ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:イベント ( 44 ) タグの人気記事
Jaeger-LeCoultreマスタークラス <PM>
先日、腕時計ショーとJaeger-LeCoultre主催のマスタークラスの招待状が届いた。ロンドンで毎年開催されている時計ショーのようで、今回はSlone SquareのSaatchi Galleryにて開催とのこと。今まで、店頭の時計を眺めることはあっても、時計ショーに行くような機会はなかったので、すごく楽しみにしていて、PBはあきれ顔。ちなみに、招待状は僕にしか来ていないので、PBは留守番しているとのこと。スミマセン。
e0077152_2351492.jpg

普段は、現代美術を中心に無料開放しているSaatchi Galleryですが、今回はPrivate Eventということで招待状/チケット保有者のみが入場を許されるらしく、通常展を期待して来た旅行者などは、容赦なく追い返されていた。ゴッツイ兄さん2人がゲートのところで仁王立ちしていて、何となく近づきがたい感じ。でも、招待状持ってる人にはとても愛想がよく、そうでない人には「どうせ今日は時計しかないからまた来な」などといっている。 まぁ、興味のない人にとってみればそんな物なんだろう。ゴッツイに兄さんたちの門をすぎれば、その先には、笑顔が素敵なお姉さんたちが迎えてくれる。そこで、フロアマップをもらい、いざ展示室へ。
e0077152_23531275.jpg

今回はJLの展示を見るのとマスタークラスに参加するのが主目的でしたが、入った瞬間から目を奪われる時計ばかり。まずは、全部の展示をささっと見て、その後ゆっくりと興味のあるブースを見て、話を聞いて、時計を触って、なんてやっていたらいつの間にかマスタークラスの時間に。もし、PBが一緒だったら、あきれて帰っちゃってたかも。
JLのマスタークラスでは、実際に時計のムーヴメントをバラして組み立て直すなんてことができ、実際のエンジニアから話を聞いたり、普段思っている質問をしてみたりとこれまた2時間のクラスでは足りない内容。
e0077152_23582533.jpg

ReversoのCal.875ムーヴメント
小さなビスを外して、部品を一つ一つ取り外し、順番に並べて、またもとに戻す。これがすごく肩がこる緻密な作業。バラすのはまだ良いとして、組み立て直すのは、本当に神経を使います。
e0077152_23583256.jpg

そして、最後にきちんと動くかをチェックします。慎重にリューズを巻いて・・・

ちゃんと動きました。パチパチパチ。まぁ、結構苦戦してエンジニアの人にやってもらったところもありましたけどね。それにしても、本当に貴重な体験をさせてもらいました。自分の時計でそんなことする分けにはいかないですしね。
最後に、修了証と写真、そして重いカタログをいただいて閉館の時間となりました。


[PR]
by happylah | 2011-11-12 23:07 | 初体験☆
The Czech Philharmonic @ Proms
e0077152_449756.jpg

自宅でゆっくり過ごしたバンクホリデーの連休に。
直前にチケットをとって出かけてきました。

ふと思ったこと:遠くにいかなくても、充分エキサイティングだ、ロンドン。

本格ボヘミアンに浸れる選曲+グリーグ唯一のピアノコンチェルト。なんて美味しいプログラム!

360度、音に包まれて、音のしゃぼん玉の中でふわりふわりと浮かんでいるような感覚に陥るドヴォルザークホールと比べてしまうと、音が遠いよ〜、と手を伸ばしたい気分。
ロイヤルアルバートホールの音響は座席によってかなり異なるのですが、音が上に飛んでしまうのかしら?悲しいかな、とっても遠い。。

でも弦の素晴らしい音色に聴き惚れ、最後のドヴォルザークの交響曲第8番の頃には、ホールいっぱいの熱気に包まれて、あぁ、やっぱり来てよかった〜、と思いました。

8番は、初めロンドンで出版されたことから、昔は「イギリス」「ロンドン」とも呼ばれていた曲。
100数年前、何度もロンドンに来ていて、自身がこのオケの指揮棒を振っていたドヴォルザーク。
そして116年続いているプロムス。

音響如何ではなく、この音楽祭がこうしてあって、ここにいられること、いろいろな巡り合わせを嬉しく思いました。

この後一週間、我家の鼻歌はこればかり。就寝前は、このLive録音をiPlayerで繰り返し聴いていたら、気分が高揚してしまい寝不足に。。

Dvořák Overture 'Carnival'
Martinů Fantaisies symphoniques (Symphony No. 6)
Grieg Piano Concerto in A minor
Janáček The Ballad of Blaník
Dvořák Symphony No. 8 in G major

Lars Vogt piano

Czech Philhamonic Orchestra
Sir John Eliot Gardiner conductor

Encores:
Chopin Nocturne in C sharp minor
Dvořák Slavonic Dance

毎晩楽しませてくれたプロムスも今週末最終夜を迎えます。
来年もまたここにいられたらいいね〜、と思わず呟く私達。


[PR]
by HappyLah | 2010-09-09 06:19 | うちのARTS
Beethoven Night @Proms <PB>
e0077152_18471735.jpg

プロムスのシーズン到来により、通常Classic FMな我家のBGMもBBC Radio3に。
毎晩楽しませてくれる夏の音楽祭、コンサートにまつわるインタビューなども面白く、私の耳は大忙しです。

今年の我家の初プロムス@会場RAHとなったのは、オール・ベートーヴェン・プログラムのこの晩でした。

私は一足お先にお友達とRoyal College of Musicで行われるProms Plus(その日のPromsに関連したトークが行われていて、同じチケットで参加できます)で、ケンブリッジ大の歴史学者X昨年バービカンで公開されていた"In Search of Beethoven"の映画監督による、"Beethoven the Romantic"と題したお話を聴いてから行きました。

印象的だったのはベートーヴェンは多分、始めてファンというものを持った作曲家であったこと(人々がどんな人なのか?外見は?と知りたがった)。また、彼の生きた時代背景、手紙に見られる人格などを追った上で、それによって彼の音楽に対する自分の在り方は変わるか?の問いに、スピーカーからは①音楽は純粋に音楽として楽しむ。作曲家の人生とは別、②作曲家を知ることにより楽しみが深まる、と二分した答えが返ってきていましたが、私は後者だなぁ、もっともっと彼のことが知りたい!とお話を聴いてまた熱が上がりました。

さて、そして向かったコンサート。


Prom 14: Deutsche Kammerphilharmonie Bremen

Beethoven Symphony No. 1 in C major

Beethoven Violin Concerto in D major

Beethoven Symphony No. 5 in C minor

Hilary Hahn violin

Deutsche Kammerphilharmonie Bremen
Paavo Järvi conductor

この組み合わせを見たときから期待大!で、その期待に応えてくれたオーケストラ!弦と木管の美しい音色が素晴らしく際立つ構成。何よりPaavo Järvi氏自身が心から楽しまれていて、オケとの信頼関係がよく見える演奏でした。

トランペットの形が変わっているね、と話していたのですが、このオケは当時のように演奏するという姿勢のため。
例えばSymphony No. 5の一楽章冒頭は、「Da--- Da--- Da--- Da-------!!! とスローにしない。このシンフォニーにスロームーブメントはなく、もしあったとしたら、ベートーヴェンの耳のためかメトロノームが故障していたからだよ。」とPaavo Järvi氏。彼のインタビューは後日iPlayerで、興味深く聴きました。

その言葉通り、彼の振る一楽章はトップスピードで余分なためがなく、アクセントが利いていて小気味良かったです。

Violin Concertoのソリスト、Hilary Hahnについては、少し予習をして行った段階で、「なんて才女なの!!」と興奮気味だったのですが、演奏後はすっかり虜に〜。三楽章が有名ですが、楽しみにしていたカデンツァ、一楽章からうっとり。

Hilaryはアンコールに応えて、Bach Partita からGigueを弾いてくれました。

客席からの止まない喝采に、オーケストラも2曲も追加で披露してくれました。

Encores:
Beethoven Symphony No.8 2nd mov.
Sibelius Valse Triste

e0077152_18472247.jpge0077152_18472524.jpg

今年も一年に一度のビッグ・ギフト、PM同僚のご好意に甘えさせてもらって、この夜は友人達とボックス鑑賞でした。

今回は5歳の小さなヴァイオリニストも同席してくれて、いろいろな人とシェアできる音楽の魅力を再認識。

ピアノで弾きたい曲は限りなくあるし、ベートーヴェン様のことももっと知りたいし、楽しみは尽きません。音楽はいいなぁ〜。

[PR]
by HappyLah | 2010-07-29 20:10 | うちのARTS
A festive season <PB>
e0077152_22102080.jpg

一年で最も日が短い月となりました。

日の出は8時近く3時過ぎには暗くなるので一日があっという間。

ばたばた、いらいら→現実逃避→ばたばた、いらいら→現実逃避→
、、を繰り返しております。

例のごとく降ったり止んだりで、暗いのですが、イルミネーションと人々の活気(熱気)のおかげであまり寒く感じません。今年は比較的暖冬?それとも私たちが慣れただけかな?

取り急ぎこの雰囲気をお届けしたいなと思い、現実逃避中。苦笑

なかなか更新できず心苦しいので、ちょこっとずつでもupしていきたいな、と反省。こんな日記ですが、時々思い出して、限られた時間の中、遊びに来てくれる皆に感謝です。ありがとうございます♪

親知らずを抜いたPMは集中力欠如+離乳食のようなごはんでないと食べられず気の毒、、私は食欲ありすぎで困ります。特にこの季節はチョコレート中毒が重症で、とうとう顔に吹き出物が。。焦

でも2人とも風邪もひかず元気にしてます。


慌ただしい時節、皆さま体調にお気をつけくださいね。


e0077152_22151876.jpg

[PR]
by HappyLah | 2009-12-09 23:11 | 身近ニュース
First Bite <PB>
e0077152_242714.jpg

はじめての共同作業!

ハワイでは、そのカットしたケーキを、新郎新婦がお互いに食べさせてあげるのが習慣。ケーキの大きさは愛情だ、といわれます。

いたずらっ子な目で巨大な一口を差し出すふたり。
好きな人に意地悪したくなるのは永遠?笑

日本の会社によるレセプション会場だったので、ケーキもお料理も日本的!

私、完食しちゃった〜〜(Aちゃん)
披露宴で完食する花嫁!?(あ、私もそれに近かった、、笑)

Aちゃんがもぐもぐほっぺを膨らませている瞬間を、PMがしっかりカメラに収めていて、アルバムを作りながら2人で大ウケしてしまいました。ごめんね。>Aちゃん

美味しそうに誰かが何かを食べているのって、なんだかほっと幸せな気持ちになるので、実はこの証拠写真はお気に入り。秘蔵の一枚です。


e0077152_263446.jpge0077152_274493.jpg

これからもたくさんの「美味しい!」を共感できますように。Happy Marriage♪

[PR]
by HappyLah | 2009-03-03 12:00 | くいしんぼーちゃん
いよいよ <PM>
e0077152_93521.jpg

親族としてのウェディング参列、初めての経験です。お天気が少し心配でしたが、なんとか。

今回は、このためにカメラを新調いたしました。ずっと購入を考えていたデジイチ。日本で買うか、ロンドンで買うか迷いに迷い、結局日本の通販で購入。そして、親にハワイまで持ってきてもらいました。そうです、触ったこともないカメラで結婚式の写真を撮ろうなんていう無謀なことを考えていたのです。まぁ、いくら一眼レフといったって、Auto機能はついてますからね、

いざというときは、カメラに任せれば
という安易な考え。それでも、前の晩は、説明書を必死に読みましたよ。

それにしてもたくさん撮った。800枚くらい撮ったみたい。今になって考えると、

お前、親族なんだから大人しくしてろよ
って、参列した皆さん思ってたかもしれませんね。

妹よ、日本から、ロサンジェルスから参列してくれたお友達(そして、地球の裏側から来た兄夫婦)に感謝しなよ。(笑い)

二人とも、ほんとにおめでとう。お幸せに。

e0077152_9123085.jpg

[PR]
by happylah | 2009-03-03 10:00 | 初体験☆
Happy Chinese New Year! <PB>
e0077152_20303771.jpg

今年もシンガポールのSちゃんから、ピンクの封筒が届きました。

おみかんがなかったので、とりあえず洋梨を並べて縁起をかついでおこうかと。

年が明けたと思ったら、もう一月が去ってゆくなんて〜、と早くも日常に流されつつある2009年に、しゃきっと、また気が引き締まる想い。

カレンダー的に、今年は早いChinese New Year。
おかげで春はもうすぐ、って気分♪ 春よ来い、来い!


[PR]
by HappyLah | 2009-01-28 01:45 | 異文化を見る(ё。ё)
German Christmas Market <PB>
e0077152_19462429.jpg

ドイツ南部、シュトゥットガルトは自動車発祥の地でもありますが、私が楽しみにしていたのは、世界最大の一つともいわれるクリスマスマーケット。
写真を整理してみたら、ほとんど車に主役を取られておりました。とほほ...

空港から、白銀の世界を街に向かって走るSバーン。
砂糖菓子のように雪で覆われている針葉樹たちが全てツリーに見えて、「綿の雪じゃない、本物だよ!(当然です)」と2人共始めから興奮ぎみ。

チェックインして早速、小雪の降る中わくわくと、マーケットへ出かけました。
ニット帽のおかげで傘いらず、また平日の昼間、しかも雪のためかお客さんは少なめで意外に歩きやすく、隅々までゆっくり見ることができました。クリスマスショッピングは体力を要しますからね。。


e0077152_19534049.jpg

木のぬくもりに惹かれて、あっちへふらふら、こっちへふらふら。。

くるみ割り人形が欲しい、と言っていたPMですが、「どうしてみんなコワい顔...」とお気に入りのコがみつからなかったようです。
そりゃあ、くるみをカジカジしなくちゃいけませんからね。。


e0077152_1957466.jpge0077152_19584885.jpg
e0077152_2004393.jpge0077152_202371.jpg

始めは子供用を飲んでみたのですが、もの足りず。
アルコールがほとんど飛んでいるので大丈夫だね!こっちの方が美味しい!と、すぐに安心しきってグリューワインをゴクゴク。温まるので何度もゴクゴクゴク。

昼間、モクモクと炭火で焼かれているmackerel(サバ)を見つけて、次はあれを食べよう!と翌日の夜戻ってみたら、行列が。立派なの一匹+切れ目の入ったパン2つをいただき、挟んで食べても、そのまま食べても美味!ワタを取ったところに、たっぷりと塩こしょうされていて、脂がのっていて、アツアツのところを2人で一気につついて、ごちそうさまでした。


e0077152_2034061.jpg

金曜の夜はお仕事帰りの人たちもここで一杯やっていくのか、溢れる人の波。

でも、賑わっているほうが雰囲気あっていいね、と調べてきたコンサートにも行かず、連夜ライトアップされた各ストールの屋根飾りに見とれていました。


e0077152_203131.jpg

e0077152_2095390.jpg

窓がアドヴェント・カレンダーになっていたりして、子供から大人まで楽しみに待っているクリスマス。家族と遠く離れて暮らしているのが身にしみる季節です。


[PR]
by HappyLah | 2008-12-19 22:44 | 異文化を見る(ё。ё)
Thanks & Bye bye, Proms 2008! <PB>
e0077152_3592866.jpg

朝晩のひんやりとした空気に身震いしつつ、灰色の空の影に、まだ薄らと光を感じてほっ、と安心。

先週末でPromsも終わってしまい、 いよいよ...。夜がじわじわと進出してきています。
(我家にとって今年最後のPromとなったLast night前夜は、PMが日記を書き途中。後日up予定です。)

The Last night of the Promsは自宅でのんびり観賞。
恒例の、Elgarの威風堂々&国歌を熱唱して、2009年のPromsまでさらば!
何だか年末の紅白歌合戦を観ているような心境になってきて、2人顔を見合わせて笑ってしまいました。
とはいえ、夏の間2ヶ月近くに渡って毎晩クラシックコンサートが催されるという、100年以上も続いている祭典。世界の名立たるコンダクターにオケ、演奏者も集まるし... 歴史と文化の厚さを思うと、うーん... 紅白を連想しては失礼。

Last nightはスコットランド、ウェールズ、北アイルランド、ハイドパークなどの野外会場でも同時にコンサートが催され、全英中で沸いています。Promsにはあまり興味のない人も多いPMの会社でも、Last nightだけは皆の話題に上るほど。やっぱり紅白を連想してしまいます。笑

毎晩BBC Radio 3ではライブ放送が聴けるので、夕食はPromsをBGMにという日も多く。気になっていながら聴き逃したものは、PCからBBC iPlayerで就寝前に観賞したり、BBCのおかげで優雅な気分で、夏の夜を過ごすことができました。

まぁ、 年間£140もTV LICENCEをお支払いしているのですから、このくらいのサービスは当然、という気もしないでもないですが。

Royal Albert Hall(RAH)は、今までいろいろな席で観賞してみましたが、どうも音響が...。金管があれっ?と思うことが多いのです。ホールが大きすぎる&録音などのためにマイクやスピーカーが使われているから? PM曰く、「あのホールは音が上にあがる。」

実際RAHで観賞したものを、自宅でiPlayerで再び聴いてみると、録音の方がオケ全体のバランスは良いことも。。音響はRoyal Festival Hallの方が好きなのですが、音楽をイベントとして楽しめるところがRAHの魅力かな。

Lang LangのPromはiPlayerで観たのですが、ステージがアリーナの中に作られていて、360度それを囲んだプロマーの立席から手が届きそうなくらい!ピアノが近くて驚きました。

写真は、今年の春頃、RAHにて。PM同僚お勧めの、"Classical Spectacular"と題したコンサートは、英国人の愛する曲オンパレード!最後は、ホール内で花火まで上がり、ユニオンジャックと歓声に囲まれて、圧倒された我々。

The Last night of the Promsは、ユニオンジャック、イングランド、スコットランド、ウェールズの国旗が多い中、海外の国旗も見られ、この何倍も熱狂していました。愛国心、強いですね〜。愛国心はあれど、日本人はやはり何事も控えめに... ちょっと国旗は...。

[PR]
by HappyLah | 2008-09-18 05:22 | うちのARTS
BBC Proms ベートーベン第九合唱付き <PM>
e0077152_748510.jpg

e0077152_742885.jpge0077152_7432136.jpg

e0077152_744898.jpg


Wagner Parsifal - Prelude, Act 1 (13 mins)
Penderecki Threnody 'For the Victims of Hiroshima' (9 mins)
Segue
Beethoven Elegischer Gesang, Op.118 (6 mins)
Interval
Beethoven Symphony No.9, 'Choral' (63 mins)
Emma Bell soprano
Jane Irwin mezzo-soprano
Timothy Robinson tenor
Iain Paterson bass

City of Birmingham Symphony Chorus
BBC Philharmonic
Gianandrea Noseda conductor

いくら第九好きとはいえ、今回のこの第九にはちょっとがっかりでした。ベルリンフィルの素晴らしい第九を聴いたあとでは、そうなってしまうのでしょうか・・・。ロイヤルアルバートホール、スピーカー使わないで生音だったらもう少し良かったかもしれないのに。
[PR]
by happylah | 2008-09-14 07:46 | うちのARTS