ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:ごはん ( 59 ) タグの人気記事
hoku hoku.. <PB>
e0077152_0165983.jpg

いも・くり・かぼちゃ。

好きにとっては、たまらない季節!

四季があり、旬の野菜が並ぶのは嬉しいけれど、土壌の違い?味覚の違い?
こちらの子たち、ほくほくしていません。。涙

さつまいも:全くもって別物。芋というよりパースニップに近い。

かぼちゃ:ありがたいことに日本の品種も手に入り易いのですが、水っぽい。

、、ので、今年も唯一楽しみに待っていましたよー。


e0077152_0172369.jpg

クリスマスが近づいてくると、出てくる気がします。
昨年、レジの女性に「どうやって食べるの?」と聞かれたことがあったけれど、こちらの人はローストして食べるのが一般的みたいです。


最近一週間に一度ペースで登場。
ごはん:栗=1:1くらいでたくさん炊いて、残りはおにぎりにして翌日のランチに。

イタリア産の栗は甘みが強くてお菓子向きだなぁ、と思いつつ、ちょっと自分の余裕がなく、お米LOVEなPMのリクエストに応えて、こればかり。苦笑

街中にも意外に栗の木があることに、二階建てバスに乗っていて気がつきました。

歩いていると気がつかないものね、、とぼーっと眺めていたら、上の方にはまだ青いイガイガの実がたくさんついているのに、下は全く。。

暗くなったら、こっそり収穫されている?
とうとう日暮れが3時台になって、夜は長ーいし。

ドーチェスターホテルからヒルトン辺りで見かけた栗の木は、下の方にもちゃんと実がなっていました。

やっぱり!!! 人目につくところはね。。

[PR]
by HappyLah | 2009-11-30 23:08 | くいしんぼーちゃん
A flavour of Singapore <PB>
e0077152_03924100.jpg

さて、蒸籠の中には何が入っているでしょう?:p



答えはこちら:

[PR]
by HappyLah | 2009-10-13 02:10 | くいしんぼーちゃん
Viennese Cafe & Heurige <PB>
e0077152_20582334.jpg

ウィーンに帰って来た、お楽しみの一つといえば、カフェハウス。

朝食、ランチ、おやつに夕食、それぞれのカフェの、その時々の空気感。ただ食事や休憩する場所には留まらない、何とも味わい深い時間の流れに身を任せる幸せ。あぁ、移住したい、、とまた発熱でした。笑

いつもは大抵ホテルでしっかり朝ごはんを食べてから出かけるのですが、身支度して空腹を抱えながら外へ。

ホテル近くの、いつも賑わっていて気になっていたカフェに入ってみました。

ここ、Schwarzenbergは、旧市街を囲むリング通りで一番古いカフェだそうです。


e0077152_2144024.jpge0077152_2151559.jpg

渦巻きのウィーンらしいパン、カイザーゼンメルが大きくてびっくり!!
美味しそうなパンが出て来ただけで、もう幸せ。

観光客らしき人たち、地元人らしきスーツ姿でゆっくり新聞を読むおじいちゃん、周囲の人たち、道行く人たちを観察していたら、ちょうど陽射しが強くなってきて、バターがどろ〜ん、と溶けてきたので慌てて食べました。


カフェのランチメニューには、旬の食材が使われていることが多いのも嬉しく。
この時期、大陸のマーケットではホワイトアスパラが並んでいるのを良く見かけるので、期待してきたとおり、どこもアスパラ、アスパラ、、とお店の前の黒板に書かれていました♪
ロンドンでは緑のはあるのですが、白アスパラは見かけないのです。。

迷わず、アスパラのスープ&アスパラのフライと、アスパラづくしな選択を。


e0077152_6375024.jpge0077152_638987.jpge0077152_6382927.jpg
e0077152_6385736.jpge0077152_639132.jpge0077152_6392912.jpg


OBERLAAは、ケーキ目当てで行ったのに、ランチでお腹いっぱいになってしまい、私は断念。PMのトプフェントルテ(クリームチーズケーキ)をちょこっと貰ったら、やっぱり食べたくなりましたが、頼んだコーヒーと一緒にマカロンをサービスしてもらえて、満腹&満足。コーヒー、チョコレート、ヘーゼルナッツの3種で、ヘーゼルナッツが美味しかったです。

噂通り甘さ控えめで、どれもこれも美しいショーケースを横目に、次回はケーキを!と誓いました。

ケーキを食べてみたいお店がありすぎて、あと何回リピすればいいのやら?笑

デメルのザッハトルテは日本で食べたことがあるから、、と綺麗な模様に惹かれたトルテを頼んだら、激甘でした。。
写真を撮っていた間に半分消えた!PMのザッハ。


e0077152_22532890.jpg翌日ランチに行った
Diglasでもホワイトアスパラ。

なぜここに!?! ソースの上に?!

と、PMが手をつけられなかったイチゴは私がいただきました。
e0077152_2325176.jpge0077152_233106.jpge0077152_2352733.jpg

↑通りすがりのちびっこちゃんが、小さな手でわしゃわしゃ〜と。あわわ。。

残されたアートな黒板を前に、びしっと黒エプロンを着けたウェイターさんが、1人、2人、3人、、ボスまでやって来て、円陣を組んで状況説明をしている様子が漫画みたいで大笑い。結局一度全部消して書き直し始めたウェイターさんですが、途中でやめていました。ランチの時間ももうすぐ終わりでしたから、賢い選択かな?

そして日が暮れる頃は、ウィーンの森へ。お目当てはホイリゲです。前回は昼間に来て、まだ開いているお店が少なかったので、今回は夜行こうね、とこちらも楽しみにしていた一つ。
ホイリゲの目印、束ねられた小枝を探して、賑わっているお店を選んで入りました。


e0077152_2384099.jpg

この日はまだ肌寒くて、外の席はガラガラ。。それでも森の空気を吸いながらお食事する気満々で来てしまったので、テラス席へ。ワインを一杯飲めば温まるよー、と話していたのですが、かなり寒かったです。。

お店の一部は地元の会社が貸し切りでパーティーをしていました。音楽に合わせてご機嫌で踊る人々が楽しそう!


e0077152_239692.jpg
e0077152_2392722.jpg

随分混んでいたようで、カウンターでオーダーするまでPMは30分程並び、英語では店員さんに嫌な顔をされてしまい。。汗
後ろに並んでいた親切な母娘さんに助けられて、なんとか買って来てくれた数種のおつまみは、努力の甲斐あって本当に美味しかったです。

ウィーンはすごく英語が通じるので、それに甘えてしまって全くドイツ語を覚えないのですが、好きになればなるほど、その国の言葉が話せればなぁ、と欲が膨らみます。

でも、私はドイツ語はちょっと、、厳しい、、な。PM、頑張ってくれないかな?

[PR]
by HappyLah | 2009-05-28 21:06 | くいしんぼーちゃん
Jerusalem Artichoke <PB>
e0077152_830126.jpg

どこをどう見てもしょうがの一種だと思っていたもの。
我家はしょうがは切らさないのですが、できるだけ新しいものを使いたいので少しづつしか買いません。

こちらは1パック単位で売られているので、名前に注目することもなく、素通りしていました。
先日、日本語のフリーペーパーで紹介されていたのを見て、すかさず購入。
これが、「ごほうの風味」と書かれていたのですもの!

しょうがと似て非なる、エルサレム・アーティチョーク(菊芋)です。

とりあえず、きんぴらにしてみて驚き!フライパンから漂ってくるのは、正にごぼうの香り!
シャキシャキと、ぬめりのない長芋のような食感も良いです♪

PM大喜びのため、本日「いってらっしゃい弁当」にも詰めました。
芋なので崩れるかも?と大きめに切ってみましたが、千切りにしても大丈夫そう。


e0077152_8542874.jpg

ロースカツ丼
ズッキーニと塩豚の柚子胡椒炒め
サーモンのバルサミコ照り焼き
エルサレムアーティチョークとにんじんのきんぴら
セロリスティック

地下鉄で座ると鞄ごとお弁当も横になってしまうので、絶対漏れないLock&Lockの密閉容器を弁当箱にしています。

いつもはデスクで仕事をしながら食べやすいことが最優先リクエストなので、ラップおにぎり/サンドウィッチ+適したサイズのLock&Lockにおかずを詰めているのですが、今日のお弁当は晩ご飯なので、特大サイズ(2人でピクニック用)使用。

お昼のラップおにぎりもしっかり持って、晴れ&雪の繰り返す、おかしな天気のロンドンから電車で、もう少し寒いところへ発ちました。長期出張、、、がんばれPM!


[PR]
by HappyLah | 2009-02-02 09:41 | くいしんぼーちゃん
盛りだくさんの日曜日 <PM>
普段はのんびりマイペースの僕たち。週末も特に予定を入れず、思うままに出かけたり日曜日は家でダラーリな事が多い。

つい先日、大学時代の友人を発見。連絡を取ったら、早速今日お家に招待していただき、美味しいランチをご馳走になりました。
4月に双子ちゃんが産まれたばかり。昔の話や、共通の知人の近況など懐かしいときを振り返るひと時。そして、最初は慣れなかった双子ちゃんたちも、時間が経つにつれて泣かなくなり、だっこさせてもらったり、ご飯を食べさせたりと、仮想ママ、パパを体験させてもらいました。
家も近所だからこれからちょくちょく会えるかな?それにしても可愛い女の子たちで、幸せをちょっと分けてもらいました。ありがとね、S。そして、長居しちゃってごめんね。双子ちゃんたちは疲れちゃったんじゃないかな?

さて、Sのうちに遊びに行く直前に、お向かいさんから

旧正月をお祝いするから7時くらいに来てね
と、お誘いを頂きました。

時々玄関ホールですれ違ったりしていて、中華系の人だというのは解っていたのですが、ここは大都市ロンドン。いつも挨拶するくらいでした。せっかくお誘いいただいたので、お邪魔する事に。

すると中では火鍋の準備が。シンガポールではたまに食べていた辛ーい鍋。久しぶりに食べたらやっぱり美味しい。チリが辛くって汗かきながら、フィッシュボール(魚のつみれ?)や麵、お魚などどんどんお皿に盛られてかなりお腹いっぱいに。
〆は懐かしい温かいデザート。ココナッツミルクにスイートコーンとタピオカの入ったものを大きなボウルいっぱいいただきました。

丁度ご両親がオーストラリアから来英していたのですが、シンガポール出身なんだそうで。シンガポールネタで盛り上がったり。
ご両親は3週間前に産まれた赤ちゃんに会いに来ているのですが、僕たちは赤ちゃんがいる事すら気がつきませんでした。お隣だから鳴き声とかが聞こえて来ても良いのに、まったく聞いた事もなく。
生後3週間の小さな小さな赤ちゃんは、とてもおとなしく、お邪魔している4時間程の間、どんなに僕たちが騒いでいても特に気にする様子もなくおとなしく寝ていたり、観察していたり。こんなに泣かない赤ちゃんも珍しいくらい。
そして大人達は、XBoxでバンドゲームに夢中。久々にテレビゲームで遊んじゃいました。ちなみに僕はベース、PBはドラムを少々playしてきました。

久しぶりにちょっと若返った気分。赤ちゃんたちにも癒された週末でした。

[PR]
by happylah | 2009-01-26 08:56 | 心地よい時間
麺達への道 2 <PM>
天気が悪かった週末、また挑戦しました。前回と同じ麺だけど、ちょっと出来上がりをかえてみました。①2人共シンガポールにいたときから板麺(幅の広い麺)が好きだったので、薄く広げて、幅広めでカット。
e0077152_721646.jpg

②イタリアのnoriアドバイスにより、二日寝かせる。二日寝かせるとコシがでるというnoriの言う通り、麺はとても美味しくいただけましたが、なにせ二日待たなくてはならないというのがちょっと難点。今食べたいと思っても我慢しなくてはなりませんからね。なんだかとても焼きそばが食べたくなったんだけど、出汁で味付けたのでどっちかというと焼うどんかな。     
e0077152_723399.jpg

たくさん打ったので、残った麺は更に寝かせて担々麺にしてもらいました。

当然ながら、僕は麺係りで、PBがお料理係りです。麺係りが粉だらけにしたキッチンは、お料理係りが綺麗にしてくれました。やりっ放しは僕の悪いクセですね。次は、片付けもします。

[PR]
by happylah | 2008-07-15 07:00 | くいしんぼーちゃん
麺達への道 <PM>
e0077152_3553379.jpg

ロンドンは今日もどんより曇っており、たまに雨降ったりしてすっかり出かける気をなくしてしまいます。そろそろ夏のセールが始まるって言うのにこのままでは買物に出かけられません。で、なぜかPBが読んでいた料理本をみて、麺を打つ事に。イタリアのnoriが結構打っているのを見て食べたくなったらしい。で、僕が麺担当、PBが肉味噌担当という事で炸醤麺(ジャージャン麺)に挑戦しました。思っていたより手軽に作れたし、これがなかなかいけちゃっていて、自画自賛。
e0077152_40335.jpg

めちゃめちゃ辛そうだった(というか辛かった)肉味噌も麺とあえると美味しい辛さに。
e0077152_441488.jpg
これだったらまた作りたいかも。でもそんな事言ってたら出かけられなくなってしまう・・・
[PR]
by happylah | 2008-06-22 05:09 | くいしんぼーちゃん
スイスごはん録 <PB>
パリへ移る前に、ひと休みして、スイスのお食事をご紹介。

毎日ばりばり動いていたので、目の前にごはんが運ばれて来た瞬間、写真を撮る前に半分くらい手をつけてしまったり。早く食べたいばかりに全く撮らなかったり。

それでも4人が、それぞれ自分の好みのものを注文するので、いざ写真を撮る!となると、各皿パシャパシャと、もたもた...。その間に気のつく店員さんが、
「お撮りしますよ!(^^)ニコッ!」と来てくれてしまったりして...。
主役はお皿なのですが、とは言えず、ありがたくお願いして、笑顔の集合写真が出来上がったり。

そんなこんなで収拾がつかなかったお食事を、少しだけダイジェストで!


e0077152_826958.jpge0077152_8263261.jpg
e0077152_827262.jpge0077152_8272280.jpg

カマンベールチーズのフライ クランベリーソース添え  牛肉のカルパッチョ

アメリカ風鶏肉のロースト          マスの素揚げ


入り口の黒板の絵が「アスパラ入りましたよ〜」と語っていたお店(ドイツ語はちんぷんかんぷん)では、ホワイトアスパラを。


e0077152_8281547.jpge0077152_8283414.jpg

デザートも伊・仏・独の要素あり。
どこに行っても異常に種類豊富なアイスクリームのメニューがあるのは、観光地だから?


e0077152_829593.jpge0077152_8292566.jpg
e0077152_8302699.jpge0077152_8315341.jpg

パンナコッタ          プリン・カラメル

桃のタルト          ほうれん草のキッシュ

スイスと言えば!忘れずに、チョコレートもいただきました。

一度、"Kase schnitte"というパングラタンみたいなものを頼んだら、一皿で一体何人分!?!?のチーズががば〜っととろけていて、一ヶ月はチーズ断ちしようかと思いました。


レマン湖周辺のフランスの小さな町では、クスクスのお店へ。

「目の前のメインの通りにレストランがいろいろあるよ。」とホテルで教えてもらい、歩くこと3分程。メインの通り終了〜!その間レストランは3軒くらい。
「食べるところならあっちだよ。」と、口と手で大きく演技してくれた、通りの一番端っこのバーのおじさん。

クスクスの種類を、コケコッコーとか、メェ〜とか、ありとあらゆる手段で説明してくれたお姉さん。温かい人々に助けられ、ほっと笑顔に。

e0077152_8323278.jpge0077152_8325181.jpg

向こうの人が頼んでいたお茶に魅せられ、私達にも、といただいたお茶。

こんなところで茶芸が見られるなんて!
わいのわいの写真を撮らせて!とお願いしたりしていたら、お姉さんが「このお茶は私から!」と請求からお茶代が除かれていました。

お茶はthe a la menthe、ミントティー。香辛料どっぷりな口と胃を、さっぱり綺麗にして、ごちそうさまでした♪

e0077152_8331410.jpg

La Paniere
(パパ撮影。
笑顔のお兄さん版もありますが、無人版で。)

チェーン店らしい?

老舗も、チェーンも、いや...たぶんスーパーのパンでさえ、ハズレない、この国は。

目の前にこのパン屋さんがあったので、朝食はホテルでとらず、あれこれパンを買って、移動しながら車でもぐもぐ。

フランスはどこでも朝早くから開いているパン屋さんがあって嬉しい。メインの通り(徒歩3分で終わる、あの)に2軒はあり。レストランと同じくらい、必要とされているのね、パン屋さん。

[PR]
by HappyLah | 2008-06-13 22:23 | くいしんぼーちゃん
サヨナラ美食の都 <PB>
e0077152_19422394.jpg

やっとフランス旅行記最終回。
10日間を記録するのにひと月もかかるとは...。
日々少ーしずつ、記憶力と情報処理能力が衰えているような。。

パリからロンドンに帰る予定で飛行機を始めに取ったので、TGVでパリへ。
さすが、リヨンーパリ間!速い、速い。撮った車窓と写真が違う。。こんな風景が続いているので、まぁ気にせず。

のんびり屋な私達、駆け足旅行はキビシイので、列車予約時にパリ滞在を思い切って外すことに決定。

それならリヨンから飛行機で帰れば!と予定変更を試みるも、バジェットエアーなので変更不可。おかげで?私の始めてのパリは、2-3時間@シャルル・ド・ゴール空港。ヽ( ´¬`)ノ

よって、リヨンにて最後の食べ納めランチです。

これまた食い倒れ横町で有名なメルシエール通り(Rue Merciere)へ。
平日のお昼になったばかりの時間でお客さんがどこも少なく、予想外の静けさ。
うぅむ...不安。直感で好みのお店へ突入です。

e0077152_1943322.jpg

ルッコラ始めいろいろ葉っぱ、胡桃、フェタチーズ、チコリのサラダ。

シンプルで美味。

メインはラムと白身魚。
お魚はもちろん、添えられたズッキーニが美味しかった!お魚を頼むと付け合わせがズッキーニの確率が高い気が。肉&ポテト、魚&ズッキーニが定番なのかしら?

e0077152_19572993.jpge0077152_19575948.jpg

デザートは2種類からの選択。

我等甘党夫婦に食べられないデザートなんてほぼあり得ない&迷うほどの選択肢もないので、何かも聞かずに、Baba au rhua=ババロアじゃない?と私はこちらを。PMはもう一方をオーダー。

PMのウフ・ア・ラ・ネージュ(左)は前夜のものよりも更に美味しそうでした。

で、私のババロア(右)。見るからにババロアではありませんが、さて一口...

うわっ!!噛むとスポンジからじゅわーっと口の中いっぱいに広がる...お酒!

むちゃくちゃ弱いのです、お酒。でもリキュールの入ったお菓子好き。
顔赤くない?アルコール分はとっくに飛んでいるはず?

ラム酒に浸かった軽いブリオッシュのような生地にクリームが挟まれていて、大人なシュークリームと言ったところ。

正式名は、Baba au rhum=ラムでした。。

e0077152_19582776.jpge0077152_195944.jpg

ふぅ〜、ごちそうさま!

美味しいお食事で締めくくれたことに感謝。(お店:Le Layon)

おまけ:初パリの想い出

[PR]
by HappyLah | 2008-05-04 19:40 | くいしんぼーちゃん
美味しい!リヨンの味 Bouchon <PB>
e0077152_1154218.jpg手頃に美味しくワインが飲めてごはんが食べられる、居酒屋のような場所、ブッション。
ブッションが立ち並ぶ食い倒れ横町にて、晩ご飯はどこにしようかな〜とMenuを吟味。

お客さんの入りや、厨房からの匂い、石畳の席まで運ばれてくるお皿もチェック。
e0077152_1315476.jpg
あら?このお店はがらがら。

空いているのもいいかもしれない?

入ってみる?
e0077152_1332689.jpg
こんにちはー。

あの〜...

???????

ほんとに誰もいないのですけれど?
e0077152_1343930.jpg
失礼しました。

このブッション、ミニチュアミュージアムのショーウィンドウなのでした。

棚の上にギョーム人形まであったりして、可愛い。


やっぱりたくさん人が入っているお店に、ね。


さぁ、食い倒れ劇場始まりますよ〜。

[PR]
by HappyLah | 2008-05-03 06:37 | くいしんぼーちゃん