ブログトップ
Pineappleman&PoohBee's Life in the Garden City
happylah.exblog.jp
タグ:自然 ( 52 ) タグの人気記事
A Happy New Year! <PB>
e0077152_1581068.jpg

みなさま、どんなお正月を過ごされましたか?



我家の2010年:

[PR]
by HappyLah | 2010-01-07 03:44 | 身近ニュース
Hampstead Heath in gold <PB>
e0077152_5465979.jpg

この一週間の狂った風+雨で、樹々は随分寒々しい姿に。。
灰色の季節がじわりじわりと迫って来ています。

眩い色彩に誘われて、今月はいつにも増してヒースを歩いています。先週までにちょこちょこ撮った写真なので、もうすでに葉っぱはこの半分、いえそれ以下になってしまっているかもしれませんが。。憎き風め〜!


e0077152_9153918.jpg

e0077152_5472536.jpg

春には醜いアヒルの子だった子供達も大きくなりました。
触れてみたくなるような純白の羽根に転身中。あー、若いってすばらしい!!
e0077152_5474537.jpg

e0077152_5481397.jpg

ハムステッドヒースはその名の通り、ヒースが生い茂る野と森が広がる地です。
ロンドン市内にこんなにそのままの広大な自然があることが素晴らしい!手つかずの、というわけではなく、きちんとお手入れされています。

Londonersは誰しも身近な公園、お気に入りの散歩道や決まったジョギングルートになっている公園があるようですが、ここは我家のそれ。


泥るむ雨上がりもお洒落靴で気にせず歩いている強者もたくさん見かけますが、最近気になっているものが、長靴/ガーデニングブーツ。子供から大人までよく見かけます。脚の長い彼らだからOKなのであって、私では確実に農家の嫁、完成!でしょうが。。


e0077152_5485755.jpg

パパ、頑張って〜!!!
Kite Hillとも呼ばれるParliament Hill。週末は特にこんな光景を目にします。
名物凧おじさん(勝手に命名)の凄腕は一見の価値有り。すごい存在感なので、常に行く人の視線を集めています。(微動だにせず、優雅にお茶を飲みながらどっしり座りこんで、豆粒ほど空高く凧を上げているのです。)この時間は残念ながらいらっしゃらず。
ロンドンが一望できるビューポイントでもあるので、丘に腰掛けて黄昏れる人々あり、駆け回るワンコ&子供あり。思い思いの時間が流れております。


e0077152_9162541.jpg

Kenwood Houseは、あの映画で、、お馴染みですよね。笑


English Heritageにより管理されており、中では英国を始めとする絵画、家具等、美術鑑賞を楽しむことができます。レンブラントとフェルメールの作品があることでも有名です。
描かれた貴婦人方を観ながら邸宅内を歩いていると、ちょっとした優雅なタイムトリップ。ここがロンドンであることを忘れてしまいます。ナショナルギャラリーと異なり、いつも空いているのも嬉しいところ。


e0077152_9165854.jpg

House隣りのカフェでひと休み。
お利口にお座りしているワンコや都会の喧噪から解き放たれてリラックスした人々を眺めていると、心が充電されてゆく感じ。

、、とまったりしていたら、お菓子を食べ終わる頃に気がついたのですが、こんなところにティーバックを捨てている不届き者が!!!酷い!

「写真撮っていて、気がつかなかったの?」(→私。はい、まったく。。汗汗)
PMがきちんと拾って自分のと一緒にゴミ箱へ持っていきました。。

もう4時には暗くなります。
近頃は昼間も暗いことが多いのであまり変わりませんが。爆


e0077152_5502419.jpg

e0077152_551207.jpg

こちらはクリスマス・ショッピングに圧されて既に師走の雰囲気。

皆様、それぞれの場所でいかがお過ごしでしょうか?
日本の絹織物のような模様に染まった山々の紅葉、北米の真っ赤なメープル、シンガポールの落ち葉、、、晩秋をお楽しみくださいね。


[PR]
by HappyLah | 2009-11-21 05:56 | 心地よい時間
秋晴れ散歩 <PM>
e0077152_694969.jpg
先々週に続いて、天気の良さそうだった先週末は、ロンドンの西にある小さな町、マーロウ(Marlow)へドライブ。途中、ウィンザーの城下町で一休み。イートン校の教会の前庭が綺麗に色を付けていました。(通りにも宅配の車が同色でマッチしちゃいました)
e0077152_714993.jpg
テムズ川沿いを散歩していると、不思議な雲がたくさん。どうやらこの橋は、ブダペストと姉妹橋らしいのですが、規模も作りもずいぶんと小ぶりです。

e0077152_6101543.jpg
川沿いの散歩道にはこんなトンネルも。
e0077152_6103948.jpg
川と紅葉と雲に、沈み始めた日の光がいい具合にあたって、ロンドンのテムズ川とはずいぶんと違った風景です。
e0077152_6562942.jpg
気持ちよく散歩できる季節も終わりつつあるロンドン。夏時間も終わって、遅い日の出と早い日の入り、暗いロンドンが始まりつつあります。
[PR]
by happylah | 2009-11-02 06:11 | 心地よい時間
Autumn Sketch <PB>
e0077152_23571232.jpg

Autumn is a second spring when every leaf is a flower.
-Albert Camus



深まる秋。

[PR]
by HappyLah | 2009-10-24 00:03 | 心地よい時間
Autumnal... <PB>
e0077152_3453074.jpg

いつの間に10月!?


先週まで陽気が続いていて、みな半袖で美味しそうにビールを飲んでいたのに。


e0077152_3385237.jpg

風が少し肌寒く、陽が駆け足で落ちるようになりました。


e0077152_3391991.jpg

それでも今年は未だお天気に恵まれているので、しぶとく日光浴する気です。

我家にも、読書の秋が来ています。
ところで、晩ご飯の献立を考えていたら、朝食を終えたそばから、また食事を始める私は健康なのでしょうか?食欲の秋で済ませて良いものかどうか?


e0077152_347762.jpg

樹々からは、がさがさ。芝生からは、ぴょんぴょん。
収穫に大忙しなリスの気持ちがわかります。

好物が山ほど実っているのだもの〜!



夏の味覚とはお別れどき:

[PR]
by HappyLah | 2009-10-03 03:39 | くいしんぼーちゃん
Aug 2009 Cotswolds <PB>
e0077152_6181511.jpg

ひつじさん、頭の上のゲストは重たくないのかしら?
たった2ヶ月の間に、子羊ちゃんたちがすっかり大きくなっていました。

e0077152_6184332.jpg
季節は刻々と移り行き

新緑は真緑になり

野の草花にも新顔が。

e0077152_6192799.jpg

見事な紫陽花は、毎日おじさんに大事にケアされて
道行く人に言葉をかけられているから綺麗なのね。

e0077152_62027.jpg

空飛ぶ魔女の宅急便にも出会いました。:)

今回、週末なのでB&Bを予約しておこうとしたら、気になっていたところは皆満室。
慌てていろいろあたってみましたが、この週末は皆さん大忙しのようなので、思い切って日帰りで、PMに頑張って運転してもらいました。

いつも穏やかなコッツウォルズのヴェニスが、真夏の海に来たかのような人口密度でびっくり!!

この現象は弱い£から?この夏イギリス人は国内旅行、海外からはイギリス旅行者が増えていたような。。

リピートしているうちに好みの街がわかってきたので、移動がスムーズだったおかげで、一日で意外にいろいろなところを歩くことができました。

ママの巡った街ノート:
Castle Combe
Cirencester
Bibury
Burton-on-the-Water
Lower ->Upper Slaughter
Winchcombe
Broadway

e0077152_6202351.jpg
Winchcombeで偶然、以前何かの記事で読んだUKのTea Councilによる"Top Tea Place 2008"を受賞しているこちらのお店の前を通りました。日本人のご家族が経営ということで、気になったお店だったのですが、この時は閉店で残念。

WinchcombeはSudley Castleも一度ゆっくり訪れてみたいところなので、またいつかチャンスがあるといいな。


[PR]
by HappyLah | 2009-09-09 06:24 | 心地よい時間
Rose Garden <PB>
e0077152_0214386.jpg

6月といえば、June Bride!
それって、今の時期が最高な英国から生まれたのでは?と思うくらい美しい6月初めの真夏日。
同じく今の季節香しく目を楽しませてくれるバラを見に、ちょうど来英中でしたPM両親と一緒に、リージェンツ・パークへ行って来ました。


e0077152_022314.jpg

これぞピクニック日和。バラに囲まれて日の光を存分に浴びるなんて極楽!

池の周りを囲むように続く様々なバラたちを愛でながらゆっくり歩いて、バラのアーチに囲まれたガーデンへ。


e0077152_024734.jpge0077152_024282.jpg
e0077152_0244976.jpge0077152_0251061.jpg

数えきれない種類のバラには、ひとつひとつ名前があります。
"Keep Smiling"なんて、思わず頬が緩む名前も。

一面バラの続くこのガーデンは、広大なリージェンツ・パーク内、クイーン・メアリーズ・ガーデンズの一部なのですが、その規模にPM両親もびっくり。

花瓶におすまししている高貴な姿も良いけれど、これほど群生していると自然の一部。その飾らない自然美に見とれます。
そういえば、シンガポールの蘭園もそうでした。


e0077152_026869.jpg

時間を忘れてのんびり過ごした午後。気温は27度近くまで上がって、歩きながらアイスクリームを美味しくいただきました。ここではめったにあり得ない、貴重なことなのです。欧米人は年中食べていますけれどね、、私は冷え性なもので。


[PR]
by HappyLah | 2009-06-24 04:19 | 心地よい時間
Cherry blossom <PB>
e0077152_111677.jpg

今年こそ、本当の夏が来る!?と期待できるぐらいの好天の日々。
良いことは重なるもので。

突然出張を言い渡されて飛んで来た、というシンガポールの友人Cちゃん。
ロンドンに到着したその日に、PMとシティでばったり遭遇!!

連絡無精な私達をみかねて、出会いは運ばれてくるものね!
と、我家は大興奮でした。
少しは反省してもう少しまめな連絡を心がけられれば良いのですが...

お互い全く変わっていないね!と笑い合い、お食事をしながら近況報告会。

最後に会ったとき大きなお腹を抱えていたCちゃんは、今やママ。相変わらずチャーミングで、本当に何も変わっていないように見えましたが、「今回は出産後初めての海外出張で、実は夜ホテルの部屋で一人で泣いちゃったの。。へへ。」

その一言に、あぁ、ママなんだなぁ...と、胸がきゅーと詰まりました。

今度はシンガポールで、家族揃って逢いたいね!と再会を願って。

常夏の国では、あの人に最後に会ったのはいつだっけ?(失礼)とよく惚けていましたが、離れていても、今度は葉桜に彼女をふっと懐かしく想うことでしょう。


e0077152_1503565.jpg

毎日目を楽しませてくれる我家の裏庭の八重桜とも、そろそろお別れどき。
はかなく舞い散る花びらを見送っています。


[PR]
by HappyLah | 2009-04-24 23:58 | 外国語と海外生活
散歩と昼寝 <PM>
e0077152_343379.jpg

今日は、久しぶりにハムステッドヒースまで散歩に行ってきました。この週末は、二日とも快晴で、散歩日和。PBが作ってくれたお弁当とお茶をもって、のんびり写真を撮りながら。

桜のように見えるけど・・・これは桜?

e0077152_3332030.jpg

これは八重桜。うちの裏庭や、近所でも今が満開です。

e0077152_3363137.jpg

いつも行列のできるクレープ屋さん。イギリス人は並ぶのが好きらしいです。e0077152_3334441.jpge0077152_3341884.jpg

ヒースでは、日光浴を楽しむ人たちでいっぱいでした。中には、上半身裸でこんなことしているおじさんもいたりして。

e0077152_3382987.jpg

明日、会社では、まず

『ゴージャスな週末だったね、何してた?』
『公園で寝転がってたよ』
っていう会話があちこちから聞こえてきそうです。
e0077152_3335322.jpg

[PR]
by happylah | 2009-04-19 20:31 | 心地よい時間
she who brought on sun <PB>
e0077152_21254118.jpg

エイプリルフールにやって来た彼女は、一度も雨に当たることなく、母国へ帰ってゆきました。


e0077152_2293917.jpg

降ったり照ったり、、気まぐれで雨の多い4月に、一週間晴天続き!
これこそ冗談?!笑

asamiちゃんのUK Love!な想いが届いたのだと思います。

こんなに良いお天気が続くと

なんて美しくて良いところなのかしら〜♪
とあの強風&灰色の空の国のことをすっかり忘れて愛国心倍増。

ぽかぽか陽気の中、緑やお花、ワンコを愛でながら毎日よく歩き、おしゃべりに花を咲かせました。(o(^-^)(^o^)o)♪

e0077152_22195651.jpg

女の子の人生は男の人より幅広く、仕事、結婚、出産、、その時々に応じてみんな臨機応変にライフスタイルを調整している気がします。

今回お互いのタイミングが丁度上手く合って、6-7年ぶりの再会ができたのが、この地であったのは必然なのかも?

英国人の叔母と出会い、子供の頃からUKへの憧れを募らせていた私達。オーストラリアで学生時代を過ごしたasamiちゃん、シンガポール→UKで暮らすこととなった、同じくQueen's Land寄りな私。

同年代ながら、全く違うテンポで歩んで来た私達だけれど、丁度交差地点にきて、今までのこと、興味を持っていること、これからのこと、たくさんの価値観を交換して、良い刺激をいっぱい貰った一週間でした。

よくそんなに話すことがあるねぇと大抵男性陣には呆れられますが、女の子の人生は複雑で楽しいのです。笑

[PR]
by HappyLah | 2009-04-01 17:30 | 心地よい時間