ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:アート ( 55 ) タグの人気記事
Romeo &Juliet @Vienna State Opera <PB>
e0077152_22405254.jpg

引き続き、先月のウィーン滞在日記です。

急に思い立ち旅立ってしまったので、行きたいなぁと思ったコンサートのチケットは手に入るはずもなく、オペラ座にバレエを観に行くことにしました。

e0077152_22411898.jpg

ロンドンだと日常に流されてバタバタしがちなので、ゆったりとした気分で劇場に足を運べるのは旅先のお楽しみでもあります。

楽友協会の定期公演のチケットを手に入れるのは至難の業なので、毎晩ウィーン・フィルの演奏を聴くことができる国立歌劇場はありがたいです。
オケピットがよく見えるサイドの席もリーズナブルでこれまたありがたい。

e0077152_22415491.jpg
幕間には、中央階段ホールで優雅な雰囲気に酔いながら、ぼーっと人間観察。

e0077152_22422567.jpg

素敵な紳士淑女を見つけるのもお楽しみ。笑

e0077152_22424558.jpg

ジョン・クランコ版ロミオとジュリエットは、とってもロマンチックで、雄弁。

悲劇ながらハムレットのような重々しい暗さはなく、喜劇的要素もあるところが上手に表現されていて、舞台の隅々まで一人一人のダンサーの動きを追いたくて、、目と首が疲れました。。

台詞で魅せる、シェイクスピアの古典劇も、この夏の間に観れたらいいなぁ。
数年前に観た上田遥さん振り付けの現代版ロミオとジュリエットも、すごく面白かったなぁと思い出しました。

でもやっぱりクラシック・バレエが好きです。プロコフィエフの音楽だけでもお腹いっぱい。贅沢すぎます。(庶民)


[PR]
by HappyLah | 2009-06-02 06:38 | うちのARTS
Her Magesty's Theatre <PB>
e0077152_22371659.jpg

この劇場を初めて訪れたのは、10数年前。

記憶は薄れてしまっても、全身で体感した言葉にできない何かは胸に残っていて、あの音楽を聴くとよみがえってきます。


asamiちゃんと一緒に選んだのはこの舞台、The Phantom of the Opera。
彼女の滞在最終夜、ちょこっとドレスアップしただけで、気分も盛り上がり、高まる期待を共感しながら、開演前にお食事とおしゃべり、、なんて、珍しく優雅なイブニングを過ごし(PMとは会場駆け込みになってしまう日常なので)、すっかり旅行気分でした。

当時はUpper Circle、今宵はRoyal Circle前列正面。背筋が伸びます。
おしゃまXお転婆な女の子たちの姿が重なって、私達も大人になったものね〜、
と一人可笑しくなりながら、暗くなってゆく舞台に身を任せて。

シンガポール公演から早くも2年。
オペラ座の観客であるような臨場感は、歴史ある劇場ならでは。

終演後も、お客さんが皆会場を後にするまで、音楽を奏でてくれるオーケストラも素敵で、そのまま口ずさみながら、家に帰りました。

本当はコーヒーを飲みながら余韻に浸りたかったのですが、お店が閉まるのが早くて残念。ウィーンのようなカフェがあればいいのになぁ。。

家に着いたら、テイクアウトのケバブを晩ご飯としていたPM。。ありがとう。

[PR]
by HappyLah | 2009-04-06 23:35 | うちのARTS
やっぱりベートーヴェン <PM>
昼はバレンボイム指揮のウィーンフィルニューイヤーコンサートを観たあと、楽しみにしていたコンサートに出かけてきました。初めてのバービカンホールです。

演目は、

Riccardo Chailly指揮のLeipzig Gewandhaus Orchestra

Beethoven Symphony No.8

Beethoven Symphony No.9 合唱付き

No.8は、陽気に始まる4楽章構成。No.7完成の後に書かれた曲だけど(ってあたりまえ?)、実はNo.9の方が書き始めは早かったんだそうです。だから、もしNo.9が先に完成してたら順番が逆になってたかもしれないですね。ベートーベンが耳の療養を終えてから書いたNo.7とNo.8は、エネルギッシュな明るい曲で、初演も2曲一緒にウィーンで行われました。No.7とNo.9の大曲に挟まれたNo.8は、隠れた名曲で、僕ら2人のお気に入りに追加です。

そして、もちろん本命はNo.9。昨年ベルリンフィルのNo.9を聴きに行ったのが初の生No.9で、それからすっかり虜になってます。BBC Promsでも聴きに行ったのですが、ちょっとがっかりなパフォーマンスだったので、今回は尚更期待して出かけました。そして、僕らはもう大満足で。一楽章が終わって思わず拍手してしまいそうになる程に興奮してしまいました。実際に隣の席のお兄さんは、拍手しちゃいましたけど。

今回は、一番ステージに近い席で、目の前に1stバイオリンとコントラバスが。(あんまりこういう編成見た事なかったけど)おかげで、普段CDでは、なかなか聞こえて来ない音が良く聞こえたり、ボーイングが間近にみれたりと、普段のコンサートとは別の楽しみ方ができました。この曲は、結構コントラバスが目立つところがあるし。

そういえば、日本では、何故年末に第九なんでしょうね?

e0077152_4411043.jpg

[PR]
by happylah | 2009-01-03 04:41 | うちのARTS
The Nutcracker @Royal Opera House <PB>
e0077152_0323677.jpg

今年もあと一週間。
ここ数日穏やかな気温で助かっています。

今月は、アドヴェントのイベントでセントポール大聖堂のパイプオルガンの音色を聴くことができたり、教会で温かいキャロルに包まれたり、そこここでクリスマスの喜びを感じて、冷たい風が吹いていても、ぽっと灯りをもらっています。

そして何と言っても、この季節のお楽しみは...
大好きなバレエ、くるみ割り人形です。


昨年あれだけ興奮していたにもかかわらず、それ以上に心動かされた今回。
キャストは...

The Sugar Plum Fairy: Miyako Yoshida
The Prince: Federico Bonelli
Drosselmeyer: Gary Avis
Clara: Iohna Loots
The Nephew / Nutcracker: Ricardo Cervera

都さんの金平糖の精は、そのあまりの完璧さに、PMも私も言葉に出来ません。

技術的な素晴らしさはいうまでもないですが、彼女が出て来た一瞬で、空気が変わる。華奢な身体がはっきりと大きく見えるオーラ。その微笑み、可憐さ、全てこれまでの経験から培われたものであるはずなのに、今が旬のように初々しく可愛らしくて、きらきらしたエネルギーに満ちていて、正に金平糖の精!この世のものとは思えません。

2年程前に、NHKのプロフェッショナル 仕事の流儀で見た彼女が、どれほど努力家であるかを思い出し、胸がいっぱいになりました。

Sir Peter Wrightの演出は、とっても温かくて、何度も笑顔がこぼれてしまいます。英国の暗ーい冬には気が滅入りますが、これを見ることができて本当に感謝。

全幕見せ場な、時に愉快で、また情感溢れる音楽も大好きなのです。
お気に入りのCDを探さなくっちゃ。

毎年この季節、くるみ割り人形を観られることは私の幸せ。
これからも家族で一緒に、おばあちゃんになるまで恒例行事になるといいな。


[PR]
by HappyLah | 2008-12-24 03:27 | うちのARTS
Swan Lake @Royal Opera House <PB>
e0077152_1843078.jpg

先々週のことで記憶も薄れかけておりますが、久しぶりにRoyal Opera Houseにてバレエ観賞♪の喜びを記録。

夏休みもサマーバンクホリデーも無縁でしたPM。待ちに待った2週間の休暇に突入!いつもは開演直前に駆け込む劇場へも、夕方から余裕を持ってお出かけ。プレシアターメニューをいただくこともでき、夢見心地でした。

チャイコフスキーはPMも好きだし、白鳥の湖は何と言っても見応えがあるので行きたくなり、チケットの手配をしたのは遅かったのにもかかわらず、まだ席が割と残っていたのは、この日Odette/Odile役でしたAlina Cojocaruさんはケガのため、降板になるであろうと予測されていたためと思われます。

代役はRoberta Marquezさんかな?と思っていたところ、なんと彼女とKobborgさんも具合が悪いということでMarianela Nunezさん&Thiago Soaresさんに変更。彼女は一度観てみたいと思っていたので、降って来た幸運です。この日はその他キャストの変更も多く、バレエダンサーという職業がいかにハードかを物語っているようでした。Marianelaさんは、前日もTamara Rojoさんの代役を務め、連夜の舞台、しかも翌々日にはまた舞台。彼女まで身体を壊してしまうのでは...という我々の心配を吹き飛ばす華麗さ。しなやかな長い手足にうっとり。

第一幕のPas de troisを踊っていたアジア系の女性が、とっても軽やかで可憐で、印象的だなぁと思っていたら、Yuhui Choeさんでした。彼女は韓国人で、日本で生まれ育ったそうで、勝手に親近感が沸いてしまいます。

そしてやはり、白鳥のコールドバレエの美しさといったら!
PMもめずらしく一睡もせず、「美しかったね〜!」と喜んでおりよかった。笑
白鳥は気を抜く隙がないものね。

e0077152_19324379.jpg

カーテンコールにて。
Marianelaさん&Thiagoさんは公私共にパートナー。役の中とは異なった、素の愛情が伝わって来て、微笑ましいお2人。

ROHはどうしても良い席で観たくなってしまう(そして良い席はお値段が。。涙)ので、なかなか足を運べないのですが、今回初めてAmphitheatre(天井桟敷)の前の方に座ってみて、案外手足の先まで良く見えたので、もう少し積極的に通えるかな。。 

[PR]
by HappyLah | 2008-10-23 20:00 | うちのARTS
Shakespeare's Globe <PB>
e0077152_756486.jpg

日曜日の午後、テムズ川沿いにあるグローブ座まで、観劇に出かけてきました。

雨覚悟でしたが、お芝居の間は保ってくれてよかった。。この劇場は円筒型で屋根がないのですが、雨天決行なのです。
中央の平土間の立ち見席にはカッパ着用の人も。役者さんも、舞台は平土間のところまで続いているので、降られたら、ずぶ濡れになってしまうところ。

空は鼠色でも、突き抜けているので明るく感じます。


e0077152_757410.jpg

今回観た "The Merry Wives of Windsor" は、シェイクスピアが唯一故国を舞台にした喜劇。中産階級の奥さんたちのおしゃべりには、親しみが感じられ、舞台2階から音楽隊が奏でる、温かく陽気な音色も愉快でたまりません。
角笛のようなホルン?古めかしい楽器が出てくるのも楽しい。
それぞれの衣装も、生地の質感が素敵で目にも楽しく。

一人一人の役者さんの表情、しぐさなど見逃したくないくらい可笑しいので、目も耳も全身大忙し。実際はあまり欲張らず、心を空っぽにしてそこに座っているときが一番、台詞も理解できたような気がします。


e0077152_7574723.jpg

板張りの床の冷たさに、つま先だけ、かかとだけ、と足裏をべったりつけないようにしていても麻痺してきそうで、後半はずっと靴の中で足指を運動させていました。
ベンチシートに凍り付いてしまいそうなところ... £1で座布団を借りておいてよかったです。。
いつの間に日は暮れて、ますます気温は下がっていても、最後は舞台の皆さんと踊りだしたくなるくらい、浮かれ気分に♪


e0077152_758243.jpg

この日は、今シーズン最終日でしたので、演出家さんによるご挨拶も。
立ち見席には、本日が今年の公演観劇163回目!という常連のお客様がいらして、拍手、拍手!!!

冬の間は次のシーズンを楽しみに待ちながら、久しぶりに作品をじっくり読んでみようかなぁ、と思っています。

[PR]
by HappyLah | 2008-10-08 17:20 | うちのARTS
In our imagination <PB>
e0077152_19513966.jpg

怖いものは苦手です。にもかかわらず...

ふとしたきっかけから出会ってしまい、好奇心に身を任せた結果、、、恐怖に震え上がった昨夜。興奮して、なかなか寝付けませんでした。。

お友達に誘っていただき観劇、The Woman in Black

演劇王国のこの地で、興味はありつつも、実は初舞台。(しかも日本語!)
確か最後に舞台を観たのは、学生の時。田中眞紀子さんも学生時代所属されていたという、評判の高い学生劇団の公演を、やはりお友達に誘われて観に行ったのでした。記憶が遠いですが、小さな、小さな芝居小屋の一体感と、お腹が痛くなる程笑ったことは、よく覚えています。

今回も、その時よりは何倍も広いとはいえ、コンサート会場などに比べたら、とっても小じんまりとした劇場。小心者な私は、怖くなってくると明るい曲を頭の中に思い浮かべてみたり、逃避を試みるのですが、即引き戻されてしまい。。演じられているはずの世界から、なかなか現実に戻れずにおりました。

2人の役者さんと、限られた小道具で現されたシンプルな世界故に、想像力が膨らんでしまって、手に汗握り。。はっきり見えるものより怖い。小説を読んでいる感覚に近い気がしました。

ちょっとした間の取り方、声の表情、全身から伝わってくる緊張感...「これは、演じられているだけ」と冷静になろうとしても、魔法をかけられたように包み込まれてしまう不思議。これぞ、舞台の醍醐味なのかな。
(舞台を追い飛び回る、とちゃんに聞いてみたいです。)

メディアやPCを通して、いろいろなものを簡単に観たり、聴いたり、便利な世の中ですが、クラシカルな良さを改めて体感。

何度聴いても、その時の状況や自分のコンディションによって、様々なものを想い描き、新たな発見がある、クラシック音楽と似ている部分もあるような。想像力に良い刺激をいただく愉しみ。

こちらのフリーペーパーのWEB版にありました、上川さんのインタビュー。誇りを持って全力でお仕事と向き合っていらっしゃることが伝わってくる言葉。読んでいて、清々しい気持ちになりました。

[PR]
by HappyLah | 2008-09-12 21:22 | うちのARTS
Hopper & The Lewis Chessmen <PB>
e0077152_2346558.jpg

降ったり止んだり、湿り気を帯びたひんやりとした空気。9月らしいお天気です。
風が吹くと思った以上に寒く、カーディガンの袖に手を隠しながら、大英博物館へ。

お目当ては、"The American Scene"と題した、20世紀前半のアメリカ社会を描いた作品を集めた特別展。Edward Hopperの名があったので。

9月7日までの展示とあって、同じように駆け込みの人たち?が、お行儀良く作品の前に列をなしていて、日本の美術館を思い出しました(笑)。

Hopperはエッチング4点のみでしたが、白黒の世界に、彼の光と影の描写が一層際立って見え、あの、彼の描く、何気ない日常の空気感に吸い込まれました。

美術館はじっくり派なので、大英博物館は、いつも少しずつ。
まだ余力があったので、今回はヨーロッパのセクションもさらりと。

陶器やアクセサリーにばかり、目が。。(PMは先へ、スタスタ...)

ふと、いつもInfoでいただくMapに記載の、"DON'T MISS!"のものを意外に見ていないことに気づき、ちょうど近くにあったLewis Chessmenを探しました。
子供の頃遊んだチェスが、なんだか懐かしくて。。

このチェス、作られたのはおそらく12世紀頃ノルウェーで、スコットランドのルイス島で1831年4月以前に発見されたということ以外、謎に包まれており、ノルウェーからアイルランドへ渡った商人の持ちものだったのではないか?と推測されています。
11世紀後期、チェスは貴族の間で流行っており、当時のもので、これだけまとまって残っているものはないそうで。その精巧さったら!
暫く、正面から、横から、まじまじ観察。
思わず、ハリーポッターを連想(ミーハー)。

面白かったので、このチェスについて、今ちょっと調べてみていたら、本当に、映画でハリーとロンが遊んでいた、「魔法使いのチェス」のモデルとなったのは、このチェスらしく...驚きです。

それで有名になって、"DON'T MISS!"に加えられたのでしょうか?もしかして、これは日本のガイドブックには当然のように、観光ポイントとして載っていたりするのでしょうか?(我家にある「地球の歩き方イギリス」は2000-01年度版。。)



ここに来ると、いつも思い出してしまうもの。
それは、実家にあるロゼッタストーン。

20年近く前に、PBパパが出張のお土産で持って帰って来た、レプリカのロゼッタストーン。A4くらいの大きさで、ちょっと重い。
あれ、今でも売ってるのかな?とShopを覗いてみたら、B5くらいの、ロゼッタストーン・マウスパッドが並んでおりました。

弟の部屋で、埃をかぶっているに違いない、あのロゼッタストーン。。
アンティーク化して、少し良い感じになっているかしら?

[PR]
by HappyLah | 2008-09-09 01:48 | うちのARTS
ステンドグラス展@ナショナル・ギャラリー <PB>
e0077152_23245443.jpg

旅先でステンドグラスを観る機会が増えたので、今月17日までThe National Galleryで展示の"Art of Light: German Renaissance Stained Glass"に行ってみました。

教会などで観ると、うんと目を凝らして見上げても遠くて...細部はどうなっているのかなぁと思っていたので、近くで観てみて、絵画のようにガラスに絵が描かれているのが不思議でした。(もっと細かいガラス片でモザイクのようになっているものを期待していたので。)時代にもよるのでしょうが、今回の展示は15-16Cくらいのドイツのもの。

V&M Museum提供の、ステンドグラスを作る行程の映像がわかりやすくて良かったです。映像と共に流れている音楽が心地よくてPMはゆらゆら...(´〜`)むにゃむにゃ

見慣れたTrafalgar Squareが...

e0077152_042939.jpg

e0077152_23253977.jpge0077152_2326036.jpg

旧正月になっていて、もう一つの故郷が懐かしくなりました(笑)。

2008北京オリンピック→2012ロンドンへの架け橋として、今年は"China in London 2008"と題して中国文化や芸術を紹介する様々なイベントが催されるみたいです。

Xin Nian Quai La! Gong Xi Fa Cai!

[PR]
by HappyLah | 2008-02-09 22:30 | うちのARTS
The Nutcracker @ Royal Opera House <PB>
e0077152_9443694.jpg

もう一週間も前のことになりますが...
(あれだけのろのろと旅行記を書きながら何を言っているのかしら私)

クリスマス明けセールももうそろそろ終わりますが...

ロイヤル・バレエのくるみ割り人形を観てきました。

引っ越しのバタバタでぼーっとしていて、チケットを取ろうと思った10月始め頃には、すでに12月の公演は良い席がほとんど残っておらず。。。

都さんはもう無理でも、大好きなくるみ割りなので良い席で観たい!
PMも仕事でおじゃんにしたくない!
...というわけで週末、...結果最終日に。
金平糖の精&王子役はRoberta Marquezさん&Ivan Putrovさん。

e0077152_1011048.jpg

e0077152_1053443.jpg

会場に入っただけで、もう嬉しくて嬉しくて、頭の中ではすでにくるみ割りの音楽が始まって、心が踊りまくり♪(身体は踊れないところが悲しい...。くすん。)

第一幕の始め、金管が時々濁った音を発していて不安になりましたが、すぐに舞台に引き込まれて気にならなくなったので、始めだけ調子が悪かったのかな?

衣装と演出が上品で素敵でした。さすが、歴史が伴っているというのは違うものですね。

それからとっても印象に残ったのが、男性陣の軽やかさ。ダイナミックに舞っていても、なんと静か。特にPutrovさん、足音がほとんど聞こえず、ふわりふわりと降り立つ一瞬一瞬がなんとも美しかったです。

e0077152_10431058.jpg

音楽も気持ちもどんどん盛り上がってゆく終盤は、「あぁ、もう終わっちゃうぅ〜。あと少しだけ...」と興奮と寂しさでいっぱいでした。
また来年を楽しみに...。

チャイコフスキーは素晴らしい!!!

[PR]
by HappyLah | 2008-01-28 10:59 | うちのARTS