ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:旅 ( 143 ) タグの人気記事
黄金のホール <PM>
e0077152_601739.jpg

憧れのホール、ウィーン楽友協会の大ホール、本来ならコンサートを聴きに行きたいのですが、チケットがなかなかとれないので、ひとまずホールのガイドツアーに参加してみました。今回はオーストリア航空を利用したので、そのチケットの半券で通常5ユーロのガイドツアーは無料に。

元々、大ホールとブラームスホールの2ホールあったムジークフェライン、年間700ものコンサートを開催するにあたってリハーサルのスペースが足りず、地下にホールをいくつか作って、様々なコンサートを開催しているのだそうです。その中の一つ、グラスホールの案内からツアーは始まりました。

e0077152_6162456.jpg

このホールは、大ホールの音響に限りなく似せて作られ、リハーサル時に本番と同じ音響で演奏ができるのだそうです。その音響を作り出しているのは、ガラス板。正面の壁、天井など至る所にガラスが使われています。更に、正面の壁のガラス板は平らではなく曲線。また、この一枚一枚の板が45度まで開いて、オーケストラ、室内楽、ソロなど、どんなサイズの演奏者、どの時代の音楽にも対応可能で、豊かな音響を作り出せるようにしてあるそうです。


e0077152_6232892.jpg

そして、通称「黄金のホール」と呼ばれる、ニューイヤーコンサートでもおなじみの大ホール。デンマーク人の建築家ハンセンによる設計で、ギリシャ風ルネッサンス様式の内装になっています。


e0077152_6435392.jpge0077152_6441333.jpg

天井の絵やあらゆる装飾は、ギリシャ神話に基づいたものだし、カリアティードと呼ばれる柱もどことなくパルテノン神殿を彷彿させるような気がします。このホールの音響は今でも世界一と絶賛されているけれども、これは綿密な計算によって作り出されたのではなく、偶然に偶然が重なって出来上がった音響なのだそうです。直方体のホール、板張りの床、カリアティードやバルコニーなどの構成要素が理想的な音響を作り出しているけれど、建設当時はまだ音響を計算して作るという観念がなく、1870年の完成から数十年経ってからようやく音響学というものが始まったからだそうです。

次回は、どうにかチケットを手に入れて最高の音響を実際に聴いてみたいものです。(と願って応募したニューイヤーコンサートは、リハーサルも含めて全3公演に応募しましたが、もちろんハズレました。)

e0077152_650146.jpg


[PR]
by happylah | 2009-06-01 06:50 | 初体験☆
Viennese Cafe & Heurige <PB>
e0077152_20582334.jpg

ウィーンに帰って来た、お楽しみの一つといえば、カフェハウス。

朝食、ランチ、おやつに夕食、それぞれのカフェの、その時々の空気感。ただ食事や休憩する場所には留まらない、何とも味わい深い時間の流れに身を任せる幸せ。あぁ、移住したい、、とまた発熱でした。笑

いつもは大抵ホテルでしっかり朝ごはんを食べてから出かけるのですが、身支度して空腹を抱えながら外へ。

ホテル近くの、いつも賑わっていて気になっていたカフェに入ってみました。

ここ、Schwarzenbergは、旧市街を囲むリング通りで一番古いカフェだそうです。


e0077152_2144024.jpge0077152_2151559.jpg

渦巻きのウィーンらしいパン、カイザーゼンメルが大きくてびっくり!!
美味しそうなパンが出て来ただけで、もう幸せ。

観光客らしき人たち、地元人らしきスーツ姿でゆっくり新聞を読むおじいちゃん、周囲の人たち、道行く人たちを観察していたら、ちょうど陽射しが強くなってきて、バターがどろ〜ん、と溶けてきたので慌てて食べました。


カフェのランチメニューには、旬の食材が使われていることが多いのも嬉しく。
この時期、大陸のマーケットではホワイトアスパラが並んでいるのを良く見かけるので、期待してきたとおり、どこもアスパラ、アスパラ、、とお店の前の黒板に書かれていました♪
ロンドンでは緑のはあるのですが、白アスパラは見かけないのです。。

迷わず、アスパラのスープ&アスパラのフライと、アスパラづくしな選択を。


e0077152_6375024.jpge0077152_638987.jpge0077152_6382927.jpg
e0077152_6385736.jpge0077152_639132.jpge0077152_6392912.jpg


OBERLAAは、ケーキ目当てで行ったのに、ランチでお腹いっぱいになってしまい、私は断念。PMのトプフェントルテ(クリームチーズケーキ)をちょこっと貰ったら、やっぱり食べたくなりましたが、頼んだコーヒーと一緒にマカロンをサービスしてもらえて、満腹&満足。コーヒー、チョコレート、ヘーゼルナッツの3種で、ヘーゼルナッツが美味しかったです。

噂通り甘さ控えめで、どれもこれも美しいショーケースを横目に、次回はケーキを!と誓いました。

ケーキを食べてみたいお店がありすぎて、あと何回リピすればいいのやら?笑

デメルのザッハトルテは日本で食べたことがあるから、、と綺麗な模様に惹かれたトルテを頼んだら、激甘でした。。
写真を撮っていた間に半分消えた!PMのザッハ。


e0077152_22532890.jpg翌日ランチに行った
Diglasでもホワイトアスパラ。

なぜここに!?! ソースの上に?!

と、PMが手をつけられなかったイチゴは私がいただきました。
e0077152_2325176.jpge0077152_233106.jpge0077152_2352733.jpg

↑通りすがりのちびっこちゃんが、小さな手でわしゃわしゃ〜と。あわわ。。

残されたアートな黒板を前に、びしっと黒エプロンを着けたウェイターさんが、1人、2人、3人、、ボスまでやって来て、円陣を組んで状況説明をしている様子が漫画みたいで大笑い。結局一度全部消して書き直し始めたウェイターさんですが、途中でやめていました。ランチの時間ももうすぐ終わりでしたから、賢い選択かな?

そして日が暮れる頃は、ウィーンの森へ。お目当てはホイリゲです。前回は昼間に来て、まだ開いているお店が少なかったので、今回は夜行こうね、とこちらも楽しみにしていた一つ。
ホイリゲの目印、束ねられた小枝を探して、賑わっているお店を選んで入りました。


e0077152_2384099.jpg

この日はまだ肌寒くて、外の席はガラガラ。。それでも森の空気を吸いながらお食事する気満々で来てしまったので、テラス席へ。ワインを一杯飲めば温まるよー、と話していたのですが、かなり寒かったです。。

お店の一部は地元の会社が貸し切りでパーティーをしていました。音楽に合わせてご機嫌で踊る人々が楽しそう!


e0077152_239692.jpg
e0077152_2392722.jpg

随分混んでいたようで、カウンターでオーダーするまでPMは30分程並び、英語では店員さんに嫌な顔をされてしまい。。汗
後ろに並んでいた親切な母娘さんに助けられて、なんとか買って来てくれた数種のおつまみは、努力の甲斐あって本当に美味しかったです。

ウィーンはすごく英語が通じるので、それに甘えてしまって全くドイツ語を覚えないのですが、好きになればなるほど、その国の言葉が話せればなぁ、と欲が膨らみます。

でも、私はドイツ語はちょっと、、厳しい、、な。PM、頑張ってくれないかな?

[PR]
by HappyLah | 2009-05-28 21:06 | くいしんぼーちゃん
Spring in Vienna <PB>
e0077152_1132358.jpg

年間8日しか祝日のない、勤労な国(?)、、イギリスですが、そのうち2日が5月にあることに心より感謝!

冬眠から目覚めた生命の活気に満ちたこの季節は、私たちの細胞も活性化されて、見るもの、聞くもの、全てがすーっと吸収されてゆく感じ。
これは五感と共に旅に出なくては!と5月初めのバンクホリデーは駆け込みで手配をし、半年ぶりのウィーンへ。

ベートーヴェン様像と、陽光煌めくシュテファン寺院を拝み、ただいまのご挨拶。


e0077152_1134712.jpg

光に包まれた寺院が見せてくれる色彩。
この色は切り取れないのよ、、とわかっていても、撮らずにはいられないのです。。


e0077152_1503130.jpg

むくむく茂った樹々の濃緑が愛おしく。


e0077152_1561429.jpg

フリルドレスを纏った踊り子たちのような、風に揺れるマロニエの花が可愛らしくて、上を向いて歩いていたら、花粉に(?)咳き込みだしました。涙


e0077152_2302924.jpg

でも、公園日和な良い週末! みんな楽しそう♪
e0077152_231211.jpg

e0077152_2314085.jpg

本物の馬のメリーゴーランドって、初めて見ました。。


e0077152_2435881.jpg

静かなるひとときを過ごす人あり。


e0077152_246359.jpg

群れる人あり。なぜ、この川沿いの一角だけ人口密度激高?裸族のシーズン到来。


e0077152_2551120.jpg

月曜日(イギリスは祝日)は、 通りがかった音大のキャンパスにもお邪魔を。生の音をBGMに、授業風景を覗いてみたり。(不審者、、)
楽器を脇にひなたぼっこしながら書き物やおしゃべりをしている学生たちも。こんな綺麗なところで勉強できるなんて羨ましい限りです。


前回行けなかったモーツァルトハウスもじっくりみてきました。


e0077152_3265335.jpg

こちらはモーツァルトがイギリス人の弟子に宛てたメモ。
This afternoon I am not at home, therefore I pray you to come tomorrow at X & a half.
今日の午後は外出するので、明日のX時半に(レッスンに)来て。

と楽譜に英語で走り書きされているのが可笑しかったです。

モーツァルトが最も幸せな時を過ごしたと言われる家。今は改装されて中はすっかりきれいになった美術館ですが、部屋から眺める街、昔のまま残る天井の装飾に当時を想像しながら、がっつり日本語音声ガイドを聴いていたら、2時間以上経過していました。ふらふら、、、

[PR]
by Happylah | 2009-05-16 03:21 | 異文化を見る(ё。ё)
もうすぐ終わり <PM>
二週間の休暇ももうあと一日。火曜日に帰ってきたのに時差ぼけがまだなおらない。まぁ、今回は長旅だったからな。
e0077152_23363576.jpg
明日、またバーミンガムに帰ります。
[PR]
by happylah | 2009-03-14 23:36 | リゾート天国♪
10年ぶりのボストン <PM>
e0077152_20192360.jpg
せっかくアメリカ経由で旅するのだから、ということで、懐かしのボストンに立ち寄る事に。最後に訪れたのが1999年5月だから、10年ぶりです。さすがに10年も経っているといろいろと変わっている事もあるし、道も忘れているし。

それにしても、常夏ハワイから大雪のボストン。ちょっと選択を間違えたかも。

まず最初に何に驚いたかって言うと、サムナートンネルの通行料。当時は1ドル。一応、上がっている可能性も考えて、2ドル準備していたのだけれど、なんと3.5ドルに上がっていました。10年で3.5倍は想像以上。

よく最終電車の時間まで時間をつぶした、ジョンハンコックタワーの展望台は、もう一般には公開されていないし、よく行っていた日本食レストランも、なくなっていました。中華街には、ベトナム料理屋が建ち並んでいて数える程の中華料理屋しか見当たらなく、ポータースクエアの日本書籍を売っていた流石書店もありませんでした。(引っ越ししたのかも?)でもニューベリーにあるShino Expressはまだ健在でした。

e0077152_23131089.jpg

ボストンの南にできたレンサムアウトレットでは、久しぶりに思う存分のショッピングを堪能。大漁でした。ハワイでセーブしておいて良かった。

そして、西に20分程行った所にある大学。新しく体育館は出来ているし、カフェテリアも寮も大改装されていて、ずいぶんときれいになっていました。僕の担当だった教授もまだ健在でした。(厳しい先生でしたが・・・)そして、カフェテリアの入り口にいたおばあちゃんも元気のようでした。

e0077152_1223711.jpge0077152_123253.jpge0077152_22564362.jpge0077152_2351484.jpg

ボストンに行ったら欠かせないのがロブスターとクラムチャウダー。おなじみリーガルシーフードは、相変わらず大盛況。

e0077152_23195243.jpge0077152_23201069.jpg

そしてどこを歩いても見かけるのが

e0077152_1233223.jpg

ボストン滞在の最終日は、またも大雪。

e0077152_23173180.jpg
極寒の中バックベイエリアを歩き回り、ニューベリーで見つけたJack Spade。セール価格から更に割り引きでGET。
e0077152_23121237.jpg

またいつか、ボストンに住めるときが来るだろうか?なんて思いながら、懐かしい街を後にしました。

e0077152_20231022.jpg

[PR]
by happylah | 2009-03-09 20:18 | 身近ニュース
Great Nature in Oahu <PB>
ダイヤモンドヘッドに登ろう!
と、朝から車を走らせたはいいけれど、駐車場に着いた途端に土砂降り。。

雲の流れが速かったので、隙を見てトレッキング開始。太陽が戻ってくると急にじりじり、、汗ばむくらいです。途中ぱらっときましたが、運良く洞窟で雨宿り。

約1kmのトレイルなので登山というほどでもないのですが、頂上に到ると達成感が。

e0077152_1737710.jpg

吹き荒れる強風も心地よく感じる、爽快な気分!

お天気が気まぐれだったおかげか、滞在中に何度か虹にも出会えました。


e0077152_17364427.jpg

下りて来たらこのお天気!!!

朝の運動は清々しい〜!


e0077152_17525643.jpg

気ままに車を走らせては停めて、写真を撮ったり。ハナウマ湾や潮吹き岩を横目に通り過ぎ、カイルアビーチをぶらぶら歩いたり。思いがけず自分達が式を挙げた教会の側を通ったので、お邪魔してみたり。この日はお式が入っていないようだったので、きっとあの愉快な牧師さんも休暇中だったのでしょう。

パールハーバーに沈む戦艦アリゾナに平和を願い、モアナルア・ガーデンへ。


e0077152_17515469.jpg

こうしてみると、なんてちっぽけな私達!
樹にしてみたら、我々なんてまだまだ若造(赤ちゃん?)なのよね。

今回は大好きなハワイ島の雄大な自然に身を置く余裕がなかったのですが、オアフ島も奥が深いなぁ〜。と、また訪れたくなるハワイ。

[PR]
by HappyLah | 2009-03-04 18:32 | リゾート天国♪
いよいよ <PM>
e0077152_93521.jpg

親族としてのウェディング参列、初めての経験です。お天気が少し心配でしたが、なんとか。

今回は、このためにカメラを新調いたしました。ずっと購入を考えていたデジイチ。日本で買うか、ロンドンで買うか迷いに迷い、結局日本の通販で購入。そして、親にハワイまで持ってきてもらいました。そうです、触ったこともないカメラで結婚式の写真を撮ろうなんていう無謀なことを考えていたのです。まぁ、いくら一眼レフといったって、Auto機能はついてますからね、

いざというときは、カメラに任せれば
という安易な考え。それでも、前の晩は、説明書を必死に読みましたよ。

それにしてもたくさん撮った。800枚くらい撮ったみたい。今になって考えると、

お前、親族なんだから大人しくしてろよ
って、参列した皆さん思ってたかもしれませんね。

妹よ、日本から、ロサンジェルスから参列してくれたお友達(そして、地球の裏側から来た兄夫婦)に感謝しなよ。(笑い)

二人とも、ほんとにおめでとう。お幸せに。

e0077152_9123085.jpg

[PR]
by happylah | 2009-03-03 10:00 | 初体験☆
Family gathering in Hawaii <PB>
e0077152_23235764.jpg

日本で暮らす家族と、英国で暮らす我家の約1年8ヶ月ぶりの再会がハワイって。。

PMと妹Aちゃんは、考えてみたら、約3年8ヶ月ぶりの再会!!!
お互いシンガ→ロンドン、LA→東京と異動ですれ違いっぱなしだったものね。

誰にとっても非日常的な場所での集合は、実に贅沢な時間を共有できるもので!

以前は年末年始をハワイで過ごすなんて、そんな混雑していてハイシーズンなときに何も頑張って行かなくても...と思っておりましたが、なるほど〜。理解できます。

家族でハワイ、おすすめ!ヽ(=´▽`=)ノ

時計も気にせず、ひたすらテラスでおしゃべり。

e0077152_2336123.jpg

ハワイのパイナップルは、やっぱおーいしーい!!!(PM)

夜は結婚式前夜らしくAちゃんを囲んで、円卓をぐるぐる。
最後はみんなでプラムほどの大きさのある、巨大フォーチュンクッキーを、それぞればりばり割ってみて、なんだか可笑しかったです。


e0077152_941261.jpg

いよいよ、、、あした。
[PR]
by HappyLah | 2009-03-02 23:30 | リゾート天国♪
我家の最長フライト記録! <PB>
e0077152_10592330.jpg

22.5時間。ほぼ約1日。フライトを乗り継いで、降り立った楽園は、、、

冷たい風に、あれ?ここは、、?と確認してしまうほど、ロンドンからのコートも脱げないほどクールな夜で。一体地球はどうなってしまったの?

私にとっては4度目のハワイ。PMも確か全く同じ。笑

最初は仕事で。
2度目は自分の結婚式。
3度目はお友達の結婚式。
そして今回はPM妹Aちゃんの結婚式。

幸せが巡り巡って、この地が呼び戻してくれたような気がします。

日本からのフライトは基本午前着なので、皆より一晩早くホノルル入りした私達。

早速、ご無沙汰している、こちらにお住まいの先輩Uさん&新婚の奥様に、念願叶ってお目にかかることができ、ここでも幸せを分けてもらうという贅沢ぶり。

待ち合わせ場所に着いてみると、お2人は中国人のおばちゃま軍団に囲まれておりました。

さすがU様、日曜日の夜だというのに、こんなところでもお仕事を?!
...いえいえ、私達が随分お待たせしてしまったため、捕まってしまったようです。

おばちゃまたちは皆楽しそうで、賑やかなのですが、英語が全く通じず。私の怪しい中国語はまるで役に立たず、最後はUさんがフリーペーパーの地図に書き込みながら道案内をして、笑顔で大きく手を振り合いました。

中国、韓国系の観光客が増えたなぁ、という印象のワイキキ。

こんなところでも中国系の方々とご縁があるとは。
地球の裏側で、「ちゃんと中国語学習続けてね」って思い出させられた休暇初日。


[PR]
by HappyLah | 2009-03-01 23:57 | リゾート天国♪
German Christmas Market <PB>
e0077152_19462429.jpg

ドイツ南部、シュトゥットガルトは自動車発祥の地でもありますが、私が楽しみにしていたのは、世界最大の一つともいわれるクリスマスマーケット。
写真を整理してみたら、ほとんど車に主役を取られておりました。とほほ...

空港から、白銀の世界を街に向かって走るSバーン。
砂糖菓子のように雪で覆われている針葉樹たちが全てツリーに見えて、「綿の雪じゃない、本物だよ!(当然です)」と2人共始めから興奮ぎみ。

チェックインして早速、小雪の降る中わくわくと、マーケットへ出かけました。
ニット帽のおかげで傘いらず、また平日の昼間、しかも雪のためかお客さんは少なめで意外に歩きやすく、隅々までゆっくり見ることができました。クリスマスショッピングは体力を要しますからね。。


e0077152_19534049.jpg

木のぬくもりに惹かれて、あっちへふらふら、こっちへふらふら。。

くるみ割り人形が欲しい、と言っていたPMですが、「どうしてみんなコワい顔...」とお気に入りのコがみつからなかったようです。
そりゃあ、くるみをカジカジしなくちゃいけませんからね。。


e0077152_1957466.jpge0077152_19584885.jpg
e0077152_2004393.jpge0077152_202371.jpg

始めは子供用を飲んでみたのですが、もの足りず。
アルコールがほとんど飛んでいるので大丈夫だね!こっちの方が美味しい!と、すぐに安心しきってグリューワインをゴクゴク。温まるので何度もゴクゴクゴク。

昼間、モクモクと炭火で焼かれているmackerel(サバ)を見つけて、次はあれを食べよう!と翌日の夜戻ってみたら、行列が。立派なの一匹+切れ目の入ったパン2つをいただき、挟んで食べても、そのまま食べても美味!ワタを取ったところに、たっぷりと塩こしょうされていて、脂がのっていて、アツアツのところを2人で一気につついて、ごちそうさまでした。


e0077152_2034061.jpg

金曜の夜はお仕事帰りの人たちもここで一杯やっていくのか、溢れる人の波。

でも、賑わっているほうが雰囲気あっていいね、と調べてきたコンサートにも行かず、連夜ライトアップされた各ストールの屋根飾りに見とれていました。


e0077152_203131.jpg

e0077152_2095390.jpg

窓がアドヴェント・カレンダーになっていたりして、子供から大人まで楽しみに待っているクリスマス。家族と遠く離れて暮らしているのが身にしみる季節です。


[PR]
by HappyLah | 2008-12-19 22:44 | 異文化を見る(ё。ё)