきて、お気に入りのミニカーを貸してくれたり、盛んにおしゃべりし始めて、絶好調に!やったぁ☆
窓を背にして私が座っていたベンチへよじ登ってきて、一緒に外を観察開始です♪
e0077152_1122217.gifやっぱり男の子、車が大好き。道行く車を指差し、"blue car!", "police car!" と大喜び。「ほら、大きなバスがきたよ~!」とバス探しを始めたら病み付きに!"Let's find another bus!"(バスをみつけよう!)としきりに言うのが可愛くてたまりません!!

まだ2歳になったばかりのAdamくん、どんどん言葉を吸収していきます。私の発音真似したらまずいのでは?と言っても、今は毎日新しい言葉の嵐なので大丈夫だそう。
"many people in a bus!", "blue car on the corner!"・・・と吸収した言葉を組み合わせて、自分で言葉を発していくのがすごい!センテンスもお手の物!な子供の習得速度に感動してしまいました。
英国ではお馴染みの2階建てバスですが、シンガポールでもたくさん運行しています。Adamくんには「ダブルデッカー」の発音が可笑しいみたいで、"double decker!"と自分で言いながらキャハハハ!と笑い転げるので、一緒に大笑いしてしまいました。
全く飽きずに外に夢中になっていたAdamくんでしたが、店内の壁棚に飾られているクラシックカーを発見し、"I want a new car!"(ボク、あたらしいくるまがほしい!)と差したモデルは、なんと・・・フェラーリ!お目が高いっ!それはねぇ、パパ達だってほしいわよ~。

奥さんのKellyも知的で素敵な女性でした。英国人である彼女は、周りは皆英語を話してくれるので自分は言葉の問題はないけれど、Adamくんが幼稚園に行き時間ができたらフランス語を習いたい、と話していました。7歳までエジプトで育った頃使っていたそうで、もう一度勉強し直したいそうです。外国語を学ぶと興味の範囲が広がったり、楽しみが増えるよね!と共感し、嬉しくなりました。でも、シンガポールにいる間に誰よりも言語習得できるのはAdamくんなのでしょうね・・・。

そのうち、私がAdamくんからQueen's Englishを教わるようになるのかもしれません。何年経ってもぎこちなく、苦労している英語ですが、同じようなことに興味を持っていたり、居心地よく楽しい時間を共有できる友人に恵まれ、こうして一緒にいると、もっと自分の話したいことを母国語並に伝えられるようになりたい!と改めて思ったのでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-03-10 23:43 | 外国語と海外生活
多国籍リゾート <PM>
モーリシャスでの休暇もあと明日を残すのみ。おなかが空いてきたので(何もしてないのに)ビーチの脇にあるイタリアンのレストランへ。ビザを焼く石窯があったりして、結構本格的っぽい。そこで、薄焼きのピザとメカジキのサラダ、そしていつものフレッシュジュース。e0077152_1641558.jpg隣のテーブルには30半ばくらいのドイツ人と思われる夫婦が、横を通り過ぎるいろいろな人たちと話をしてます。英語、フランス語。すでに3カ国語しゃべってる。ちょっとシニアな夫婦と英語で会話をしているのを盗み聞きした内容は、どうやら彼はレストランのオーナーシェフのよう。でも仕事は3日に1日しかしてないらしい。など聞いていると普段からとても優雅な様子がうかがえます。そしてそのシニアな夫婦もなにやら英語で話している。でも、どうやら彼らも英語圏の人ではないようで、フランス語でもドイツ語圏でもないということは何処だろう・・・と疑問に思っていますと、ロシア人夫婦ということが発覚。どおりでおじさん、立派なヒゲをはやしているわけだ。そして恐るべし、モーリシャス。すでに確認できている、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、ギリシャ、人達に加えてロシア人まで。本当にヨーロッパの人に人気のあるリゾートなんですね。
[PR]
by HappyLah | 2006-02-16 16:13 | 外国語と海外生活
Adam <PM>
休憩がてら、ロンドンから来ているBenとスタバに向かっている途中、Benが「僕とKerry(Benの奥さん)、最近大問題に直面してるんだ」と、突然意味深に始めた。僕は、まさか別れるのか?と思ったら、Adam(BenとKerryのbaby)のことで問題があるという。最近Adamが覚えたことがあるらしく、とても困っていると。Adamは、まだ2歳になったばかりで、とてもかわいらしく、そしてBenにそっくり。さて、大問題とは、いろいろな言葉を覚え始めたAdamの最近のブームが、
F○ck F○ck F○ck F○ck F○ck
と連呼すること。家の中を走り回りながら叫ぶだけならまだよいが、外に食事に行ったり街を歩いている時などPublic Spaceでも声に出してしまうという。Adamが声に出すたびに、2人してやめるよう叱っているとBenもKerryも思わず
F○ck!!
そりゃ、親がそうとう頻繁に言わない限り覚えないよなぁ、いくらなんでも。2人とも、Adamを叱る前に自分たちの言動に反省している模様。ちなみに、同僚のTat-Weeは、酔っ払うとAdam同様にFを連呼する。あまりにひどいので、注意するが酔っ払いに何言っても無駄です。将来のAdamを見た気がしました。(ゴメンBen)
[PR]
by HappyLah | 2006-02-07 02:51 | 外国語と海外生活
口うるさい政府の政策 <PB>
少し前の地元フリーペーパーに、毎年行われているらしい「読者が選んだ・・・」というシンガポールの様々なカテゴリーの格付けがされていていて、面白かったのですが、中でも大笑いしてしまったのが、「THE BULLSHIT FACTOR」1位に選ばれた、Speak Good English Campaign

政府は「きれいな標準英語を話すことは、相手を思いやることでもあり、これは「The Kindness Campaign」でもある(?)と主張しておりますが、実際国民はブーイングの模様。
シングリッシュ(シンガポール独特の英語)はシンガポーリアンのアイデンティティーでもあるので、世界中でいろいろな英語が話されてる今、そこまで口うるさくしなくても・・・という気もするのですが、政府がいち早く幼少からの英語教育を徹底させた結果、国民のほぼ100%がバイリンガルなことは、すごい!
政府のHPでは、British CouncilによるOnline Lessonsも可能です。試しにLesson1を聴いてみると・・・シングリッシュが聴けます!
Lesson1は、イギリスから来た同僚がシングリッシュを耳にし、「この国で働くには中国語を学ばなければ」と思ってしまうというエピソード。外国人や標準英語を話すシンガポーリアンと初対面で話す時、シングリッシュでは「poor first impression」を与えるので、これからレッスンしましょう!とLesson2に続く。(他人事ではない私・・・。これで特訓するべし?!)

何でもすぐ政策にしてしまう、行動力あるシンガポール政府。そんなに規則で固めなくても、それは常識的なモラルでは?と思うようなこともよくありますが、多民族国家をまとめるためには仕方がないのでしょうか。

e0077152_1122055.jpg以前成功だったKeep theToilet Clean Campaignのようにはいかないと記事は結んでいました。トイレにある"Singapore's OK"?って何がOK?と気になっていたステッカーは、お店などがキャンペーンに協力しているので、利用者も協力してね!という印でした。そして、あるとついつい読んでしまうトイレに貼ってある漫画ポスター。もしかして、政府のHPで、もっと見れるかも?と思い行ってみたら・・・

e0077152_21473779.jpg記念すべき、キャンペーンポスター第1号発見☆

「便座の上でスクワットしないでください」

・・・・・・・。
そんなヒトいないと思いますけど。いるの?
⇒Pineappleman曰く、洋式の上に和式で座る人が実際いるらしい。
何で知ってるのかな?ヾ(・・;)

[PR]
by HappyLah | 2005-11-15 23:22 | 異文化を見る(ё。ё)