ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:リラックス ( 41 ) タグの人気記事
熱帯雨林浴@ツリートップ・ウォーク <PB>
市民の憩いの場である緑豊かな公園は街中にもありますが、ダウンタウンから10-15分のところに原生林が生い茂っているところは世界にどのくらいあるのでしょう?

先日、シンガポール植物園のレインフォレスト・トレイルを歩くツアーに参加してからというもの、熱帯雨林への関心がふつふつと沸いています。東京23区ぐらいの面積しかない小さな国、シンガポールですが、地図を見ると大きく広がっている緑色の自然保護区!手つかずの原生林では、猿や鳥、イグアナや、運がよければ珍しい動物や昆虫も見られるらしい・・・ドキドキと資料を読みながら、行きた~いという想いは募る一方。
しかーし、PMはどちらかというとウォーキングが苦手。一人で行くほどストイックにはなりきれずにいたところ、その私の想いにMさんがノッてくださいました!

ネイチャー・ウォーク記念すべき弟1弾に選ばれた場所は、細いつり橋の写真が気になるツリートップ・ウォーク(TreeTop Walk)です。

e0077152_2175447.jpg原生林の中、高く浮かぶつり橋。

怖いもの見たさにそそられます~。

ここを目標に、つり橋のあるマックリッチー自然保護区(MacRitchie Reservoir)の地図を見てみると、つり橋を含むコース(ブルーのルート3)は10km、所要時間は約4-5時間!!
初心者は他のコースを歩いてみてからトライしましょうと注意書きが・・・。
でも、更によーく見てみると、地図右上にあるゴルフ場へと続くIsland Club Rd.という道路からトレイルに入れそう!

ゴルフ場側の入り口まで着いてみると、反対側から続々とこちらへ向かってくる人達が。3連休の初日だというのに皆朝早い!午後は日差しが強くスコールの可能性も高いので、午前中に往復する計画で私達も早く来たのですが、こんなにウォーキングを愛する人達がこの国にいたなんて!

結果へは一番近い道を取るシンガポーリアン、考えることは同じ。皆正式なトレイルを歩かず、つり橋めがけてまっしぐらなのでこの道が混んでいるだけなのかも。そして、つり橋の近くまで来ると、長い行列が!30人以上は同時に橋に乗らせないためらしいです。

e0077152_252678.jpg念願の橋の上からの眺めはこんな感じです。

せっかくここまで来たのでゆっくりこの景色を堪能したいところですが、この橋は一方通行。
そしてなぜか止まって写真撮影などせず、すたこら歩いてゆくシンガポーリアンに圧され、あまりゆっくりできず・・・あっけなく終了。
橋を含め、のんびり往復して3時間くらい歩きました。大通りに出るため、帰りも必殺近道のIsland Club Rd.を歩いていると、脇の草むらで座っている猿に出会いました。かわいい~♪と愛でながら更に歩いていると、突然見えた脇の森にいる信じられないくらいたくさんの小猿たち!あまりに自然に溶け込んでいるので、もしかして行きは見逃していたのかも?!(まるで、2種類の図が見える絵のよう。先程までは全く見えなかったのに!)

トレイル外でこんな野生の猿たちに出会えたのは想定外、最後にご褒美をもらったような嬉しい出会いでした♪
周りにはココナッツや木の実がたくさん落ちていて豊富に餌があるので、こんなに街中に近くても人の世界には来ず、お猿のコミュニティー内で暮らしが満たされているのですね。

葉っぱを上手に使って綱渡りしたり、ぶら~んぶらんとぶら下がったり、追いかけっこしてじゃれ合ったり・・・愛嬌たっぷりの自然な小猿たち、小さくてわかりずらいのですがムービーで撮った画像を皆様にもお届けします☆
☆こざるの世界☆

[PR]
by HappyLah | 2006-04-14 18:32 | リゾート天国♪
PBファミリーのシンガポール・英国的午後 <PB>
盛りだくさんな連日を過ごした両親も、本日夜便で帰国です。
今夜のフライト+朝成田から自宅への道を考えると長~い一日、おまけにお天気もよくないので、夜までゆっくり穏やかな時間を過ごすことにしました。テーマは「英国が残した優雅な雰囲気を楽しむ♪」です。

まずは、もはや観光名所となっている、華やかな歴史の刻まれたラッフルズホテルを見学。
3階まで吹き抜けの空間にコロニアル様式のインテリアが優美なロビーの先は、宿泊客でなければ入ることができません。観光客が楽しめるように、洗練されたレストラン、カフェやバー、ショッピング・アーケードは充実しております。ティンフィン・ルームのハイティーや、ホテルグッズを眺めているだけでも楽しいラッフルズホテル・ギフトショップなど様々な楽しみ方がありますが、私のオススメは3階にあるミュージアム。

e0077152_18492691.jpgシンガ゚ポール・スリング(赤いカクテル)で有名なロング・バーから階段を3階まで登ると、ひと気も少なく、とっても静か。

コロニアル調の建物を吹き抜ける風が心地よく、パームツリーに囲まれた中にいると、ここが街中であることを忘れてしまいます。
←3階から見た中庭。
e0077152_18502154.jpgミュージアムには1887年のオープンからホテルを訪れた著名人や華やかな社交界の写真、エリザベス女王が訪れた際お召しになっていたドレスや、昔ホテルで使われていた銀食器などが展示されています。

ホテルに届いた数々の手紙の封筒には、RAFFLES HOTELとだけ大きく書かれているものや、Raffles Hotel, Chinaなんてものも!

こちらのミュージアム、小さいながらもタイムスリップを楽しめる上、無料ですのでラッフルズホテルを訪れる時には、覗いて見てほしいです♪
ホテルツアーを堪能した後は、アフタヌーンティーで寛ぐ午後のひととき。

e0077152_19393177.jpgホテルを移動して、インターコンチネンタルへ。

ラッフルズのハイティーは予約必須ですが、こちらは行き当たりばったりOK、14時から入れるので今日にぴったり。
外は雨でも、沢山光が入る造りになっており、天井が高く、モダンで明るく開放的な空間が好きなホテルです。
平日と週末でメニューが異なるらしく、週末だと中華の点心もお皿に加わるよう。
写真のエクレア、別のお客様より「チョコが少ない!」とクレームがあったそうで、手をつける前にマンゴームースのケーキと取り替えられました。
良いサービスを受けるためには、何事もはっきり言うべきかも・・・。
「エクレア食べたかったなぁ~」とPMは残念がっていましたが。

この結果、晩御飯が食べられなくなってしまった両親ですが、それでも我家愛する絶品の豆花を空港へ向かう前にうちで食べてもらって、出発。

短い期間ながら、おかげさまで私達も濃い毎日を過ごすことができました。改めて、どうもありがとう♪またゆっくり来て、今度はよりリゾート気分を味わってほしいです。

[PR]
by HappyLah | 2006-04-11 23:38 | リゾート天国♪
シンガポール動物園で癒しの一日☆ <PB>
e0077152_229663.jpge0077152_2292372.jpg
世界で一番美しい動物園と呼ばれているシンガポール動物園(SINGAPORE ZOO)は、「動物園」の認識を覆されるユニークな動物園です。
その最大の特徴は、"Open Zoo"(開かれた動物園)というコンセプト。
これに基づいて設計された敷地は、檻や囲いが全くありません。また、動物園特有の自然の香りも殆どありません。臭いに弱く、日本では絶対に近寄らないPineapplemanも、「楽しかったね~」と安心して満喫。(^▽^)b

この設計は「動物を檻に入れて見世物にするのではなく、動物と人間の距離を縮め、同じ地球上の生命体であることを認識してもらう」というコンセプトによるもので、中に入ってみると、人も動物も地球で共存している同じ生物であることを純粋に認識させられます。

忙しすぎる人間社会から少し抜け出して・・・彼らのシンプルな生活と愛らしい姿をどうぞご覧くださいませ。

e0077152_2294331.jpge0077152_23082.jpg
私達が今回一番楽しみにやってきたもの・・・それは象さんのショー!真っ先に
"Elephant of Asia"のセクションへ向かうと、エキゾチックな音楽が聞こえてきて、石の象さん達がお出迎え。

e0077152_2453975.jpg

「ようこそ!」と出迎えてくれる象さん達。かわい~い♪なんて賢いエンターティナー!

e0077152_246390.jpge0077152_246325.jpg
とっても力持ち。これだけエネルギーを使ったらパパイヤも一口でぺろり。

e0077152_2584979.jpge0077152_259744.jpg
ライオンだって、こう暑いとお昼寝せずにはいられない・・・気の抜けた感じがよいです。

e0077152_3092.jpge0077152_302878.jpg
私達も冷房のきいたクールステーションで一休み。。。次はどこへ行こう?

e0077152_321635.jpg動物園の顔、
ホワイトタイガー。

ビューティフル☆


やっと半分。お次は、小動物はいかがでしょう?

[PR]
by HappyLah | 2006-04-01 23:25 | リゾート天国♪
モーリシャス7日目 雨のリゾートを楽しむ方法☆ <PB>
最後の最後になって・・・降ってしまいました。
ビーチリゾートで雨が降ってしまうとがっかりですが、同じホテルでも天気が違うだけで異なる風景を見ることができたりして、ちょっと得した気分です。

e0077152_22504729.jpg敷地内の木の上には、モーリシャスの国鳥である小さな黄色い鳥達の巣がたくさんあるのですが、今朝歩いていたら、昨夜の暴風雨でたくさん巣が落ちてしまっていました。また家を建てなければならないのがかわいそうですが、鳥達は非難したようで大丈夫でした。ホッ。
e0077152_22571868.jpg

レストランの脇で、こんな子にも出会いました。
あっ、かたつむり~!と近寄ってよーく見ると・・・巻き貝!しかも大き~い!
e0077152_0224124.jpg連日ゆっくりな朝食ですが、一層のんびりモード。。。

人間観察をしてみたり、たわいもない話に夢中になったり、すっかり病みつきになったパッションフルーツを何個も食べたり。この、種とゼリーがトマトのような果肉がとっても酸っぱくて、ビタミンがいっぱい摂れそうです。
e0077152_0364157.jpg

いつも朝食をとるレストランからの風景。

プールとこんな青空を見ていると、早く一泳ぎして、お日さまの下に寝転びたくなりますが・・・
e0077152_0412062.jpg

気持ちを急かされる光の煌きが今日はないので、もう1度フルーツを取りに・・・。

ちなみに朝食では、外側から小さいフォークとナイフ→大きいフォークとナイフと並べられていて、小さいほうから?と疑問に思っていたら、ヨーロピアンはまずは皿いっぱいのフルーツから始めていました。へぇ~、そうなのね。
純日本人な私達は、理解した後もパン&クレープ、野菜、卵など→最後にフルーツでしたが。

部屋に戻って、バニラティーを淹れてゆっくり本を読んだり、映画を観たり・・・

e0077152_131839.jpg

部屋からしとしと降る雨をぼーっと眺めるのも趣があってよし♪です。

丁度TVで映画:My Big Fat Greek Weddingが放送されていて、2人で笑って、笑って、笑い転げました。私は観たことがあったのですが、何度観ても可笑しくて心温まる映画です。思いがけない雨の縁で、一緒に観ることができました。

ホテルは雨の日プログラムとして、映画館で子供向けの上映をしていたり、インドアでヨガのレッスン、レストランで飲茶などもできたのですが、お部屋で自分時間を堪能するのもオススメです。特に私のように、自分の家だとついいろいろやりたくなって動いてしまう人に・・・(^^;)

雨のおかげで日光浴続きで疲れぎみだった身体を休めることができたのでした。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-17 17:27 | リゾート天国♪
モーリシャス6日目 エクササイズ編 <PB>
e0077152_2015553.jpg

毎日ぼーっとビーチで寝ころび読書にふける・・・これだけで幸せ♪なのですが、さすがに寝てばかりいると身体が凝り固まってきます。その上、ホテルのご飯が美味しいので毎日食べ過ぎてしまう・・・この悪循環な食っちゃ寝生活を打ち破るべく、滞在中ホテルが行ってくれるプログラムに、いろいろ参加してみました。実はどれも初めてのもの。

①Yoga X 2回・・・PMも一緒に参加。

ホテル内にある"Spiritual garden"という名に相応しい、小さいながらも色とりどりの花が咲き、鳥のさえずりが心地よい庭にて。青々とした芝生に仰向けになり潮風の匂いを感じながら、フランス人の美人先生が仏語訛りの英語で、"From tip of your toe to top of your head, your whole body is completely relaxed." (今あなたの身体はつま先から頭のてっぺんまで完全にリラックスできています)と言われるだけで、私はもう、リラクゼーションの境地へぶっ飛びました・・・。。・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・ポワァァァン・・・

あの身体がものすごく堅くて乗り気でなかったPMも、美人先生のリラクゼーションに撃ち抜かれたのか、「Yogaって寝れるからいいね~」と意外にも充実感に満たされていました。

②アクアビクス(プールでのエアロビ) X 2回・・・「僕、行かない。」と言われ(当然)、1人で参加。

エアロビですら未経験なわたしですが、水の中だと身体が軽いので楽だよ、と昔聞いたことを信じて・・・。たった30分でしたが、全身だるーくなるくらい運動した気がしました。
白髪が綺麗な英国人のおばあちゃまも参加されていて、レッスンの最後は全員(たった4人ですが)テンション上がりまくりで、"Now, we're strong women! Yeah!!!"(これで強い女よ!イェーイ!!!」とハイ・ファイブをしたりして楽しかったです。

③ビーチでTai Chi ・・・滞在中2回機会がありましたが、参加せず。

Tai Chiってもしかして?と思ったら、やはり・・・太極拳でした。

気になったので見に行ってみたら、白人さんの参加が非常に多くてびっくりしました。オリエンタルなものは興味を持つ人が多いらしいです。脚を開いたり上げたりするのに、水着で参加している人もいて、ドッキリでした・・・。

毎回、会って顔見知りになったドイツ人のおばさまは、yogaは日頃もやっているそうで一通りの動きと名前はご存知でした。そしてなんと、①ー③全て参加していました!しかも、2週間の滞在だそう。ヨーロピアン=優雅ですね~。
同朋(エクササイズ狂)と認められたのか・・・「また、○曜ね!頑張りましょう!」といつも声をかけてくれました。あのくらい元気でいたいもの。それにはやはり、毎日のエクササイズを続けましょう、ということですね。

[PR]
by HappyLah | 2006-02-16 22:26 | 初体験☆
モーリシャス2日目 <PM>
昨日よく寝たからか、朝は早くに目が覚めました。朝食にはちょうどよい時間。
お腹もすいているので、早速朝食に。クレープ、ワッフル、オムレツなどをその場で料理してくれ、できたてが食べれます。
e0077152_3135223.jpge0077152_3143038.jpg
もちろん南国ならではの、いろいろなフルーツもそろってます<写真はパッションフルーツ>。普段は朝食をほとんど食べない僕も、皿いっぱいにとってお腹いっぱい食べました。
今日はMauritourのスタッフと10時半から会い、オプショナルツアーの申し込み。4日目にポートルイスと植物園の一日観光を申し込み、そしてビーチへ。青い空、青い海、読書とSUDOKUと昼寝だけの何もしないバカンスが始まりました。もちろん、日焼けには要注意です。SPF130のサンプロテクトでブロック!!
e0077152_3152862.jpge0077152_3161063.jpg
フレッシュジュースを飲みながらのほほ~んとしていると、いつの間にかもう夕食の時間です。今日は、アジアンビュッフェとなっていました。インドカレーとかを期待しながらメインダイニングに。当然期待大・・・が、アジアというのは東南アジアと中華だったようです。タイ、インドネシア、中華、それからのり巻きのようなものもあり、バリエーションは豊富。でも、僕ら中華の国から来たんだよねぇ。東南アジアだって中華だって1級ものが食べれるシンガポール。今日の夕食はガクリでした。
今日は男子フィギアスケートを見ながらお休みなさーい。高橋がんばれ!
[PR]
by HappyLah | 2006-02-12 16:46 | リゾート天国♪
SUDOKU <PM>
ある方のBlogを読んでいたら、SUDOKUが取り上げられていまして、つい買ってしまいました。今度旅行に行くときにでも飛行機でやろうと思って。で、ためしに一つと思い、始めたら、いつの間にか3am。1問で終わらず、とまらなくなってしまい、このままだと仕事に影響しそうです。多分、Lunchの間に黙々とやっていたら、いつの間にか2時間たっちゃったなんてことになるんでしょう。気をつけないと。
[PR]
by HappyLah | 2006-02-05 05:15 | 初体験☆
シンガポールの美容院 <PB>
行きたい!行きたい!と思いながらもどこにしようか決められず、5ヶ月近くもご無沙汰していた美容院。
日本だったら恥ずかしいものの、気にせず出歩いておりました。。。
いろいろな人にアドバイスを頂いた中から、スタイリストさん達はローカルですが、日本語も通じるというところに行ってみることにしました。決め手はシャンプーとマッサージの時間が非常に長くて気持ちいい!ということ。(^^;)
Pineapplemanもそろそろ行きたいと思っていたようで、マッサージの話に乗り、2人で予約。結果は・・・

本当にすご~く長かった!!!(*^o^*)

シャンプーの頭皮マッサージも、椅子に座ってからの肩、背中や腕までのマッサージもまだ続けてくれるの?というくらい長くて気持ちよく、これだけでも来た甲斐があります~♪\(^o^)/

また、「シャンプー台がいっぱいなので少しお待ちください」とお茶とお菓子を持ってきてくれたり、「熱くないですか?大丈夫ですか?」と日本語のできるスタッフがチェックに来たり・・・久しぶりの日本的なサービスが心地よく◎~♪
カットの技術がすごい!というわけではないのですが、心配していたおかしなセンスでもなく、よかったです。

日本語の雑誌があるのも嬉しく、Oggiをくまなく読んでしまいました。特に渡辺満理奈さんの記事!e0077152_331401.jpg
(写真はamazonより「Tarzan特別編集 ピラティス道」)
以前のティップネスの広告から、彼女はもともと運動好きなのだと思っていたのですが、インタビューによると苦手だった運動に真剣に取り組むようになったのは29歳頃からで、ピラティスに出会って夢中になったそう。このしなやさ、たった3年でここまで体質改善してしまうなんてスゴイです!何事もやる気次第ですね。。。
中国茶など他にもたくさんの趣味を含め、ゆっくり過ごす時間を共有しているダンナ様との生活が幸せそうで、穏やかな中にキラキラしたオーラが感じられて素敵でした☆理想的!

Pineapplemanは日本のマンガを読んでいました。
やはりマッサージには満足で、よかった、よかった♪

[PR]
by HappyLah | 2006-01-14 16:41 | 初体験☆
High Tea@Intercontinental Hotel <PB>
大英帝国が残してくれた素晴らしき習慣、Afternoon Tea & Hi Tea!!!!!
ずっと気になっていたのですが、お茶の時間(14:00-18:00くらい)なのでタイミングが合わず、代休だったPineapplemanとやっと体験してきました!

実は私は先週抜け駆けして、お仕事がお休みだった素敵なキャリアウーマンMさんとRegentのXmas High Tea Buffetデート、していたのでした。美味しいサンドイッチ、スコーンやお茶に、優雅な雰囲気でゆったりおしゃべりできる贅沢な時間。幸せ~♪

女の子が好きそうなものですが、Pineapplemanは甘党。サンドイッチもお茶も大好きなので、きっと気に入るはず!という予想通り大満足でした。

e0077152_20184882.jpg場所はクリスマスの飾りが気に入ったBugisのIntercontinentalです。

雨が降っていましたが、天窓から光が入る真っ白なLobby Loungeはとても明るく、ツリーの深い緑が引き立ちます。
ここでは、一日何回かピアノ生演奏が聴けます。ピアニストさんは、左足のペダルをたくさん使っていて、見入ってしまいました。私は右しか使えません。。
e0077152_2020684.jpg3段のお皿には上から①サンドイッチ、②点心(シンガならでは!)+スコーン、③ケーキが盛られています。気に入ったものは追加で足してもらえます。私はパニーニのようなパンにズッキーニ、スクウォッシュ、トマトが入ったサンドイッチ、Pineapplemanはスコーンが気に入りリクエストしたら、各4つも持ってきてくれて、食べきれませんでした。
お茶は4種類(English Breakfast/Earl Grey/Camomile/と何か)から選べるのですが、2人共同じのにしたら、ポットが一つでお茶っ葉は変えてもらえず最後は随分薄くなっていました。
(゜へ゜)
私はスコーン+クロテッドクリームが大好きなのですが、クリームはホイップバターといった感じでちょっと残念。でも、ここのスコーンはどっしり重めで好みのものでした♪

スコーンにはまったのは学生の頃。夏休みにホームスティしたイギリス南西部ではお茶の時間になると街のティールームに「Cream Tea」と黒板が出て、スコーン2つ+クロテッドクリーム&苺ジャム、紅茶のセットが頂け、大好きでした。

イギリスでは、奥さんが家の掃除などを終えて、綺麗にしたところでお茶の用意をして、美しい部屋で手入れの行き届いた庭なんかを見ながら、ふぅ・・・と休憩するのは自分がした仕事のご褒美だそう。お友達を呼んでお茶会をするときも、綺麗に掃除された家、美しいテーブルセッティングは、友人を迎える奥様の気持ちの現れなのだそうです。掃除は住み込み/通いのメイドさんがしていることが多いシンガポールマダムとは心構えが大分違いますね・・・。

[PR]
by HappyLah | 2005-12-27 21:38 | くいしんぼーちゃん
マッサージ <PM>
シンガポールに来てからは、自家用車がないので移動手段はバス・地下鉄・タクシー、そして徒歩。普段まったくといってよいほど歩くことがなかったPineapplemanは、最近よく歩いてます。歩きすぎて足がだるくなり、先日初めて足裏マッサージへ。日本語フリーペーパーによく載っているお店がChinatownにあり、二人で視察。そこには、10店以上の足裏マッサージ屋さんが並んでおり、そしておばちゃんたちが威勢良く、しかも片言の日本語で、30分15ドルとか叫んでます。
人がたくさん入っているところにとりあえず入店。足を投げ出し、おじさんがマッサージスタート。
イッ、イテー
おじさんはニコニコしながら、
ノーペイン、ノーゲイン
(痛くなきゃ効果なし)

とかいって、全然力を緩めようとはしません。あっちをグリグリ、こっちをグリグリとまぁ、気持ちよく寝れるどころか、泣きたくなるような。我慢の45分。

終わってみると、足がずいぶんと軽くなっており、なぜかまた来ようと思ってしまうPineappleman。痛いの嫌いだったはずなんだけど・・・。
[PR]
by HappyLah | 2005-11-06 19:13 | 初体験☆