ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:ゴルフ ( 8 ) タグの人気記事
初ゴルフ <PM>
ロンドンに来てからもうすぐ2年が経つというのにまだゴルフしてなかったなんて、とても大きな声では言えませんが、ようやく機会に恵まれました。

さすがに一度も練習せずにプレーするのは気が引けたので、その前の週に打ちっぱなしへ。バスに乗ること20分、徒歩15分でたどり着いた練習場は、9ホールのショートが隣接している。打席も2階建てのベイだし、思ったよりもボール代が安かったので、今後もがんばって通います。

さて、2年ぶりのゴルフの結果は・・・13ホールで中止となりました。その日の天気予報は雨。でも、雨は降らずに霰がたくさん降ってきて、帽子かぶっていても頭や顔にあたって痛い思いをしました。一応ダボペースでまわれていたので、2年ぶりにしてはよくできたのではないかと思っています。

そこのゴルフ場は、お風呂もあったし、クラブラウンジではラーメンが食べられるなど、日本のコースのようでした。素晴らしい!また行きたいです。今度は18ホールちゃんとまわって、(できればカートに乗って)気持ちよいお風呂に入るのが目標です。

[PR]
by happylah | 2009-03-28 23:04 | 初体験☆
意外な国際交流 <PB>
シンガポールにはいろいろな国の人がいます。年中観光バスや旅行者も見かけますし、我家のような駐在者もたくさん暮らしています。
よく外で食事をしていたりすると、隣から聞こえてくる英語も様々。シングリッシュ以外のイントネーションだと「どこから来た人か?」PMと推測して楽しんだりしています(あくまで勝手な推測⇒妄想の世界)。

先日ゴルフの練習場で、相変わらずへなちょこなスィングをPMに直してもらっていたところ、後ろからきれいな英語で「もう少し腰を捻るといいですよ」とアドバイスをいただきました。
振り返ってえへっ(*^^;)と笑ってお礼を言ったら、「もう少し」と今度は流暢な日本語が!

東洋的な顔立ちなので、「日本人の方だったのですね!」と思わず声を掛けると・・・
「いえ、カナダ人です。」・・・(*・。・*)あらまっ!

それからその方は、「ゴルフは紳士のスポーツです。野球打ちはいけません。間違った力の入れ方をすると痛めてしまいますから。」と、初めてクラブを握る人に教えるように丁寧に、私に入門レッスンをしてくれました。

彼に教わった通りにやってみると、嘘のように軽く飛ぶではないですか!先生に付くって、こういうことなのね・・・と実感。

これでは私を指導してくれていたPMの面子がっ!とお思いかもしれませんが、素直に喜んでくれる大らかな良き夫、PM。(*^^*)

私がすごい集中力を発揮して練習に没頭している間、その私にとっての新しい先生のお友達ともPMは世間話に花を咲かせていたらしく、お友達は日本の大学に留学していたというアメリカ人で、やはり日本語が上手だったそう。

とってもわかりやすくて、ほんの少しだけど何回かは気持ちよく打てて、タダでこんなにレッスンしてもらっちゃった~♪(⌒∇⌒*)/と浮かれていましたが、後ろから見ていて、私のスィングよっぽどひどかったのでしょうね。。。彼、気が散って仕方がなかったに違いありません・・・。

e0077152_2495686.gifカナダは移住したい国No.1でしたが、親切なカナダ人に出会い、更に株上昇!

[PR]
by HappyLah | 2006-06-24 22:24 | 外国語と海外生活
大きな買い物 PM
最近2週末連続でゴルフの機会があり、感じたこと・・・ドライバーが飛ばない。確かにパワー不足の僕ですが、使っている1Wも化石に近いGreate Big Birtha。これは、前の会社の方から3000円で譲っていただいたもの。その前に使っていたBig Birthaが最初の1Wで、これも大学の先輩からUS$100で譲ってもらったもの。そして、2年ほど前にはNikeの1Wをこれまた先輩から5000円で譲ってもらい、よく考えたら自分で1Wを買ったことなかったことに気がつきました。ちなみにNikeはシャフトが堅過ぎたようで、気がついたら父に持ってかれてました。ということで、これまで使い慣れた(時代遅れの)GBBでなんとかやってきましたが、先週のキャディーさんに、とうとう言われちゃいました。「クラシックだね」って。ずっと思ってはいたけど、自分で1Wを選んだことがなかったし、結構大きな買い物になるんで二の足を踏んでいた僕ですが、その言葉に押されてIsetanに。一応今、グレートシンガポールセール中なんで、少しは安くなっているかと期待して。
試打させてもらったのは、TaylorMadeのr5とr7、PingのG5、そしてTourStageのViQ。GBBと比べてみんな格段にヘッドがでかいので、少々違和感を感じながらまずはViQ、r5、r7、G5と打ち比べてみました。値段でいくとやはり型落ちのr5が一番お得。他と比べて4割以上安かった。一番高かったのはr7。そして、購入したのは、e0077152_142524.jpgやっぱり、一打目の感触がよく、すっきりと振り切れた気がして。あとは、200ドル安くしてくれたこと。
翌日から1週間は休みを取っていたのですが、月曜の昼間に少しだけ出社(クラブを持って)、そして練習場へ直行。午後の4時間をドライバーの練習に費やしました。次回のラウンドが楽しみです。
[PR]
by HappyLah | 2006-06-08 14:37 | 初体験☆
幸運と不運 PM
久しぶりの登場PMです。最近、やたらと忙しい。急に仕事が増えたり、人の休みでカバーをしたり。Benとよく「いいことないねぇ」と話しています。彼も、人がやめたり、休みだったり、出張だったりで、自分の仕事が進まず、ストレスがすごいよう。唯一の発散方はゴルフ。するとBenが「ちょっと聞いてくれよ」と愚痴り始めました。それは週末に彼が参加したゴルフのチャリティーコンペのこと。彼の友人が誘ってくれたそうなのですが、そのコンペのメインスポンサーの一つがうちの会社。Benも知らずに参加しましたが、その豪華なコンペに閉口したようです。Hole in One賞はS$180,000相当のベンツEクラスとPGAのトーナメント並みだったり、参加している人たちも並ならぬ面々で、そんなコンペにタダで参加できた彼。雨の中のゴルフもなんのそので、15番ホールPAR3谷越え。打ったボールは雨の中に見失い、茂みの中入ったと思って探していると、サイレンが鳴りました。雷のため、コンペ終了の合図です。結局Benたちはボールを諦めてクラブハウスに戻り、食事をとっていると、コースマネージャーが来て、「君が使ってたボールなんだった?」と聞いてきます。彼は「タイトリスト2番」と答えると、「カップに入ってたよ」と。すでにスコアカードは提出済みで、15番途中で終了したことになったいたので大騒ぎに。なんとか記録に含めてもらえるようにその場で交渉しましたが、取り合ってもらえず、2週間が過ぎた今も、コースとメインスポンサーに交渉しています。ちょっと前までは、「この国で車なんか要らないねぇ」と話してましたが、いざ手に入れ損ねると、そうも素直には思えないようです。人生に一度あるかないかのHole in One。Benは、ベンツをもらい損ねただけでなく、オフィシャルな記録にも残らず、幸運と不運をいっぺんにあじわったのでした。
[PR]
by HappyLah | 2006-05-10 15:45 | 身近ニュース
アジアでゴルフ ~帰路~ <PM>
シャワーも浴び、おなかも空いているので遅いランチ。クラブハウスに行くと、ハエがぶんぶん。なんだか食べる気もうせちゃいました。たのんだコーラ缶の口にはハエが5匹くらいとまってしまい、もう飲めません。頼んだチャーハンやうどんにもぶんぶんたかってます。やはりここはマレーシア。ゴルフコースはあんなに美しかったのに、クラブハウスが残念でした。

帰りは、やはりタクシーです。今度は少々勝手が違い、ゴルフ場からジョホールバルの市中までをマレーシアタクシー、そしてジョホールバルでシンガポールタクシーに乗り換えて国境超えというプランです。ゴルフ場のフロントでタクシーを呼んでもらってから45分。ようやく赤いProtonがこちらに向かってきました。旧型のProtonです。往路とは大違いのオンポロ。マレーシアって感じです。車内もちょっと臭ってて、ついでに運ちゃんも少々臭ってました。3分に一回はゲップ。きっとお酒飲んでたんでしょう。まぁ、心配していた車酔いもギリギリ持ちこたえ、シンガポールタクシーの乗り場に到着しました。みると待合室に何十人と座って待っています。そして、シンガポールタクシーの姿はありません。係りの人に聞いてみると、90分ほど待つらしい。ということは2時間は覚悟しなければならないということ。相談の結果、無謀にも歩いて渡ることに。シンガポールとマレーシアは、橋でつながってます。1キロ少々の橋の両端にそれぞれの国の出入国管理所があります。現在地からマレーシアの出国まで徒歩10分。しかもゴルフバック背負ってます。追い討ちをかけるように、雨も降ってきました。非常に沢山の人たちにジロジロ見られ、我ら三人は無事マレーシアを出国。ここからが本番。1キロ以上ある橋の狭い歩道をテクテク歩きます。Tony、Ben、僕の順番で。雨は止みましたが、この蒸し暑さ。前を歩いているBenの背中はもう汗でぐしゃぐしゃ。さっきシャワー浴びたのも意味ナシ。それでも、Tonyは早足で、何人も追い越していきます。それについて、Benも、そして僕も。Tonyが一人の男の人を追い越すと、「おぉ、ゴルフバック担いでるよ」とちょっと驚き気味。そこへ、Benが「Excuse Me」と声をかけてその男性を追い抜きます。「がんばれよ」と声をかけられ、彼は後ろを振り向きました。もういないだろうと思いきや、そこには僕が。優しく、でも苦笑いで路を譲ってくれました。20分も歩いたでしょうか。ようやくシンガポールの入国審査。さすがは日曜の夕方。どの列も沢山並んでます。結局30分ほどを費やしようやくシンガポールに入国。3人ともヘトヘト。タクシーを呼んで、ようやく一日が終わりました。ゴルフで散々走り回った僕は、まさかの徒歩越境withゴルフバックという追い討ちで、ほぼ死亡。翌日9時出勤をさっさと諦め、遅刻宣言をし、爆睡。翌朝の起床は8時半を過ぎており、出勤は9時半。Benは、ちなみに10時半過ぎに出勤してきました。19日は、部のクリスマスパーティーがあるのでまた夜遅くなります。というか、帰ったらすでに3am。二日連続の遅刻宣言と相成りました。だらしねぇ~

[PR]
by HappyLah | 2005-12-18 23:46 | 初体験☆
アジアでゴルフ ~プレー~ <PM>
さて、チェックインの際、8時59分で予約しているんだけど、遅らせてもらって大丈夫かとたずねると、2つ返事でOK、No Problem。3人でひとまず安心して、ロッカーへ。タクシーのことを笑いながらも、すでに気持ちは切り替わってます。でも、Pineapplemanは一人、少し緊張。
理由その1 実際にコースへ出るのは今年4月のハワイ以来
理由その2 100%英語でゴルフは初めて
理由その3 Benはシングル。(独身という意味ではもちろんなく、Handycap)ちなみに、Benのお兄ちゃんはPGAのプロゴルファー
理由その4 先週BenとTonyは一緒に回っているが、Tonyが勝ったらしい
その緊張をさらにあおるように、一番ホールで
Tony 「Gold Teeからやらない?」
今までWhiteからしか打ったことないのに(正確には、レギュラーティーのWhiteと特設ティー前4のYellow)Blue通り越してGoldかよ。
と、心配顔をすると、Benが「Blueにしよ」って言ってくれました。ほんの少しだけ「ホッ」

一番ホールで前の組が2打目を打ち終わるのを待っていると、2台のカートがやってきて僕らのカートの前に停めました。そして、いきなりTeeで素振りを始める。
Tony 「僕らずっと待っるんだけど」
係員 「メンバーなので先に行かしてください」
なんとメンバーなら割り込みありらしい。TonyもBenもイライラ。そんなこんなで、1番ホールについてからすでに15分以上が経過して、まだ一打も打ってない。10時40分になっってました。結局一人目のTonyが打ったのが10時50分。ゴルフ場到着から1時間、本来のTee Offから50分がたってからのことでした。ちなみに、僕は

下手なりによくついて行ったよ
なにせコースがとても難しい。バック9は、ほとんど池があって、3人で沢山のボールを寄付しました。3人で一緒にギブアップしたホールもあるし。もちろんスコアは僕だけ酷かったけど、楽しくできたのでOK。2人とも優しかったよ。いろいろとアドバイスありがと。今回気がついたことは、こちらのコースはメートル表示。わかりやすいようで混乱しちゃいます。通りで練習場はメートル表示なわけです。コースアウトしたのは3時半。最初の予定より1時間以上遅いFinishでした。
[PR]
by HappyLah | 2005-12-18 23:43 | 初体験☆
アジアでゴルフ ~出発から到着まで~ <PM>
来星7ヶ月目に入りようやく初めてゴルフに行ってきました。最近はPoohBeeも練習を初めたので、毎週練習場には行っているものの、なかなかラウンドのチャンスがありませんでしたが、ゴルフ狂の同僚Benに誘ってもらい、とうとうアジアデビュー。今回は、マレーシアのLegend Golf & Country Club。ジャック・ニクラウス設計ということで、BenとTonyはとても楽しみにしていました。今回は全てTonyが手配してくれました。3人とも車を持っていないので、マレーシアのタクシーに出張してもらい、6時半にピックアップ。マレーシア産のProtonにも初めて乗りました。現行のProtonはなかなかパワーもあり、乗り心地もToyotaのTaxi用Crown Confortに比べると断然良かったです。ひそかに車酔いの心配をしていましたが、余計な心配でした(行き)。7時10分、無事シンガポールを出国。7時20分、マレーシア入国。タクシーでの国境越えは、なかなか快適でした。(このときはまだ帰りのことなど考えてません)
さて、入国後は、ドライバーが片言の英語で途中の名所などを説明してくれて、楽しい道中。30分も走った幹線道路から、「Palm Resort」という看板にしたがってそれてゆきました。Tonyがそこで質問「Legendはこっちでいいの?Palm Resortって書いてあったけどあってるの?」
ドライバー「わかってるから大丈夫、Palm Resortでしょ?」
Tony「Lagendだよ」
ドライバー「Legend???」
Tony「・・・」
どうやら、ドライバーは勘違いしていたらしい。行き先は散々確認したにもかかわらず、なぜかドライバーはPalm Resortと思い込んでいたらしく、現在8時10分、Tee Offは8時59分、Legendはどこなのか、今どれくらいの距離にいるのかなど、さっぱりわからない状況。ドライバーは知り合いに電話してLegendがどこなのかを聞いているけど、なかなか知っている人が見つからない模様。かれこれ10分がたち、ようやくもとの路を引き返して行く。
Tony「Legendどこかわかった?」
ドライバー「わかった。でも、すごく遠い。」
Tony「どれくらい遠い?」
ドライバー「すごく遠い」
Tony「何キロくらい離れてるの」
ドライバー「・・・、Many kilometers」

Pineappleman(心の中で)
おいおい、Many kiloってどういう答えだよ


Tony「何分かかるの?」
ドライバー「40分以上!!」

さて、8時半も近くなり、Tee Offまで30分ないのに、40分かかるらしい。

とにもかくにも、ドライバーには精一杯飛ばしてもらって1分でも早く着いてもらわねば。いろいろと言い訳をしてはいるものの、120Km/hほどでがんぱってくれている。旧型のProtonではできなかっただろうなぁ。その甲斐あって、とうとうLegendに到着。8時50分。とりあえずはチェックインしなくっちゃ。急げぇ~
[PR]
by HappyLah | 2005-12-18 22:02 | 初体験☆
打ちっぱなしの日々 <PB>
シンガポールは周辺諸国や島々等、ビーチリゾート天国。夫婦で旅行したときに、一緒にゴルフができればさぞかし楽しいこと・・・と夢を抱き、日本では見向きもしなかったゴルフデビューすることにしました。実はPoohBee、6年前に海外でコースデビューしていたのですが・・・。仕事で、ホテル視察の一貫だったので、ホテルの営業担当の方に「楽しんできてください♪」とゴルフバックを渡され、男性人は大喜び。私はと言うと・・・子供の頃、パターゴルフやプロゴルファー猿ごっこならやったけど・・・いきなりコースなんて!!重いバック引きずり、1ホール終わらせたところで力尽き挫折。同じような脱落仲間とゴーカートを楽しんだのでした。
「最初は誰でも100球打って、1球当たればいいくらいだよ」とPineapplemanに持ち上げられ、「そっか~、練習すればコースも楽しいんだ!普通はバッグは車に乗せられるしね(前はタダでやらせてもらったので、車もキャディーさんもいなかったのです)」と10月から毎週末打ちっぱなしに通っております。隣でブロンドのお子ちゃまがフォームもかっこよく飛ばしていても気にしない!!!e0077152_2235011.gif打ちっぱなしは、へなちょこでも別に誰に迷惑がかかるわけでもなく、マイペースでできるので意外と楽しく、「ゴルフなんておじさんのスポーツ」と思っていた私も、オジサマたちのように駅で素振りをしたくなってしまう衝動を必死でおさえているこの頃です。。。
[PR]
by HappyLah | 2005-10-23 13:31 | 初体験☆