ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:ベジ&フルーツ ( 28 ) タグの人気記事
English summer berries <PB>
e0077152_23535535.jpg

ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリー、ブラックベリー、グースベリー...
レッドカラント&ブラックカラント...箱一杯の並んだベリーたちは、夏の顔です。


PMが、平日も朝ご飯を摂るようになったので、フルーツも夜のデザートから朝へシフト。今やBerryman......

旅先のホテルで朝食を摂っていると、ヨーロッパの人たちはまず、フルーツのお皿から始めているのをよく目にします。

最初に食べたほうが、血糖値を抑えるとか、消化に良いとか、聞いたことがあるので、フルーツから食べるように心がけていますが、どうなのでしょう?

e0077152_0522741.jpg

PMにとって、ラズベリーは酸味が強すぎるそうで...うちではすぐジャムにしてしまうのですが、さっと加熱するだけだったり。。。
この可愛らしい姿を残したくて。ぷちぷち、種も好き。

ぷちぷち、と言えば......

国産のとうもろこしが出て来ました。買っては、すぐに蒸して、実をほぐして、タッパーにいれています。

親指の腹で軽快に一列づつ、何個連続でとれるか...?何気に、この地味な作業好き。

e0077152_164388.jpg

イギリスの夏は、北海道の夏を想い出します。

グースベリーなんて初めて見たけれど、PBママは子供のころ食べていたと言うし、気候的にはかなり近いのかも?

日光量と降雪量は大分異なりますが。グルメ的には北海道の圧勝、ですね。

真夏は一瞬で飛び去りました。灰色のいつものロンドン。
まぁ、30度越えもして、夏満喫。もぅ、文句は言いません。。


[PR]
by HappyLah | 2008-08-06 01:42 | くいしんぼーちゃん
hay fever? <PB>
e0077152_114819.jpg

先週の金曜日はPROMSのOpening Nightでした!

20時にはTVの前にいるべく、どかんとパエリア&スパニッシュオムレツを作り、大皿&スプーンを抱えてソファーで観賞。

のだめでもお馴染みのモーツァルトのオーボエ・コンチェルト。
そっくりのフルート・コンチェルトはイギリス人に人気らしく、よくClassic FM で流れています。私はオーボエの方が好き。
聴いているとシンプルな旋律と優しい音色にうっとりしてしまうこの曲。ですが生演奏を観ていたら、あまりのハードワークに息を呑んでしまいました。

息継ぎするところが全くない見せ場の連続!

10代の頃に友達にフルートを借りてちょこっと教わったときに、私には吹く楽器は無理...と思いましたが、その何倍?!観ているだけでこちらが窒息しそうで。。。
笑顔であんな音色が出せるなんて!超人だわ。

この日、朝から鼻がくしゅくしゅ止まらず、我慢できずに風邪薬を飲めど止まらず、眠れば治ると23時には就寝したのに、翌朝も変わらず。
ふと、相変わらず絶好調の食欲に、これはもしかして、あれではないかと...。手持ちの薬を飲んでみるも、あまり効果なく。種類が違うのね。。

これだけ草花がありますから。。原因は何なのか検討もつきませんが、間違いないでしょう...。花粉症に。(がっくり)

そんなわけで鼻と格闘しながら土曜日に作ったタルト。

集中力欠如のため非常に時間がかかってしまい、おまけにいつもはすんなりゆく型が外れず。(大汗)冷静なPMが上手に型を歪ませながら出してくれました。(ほっ)

日曜日は無事タルトを持って、ランチのお呼ばれに。
どう隠しても鼻の下はガッサガッサの砂漠地帯でしたが。。幸運にも鼻は止まってくれていたので、助かりました。

それにしても、できる人というのは、何でもできてしまうのですね。(驚!)
紳士のおもてなしに、感嘆の連続。スマートな心遣い、ウィットに富んだ会話、何もお返しできなくて申し訳なくなってしまうほど素敵すぎる人。

小さな花粉にぶんぶん振り回されている小者な私。。精進しなければっ。
持って行く間に一部タルトは崩れ落ちているダメ子ぶり...
型ごと持ってゆくはめにならなかっただけよかったと言うべきか...?


e0077152_2192998.jpg

タルトにのせているのは、フランス産アプリコット。
生のアプリコットって、あまり見ない気がするのは、旬が短いから?
なんとなく、今食べなくちゃ!と思って食べています。

今日は朝からずっと良いお天気!!お帰り、太陽〜♪


[PR]
by HappyLah | 2008-07-22 02:41 | ネコブル(マイナートラブル)
夏野菜と季節感 <PB>
e0077152_6332172.jpg
最近のお気に入り。
e0077152_6345632.jpg
青豆ごはんにしています。PMは、このごはんにすると軽く3膳はいきます。

子供の頃は嫌いでした、グリーンピース。
多分炊きたての独特の匂いがダメだったのだと。
冷凍ものは今も苦手。シュウマイにちょこんとのっているので十分。それ以上は...。

さやを開くとお行儀良く並んでいる姿が可愛くて、開ける瞬間がたまりません。

コリアンダーの花も続々と咲いてきました。葉っぱを育てるためにやはり摘むか、迷うところ。とりあえず、まだ観賞中。これまた可憐で可愛らしいのですもの。

e0077152_655586.jpg

市場に国産のお野菜が豊富になってきて、「あぁ、夏だ〜!」と感じます。

トマトもズッキーニも美味しい季節♪
ズッキーニは仏名のCourgetteで売られていて、小ぶりなのがポピュラー。

e0077152_7203.jpg
先日...

①ほうれん草、ドイツのハム&パルミジャーノ

②ズッキーニとフェタチーズ

のミニ・キッシュを作ってみましたが、生地と中身のバランスが悪かった。。
キッシュは大きく作るべし。パート・ブリゼは、生地がべたべたしないうちに...とせかせかしてしまって大変。シュクレの方が成型し易い気が。どちらも要修行には変わりないけれど。。。

オーブンをがんがん使っても、キッチンに入り浸っていても、苦になることがないのは非常に嬉しいです、この気候。

最高気温は大体20度前後ですが、今日なんて豪雨の合間に光が出つつも、肌寒くて、長袖着ていても鳥肌が立っていたし...、昨夜の鴨の煮込みの残りのスープを利用するべく、今夜はお鍋。季節感、あるのだかなんだか...?(笑)


[PR]
by HappyLah | 2008-07-08 08:06 | くいしんぼーちゃん
Tartelettes aux fraises <PB>
e0077152_0154893.jpge0077152_0162519.jpg
e0077152_0243274.jpge0077152_0245145.jpg

買った国産のイチゴが酸っぱくてPMも私も手が進まず...
ジャムにしようかと思いましたが、飾るのに丁度良さそうな小粒に思い立ち、作ろう、作ろうと思いながら、一度も作ったことのないタルトにしてみることに。

生地はパート・シュクレにして、PMリクエストによりココア投入。
寝かせた生地はひんやり、粘土みたいで気持ちいい。これは、好きな感触。

カスタードはブラウンシュガーで(また)茶色っぽい+スプーンで盛ってしまったし、シロップはツブ入りラズベリージャムを使ったのでイチゴは種増量、タルトの側面は適当で、相変わらずしまりがない...。うちのおやつらしすぎです。

面倒なので小さな型で全て焼いて、いくつかタルト台だけ冷凍し、数日後にレアチーズケーキ+ブルーベリーにしてみました。これは簡単で良かったのですが、生地がもろくなってしまっていたので、やっぱり焼かずに冷凍するべきかな。

ブルーベリーはスペイン産。イチゴもスペイン産の方が甘くて美味しいのは太陽のおかげよね。

e0077152_116136.jpg

日曜のおやつにはPMがホットケーキを焼いてくれました。

PBママからのDVDにおまけで入っていたこれを観て、いてもたってもいられなくなってしまったらしい。

私より上手です!(笑)

ふっくらできるのは砂糖と卵のチカラなので砂糖は減らさないで!という脇先生の忠告に従ったのでかなり甘め。
砂糖の量を減らしたいのですが、B.P.で補ってこのふっくらになるものかしら?

ポリーニのリサイタル以来、久しぶりにショパン気分です。

学生の頃、音楽の授業前の休み時間にはいつも、女の子たちでピアノを囲んでショパンを弾いていたのを懐かしく思い出し...

ショパンはブーニンとポリーニよね〜♪とテープを貸してくれたSちゃんや、長い指でエチュードや別れの曲<ちょうど流行のドラマが(笑)>をさらりと弾いていたKちゃんは、今もピアノを弾いているかな?きっと弾いているんだろうな♪


[PR]
by HappyLah | 2008-06-19 01:55 | くいしんぼーちゃん
French Raddish <PB>
e0077152_2584970.jpg

スーパーに行くと、タイムスリップしたかのように時間が経過しています。
ついゆっくりしてしまう青果コーナー。
少しずつ季節の移り変わりを感じたり。発見があったり。

先日も新顔を見つけて、条件反射的に手にとってみていたところで、横から眼鏡の似合うマダムが一言。

それ、美味しいのよ。
フランスのラディッシュはUKのよりマイルドなの。
あ、私フランス人なの(笑)。
へぇ〜。(美味しそうと確信♪)じゃぁ、試してみます!
どうやって食べるのですか?マリネにしたり?
私は生でバターと塩で食べるけれど、そうねぇ〜。マリネでも、ソースにしても、いいと思うわ。葉っぱも生で食べられるのよ。
えっ?これちょっと固そうですけれど...?
少しかじってみるといいわ。サラダみたいに食べられるのよ。
というわけで、家に帰って早速かじってみました。
うーん。この葉っぱ、サラダにはちょっと口に残りすぎます、マダム。。

実をポリポリとかじってみると、このわずかな辛みは...懐かし〜い大根の味!
フレンチ・ラディッシュ、日本名はハツカダイコンでした。どうりで。
この小粒を大根おろしにするのはキツいので、今度和風ソースにしてみよう。

e0077152_2592343.jpg

葉っぱはごま油で炒め、塩とおしょうゆ+鰹節で調味してふりかけにしたら、PMが気に入って、一瞬で消えました。

なので、本日もお買い物中、これを仕入れようと思っていたら...

山積みで特売になっているではありませんか!!1袋99Pが19Pに!
19P(約40円)って!?ここでそんな破格な野菜を見たのは初めて。
先日も"Buy one, get one free" ではあったけれど。

4袋お買い上げ。
帰宅してすぐに泥をきれいに洗い流して、葉をカットしてふりかけを作り、実は半分はさっと湯がいて冷凍庫へ。半分はピクルスに。

仕入れすぎたのに売れなかったのか?美味しいのにかわいそう。

思うに、この泥付き、葉付きなところが受け入れられないのだと。忙しいロンドンでは、"washed and ready to eat" , " trimmed" といった、下処理済みのキレイな野菜のほうが需要が高いのでしょう。

赤X白の配色って、好きなのです。

日曜の朝はスコーンを焼いて、たっぷりクロテッドクリームとラズベリージャムとともにいただきました。

PMはどうも相性が悪いらしい、このクリーム。お腹がゆるくなってしまうようで...でも時々無性に食べたくなってしまうものの一つ。濃いミルクティーを相棒に。

e0077152_18563974.jpg


[PR]
by HappyLah | 2008-06-05 03:46 | くいしんぼーちゃん
春の赤いスイーツ <PB>
e0077152_22584462.jpg

久しぶりに、最近の我家&ロンドンのことを。
旅行記はひと休みです。(すみません、しつこくて。まだ続きます。)

4月になって、"Outdoor Rhubarb"(ハウス栽培でないってことかな?)なる国産の ルバーブが出てきたので買ってみました。
ルバーブって、果物の少ない秋・冬に使うイメージでしたが、ずっとスペイン産だったかも。
英国産ルバーブは、しっかりしていて、先端の緑色が濃く野菜っぽい。冷たい風に吹かれて逞しく育った感じ。
ルバーブといえば、うちはまずクランブル。
ハリーポッターでロンのママも作っていたクランブル。
素朴でイギリスらしく、あっという間に美味しくできるので(笑)。


e0077152_2259820.jpge0077152_2259294.jpge0077152_2259583.jpg
中の鮮やかな黄緑色をお見せしたかったのに、写真がイマイチですが。
クリスマスの赤と緑というよりは、ピンクと黄緑に近い、春色です。

酸味が強いので、レーズンも入れて。バニラキャラメルナッツアイスと一緒に。
焼きたてをいただきます♪

4月は結婚記念日もあったのですが...。
「平日は遅いから特別なごはんでなくてもいいよ」
とPMの言う通りに本当に何も用意しなかったら...
いつもより3時間ぐらい早く帰って来た!すごい(感動)!
地味〜な、いつものごはんでごめんよ。。

せめて...と後日作ったいちごのロールケーキ。(食べたかったの:P)


e0077152_232495.jpg

「クリーム少なめ、いちごたっぷり」というPMのリクエストに応じて、クリームの泡立てといちごのカット担当はPMを任命。

几帳面にうすーくスライスしてくれたので、巻き巻きがとっても楽だった今回のロール。クリームも控えめなので、いつもよりひと回り?ふた回りくらい?小さいね、と各自2切れずつ。(その後は面倒なので分厚くカット)

うちは何でも黒砂糖/ブラウンシュガーなので、スポンジが地味色に。。
春はたまご色が良いですね。

e0077152_2324612.jpg

暖かくなってきたと思ったら、おかしな天気が続いています。
先週は午後から突然真っ暗になって、みぞれやひょうが降ってくるという日々。

雨には慣れているけれど、ひょうは痛いので困ります。ご勘弁を〜!

[PR]
by HappyLah | 2008-04-20 00:33 | くいしんぼーちゃん
Sicilian Blush Oranges <PB>
e0077152_64895.jpg

名前のとおり、ブラシで紅色を皮にも果肉にもシュッ!と一掃けしたみたいな、グラデーションが見事なオレンジ。
(Blush:紅色 Brush:刷毛、なので綴りは違うのですけれど...いつもブラシで塗られたアートのよう!と思ってしまうのです。)

我家のお気に入り。日本のおみかんの(小さくて皮が薄くて美味しいあの!)ような甘さがあるオレンジです。春が近づいてきて、苺やベリー類が美味しくなってくれることに期待する一方、オレンジとはそろそろお別れ時。しっかり食べ納めしなくちゃ。
なんて思いながら、ネットについていたタグをぼーっと読んでいたら、このオレンジPGI(Protected Geographical Indication)という何やら認定を受けているらしい!PGIとは?

地理的表示保護(Protected geographical indication、略称PGI):定められた地域原産品を定められた製法で生産または加工、または調整されているものでなければならない。(Wikipedia)
だそうです。

ヨーロッパのこうした品質保護がしっかりしているところは、時々感じてほっとします。シンガポールでは、産地(当然海外からの輸入)がどこか全くわからないことも日常的にありましたから(笑)。オレンジの産地はシチリア島のエトナ山の丘陵地帯。

今日のオレンジはケーキに入れるために小さく切って、水気を切ったところ。PMに何ケーキが良いか聞いたところ、間髪いれずにチョコレート!のリクエスト。よって...またオレンジチョコロールです。

ロールケーキって、いつも家にあるシンプルな材料で作れるし、すぐに焼けるからついつい...マンネリに。
今日はオレンジとクリームを欲張って入れすぎて、最後にぼってり溜まってしまい、ちょっと失敗。

e0077152_742766.jpg

そういえば、今日はホワイトデー?あれ〜?何かおかしい。


[PR]
by HappyLah | 2008-03-15 07:49 | くいしんぼーちゃん
英国産食材で...ほかほかスープ <PB>
e0077152_124851.jpg

ひゅぅぅうう〜 ひゅぅぅうう〜
びゅぉぉぉお〜 びゅぉぉおぅ〜ん

昨日から風が荒れ狂っております。
我家の塞がれている暖炉からはいつものように凄まじいメロディーが。
そしていつものごとく暖炉下にはバラバラ〜ッと黒い土の塊が。掃除したばかりなのに...(´Д`) =3 ハゥー

このおうちから一歩も出たくない暴風。
一歩出たら髪がぼさぼさに逆立って、不愉快になる暴風。

こんなときの強ーい味方!買い置きしておいた根菜たちよ。肩がちぎれそうになりながら5Kgほどの食材をまとめ買いしてくる甲斐があるってもの。
こうして、東京やシンガポールではほぼ日課だった買い物が、一週間に1,2回に...確実に運動不足だわ。

冬は国産のお野菜が当然少なくなってしまうのですが、冷たい土の中でもたくましく生きている英国の根菜。
以前記事にした彼らが私達のお気に入り♪です。

冷た〜い風の吹く日には、ほかほかスープが一段と美味しい。かぼちゃのような山吹色のSwedeは目から温かさを感じられるし、これを入れるだけでスープが格段に甘く美味しくなります。大根の代わりに煮物に使おうと買ってきたのに、お醤油などで調味するのがもったいなくて、ついお酒とお塩だけでまたスープになってしまう。
薬味には使えないけれど、甘みのあるleek (ネギ)とはゴールデンコンビ。


e0077152_2195878.jpg

Celeriac(セロリの根)はセロリよりもコクがあって繊維がないので、英国流にポテトと一緒にスープやマッシュにしたり。
またお肉料理との相性は抜群!ハンバーグや餃子にさいの目に切って混ぜると、レンコンのようなほくほくした食感と、柚子のような爽やかさがアクセントになって美味しい♪ お肉に混ぜるとセロリというより、なぜか柑橘系の感じがする気がします。変色しないようにレモンを絞り忘れることもあるのに(笑)?

e0077152_2332981.jpg

肉団子に混ぜて、お鍋やパスタに使うのもお気に入り。

日本ベジタブル&フルーツマイスター協会のサイト(セルリアック)を見たら、日本でも流通しているみたいです。

先日Barenboim氏のリサイタルで聴いたBeethovenのソナタ、ほとんど耳馴染みのないものだったので、一番弾きやすそうなものを、久しぶりに譜読みから始めてみました。(ここ4ヶ月、昔弾いていた曲をリハビリするのが精一杯でしたもので...)
シンプルに聴こえても、読んでみると予想以上に何声ものハーモニーだったり。華やかなソナタばかり聴き惚れていましたが、簡素な美しさにBeethovenの良さを再認識しています。

Barenboim氏が2005年にシカゴで若手ピアニストにBeethovenのソナタの指導をしたマスタークラス(PBS→NHK, BBCなどでも放送)と同年ベルリンで行われた全32ソナタのリサイタルが全て収められたDVDを見かけたのですが、£60!
日本で購入する方が安いかも?と思って検索していたら、今月このマスタークラスのうちの一回&彼の演奏がNHK BS2で再放送されることを発見!!きゃ〜♪

2008年 2月18日 (月) 00:55〜03:59

バレンボイムのベートーベン・プロジェクト マスタークラス弟5回
ピアノ・ソナタ 第17番 ニ短調 作品31 「テンペスト」から 第1楽章
( ベートーベン作曲 )
出演:ダニエル・バレンボイム (生徒)シャイ・ウォスネル

バレンボイムのベートーベン ピアノ・ソナタ作品集 (5)
1. ピアノ・ソナタ 第7番 ニ長調 作品10第3
2. ピアノ・ソナタ 第13番 変ホ長調 作品27第1
3. ピアノ・ソナタ 第27番 ホ短調 作品90
4. ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 作品53 「ワルトシュタイン」
( 以上 ベートーベン作曲 )
ピアノ: ダニエル・バレンボイム
(NHK HPより)

興味を引かれた方は是非♪
PMパパ&ママに録画をお願いしようと目論む2人...ヨロシクオネガイシマス(ツ _ _)ツ))

[PR]
by HappyLah | 2008-02-02 03:46 | くいしんぼーちゃん
カラダの中をつくること <PB>
あるところにおじいさんとおばあさんがいました。

おじいさんとおばあさんはおしどり夫婦でいつも仲良く並んでいます。

なので、PBはついセットで手に取ってしまいます。

e0077152_23391827.jpge0077152_23463853.jpg
おじいさんは今夜スープに。おばあさんは今度煮物に。いつもありがとうね。

このお2人、地味な外見からは想像できないほど、豊かな香りとコクを持っています。
どちらも国産の、温かい土の中で育った根菜たち。冷えきった身体を芯から暖めて、ほっとさせてくれる、我家の新しい仲間たちです。

写真左のおじいさんは、誰もがよく知っている野菜の一部なのですが、さて何でしょう?

右のおばあさんは、Swedeと呼ばれています。私の辞書だと「スウェーデンカブ」。少し調べてみたらキャベツやカブの仲間で、霜の降りたところでも育ち、カルシウムやマグネシウムといったミネラルが豊富だそう。食物繊維、ビタミンA&Cもあり。
(・0・。) ホホ-ッ  おばあちゃん、優秀だわ。
一方おじいちゃんも、数々のビタミンとミネラルを秘めておりました。

2人とも、スープやマッシュ、サラダ、ローストなどなど大活躍。和にもいけます。おばあちゃんは、大根のようで煮込むとほっこりしてすごーい甘み。
シンガポールではレンコンや大根、里芋なども容易に手に入り、日本の品種も隣国で作られていたので食卓にありがたいものでした。今はしばしお別れの和の野菜たちですが、この地で取れた旬のお野菜も美味し~い!!!

当然で自然なことに、以前辰巳芳子さんがおっしゃっていた言葉をぼんやりと…。きちんと思い出せないけれど、彼女の考え方、共感するのですよね。

おじいちゃんの正体は?

[PR]
by HappyLAh | 2007-11-18 00:20 | くいしんぼーちゃん
メロン対決 AU vs TW <PB>
日差しが恐ろしく強い、暑い暑~い季節がやってきました。
日本にいると夏といえば7,8月、特に8月の残暑がしんどいですが、周囲に聞いてみると真夏の時期の認識は様々。ヨーロッパなどでは、夏は6,7月とか、その中でも6月がベストシーズンとか。
ここシンガポールは、今が猛烈に、一番暑い!!!
水分とビタミン補給に、冷蔵庫に果物は欠かせません。Pineappleに始まり、Papaya, Mango・・・と転々としてきたPineapplemanのここ数ヶ月のお気に入りはオーストラリア産のRock Melon。

e0077152_194199.jpge0077152_1943858.jpg
夕張メロンとは言いすぎですが、夕張メロンを思わせるようなたっぷりの果汁、食べた後も口の中に甘~い香りが残ります。

ところが最近Rock Melonが行きつけのスーパーになく・・・。
旬なのでしょうか?代わりに入荷していた台湾産のMask Melonを購入してみました。お約束のアヤシイ日本語発見!(笑)

e0077152_19171622.jpge0077152_19173479.jpg
台湾は日本の品種をいろいろ作っているから美味しいに違いない!と期待しすぎたのでしょうか・・・。美味しいのですが、口の中にRock Melonのような甘い余韻が残らないのが残念。
そういえば、台湾は8月といえば台風がひどくて夏どころではないそうです。灼熱の太陽は真夏の象徴ですものね。

とりあえず初心に返り、Pineappleをカットしまくっているこの頃。

e0077152_19342236.jpgハワイのドールプランテーションでPMが一目惚れしたパイナップルナイフ。
弓なりになっていて良くしなるので、いろいろなフルーツに使える、なかなかの優れものなのですが・・・面倒くさがりな私は包丁で大雑把にカットしがち。
たまには登場させてあげないと。
ウェットマーケットなどではその場でパイナップルをカットしてくれたりするのですが、カットするときに自分の手に甘~い香りがついてしまうのも好きだったりするので果物は丸ごと派。
なんと言っても食べごろを見計らって、果物に包丁を入れるのは至福の瞬間です♪

[PR]
by Happylah | 2007-05-22 19:56 | くいしんぼーちゃん