ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:アート ( 55 ) タグの人気記事
ダ・ヴィンチ・コード -The Da Vinci Code- な1週間 <PB>
e0077152_3213248.jpg遅ればせながら観てきました、ダ・ヴィンチ・コード!
映画を観る前に原作を読みたい!と思いながらも、手をつけたら眠れないでしょうとの予想通り・・・どっぷりはまり火曜から金曜まで4日間読み続けました。

そして土曜日映画館へ。今週は正にダ・ヴィンチ・ウィークでした。(おかげでPCにも向かえませんでした~)
鑑賞後すぐにPMと思うところを存分に語ってしまいました。映画鑑賞後、こんなに白熱したのは久しぶりです。

さて、世界的現象を巻き起こした原作→映画化の気になるところですが・・・
今思うところがたくさんある方、お話したいです(^^)。
原作/映画はこれから・・・という方はここまでで。お楽しみ後、またお会いしましょう♪

内容に触れますが、読んでもかまわないよという方はどうぞ!

[PR]
by HappyLah | 2006-05-28 02:19 | うちのARTS
WEST SIDE STORY♪ <PB>
e0077152_1944173.jpg興味はあるのですが、数えるほどしか見に行ったことのないミュージカル・・・
年末から大々的に宣伝していたので、なんとなく気にはなっていたのですが見逃しそうだったウエスト・サイド・ストーリー(WEST SIDE STORY)@Esplanade
すごくよかったよ~!!という話を聞いて思わず、見に行ってきちゃいました!
ぎりぎりでもチケットを取るのに苦労せず、思い立ったら行けるのもシンガポールの良いところ。

恥ずかしながらストーリーもきちんと知らず、上記サイトで予習をしていたら一人で段々と、盛り上がっておりました♪
そして、期待して臨んだ初「ウエスト・サイド・ストーリー」だったのですが・・・非常に穏やかな鑑賞となりました。
マナーよく、割とおとなしいシンガポールの観客の中だったから??
と思ったりもしたのですが、最大の理由は・・・

主役の2人に感情移入できない私では・・・?!ハッ!Σ( ̄□ ̄;

ティーネージャーの頃に見ていたら、もっと感動していたかも?

音楽は申し分なく素敵だったし、躍動感溢れるステージを堪能したにもかかわらず、終わった後の興奮や余韻が足りませんでした。くすん。。。(ノ_・。)

今年の夏、Bunkamuraオーチャードホールでも公演予定みたいです。こちらに出ていました。
ちなみに、私はアニータ役の女性に魅了されました☆

ミュージカルも、ダンスも音楽も、映画も・・・そのときの自分のコンディションや環境によって受け入れ方も変わってくるし、得るものもそれぞれなのかもしれません。次に鑑賞するときはもっと感動できますように・・・☆

[PR]
by HappyLah | 2006-04-25 23:21 | うちのARTS
タイムトラベル・・・中国って面白い♪ <PB>
シンガポール川沿い、橋を挟んでフラトン・ホテルの向かいにアジア文明博物館(Asian Civilization Museum)という大きな博物館があります。
最近午後になると雨が降ることが多いので、さらりとしか訪れたことのないこの博物館をじっくりと2人で探検してみることにしました。

e0077152_245545.jpg

大改修工事の後、2003年にオープンしたこの博物館の建物は、植民地時代は政府官庁だったそうです。近くには現在アートシアターとして使われているコロニアル調の旧国会議事堂やラッフルズ像もあり、植民地時代の雰囲気溢れる界隈です。博物館には東アジア・東南アジア・南アジア・西アジアの5000年の歴史を語る1300もの展示があるそうです。シンガポールはまだ建国40年程ですが、ここは国民のルーツである中国・マレー・インド・イスラムなどの文明を知ることができる文化遺産の宝庫!!!

タイミング良く、14時からの英語ガイドツアーに参加することに。
本日最終日となる特別展示「powerdressing」を約45分間案内していただきました。

e0077152_312866.jpgpowerdressingには・・・
紀元前5世紀から20世紀初頭に亘る中国の皇帝や高官が身に着けていた服や勲章(同じく織物でできています)、家財装飾用リネンなどが125展。

これらは全て、Chris Hallさんという方のコレクションだそうです。
特に興味深かったのは、服のデザインや施された刺繍の絵からいつの時代のもので、どんな人が着ていたものかがわかるということ!例えば、9つの龍が描かれたローブは皇帝のものだそうですが、8つしか見つからないので目を凝らして探しました。最後の龍は皇帝自身とする説や、実は襟の部分に見られる小さな龍がそうだ、と言う説も。

権力を表すもの(斧、1つの角を持つ架空の動物など)や、幸運を表すもの(キジ、魚など)等、こまごまと刻まれた絵を見ているのは飽きないものです。日本も影響を受けているなぁと感じるものもあれば、「ん?」と思うようなものも。コウモリが皇帝の服に描かれていたり(幸運を意味するらしいです)、不気味な架空の花が「如意」を表しているとか・・・。旧正月に見かけたいろいろなものに通じる気もしたりして。。。

e0077152_3252612.jpg私が一番気に入ったのは、会場内でも一際目立っていたこちらのローブ。

この鮮やかな色は、持ち主の女性が自分の肌を最も美しく見せてくれる色だから、と作らせたそう。彼女が好きな菊の花(長寿を表すそう)や、幸運を表す漢字がこれでもか!と言うほどいーっぱい描かれています。ガイドさんは「キチガイね」と笑いをとっていましたが、本当に綺麗なローブ!
オーダーメイドで自分が心地よい服を着ていたら、気持ちも上向きになって、実際に幸運が舞いこんできそう!時代を超えて、女性は共感できますよねっ(笑)。

中国のモチーフが象徴する意味を考えてシンガポールを見渡してみると、風水同様いろいろ発見できて、面白そうです♪

短パンのPMが凍えてきたので、テラスでの食事とコーヒーで身体を温め、もう少し探検。
博物館はとっても広いので興味のあるものに絞って周ったつもりですが、あっという間に数時間経過。イスラム文化を見ていたら別のガイドさんの説明が始まったので、またくっついて行って聞いたり。歴史がないようで、たくさんの歴史が詰まったシンガポールです。

[PR]
by HappyLah | 2006-04-23 22:39 | うちのARTS
映画が変わる?期待の新スポット登場!<PB>
私がこちらに来てからずーっと工事中で土埃が舞っていたところ。何ができるのかなぁと楽しみにしていたところが、3/24にとうとうオープンしました!
シンガポールの映画館の一つ、CATHYの新しいシネコン、THE CATHAY CINEPLEXです。
もともとCathayビルがあったところを改修工事していたみたいです。
生まれ変わったモダンな外観、夜は眺めているだけでも綺麗な建物で、オープン前から毎晩ライトアップされておりました。早速PMと偵察へgo!

e0077152_18143119.jpg

写真では紫の光の窓のところは、様々な色に幻想的に変化していきます。
まだ5&6階の映画館しかオープンしていないのですが、Starbucks, Ya Kun Kaya Toast, Taylarmade, 日本食レストランや雑貨屋さん等、多数ショップが入店予定となっていました。
Box Officeと売店の階には、待ち時間に利用できるフリーのインターネットアクセスもあり、開放的にスペースが設けられています。

全8つの映画館のうち1つはTHE PICTUREHOUSEといわれる、ゆったりとした皮張りのリクライニングシートが82席のみ備えられたミニシアターです。オープン記念で3/29までFilm Festivalと称し様々な外国映画や前衛的な映画がS$10(約700円)で、こちらで観られます。ベルリン国際映画祭にノミネートされた浅野忠信出演のInvisible Wavesという作品もこの中に入っていたのが気になりました。
THE PICTUREHOUSEは芸術性の高い映画やインディペンデント映画の公開を主とするようで、面白い作品に触れる機会が増えそうだなぁと嬉しく思ったのですが、仕組みがイマイチよくわかりません。基本は会員制のようで、現在HPにて映画に関するクイズに答え登録した人の中から、全問正解の人に抽選で年間会員権をプレゼント!というプロモーションが行われています。この登録は在住者に限るので、外国人は永住権を持っていなければ応募できないそうで、残念・・・。このFilm Festivalのような企画が頻繁にされて、会員でなくても利用できる機会が設けられれば良いな。

e0077152_20492473.jpgTHE PICTUREHOUSEには映画が始まるまで飲み物を手に寛いだり、鑑賞後は余韻に浸りながら語れるラウンジが併設されています。→
ミニシアターファンには心行くまで同朋と作品を堪能できる、嬉しい設備ですね。

THE PICTUREHOUSE以外の映画館のシートは布張りですが、足元のスペースがゆったりと設けられているそうです。日本では今や当然の・・・映像や音響技術、カップルシートなどを謳っています。最新の設備環境を備えたシネコンがミニシアターも兼ねている(会員専用かもしれませんが・・・)のは面白そう。金・土曜日と祝日前夜は24時間営業なので若者の新たなナイトスポットとしても話題になりそうです。24時間営業のお店が多い我が家周辺は、より一層週末の夜が騒がしくなってしまうかも・・・(-_\)

[PR]
by HappyLah | 2006-03-26 23:00 | うちのARTS
The Nutcracker @ Esplanade <PB>
クリスマスといえば、「くるみ割り人形」。そこで、シンガポールで唯一のバレエ団、Singapore Dance Theatreによる公演に行ってきました。Bondi.Blueさんが記事:The Nutcrackerに書かれているように、芸術文化は多少遅れぎみのこの国のバレエ団ということで、どんなものかなと思って出かけたのですが、予想以上によかったです!!!もう1度見たい!と思ってしまいました。

最終日だったので、疲労からか金平糖の精がぐらぐらした時や、ダイナミックさがもう少し欲しい男性ダンサーのジャンプに、「頑張れっ」と心の中で呟いてしまいましたが、本当に楽しかったので大満足です。衣装や演出が印象的でした。

各国の踊りでは、背景に闘牛の絵+「SPAIN」などわかりやすく国名を出していて、多民族+在住外国人も多いシンガポールらしい演出だなぁと思いました。後ろに座っていた小さなお子ちゃまは国名が出る度に声に出していて、かしこいっ!しかし「ARABIA」と出た瞬間

お子ちゃま "Mom, what's this?"
ママ "This is ARABIA."

そこへエキゾチックな衣装をまとったダンサー登場(この衣装がとても素敵でよかったね~とPineapplemanと意気投合)。その時背後で一言・・・

お子ちゃま "Oh! ARIBABA. This is ARIBABA! Is this ARIBABA?"

アリババと40人の盗賊!?になってしまったの。ゞ( ̄∇ ̄;)か、かわいいっ♪

「CHINA」の踊りでは、始めにチャリンチャリンとベルを鳴らしながら自転車に乗った人達が登場するという、お茶目な演出に皆大笑いでした。

e0077152_215899.gifお疲れのPineapplemanは雪の国の部分で舞台が暗くなったからか、一瞬こっくりこっくりしていて焦りましたが、すごく楽しんでくれていてよかった!(*^▽^*)

「くるみ割り人形」は子供からプロのダンサーまでたくさんの人で成っているので、やはり楽しい♪子供にも大人にも夢を与えてくれるストーリー、心躍る名曲&華やかなダンサー達に魔法にかけられたよう。これからも、クリスマスには家族で毎年見に行きたいです。

[PR]
by HappyLah | 2005-12-23 23:47 | うちのARTS